MOCHICA

記事更新日: 2020/10/15

執筆: 編集部

編集部コメント

MOCHICAはLINEを使用した採用管理システム。電話やメールよりも返信率が高いため、応募者とのコミュニケーションが取れないことによる採用活動の滞りが解消できます。企業だけでなく応募者にとってもメリットが多く、求人の際のセールスポイントにもなり得るシステムと言えます。

LINEと連携できる採用管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

LINEと連携できるおすすめ採用管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

MOCHICAだけ知りたい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

MOCHICAの資料を請求
1. 応募者とのコミュニケーション

LINEを使用して応募者1人1人と簡単に連絡を取ることができる

2. 応募管理

MOCHICA上で応募者の評価も可能。そこから試験結果の連絡もできる

3. CSVインポート

応募者のデータをMOCHICAに一括インポートして、採用活動の進捗等の把握に役立てることができる

良い点

LINEを連絡手段に使うことで、企業だけでなく応募者の利便性アップにつながります。また、返信率も高まることで採用活動の円滑化に役立ちます。

悪い点

業種によっては、LINEで採用結果の連絡が来ることに疑問や不満を感じている応募者もいます。

費用対効果:

初期費用は0円〜で、ほかのLINEを使用した採用管理ツールよりも機能が充実している。

UIと操作性:

普段のLINEでのやり取りと同様の直感的な操作で企業と連絡が取れる。

社外連携:

Google Cloud Platformを利用。やり取りもすべてSSLで暗号化しているため、セキュリティ上の問題はない。

MOCHICAの3つの特徴

1. 応募者の返答率が大幅アップ

「MOCHICA」は、従来の採用活動にありがちな「応募者との連絡が取れない」という状況を打開するのに役立ちます。

特に就職活動中の学生は多忙なことも多く、電話がつながらないというのは日常茶飯事。メールを送ってもほかのメールに埋もれてしまい、返信がなかなか来ないということもよくあります。

しかし、「MOCHICA」はLINEでの連絡が取れるため、目を通すまではアイコンに新着メッセージがある旨が表示され続けます。そのため、ほとんどの応募者が早い段階でメッセージを目にすることになります。

応募者とのコミュニケーションイメージ

企業とのやり取りなので、メール同様ビジネスマナーは必要なものの、移動中やちょっとした隙間時間にも返信しやすいと好評。自分が送ったメッセージも、企業から受け取ったメッセージもすぐに確認できるので、確認ミス等による行き違いも防ぐことができます。

結果的に複数の企業に応募している人の場合でも、メッセージをチェックしやすい「MOCHICA」を利用した企業の採用日程の方がより頭に残りやすく、有能な人材を取りこぼしてしまう可能性も低くなります。

2. 人事担当者の負担軽減

「MOCHICA」を使うと、採用活動のほとんどが「MOCHICA」の中で完結するようになり、企業の人事担当者の負担が大幅に軽減されます。

大手企業などは、採用活動にかかわる業務の一部をアウトソーシングすることもありますが、そういったことをしなくても企業内の人員だけですべてのことができるようになった、との声も多いです。

LINE@との連携でできること

「MOCHICA」は、応募者との連絡がスムーズにできること以外にも、人事担当者の業務を応援する機能が豊富。例えば、エントリーしている人の属性やそれぞれの進捗状況などが一目で確認できるダッシュボードなども人気です。

「MOCHICA」を使えば、採用活動の効率が大幅にアップ。人事担当者の負担を減らすことで、より丁寧な応募者へのコミュニケーションが可能になることも。結果的に従業員の満足度につながり、企業全体の雰囲気も今より良くなる期待もできます。

3. 日程調整機能は採用以外でも活用可能

「MOCHICA」の中には、応募者との試験日程に関するやり取りを簡単にする機能が含まれています。

この機能を使えば、応募者が希望する日程をタップするだけで試験日程の調整が完了。煩わしい長文メールを打たなくても済むため、ほかの企業の試験日とかぶってしまった際も優先されやすくなります。

「MOCHICA」の日程調整機能

この日程調整機能は、採用活動以外でも利用することが可能です。

例えば、従業員との面談の日程調整や、消費者のモニター調査の日程調整などにも応用ができます。もっと身近な部分で言えば、企業内のサークル活動やイベントのスケジュール調整など利用できる場が非常に多いです。

「MOCHICA」の担当者アカウントは発行数に制限がありません。必要なときに必要な従業員に担当者アカウントを発行することができるので、さほど大規模な採用活動を行わない企業でも、契約期間中は「MOCHICA」の機能で社内のあらゆる業務を簡略化することに役立てることができます。

MOCHICAの資料をダウンロードする

 

MOCHICAの評判・口コミ

120万円のコスト削減に成功!
ITサービス(従業員数1,000~)

応募者とのLINEによるスピードコミュニケーションや簡易的な日程調整は学生側の歩留まりの改善につながりました。また、これ以上改善できる余地があるのか疑問だったセミナーの予約率も、学生がLINEで手軽にスキマ時間でおこなえることから、20%以上改善。自動設定で通知やリマンドにかけていた時間も削減できました。アウトソーシングの廃止により120万円ものコストを見直すことに成功しました。

 

料金プラン

「MOCHICA」の月額費用は5,000円~となっております。

詳しくは以下の資料をダウンロードしてご確認ください。

MOCHICAの資料をダウンロードする

 

まとめ

LINEを利用した採用管理システムは今後も増えていくことが予想されますが、「MOCHICA」は今のところ機能の充実性でいえばトップクラスです。

そのうえ初期費用は0円〜となっており、初めてLINEを使用した採用管理システムの導入を検討している企業におすすめです。

採用にかかわる業務をアウトソーシングしていた企業においては、年間で300万円もの経費削減につながったという喜びの声も届いています。

採用活動の無駄を徹底的に省いて、スムーズに優秀な人材を採用したい企業にとって、「MOCHICA」は最適な採用管理システムと言って過言ではないでしょう。

MOCHICAの資料をDLする

 

画像出典元:「MOCHICA」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

LINEと連携できるおすすめ採用管理システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のLINEと連携できる採用管理システム

起業ログが厳選するLINEと連携できるおすすめ採用管理システム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
MOCHICA
採用一括かんりくん
SONAR ATS
i-web
HR PRIME
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ