中小企業向け採用管理システムについて

【2024年最新】中小企業におすすめの採用管理システム(ATS)12選!比較ポイント・メリットも解説

記事更新日: 2024/06/24

執筆: Ryo.Yama

人員やコストなど、あまりリソースを割けない中小企業の採用活動は、いかに効率よく管理できるかが重要です。

採用管理システムを導入することで、各媒体やエージェントに散らばった応募者の情報を集約し、選考や面接などの管理もワンストップで行うことができます。

この記事では、採用管理システムについて解説し、さらにおすすめのシステム12選についても比較・紹介します。

採用管理システム(ATS)とは

採用管理システム(ATS)とは、採用に関わる業務を一括管理し、効率化できるシステムです。

応募者の管理、選考、連絡、面接日程の調整などをワンストップで行うことができて、媒体やエージェントごとに情報がバラつくことがなくなります。

これによって、本来時間をかけるべき面接や評価といった業務にリソースを割けるようになり、効率だけでなく採用業務の精度も向上させることができます。

システムごとに特長が異なり、新卒採用・中途採用に特化したシステム、中小企業に適した機能を持つシステムなども提供されています。

中小企業で採用管理システムが必要な理由

採用活動の課題解決のため

中小企業では、人事や採用にかけられる人員や予算が少なく、どうしても少ないリソースで業務を進める必要があります。

また、知名度が低いことから人が集まりにくい、内定辞退が多いといった課題もあり、良い候補者を適切に管理して逃さないことも重要になります。

ただ、これらを少ない人員で回すのはなかなか難しいため、できる限り効率の良い情報管理が必須になるのです。

採用管理システムの導入が効果的

採用管理システムでは、複数の媒体・エージェントからの応募者を一元管理することができるため、少人数でも効率よく管理ができます

また、候補者とのコミュニケーションもLINE連携をはじめ効率よくワンストップで行えるため、情報の見落とし、フォロー不足による機会損失も防ぐことが可能。

さらに、リファラル採用機能や自社採用サイトの作成機能などが備わっているシステムもあり、新たな採用経路を確立するのにも役立ちます。

中小企業におすすめの採用管理を一覧で比較!

ツール名月額利用料連携可能媒体数新卒/中途特長
ジョブカン採用管理
0円〜
10媒体以上
新卒・中途
導入実績豊富
HERP Hire
要問合せ
30媒体
新卒・中途
スクラム採用に最適
HITO-Link リクルーティング
要問合せ
40媒体以上
新卒・中途
カスタマーサクセスによる手厚い伴走支援
採用一括かんりくん
20,000円〜
要問合せ
新卒・中途
低コストで必要機能を網羅
ワガシャdeーDOMO
33,000円〜
6媒体
新卒・中途
中小企業向け機能豊富
MOCHICA
要問合せ
応募管理機能なし
新卒
LINEと連携したシステム導入
JobSuite FRESHERS
要問合せ
要問合せ
新卒
誰でも使えるシンプル設計
エアリーフレッシャーズクラウド
200,000円〜
応募管理機能なし
新卒
内定者フォローに特化
i-web
要問合せ
要問合せ
新卒・中途
幅広い用途に対応
Hirehub
0円
10媒体
新卒・中途
エン転職が運営

中途採用におすすめ!中小企業向け採用管理システム5選

ジョブカン採用管理 

画像出典元:「ジョブカン採用管理」公式HP

特徴

「ジョブカン採用管理」は、中小企業から大企業まで幅広い企業で導入されている、業界トップクラスの実績を持つ採用管理システムです。

シンプルで使いやすいUIながら、募集から候補者の管理、選考、面接日程の調整、さらに結果の分析まで豊富な機能が備わっています。

さらに、外部媒体の管理だけでなく自社採用サイトの作成も簡単に行えるため、経路の拡大にも役立ちます。

さらに費用もリーズナブルで、全体としてバランスの良いサービスといえるでしょう。

料金プラン

機能が異なる2つの有料プランが用意されています。

  無料プラン LITEプラン STANDARDプラン
初期費用 0円
月額利用料
(新規候補者登録数によって変化)
〜30名/月 0円
〜50名/月 8,500円 30,000円
51〜150名/月 30,000円
151〜300名/月 70,000円
301〜1,000名/月 120,000円

(税抜)
※30日間の無料トライアルが利用可能

ジョブカン採用管理 含む資料を一括ダウンロード 

HERP Hire

画像出典元:「HERP Hire」公式HP

特徴

「HERP Hire」は、現場を巻き込んだスクラム採用に適した採用管理システムです。

Slackと連携できるのが大きな特長で、社内への情報共有がしやすく、コミュニケーションコストを抑えながら現場社員を巻き込むことができます。

そのほかの機能も充実しており、外部媒体からの情報の自動取り込みは30媒体以上に対応し、データ分析系の機能も豊富です。

成果にフォーカスした採用管理システムを探している企業には最適な選択肢です。

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

HITO-Linkリクルーティング

画像出典元:「HITO-Linkリクルーティング」公式HP

特徴

「HITO-Linkリクルーティング」は、外部連携機能の充実ぶりが特長の採用管理システムです。

連携可能な採用媒体は40以上と業界でも最多クラスで、あらゆる経路からの応募を一括管理することが可能。

GoogleやOutlookなどの外部カレンダーとの連携も可能で、面接の日程調整も簡単です。

また、カスタマーサクセスが伴走型で支援を行うため、顧客の満足度が高く、安心して利用できるサービスでもあります。

料金プラン

月額5万円〜(税表記なし)利用可能ですが、プランや機能によって異なるため詳細についてはお問い合わせが必要です。

採用一括かんりくん

画像出典元:「採用一括かんりくん」公式HP

特徴

「採用一括かんりくん」は、機能、外部連携、コストと全体のバランスが良い採用管理システムです。

LINE連携が大きな特長で、管理している候補者とのコミュニケーションをよりスムーズにし、効率をさらにアップすることが可能です。

また、外部連携も充実しており、採用媒体はもちろん、チャットツール、カレンダー、ビデオ会議ツールなどと連携してシームレスな使い勝手を実現。

それでいて、月額2万円から利用可能とリーズナブルです。

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

採用一括かんりくん 含む資料を一括ダウンロード 

ワガシャ de DOMO

画像出典元:「ワガシャ de DOMO」公式HP

特徴

「ワガシャ de DOMO」は、中小企業向けの機能や内容に特長のある採用支援サービスで、実際に顧客の大半が中小企業です。

中小企業にとってネックである応募数を最大化することにフォーカスしており、求人媒体用の記事の制作代行、各媒体への一括掲載などの機能が備わっています。

月額費用も約3万円と比較的リーズナブルで、あまり費用をかけられない企業にとっても負担が少ないのもポイントです。

料金プラン

掲載可能な記事数や複数拠点での利用機能などが異なる2プランが用意されています。

  ライトプラン バリュープラン
初期費用 29,000円 140,000円
月額利用料 33,000円〜 70,000円〜

(税表記なし)

新卒採用におすすめ!中小企業向け採用管理システム4選

MOCHICA

画像出典元:「MOCHICA」公式HP

特徴

「MOCHICA」は、LINEを利用したシステムを導入し、新卒や若年層の採用活動に使いやすいサービスです。

LINEとの連携によって、候補者とのコミュニケーションをスムーズにできるほか、トーク画面上から面接日程の調整を自動で行うことも可能。

もちろんそれ以外の選考ステータス管理や候補者のデータ分析機能も充実しており、これひとつで採用全体を管理することが可能です。

無料サポートも充実しているため、どんな企業でも使いやすいサービスと言えます。

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

JobSuite FRESHERS

画像出典元:「JobSuite FRESHERS」公式HP

特徴

「JobSuite FRESHERS」は、新卒採用に特化した採用管理システムです。

シンプルな機能や画面構成で使いやすく、効率よく選考を管理することができます。

また、LINE連携もできるため、新卒や若年層とのコミュニケーションに最適化することが可能なのもポイント。

導入サポートも専任のカスタマーサクセスが手厚く支援するため、安心して利用することができ、多くの企業に適したサービスと言えます。

料金プラン

月額5万円〜(税表記なし)利用可能ですが、詳細についてはお問い合わせが必要です。

JobSuite FRESHERS 含む資料を一括ダウンロード

 

エアリーフレッシャーズクラウド

画像出典元:「エアリーフレッシャーズクラウド」公式HP

特徴

「エアリーフレッシャーズクラウド」は、内定者と企業側のコミュニケーションを円滑にする内定者フォローツールです。

大企業から中小企業まで幅広く導入されており、満足度も高いサービスです。

コミュニティ、メッセージ、アンケート、課題やeラーニングなどさまざまな機能が備わっており、入社前から教育や相互関係構築ができます。

採用管理の後の内定者管理を強化したい企業には最適なサービスといえるでしょう。

料金プラン

運用サポートの内容やコンサルティングの有無が異なる3プランが用意されています。

  ライトプラン スタンダードプラン ハイエンドプラン
初期費用 要問合せ
月額利用料 220,000円〜 要問合せ 要問合せ

(税込)

i-web

画像出典元:「i-web」公式HP

特徴

「i-web」は、豊富な機能で柔軟に活用できる採用管理システムです。

応募から選考、採用まで全てのプロセスを管理できる機能を備えており、さらに新卒、中途、内定者フォローなど目的別にモデル選択が可能

特に、選考においては適性検査テストとの連携、面接におけるAIのサポート、スコアリングなど、精度の高い採用を可能にする機能が充実しています。

そのほかにも、採用サイトの制作機能やセミナー配信機能、採用広報機能なども備わっており、ワンストップであらゆる業務を管理できます。

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

i-web 含む資料を一括ダウンロード

 

無料で始められる!中小企業向け採用管理システム3選

CIY® 

画像出典元:「CIY®」公式HP

特徴

「CIY®」は、選考管理はもちろん、人材の分析や適性検査など、入社後のパフォーマンスまで見据えた採用を可能にするシステムです。

職種ごとに求める人物像の見える化、独自の適正検査、検査を元にしたそれぞれの候補者への面接質問の生成など、質の高い人材を見つけるための機能が豊富

それでいて、月額1,980円から利用可能で、30日間の無料お試しで使い勝手を確かめてから導入することも可能と、ハードルが低いのもポイントです。

料金プラン

掲載求人数や適性検査の実施人数、機能などが異なる3プランが用意されています。

  フリー スモール ベーシック プレミアム
初期費用 要問合せ
月額利用料
(年一括払い)
0円 1,980円 6,980円 39,800円

(税表記なし)
※30日間の無料トライアルが利用可能です

Airワーク 採用管理

画像出典元:「Airワーク 採用管理」公式HP

特徴

「Airワーク 採用管理」は、リクルートが運営する、充実した求人機能と、リーズナブルな料金体系が特長の採用管理システムです。

indeedとの自動連携による求人掲載や自社採用サイトの制作、選考管理や候補者との連絡など、幅広い機能が備わっています。

基本機能は0円から利用可能で、求人ページがクリックされた際に費用が発生する料金体系で、スモールスタートに適しています。

料金プラン

利用料金は、基本料金0円+クリックごとの費用+有料オプション費用で決定します。

Hirehub

画像出典元:「Hirehub」公式HP

特徴

「Hirehub」は、エン転職が運用する採用管理システムで、豊富な機能を備えながら、全て0円で利用できるのが大きな特長です。

煩雑になりがちなエージェントとのやりとりや各媒体からの応募などの情報集約に加えて、選考や評価の管理まで行うことができます。

また、サイト作成ツールとも連携しており、自社採用サイトで新たな採用経路を確立することも可能です。

料金プラン

全ての機能を完全無料で利用可能です。

中小企業向け採用管理システム導入のメリット

1. 応募者情報の一元管理

採用管理システムでは、複数の求人媒体やエージェントに分散している応募者の情報を一元管理することができます。

システムによって異なるものの、基本的に大手採用サイトは連携可能で、自動で応募者の情報を取り込むことが可能です。

情報管理をワンストップで効率よく行えれば、より付加価値の高い業務にリソースを使えるため、採用の質も向上できます。

2. 日程調整・コミュニケーションの効率化

応募者の情報だけでなく、選考における調整やメッセージなどもシステム上で一元管理することができます。

面接に関しては、自動で調整する機能が備わっているシステムが大半で、担当者が一人ひとり連絡する必要はありません

また、LINE連携やメッセージの一括配信などで、コミュニケーションも効率化することができます。

3. 採用サイト制作で経路拡大も可能

システムによっては、サイト制作機能が備わっているものもあり、自社採用サイトを立ち上げることも可能です。

テンプレートを利用すれば、文面を入力するだけですぐに作成することができます。

採用媒体やエージェントも活用しつつ、新たに採用経路を確立することができ、中小企業にとってのネックである応募者の数を増やすことができます。

中小企業向け採用管理システム導入時の注意点

1. 導入には一定の手間がかかる

採用業務を効率化できる採用管理システムですが、導入にあたってはどうしても一定の手間がかかります

各種媒体との連携や、既存の調整方法・連絡手段からの切り替え、分析のセッティングなどが必要です。

誰が運用を担当するのか、設定や導入の実務を行うのかなど、役割を事前に明確にしておきましょう。

2. 費用対効果が得られない可能性も

システムを導入しても、機能を最大限活用できないとあまり効率化が実現できず、コスト上のメリットはあまり得られない可能性があります。

導入前に、自社の採用プロセスにおける業務を整理し、どこにボトルネックがあるかを明確にし、システムによる改善効果を試算しておくと良いでしょう。

中小企業向け採用管理システムの比較ポイント

1. 機能面 

採用管理システムは、それぞれ機能や特長が異なります。

募集情報の管理に特長のあるシステム、選考や評価を高精度で行えるシステム、コミュニケーションに強みのあるシステムなどがあります。

また、LINE連携や内定者フォローなど新卒採用に適したものもあれば、中途採用に適した構成のシステムもあります。

自社の採用の規模、方向性、ニーズなどに合わせて最適なものを選びましょう。

2. 連携可能サービス

各媒体からの応募を自動で集約できるのが、採用管理システムの大きな特長のひとつです。

ただし、システムによって連携可能な媒体は異なるため、事前に自社で活用している媒体に対応しているかは必ずチェックしましょう。

また、将来的にさらに多くの媒体を活用する予定があるなら、対応媒体数が多いシステムを優先的に検討するのも良いでしょう。

3. 初期費用・月額利用料

採用管理システムの導入費用は、初期費用が0円〜3万円月額利用料が1万円〜10万円程度が相場で、なかには無料で利用できるものもあります。

機能が豊富なシステムほど割高になるため、必要十分な構成のものを導入するのがコスパ最大化のポイントです。

まずは自社業務において必要な内容を明確にしてから、それに対応するシステムを検討すると良いでしょう。

まとめ

採用管理システムの導入は、手間のかかる採用業務を効率化し、さらに採用の成果まで向上することのできる有効な施策です。

システム選びにおいては、自社業務において何が必要かを明確にし、それにあったサービスを検討することが重要です。

加えて、連携できる媒体の数や機能面のプラスアルファ、費用などを基準に選びましょう。

画像出典元:O-dan

その他の中小企業向け採用管理システム

中小企業向け採用管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ