採用管理システムについて

【2021年版】おすすめの採用管理システム26選を比較!

記事更新日: 2021/11/24

執筆: 編集部

エクセルやスプレッドシートでの採用業務に負担を感じているにも関わらず、「どのサービスを導入すれば良いのかよく分からない」という理由で採用管理システムの導入に今一歩踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

今回編集部では実際にサービスを利用した採用担当者へのヒアリングや専門家への取材を通しておすすめの採用管理システムを26選にまとめました。

自社に合った採用管理システムを選ぶ上での3つのポイントや、実際に利用した採用担当者の声、各サービスの違いを紹介しているので是非比較・検討する際の参考にしてみてください。

採用管理システムの比較検討に役立つ資料を無料配布中!

現在、起業LOGでは独自に実施した取材や口コミ調査などで分かった情報をまとめた、お役立ち資料を無料配布中です。

  • 公式HPにはない料金相場も載った採用管理システム比較表
  • 独自取材で分かった採用管理システムの失敗導入事例集
  • 起業LOG限定の「割引・キャンペーン情報まとめ

がもらえます!

【無料】起業LOG独自資料を確認したい方はこちら

 

バックオフィス系SaaS専門家が取材協力!

今回編集部では、バックオフィス系サービスの購買実績が2億円を超え、大手企業向けの中途採用コンサルタントとしても様々な採用管理システムの比較検討・利用実績がある専門家の井上幸さんにお話を伺いました。

「採用管理システムを比較・検討する上でのポイントはどこなのか」「どれがおすすめの採用管理システムなのか」といった疑問を専門家の視点を踏まえて改めて検証していきたいと思います。

この記事に登場する専門家

バックオフィス系SaaS専門家 株式会社ミツカル 代表取締役

井上 幸

2010~2012年株式会社ワークスアプリケーションズに新卒入社。営業、システムコンサルタントとして従事する。

2013~2018年株式会社リクルートキャリア(現、株式会社リクルート)に転職後、人材紹介の法人営業や採用コンサルタントとして企業の採用支援に従事した後に、産休・育休を取得。
復職後からHR Techの新規事業開発に携わる。

2019年01月~パーソルホールディングス株式会社に入社。

バックオフィス系の購買実績の累計額は2億円以上。
社内利用ツール、採用関連費用、受託開発、制作物等への発注に数多く携わり、大手企業向けの中途採用コンサルタントとして様々な採用管理システムの比較検討・利用実績がある。

株式会社ミツカルを共同創業し、代表取締役に就任。

取材実績

【ワークスアプリケーションズ・アルムナイ】井上幸さんの退職ストーリー①」(19年1月、アルムナビ)

【リクルートキャリア・アルムナイ】井上幸さんの退職ストーリー②」(19年2月、アルムナビ)

監修記事

井上 幸さんが監修・コメントしている起業LOGの記事はこちら

 

> 続きを見る

このページの目次

採用管理システムとは?

採用管理システムとは、英語ではATS(Applicant Tracking System)と呼ばれ、直訳すると「応募者追跡システム」です。

具体的には複数の求人媒体の応募情報を一元管理し、応募別ルートの通過率、辞退率などを分析してくれます。

主な機能は以下の通りです。

採用管理システムの主な機能

応募者の募集
・求人情報の自動登録
・採用サイトの作成

応募者情報の管理
・カレンダー連携で面接日程を管理
・複数の媒体の応募者情報を一元管理
・面接官の評価を入力

分析
・求人媒体ごとのデータ分析・蓄積


連携している求人媒体に自動連携で情報を登録できるため、従来のエクセル等に記入し応募者のデータをまとめるといった煩雑な作業がなくなります。

グラフ作成も容易なので、面接官と経営陣でのデータのシェアも簡易化されると言えるでしょう。

採用管理システムの3つの選定ポイント

1. どの採用をメインにしているか

採用管理システムを選ぶ上で、自社がどのような採用をメインにしているのかをまず明確にすることが重要です。

これは、新卒採用、中途採用、アルバイト・パート採用それぞれに適した採用管理システムがある為です。

多くの採用管理システムは新卒・中途の両方に対応しているため、導入しても使えないということはありませんが、それぞれに得意分野があり、利用できる機能が少し異なります。

バックオフィス系SaaS専門家 株式会社ミツカル 代表取締役

井上 幸氏のアドバイス

例えばLINEで応募者とやりとりができる機能がある採用管理システムがありますが、このようなサービスは学生とのやりとりが多い新卒採用に適しています。
 
また、複雑な採用フローに合わせてフローをカスタマイズし管理することができるものも、説明会やWeb ESの実施などがある新卒採用をメインとしている場合におすすめです。
 
中途採用の場合は多岐に渡る求人方法に合わせて、エージェント管理機能が充実しているものや、再応募者を検出できる名寄せ機能があるものがあります。

2. 連携している求人媒体

採用管理システムでは連携している求人媒体から応募があった候補者情報を自動で登録することができます。

そのため、自社で利用している求人媒体との相性は必ずチェックするようにしましょう。

例えば、リクナビ、キャリタス就活ナビなど新卒採用向けの求人媒体を中心に連携している採用管理システムもあれば、リクナビネクスト、マイナビ転職など中途採用向けの求人媒体を中心に連携している採用管理システムもあるからです。

自社がどのような採用方法をメインとしていて、どのような求人媒体を利用しているのかを整理し、自社に合ったものを選ぶようにしましょう。

バックオフィス系SaaS専門家 株式会社ミツカル 代表取締役

井上 幸氏のアドバイス

もし自社が利用していない媒体から応募者の情報を取り込む場合、求人媒体側についている選考管理ツールからCSV出力してATS側にアップする作業が必要になります。
 
求人媒体に二週間くらい限定で募集を投稿したりすることも多いと思いますが、その場合、この期間中に毎日この作業をしなければなりません。
 
そのため自社が利用している求人媒体と連携しているかは必ず確認した方が良いです。
 
求人媒体は無限にあるので、全部と連携している採用管理システムはなかなかありませんが、dodaやリクナビを頻繁に使ってるなど、主要な求人媒体がある場合はそれに合わせましょう。

3. 採用人数

採用管理システムには、採用規模が小さいほど優位性のある料金体系を採用しているものから、採用規模に関わらず一律で料金プランを設定しているものと様々です。

採用規模が小さい場合は前者を利用し、採用規模が大きい場合は後者のシステムを利用すると費用を安く抑えることができます。

例えば業界最安値クラスで利用できるジョブカン採用管理では、システム内の登録人数が150名までのプランで月額8,500円〜30,000円ですが、150名を1名でも超えると月額70,000円と一気に上がります。

つまり、小規模採用の会社であればコスパ良く利用できても、大規模な採用を行っている会社であれば他の採用管理システムよりコストがかかる可能性があります。

そのため、自社が毎年どのくらいの人数を採用しているのかを踏まえて採用管理システムを検討するようにしましょう。

適切なサービスを選ぼう!おすすめの採用管理システム5選!

ここからは編集部おすすめの採用管理システムを紹介していきます。

まずは特におすすめのサービス5選を表にまとめました。採用管理システムは料金の幅も大きく、機能もサービスごとに異なることが分かります。


注目したいのは採用方法と連携している求人媒体です。

先ほども選定ポイントのところで触れましたが、自社で利用している求人媒体と連携していないと、求人媒体側の選考管理ツールからCSVから出力しければならないため、特に連携している求人媒体は必ず確認するべきです。

ではこれらの項目を中心に各サービスを比較していきます!

1. 6,000社以上の実績が信頼の証『ジョブカン採用管理』

画像出典元:「ジョブカン採用管理」公式HP
 
 

おすすめしたい会社

・コストを抑えたい会社
・採用規模が小さい会社
・幅広い雇用形態をとっている

 

特徴

ジョブカン採用管理は新卒・中途・アルバイト・パート、あらゆる採用に活用できる採用管理システムです。

圧倒的な掲載数を誇り、新卒・中途・アルバイト・パートに対応しているIndeedに自動掲載できるほか、リクナビネクスト、マイナビ転職をはじめとする中途採用向けの求人媒体にも自動連携できるため、幅広い採用フェーズをカバーしていると言えます。

その他、LINEで応募者とやりとりできる機能もあるため、メールでのやりとりに慣れていない学生からの応募を増やしたいと考えている場合にもおすすめです。

おすすめの採用形態

新卒 中途 アルバイト パート

 

料金プラン

ジョブカン採用管理の料金プランは登録候補者数ごとに変動します。30名までは機能制限付きのフリープランがあるため無料で導入することができます。

有料プランは以下のようになっています。採用規模が小さければ小さいほど優位性がある料金体系です。

登録候補者数 LITEプラン
(求人媒体自動連携機能なし)
STANDARDプラン
(求人媒体自動連携機能あり)
~50名/月 8,500円/月 30,000円/月
51~150名/月 30,000円/月
151~300名/月 70,000円/月
301名~1,000名/月 120,000円/月

 

実際に利用した採用担当者の声

 

UIが分かりやすいので、初心者でも簡単に使いこなせると思います。具体的に、どこの採用サイトや求人媒体、転職エージェントで応募してきたかの流入している部分も見れるので、対策がしやすいです。(従業員規模:101〜500名、教育業)

 

勤怠データをExcelに落とし込める点は非常に便利です。それまではExcelに応募者情報を手入力していたため、ダウンロードしたデータをそのまま集計できるのはとても助かっています。
(従業員規模:501〜1000名、IT業)

※起業LOG独自インタビュー

一方でこのような意見もありました。使いやすさを評価する声が多いですが、大規模な採用を行っている場合、料金には注意が必要と言えます。

 

応募者の登録人数によって金額が変動するので、大勢の応募者が集まると却ってコストが高くなってしまいます。応募がたくさんきたからといって、たくさん採用するわけではないので、料金設定は変更できないかと思います。(従業員規模:501〜1000名、医療関係)

※起業LOG独自インタビュー

ジョブカン採用管理 含む採用管理システムの資料をDL

 

 

2. データ分析で戦略的な採用活動『HRMOS採用』

画像出典元:「HRMOS採用」公式HP

おすすめしたい会社

  • 大規模な中途採用を行っている会社
  • データ分析に力を入れたい会社
  • 採用チャネルにビズリーチやキャリトレを利用している会社

 

特徴

HRMOS採用はビズリーチ社が運営する採用管理システムです。

自社製品であるビズリーチやキャリトレと連携し、新卒採用・第二新卒・中途採用などフェーズの違う採用活動も並行して対応可能なので、大規模な採用を行っている会社におすすめです。

主に中途採用に力を入れている中小企業向けのサービスですが、中小企業の中でも比較的規模が大きめな会社が導入しています。

バックオフィス系SaaS専門家 株式会社ミツカル 代表取締役

井上 幸氏のアドバイス

分析強化系の採用管理システム

HRMOS採用は集計機能の充実度にも定評があり、期間における採用率の分析や、採用にかかっている期間などを見える化できるため、戦略的な採用活動を行いたい企業におすすめです。
 
採用管理以外にもHRMOS COREというATSと連携できる人事管理システムがあるので、HRMOSで採用が決まったら、ボタン一つで採用時のデータをHRMOS COREに連携できます。そのため、人事システムに将来的に連携させたいと言う意向がある会社にもおすすめです。

おすすめの採用形態

新卒 中途 アルバイト パート
× ×

 

料金プラン

料金はそれぞれの会社に合った形でプランを提供しているため、問い合わせが必要です。

クラウド型サービスのためパッケージや専用機器を購入する必要がなく、初期費用はかかりません。

実際に利用した採用担当者の声

 

プラットフォーム上で候補者とのコミューケーションが図れるのはもちろん、評価の管理を社内メンバーに応じて閲覧権限を設定し管理できる点が使いやすいと感じました。
(従業員規模:31〜50名、IT業)

 

年間のランニングコストは120万円ほどで運用していました。採用媒体によっては採用管理ツールと連携していないものがあり、プラットフォームをまたいで候補者情報を入力しないといけない点は使いにくいと感じます。(従業員規模:31〜50名、IT業)

※起業LOG独自インタビュー

HRMOS採用 含む採用管理システムの資料を一括DL

 

<3カ月無料キャンペーン実施中!>

HRMOS採用の利用料金が実質3カ月無料となるキャンペーン(*)を、2021年10月11日から2021年11月30日まで実施します。

対象:HRMOS採用の新規契約企業(過去にご契約があった企業も含む)

*HRMOS採用を新規でご契約(契約期間:12カ月)いただいた企業を対象に、HRMOS採用の利用料金を実質3カ月分無料(12カ月分の利用料金で15カ月利用可能)とします。

 

 

3. 中途採用なら!『JobSuite CAREER』

出典元:「JobSuite CAREER」公式HP

 

おすすめしたい会社

  • 中途採用をメインに会社
  • キャリア採用を頻繁に行っている会社

 

特徴

JobSuite CAREERは中途採用向けに特化しているため、年間を通じて中途採用をスポットで実施するような会社に適したサービスです。

SmartHRやリクナビネクストと連携でき、従業員数100名未満の企業から1000人以上の企業まで幅広く導入されています。

また、「JobSuite CAREER」は人事担当者の進捗把握のしやすさに定評があることも大きな特徴です。重複応募者を自動で検出する機能を備えているので、無駄な選考を進めることもなくなります。

バックオフィス系SaaS専門家 株式会社ミツカル 代表取締役

井上 幸氏のアドバイス

中途採用なら定番の採用管理システム

JobSuite CAREERのような採用管理システムを導入する会社は年間30~50人くらいは採用している会社が多いです。
 
JobSuite CAREERの最大の特徴である名寄せ機能では過去に応募してきた人物のデータを紐づけることができるので、再応募者を検出することができます。
 
中途採用をメインに行っていて人材情報の管理を徹底したい会社には特におすすめです。

おすすめの採用形態

新卒 中途 アルバイト パート
× × ×

 

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
0円 50,000円~ ×

 

実際に利用した採用担当者の声

 

特に便利だと感じた機能は過去に中途採用に応募してきた人物を簡単にピックアップできることです。重複して応募してきた人物を検討せずに書類選考段階で落とすことが可能となり、選考プロセスの仕事スピードが速くなりました。(従業員規模:51〜100名、Webサービス)

 

面接官別でピボットテーブルのようにレポート画面でまとめて確認できる機能がJobsuiteにはなく、分析にかかる時間が長い点が不便だと感じましたが、基本的にはUIもシンプルで分かりやすいです。(従業員規模:501〜1000名、コンサル業)

※起業LOG独自インタビュー

JobSuite CAREER 含む採用管理システムの資料をDL

 

 

4. 独自の採用フローにも対応!LINE連携もできる!『sonar ATS』

 


出典元:「sonar ATS」公式HP

 

おすすめしたい会社

  • 新卒・中途採用どちらも行っている会社
  • 年間の採用エントリー人数が200人以上
  • 新卒エントリー人数が100人以上

 

特徴

採用業務の「自動化」に力を入れているsonar ATS。他の採用管理システムにはない最大の特徴は、独自の採用フローを作成することができるという点です(下記「フロー管理画面」参照)。

そのため、セミナーやWebでのテストなど、採用のフローを工夫している企業でも柔軟にフローを再現し管理することができます。

また、LINEとの連携機能や、会社説明会などの参加申請がボタン一つでできるモバイルチェックイン機能など、応募者が簡単にアクションを起こしやすくする機能も充実しています。

採用業務に時間や人材を割けないという企業に特におすすめできるシステムです。

バックオフィス系SaaS専門家 株式会社ミツカル 代表取締役

井上 幸氏のアドバイス

新卒採用に特に強い採用管理システム

sonar ATSは新卒・中途どちらにも対応していますが、新卒に強い採用管理システムです。
 
多くのサービスでは一直線のフローしか作成できませんが、sonar ATSでは採用フローを分岐させて、様々な採用の形に合わせることができます。
 
そのため、複雑なフローになってても対応可能な上に、今までのフローを編集すれば、フローが変わっても新しい採用フローに合わせることができます。
 
説明会やWeb ESのある新卒採用とは異なり、中途採用だと複雑な採用フローはあまりないと思うので、新卒採用を行っている会社に特におすすめと言えます。

フロー管理画面

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
45,000円~ 22,500円~ ×

 

実際に利用した採用担当者の声

 

面接後に評価が未入力だった際などにリマインドのメールが自動送信で送られてくるので、対応漏れが少なく確認することができました。
(従業員規模:501〜1000名、IT業)

 

私の勤めている会社は1000人以上の会社規模で採用人数も多いため、評価項目を簡単に入力できるように設定していました。同じくらいの規模の会社だとsonar ATSは使いやすいと思います。
(従業員規模:1000名〜、IT業)

※起業LOG独自インタビュー

sonar ATS 含む採用管理システムの資料を一括DL

 

 

5. 現場の社員が採用に参加!『HERP Hire』

画像出典元:「HERP Hire」公式HP

 

おすすめしたい会社

  • IT系の企業
  • スタートアップフェーズの少人数の企業

 

特徴

15社以上の求人媒体と連携し、社員が自律的に採用活動を行う「スクラム採用」を実現する採用管理プラットフォームです。

「採用担当よりも現場にいる事業部側のメンバーの方が人材要件を一番理解している」という考えに基づき、現場の社員が主導する採用活動を実施しています。

FindyやWorkshipなど、IT業界が利用している求人媒体が多く、特にエンジニアを採用している会社が利用していることが多い採用管理システムです。

バックオフィス系SaaS専門家 株式会社ミツカル 代表取締役

井上 幸氏のアドバイス

使いやすさを重視するならおすすめ

HERPは初回ログインした状態から使うことができるくらい、全部の設定がプレフィックスされている状態なので、非常に使いやすいです。

採用管理機能の他にも、タレントプール機能があるため、これから一緒に働きたい人をリスト化してタグ付けし管理することができます。

また、「HERP for SEEDs」という月間応募数が30名以下なら全ての機能を無料で利用できるというサービスがあるので、月間の応募数が30名以下で、人材紹介というより自社紹介に力を入れている会社であればまずは導入してみることをおすすめします。

おすすめの採用形態

新卒 中途 アルバイト パート
× ×

 

実際に利用した採用担当者の声

 

エントリー→書類選考→現場への一次面接への共有のオペレーションが効率化したことで、7-8割の工数削減につながり、採用決定数が13名→39名の3倍になりました。(株式会社AI inside)

※参照元:「HERP Hire」公式HP

HERP Hire 含む採用管理システムの資料を一括DL

 

 

新卒・中途 両方対応している採用管理システム

i-web


画像出典元:「i-web」公式HP

おすすめしたい会社

  • 新卒採用をメインに行っている会社
  • デザイン性の高い採用サイトを作成したい
  • 今後Web面接を積極的に導入していきたい

 

特徴

「i-web」は新卒採用向け採用管理システムでは導入シェアNo.1。

大手就職情報サイト「リクナビ」「キャリタス就活/CFN (キャリアフォーラムネット)」2社と連携しているのは業界唯一です。

また、「i-web」は「i-web LIVE」という独自のweb面接機能がついているので、ZoomやSkypeよりも快適な通信環境でWeb面接を行うことができます。

採用管理システム内でオンライン面接が行えるため、そのまま面接評価を記入し、応募者情報と一元管理できる点も大きな魅力です。

バックオフィス系SaaS専門家 株式会社ミツカル 代表取締役

井上 幸氏のアドバイス

リクルーター管理に優れた採用管理システム
 
i-webはリクルーター管理に優れていて、リクルーターが何人接触して、どのような結果に繋がったのかを管理することができます。
 
多くの採用管理システムはリクルーター管理機能がないため、リクルーター管理をしっかり行いたいのであればおすすめです。
 
何人学生に接触して入社したかがKPIになるような会社の場合に特に重宝されています。

おすすめの採用形態

新卒 中途 アルバイト パート
× ×

 

料金プラン

キャリア採用モデルは7.5万円/月~ となっています。(※初期導入費は別途発生)

新卒採用モデルに関しては母集団人数やご利用用途によって変動します。

要望にあわせて会社に合ったプランを用意しているため、詳しくはお問い合わせが必要です。

実際に利用した採用担当者の声

 

基本的な情報の管理は不自由なく使いやすいです。特にWeb面接もシステム上で実施できるのが便利で、在宅勤務やオンライン面接が普及した現在では特に重宝しています。
(従業員規模:1001名〜、IT業)

※起業LOG独自インタビュー

i-web 含む採用管理システムの資料を一括DL

 

 

採用一括かんりくん


画像出典元:「採用一括かんりくん」公式HP

おすすめした会社

  • 新卒採用も中途採用も行っている会社
  • 年間通して毎月採用を行っている会社

 

特徴

応募者や内定者の管理フローが定まっていない会社や、辞退者に悩んでいる会社にオススメのサービスです。中小企業、IT企業を中心に導入されています。

同じシステム上で新卒採用も中途採用も一元管理できるので、どちらの用途にも対応できます。

料金プランの最低購入ロッドが12ヶ月〜なので、採用シーズンだけでなく年間を通して採用を行っている会社におすすめできるサービスです。

また、低コストでありながらLINEと連携なども利用できるのも大きな魅力と言えます。

料金プラン

月額2万円~ (最低購入ロッドは12か月です)

こちらは、手始めにシンプルな機能だけ使いたい企業向けのライトプラン。ベーシックプランは月額5万円です。

詳細は資料をご参照ください。

実際に利用した採用担当者の声

 

新規採用の学生を対象とした紹介システムが簡素化されたレイアウトで見易く、複数の会社へエントリーしている場合での一括管理がしやすかったです。(従業員規模:101〜500名、IT業)

 

新卒採用と中途採用を全く別のものとして区切って管理したい企業にはオススメできます。管理の際に混ざってしまうこともなく、ケアレスミスをなくせると思います。
(従業員規模:51〜100名、サービス業)

※起業LOG独自インタビュー

採用一括かんりくん 含む採用管理システムの資料をDL

 

 

MOCHICA


出典元:MOCHICA公式HP

特徴

MOCHICAでは電話やメールよりも返信率が高いため、LINEを使ったシステムを導入し、応募者とのコミュニケーションが取れないことによる採用活動の滞りを解消しています。

また、応募者管理が楽なのも大きな特徴です。面接官がその場で評価を入力でき、採用担当は結果を見て次回案内を送るだけという仕組みになっているため、大幅な業務効率の改善が期待できます。

料金プラン

  エントリープラン ライトプラン スタンダードプラン
月額料金 5,000円 25,000円 65,000円
応募総数 100人まで 300人まで 制限なし

 

実際に利用した採用担当者の声

 

初期費用0円、月額25,000円で利用していますが、新卒採用から中途採用まで幅広い採用情報を一元管理できます。データの収集から分析までも簡単で使いやすいです。
(従業員規模:1000名以上、IT業)

※起業LOG独自インタビュー

MOCHICA 含む採用管理システムの資料を一括DL

 

 

HITO-Link リクルーティング


出典元:HITO-Link リクルーティング公式HP

こんな会社におすすめ

  • 新卒、中途、アルバイト・パート採用で様々な求人媒体を利用したい企業

 

特徴

HITO-Linkリクルーティングの強みは採用に係るオペレーション業務を自動化・効率化できる点です。

dodaやIndeedを始めとする30以上の求人媒体からのデータ取り込み作業を自動化できるので管理の大幅な簡易化が期待できます。

オペレーション業務に追われている・選考に時間がかかる・採用課題が不透明で困っている企業では大いに活躍するでしょう。

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
0円 70,000円~ ×

 

実際に利用した採用担当者の声

 

初期費用はかからず月額費用が7万円かかりました。 複数の転職サイトと連携ができるので、外部との連携の容易さについては非常に満足しています。
(従業員規模:51〜100名、コンサル業)

※起業LOG独自インタビュー

 

新卒採用におすすめの採用管理システム

HR PRIME

画像出典元:「HR PRIME」公式HP

おすすめしたい会社

  • 新卒採用を大規模で行っている企業
  • LINEを採用業務に本格的に導入したいと考えている企業

 

特徴

「HR PRIME」はLINEを新卒採用に最適化させたシステムです。

学生の出欠をマイページ上で管理可能な日程調整の自動化機能など、従来のLINE採用管理ツールの課題である調整業務の手間を大幅に削減することができます、

新卒採用に特化したシステムですが中途やアルバイト採用にも対応しています。

最大6ヶ月間の休眠プランがあるので、採用シーズンのみ導入したいという場合にも適したシステムです。

料金

初期費用無料で月額35,000円から利用できます。

 

Re+works cloud


出典元:Re+works cloud公式HP

特徴

Re+works cloudの強みは、LINEを用いた新卒採用管理システムで情報を一元化し採用実務の軽減を実現している点です。

LINEのトーク画面下部にリッチコンテンツを作成し、定期的に学生が閲覧する仕組みを作るなど新しい取り組みを積極的に導入しています。

LINEは従来の連絡方法に比べて開封率が高く、学生が企業に親近感を感じやすいため、新卒採用に力を入れている企業での活躍が見込めます。

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
0円 50,000円~

 

 

next≫


出典元:next≫公式HP

 

こんな会社におすすめ

  • 新卒採用シーズンだけ導入したいと考えている企業

 

特徴

人事採用のためのマンパワーや出費をできるだけ削減したいと考えている企業にはぴったりのサービスです。

LINEを使うシステムにより、応募者のメッセージ開封率が上がり、より円滑なコミュニケーションを実現します。

また、サクセスパートナーによるコンサルティングが充実しているのも特徴です。導入準備から実際のシステム活用までしっかりサポートしてくれます。

料金プラン

初期費用(システム導入費) 月額費用 無料お試し
10万円 39,800円~ ×

 

 

Catch bowl


出典元:Catch bowl公式HP

おすすめしたい会社

  • 少人数チームで新卒から中途、アルバイト・パート採用まで担当している会社
  • 内定者の辞退理由が分からず悩んでいるという会社

 

特徴

「Catch bowl」は求人者とのコミュニケーションから履歴書等のデータ管理まででき、時間と労力を節約可能です。

LINEだけでなく、採用サイトシステム「MEET SOURCE」とも連携しているため、簡単に自社のためだけのサイト制作も可能です。

また、なかなか聞く機会のない選考辞退の理由を調査するアンケートを導入していることも大きな特徴です。採用コンサルティング会社がつくった採用管理システムということもあり、採用課題抽出には特化していると言えます。

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
0円 50,000円~

 

 

HRアナリスト


画像出典元:HRアナリスト公式HP


 
 

特徴

HRアナリストは、高い分析ロジックにより辞退者の軽減や採用成約率の向上を実現。

一般的な適性検査とは違い、行動や志向性に基づいたアンケートによって学術的エビデンスから、応募者を8タイプにパターン化します。

そして、タイプ別の特徴や性格、行動特性を認識し、一人ひとりに合った採用や面接方法を駆使することで採用成約率を高めるという方法をとっています。

広告代理店、人材系、IT系といった同業の採用競合が多く、差をつけたいと考えている企業におすすめの採用管理システムです。

 

パート・アルバイト採用におすすめの採用管理システム

人材業界超大手パーソル運営の人気サービス『HITO-Manager』

こんな会社におすすめ

  • 社員数100名以上もしくは店舗(施設)数5つ以上の企業で、年間とおして店舗(施設)・ポジションで採用募集をしている企業
  • 価格だけ重視ではなく、価格が高くても「質のいい応募者を多く獲得したい」「管理工数を削減したい」「面接率を上げたい」など費用対効果重視の企業
  • アルバイト採用もしくは中途採用での利用目的で検討している企業

 

特徴

HRテクノロジー賞受賞など評価の高いHITO-Manager(ヒトマネージャー)

アルバイト採用で、複数店舗展開している企業・ブランドをターゲットにしている採用管理システムです。

Indeedをはじめとする、「求人おまとめサイト」への連携と強固なSEO対策で、自社HPでの応募者獲得における集客力は業界TOPと言われています。

応募者管理においても優れており、業界最多求人媒体40以上との連携をしています。

特にアルバイト媒体の自動取込スピードが速く、人事だけでなく多拠点での情報把握や管理ができるため、アルバイトの採用管理に悩んでいる企業には非常におすすめのシステムです。

また、業界で最初に手掛けたサービスであらゆる改善されてきた実績から、HRテクノロジー賞も受賞していて、セキュリティに厳しい大手企業や外資企業も非常に多く利用されています。

料金プラン

自社HP求人作成機能は、「原稿出し放題」「応募数獲得し放題」「24時間いつでも修正可能」です。

また求人媒体の応募者自動取り込みは無料で40媒体取り込みし放題で利用でき、ステータス名称変更、応募フォームカスタマイズ、自動返信メールカスタマイズなども追加料金なしの無料。

お客様の課題に応じた複数の商品プランをご用意しており、詳しくは以下の資料を確認ください。

HITO Manager 含む採用管理システムの資料を一括DL

 

 

オリジナル採用サイト作成・SEO対策もできる!『リクオプ』

画像出典元:「リクオプ」公式HP

「リクオプ」は導入社数No.1のアルバイト・パートの採用管理システムです。

採用サイトの作成や応募者情報・面接日程の管理などの基本的な機能はもちろん、オプション機能が充実しているため、本当に自社に必要な機能のみ利用することができるのが「リクオプ」の特徴です。

このオプション機能の中にはLINE・SMS連携や、応募者向けのチャットボット、EFP(応募フォーム最適化)などがあります。

そのため、アルバイト採用をメインに行っている会社であれば、応募者情報を一元管理したいと思っている会社から、本格的に採用課題を解決したいと思っている会社まで幅広くおすすめしたいサービスです。

バックオフィス系SaaS専門家 株式会社ミツカル 代表取締役

井上 幸氏のアドバイス

アルバイト採用ならではの機能が充実

リクオプはアルバイト採用の複雑なフローにも対応できる採用管理システムです。
 
例えばアルバイト採用では、応募は一律採用センターで管理して、その人の居住地からそれぞれの店舗に配分し、面接は居住地近くで行い、実際に働くのは別の場所になることもよくあります。
 
また、アルバイト採用を管理するにあたり、必要な項目も通常の採用管理システムとは全く異なります。
 
そのような採用を想定したアルバイト・パート採用に特化した採用管理システムなので、大手の飲食店のような大規模なアルバイト採用を行いたい企業におすすめです。

料金プラン

料金に関してはオプション機能や採用人数によって適切なプランを用意しているので、詳しくは別途問い合わせが必要です。

 

その他おすすめの採用管理システム

求人コストの削減と効率化を可能に!『採用見える化クラウド』

画像出典元:「採用見える化クラウド」公式HP

特徴

「採用見える化クラウド」では、さまざまな採用システムと連携したデータ分析が可能となります。

採用応募の獲得から入社まではもちろん、入社以降も使用した求人費用がどのように売上や業務に貢献したのかをデータで可視化するサービスです。

また、採用活動に特化したレポートも自動で作成でき、採用コスト削減を効率よく進めることができます。

採用の効果分析に時間を取ることが難しい飲食店や、スーパーなど小売系企業のパートやアルバイトの採用管理にとくにおすすめです。

機能

・基幹システムや求人媒体のデータを集約
・設計から運用まで手厚くサポート
・レポートは1日1回自動で最新化
・施策ごとのデータ分析が簡単

料金

無料トライアルプランも用意されています。

下記の有料プランは、別途初期費用300,000円がかかります。

  ベーシック コンサル カスタム
月額料金
(税抜)
¥48,000 ¥148,000 お問い合わせ
採用支援業務 なし あり あり

 

採用見える化クラウドを含む資料を一括DL

 

 

最短で、最高の人材を!『ITSUMEN』

画像出典元:「ITSUMEN」公式HP

特徴

ITSUMENは応募者の紹介動画を見て選考する動画選考ツールで、人材派遣・紹介会社におすすめです。

電話面接よりも前に応募者の雰囲気を動画で詳細にチェックできるので、人物像のミスマッチを防ぐことができます。

質問テンプレートや面接ステータス確認など採用側に便利な機能が充実しているだけでなく、応募者も簡単操作で応募できるのが嬉しいポイント!

料金プランは採用スケジュールに合わせ複数のプランから柔軟に選べるのが魅力です。

機能

・動画選考機能
・面接一覧管理
・応募者シェア機能
CSVでの面接一括登録

料金

初期費用、およびアカウント開設費用は「無料」です。

料金プランは目的別に3つのプランが用意されています。

【月額プラン】

最低契約期間は6ヶ月、それ以降は1ヶ月ごとの更新が可能
・動画保存期間はどのプランも90日間の制限あり

  ライトプラン ベーシックプラン プレミアムプラン
月額料金 29,800円
(税込32,780円)
49,800円
(税込54,780円)
79,800円
(税込87,780円)
1ヶ月あたりの面接登録数 50 500 1000

【ダブル定額プラン】

面接利用回数に応じて自動で段階的に料金が変動
・最低契約期間は12ヶ月、それ以降12ヶ月ごとの更新

 

【チケットプラン】

単発スポットで利用できる回数券プラン
・チケットには90日の有効期限あり
・動画保存期限は月額プランと同様の90日間

チケット回数 20回 50回 100回
料金 39,800円
(税込43,780円)
49,800円
(税込54,780円)
69,800円
(税込76,780円)

 

ITSUMEN 含む採用管理システムの資料をDL

 

 

自社採用サイトの作成からできる『SHIRAHA』

出典元:SHIRAHA公式HP

こんな会社におすすめ

  • 採用活動をしたいが何から始めたらいいか分からない中小企業
  • 自社採用サイトをかんたんに作成したい企業

 

特長

SHIRAHAは、自社採用サイトの作成から求職者の集客・管理までを行える、企業の採用活動を総合的に支援するためのサービスです。

AIを活用することで最短5分でサイトを作成、他媒体からの応募の取り込みや管理も全てSHIHARA上で完結するため、採用をしたいが何から始めればいいか分からないという中小企業に特におすすめです。

料金プラン

応募者数の上限はありますが、0円でも十分に利用することができます。

そのほか月額9,800円のスタンダードプラン、24,800円のプロプランがあります。

少数の採用を前提としている中小企業ならば、フリープランやスタンダードプランで事足りるでしょう。

SHIRAHAの資料を無料ダウンロードする

 

 

採用のプロが開発した簡単ツール! 『iRec』


画像出典元:「
iRec」公式HP

特徴

iRecは、最短2週間で簡単に採用サイトの作成が可能な採用サイト制作ツールです。

テンプレートがあるので誰でも扱いやすく、大手求人サイトIndeed、Googleしごと検索、求人ボックスなどとも自動連携できます。

PCだけでなくスマホにも対応、Facebook・Twitter・Instagramとも連携できるので、SNSを最大限活用したアピールも可能。

応募者管理もシンプルな構成となっているので、簡単操作で連携機能が豊富な採用管理ツールを求める企業にもおすすめです!

機能

・テンプレート入力で簡単に採用サイト作成
・Indeed、Googleしごと検索への自動掲載
・スマホ表示も自動で最適化
・管理画面で応募者管理

料金プラン

  ライト スタンダード プレミアム
月額費用 29,800円 29,800円 29,800円
初期費用 50,000円 200,000円 300,000円
制作問い合わせ
サポート(契約期間中)
 
Google Analytics
(解析用ID発行)
 
カテゴリー・メニューのカスタマイズ  
コンテンツ登録代行※10ページまで    


3つのプランに共通する機能は以下の通りです。

・ページ制作機能
・応募フォームの設置、管理
・ブログ機能
・外部連携(YouTube・Google Map・Facebook)
・Indeed対応
・制作問い合わせサポート(導入後1ケ月)

上記の通り、スタンダードからプレミアムにグレードアップするごとにサポートや機能が充実していきます。

 

タレントマネジメント機能が搭載!『ヒトマワリ』

画像出典元:「ヒトマワリ」公式HP

特徴

「ヒトマワリ」は初期・導入費用無料!月額5,000円~利用できます

同種サービスと比較し特に献身的なサポートが魅力で、システム的なサポートはもちろん、コンサルティングから人材情報の入力までも行ってくれる徹底したサポート体制です。

専属の担当者が常に伴走し支えてくれるので、初めて導入する企業でも安心です。

タレントマネジメントが主な機能ですが、採用管理や異動シミュレーション、分析機能など多数の機能が充実していて、やり方次第でいくらでも幅広く活用できるのが魅力です。

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
0円 5,000円~ 要問合せ

 

ヒトマワリ 含む採用管理システムの資料を一括DL

 

 

サイト制作からIndeed応募まで!『GoQ採用管理』

画像出典元:「GoQ採用管理」公式HP

 
 

こんな会社におすすめ

  • 低コストで効果的な採用活動を行い、短期間で成果を出したい企業
  • 自社採用サイトの制作に力を入れたい企業

 

特徴

GoQ採用管理は採用サイト制作、Indeed掲載、応募者管理までワンストップで行える採用管理システムです。特別な知識がなくても採用専用サイトが作成でき、ほかの企業の一歩先を行く採用活動をすぐに取り入れたい企業にうってつけです。

採用ホームページを作れる人材が社内にいない企業にとっては便利なサービスで、Indeedへの登録も行ってくれるため、応募者へのリーチを増やすことができます。

採用サイトを見て、企業についてもっと知りたい求職者が既存の企業サイトを訪問したり、その逆もあるため、企業のセールスポイントを伝えやすい環境が整います。

料金プラン

初期費用:30,000円

採用管理プラン:19,800円 / 月

応募者管理プラン:29,800円 / 月

最低利用期間は3カ月間となります。

 

国内初のリファラル採用サービス『MyRefer』


画像出典元:「
MyRefer」公式HP

こんな会社におすすめ

  • 求人広告やエージェントへの支払いをなくしたいと考えている企業
  • リファラル採用を導入したいと考えている企業
  • 退職社員に対しての再応募を促進したいと考えている企業

 

特徴

「MyRefer」は社員が企業に自分の友人や知人を推薦・紹介し選考する採用システム、リファラル採用のサービスを国内で初めて展開しました。

新卒採用・中途採用・アルバイト採用のすべてに活用することができます。

リファラル採用の最大のメリットは現場社員による紹介手法のため、マッチングの精度が非常に高いことです。また、エージェントや求人広告に頼らない採用方式なため、採用単価を格安に抑えることができます。

 

低コストで導入可能『Zohoリクルート』

出典元:Zohoリクルート公式HP

こんな会社におすすめ

  • 大量の応募者を集めたいと考えている企業
  • 機能の充実性よりも低コストで採用管理ツールを導入したいと考えている企業

 

特徴

月額2,700円〜という数ある採用管理システムの中でも桁違いの安さで利用できる「Zohoリクルート」

業界最安値クラスの価格にも関わらず、indeedやLinkedInをはじめとする求人媒体と連携することができ、データ分析も充実しているのが大きな特徴です。

料金プラン

Zohoリクルートは月間契約と年間契約の2パターンがあり、年間契約の方が割安になる仕組みをとっています。

初期費用 月額費用 無料お試し
0円 2,700円~

 

 

日本初のリクルートメントマーケティングを実現『HITOLinkCRM』

画像出典元:「HITOLinkCRM」公式HP

 

特徴

「HITOLinkCRM」は、企業にとって必要な人材を探し、円滑なコミュニケーションをとるなかで採用決定までのプロセスをスムーズに進めることができるシステムです。

候補者にタグを付けることで簡単に検索できる機能や各候補者に対する次のアクションや期限の設定ができるタスク管理機能が便利です。

工数をかけずに効率よく優秀な人材を確保したいという企業におすすめです。

 

導入実績多数! 無料でも機能充実! 『採用係長』

画像出典元:「採用係長」公式HP

こんな会社におすすめ

  • 短期間で採用サイト制作をしたい企業
  • 求人サイトの他に、LINEなどSNSとも一括連携したい

 

特徴

無料トライアルプランが用意された、ログインのみで利用できる採用サイト制作ツールです。

テンプレートから簡単に採用サイトの作成が可能なうえ、ワンクリックでIndeedを始めとする求人検索エンジン・SNSとの連携が可能です。

Web面接やメッセージの自動返信機能など、採用活動に重要な機能も充実しています。短期間で採用サイト制作をしたい企業におすすめです。

料金プラン

プラン ライト ベーシック プロ エンタープライズ
月額費用 19,800円~ 29,800円~ 39,800円~ 59,800円~


【公開求人数】

ライト:~10件/ベーシック:~50件/プロ:~100件/エンタープライズ:~500件

実際に利用した採用担当者の声

 

手厚いサポートのおかげで、無料プランの時点で応募がたくさん来ました。システム自体も使いやすく、自分で操作できる点がいいところです。さらに、Indeed広告も申込むと、応募が100件程きていました。その中から、現在4名採用にいたっております。
(エフ・エル・ディー・ジャパン株式会社)

※参照元:「採用係長」公式HP

 

採用管理システム 21ツールの料金・機能比較表

  おすすめの雇用形態 LINE連携 月額費用
ジョブカン採用管理 新卒・中途・アルバイト・パート 8,500円〜
HRMOS
新卒・中途 × -
JobSuite CARRER 中途 × 50,000円〜
i-web 新卒 × -
HERP Hire 中途 × 79,800円〜
採用一括かんりくん 新卒・中途 20,000円〜
SONAR 新卒・中途 22,500円〜
MOCHICA 新卒・中途 65,000円〜
HRPRIME 新卒 35,000円〜
Re+works cloud 新卒 50,000円〜
next≫ 新卒 39,800円〜
Catch bowl 新卒・中途・アルバイト 50,000円〜
HRアナリスト 中途 × -
HITO-Manager アルバイト × -
GoQ採用管理 新卒・中途 × 19,800円~
MyRefer 新卒・中途・アルバイト × -
HITO-Link リクルーティング 新卒、中途、アルバイト・パート × 70,000円〜
SHIRAHA 新卒・中途 × 0円〜
Zohoリクルート 中途 × 2,700円〜
HITOLinkCRM 中途 × -
iRec
新卒、中途、アルバイト・パート × 29,800円

 

採用管理システムの比較検討に役立つ資料を無料配布中!

現在、起業LOGでは独自に実施した取材や口コミ調査などで分かった情報をまとめた、お役立ち資料を無料配布中です。

  • 公式HPにはない料金相場も載った採用管理システム比較表
  • 独自取材で分かった採用管理システムの失敗導入事例集
  • 起業LOG限定の「割引・キャンペーン情報まとめ

がもらえます!

【無料】起業LOG独自資料を確認したい方はこちら

 

採用管理システム導入のメリット

応募者情報を一元管理

最大のメリットは「応募者情報を一元管理できる」ということが挙げられます。

人事担当者は社内外含め大勢とコンタクトを取らなければならず、人事担当者は情報を共有していなくてはなりません。

そこで採用管理システムを使えば、応募者1人1人の進捗状況や採用スケジュールを情報共有することができ、担当者が不在時でも他の人事担当者が同じように対応することが可能です

選考が終わっても、分析したデータを蓄積しておくことができ、探し出すこともできるのも大きなメリットと言えます。

作業工数を削減

また「採用に関する作業への紐づけが行いやすい」という点も重要です。

応募者の採用スケジュール進行に合わせて、応募者および面接官とのスケジュールはカレンダーで調整でき、面接会場の確保は施設予約システム、求人者への連絡はメールやチャットなど、手段は多岐に及びます。

採用管理システムでは、次に行う作業を作業ミスを未然に防ぐことにもなり、応募者が増えてもスムーズに対応することが可能になります

また、エクセルなどのソフトに情報を手入力する手間も省けるので、担当者がよりコア業務に集中できます。

採用管理システムのデメリット

一方で採用管理システムを導入するデメリットとしては、各システムそれぞれに得意分野があり、費用の幅も大きいので、十分に確認しないと費用対効果に合わないシステムを導入しかねないということです。

改めて自社が必要とする機能と予算に関しては導入前に明確にしておく必要があります。

応募者の管理データベース機能、およびセキュリティ対策に関しては、今回紹介したサービスについてはいずれも対応されているので、主に対応する連携している求人媒体と対応しているか、求人数、付加機能の有無、分析機能などが基準となると言えます。

また、採用人数が少ないという場合は特に、予算を先に決め、本当にエクセルやスプレッドシートでは対応できないのかというところを確認しないと費用対効果に合わないということになりかねません。

まとめ

この記事では起業ログ編集部おすすめの採用管理システム22選を比較紹介しました。

採用管理システムは選び方が難しいですが、自社がどのような雇用体系をとっていて、どのくらいの採用規模なのか、どの求人媒体と連携しているのかを踏まえて検討することによって適切なサービスが見えてきます。

エクセルやスプレッドシートへの手入力では何かと手間暇がかかる採用活動。少しでも楽に運用したいと考えている方は、ぜひ採用管理システムの導入を検討してみることをおすすめします!

画像出典元:O-dan

 

 

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

採用管理システムの資料を一括ダウンロード

採用管理システムに関連する記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】採用管理システム選びのお役立ち資料
採用管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ