ミツカリ

記事更新日: 2020/10/14

執筆: 編集部

編集部コメント

30日間の無料トライアルがある組織診断ツールです。社会心理学の理論をベースにした適性検査で社風を数値化し、人と組織のマッチングを行います。採用面接に利用したい場合は、結果をもとに作成された面接シートに応募者の人となりやマッチング結果、そこから考えられる質問事項などが表示されるため、面接の属人化を防ぎつつ社風にマッチした人物を採用できます。

組織診断を比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

組織診断ツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

1. 分析機能

会社や部署とのマッチ結果を数値化

2. 詳細データ

性格や価値観を7段階で分類表示

3. セキュリティ

データ暗号化による通信保護、プライバシーマーク取得による個人情報保護

良い点

適性検査の結果により社風を可視化し、人と組織のミスマッチを防ぎます。採用活動や人事異動に活用できます。

悪い点

組織分析なので、ある程度の従業員数の企業が対象になります。

費用対効果:

社風分析のための従業員の受験は無料です。応募者の受験は1人2,000円となります。

UIと操作性:

10分で回答でき、即座に結果がわかります。スマートフォン、タブレット、PCどれでも受験可能です。

多言語対応:

日本語はもちろん英語、中国語など合計9か国語での受験に対応しています。

ミツカリの特徴3つ

1. 独自の適性検査

ミツカリの最大の特徴は独自の適性検査です。性格や価値観を明らかにする検査を行い、多様化する業務に対する適性判断の材料となるような工夫がされています。

一般的な適性検査では、良い・悪いの判定をし、職業適性を明らかにします。一方、ミツカリでは、合う・合わないの判定を行い業務に対する適性を判断します。

このテストは近代心理学の理論をベースに、専門家の監修のもと開発されたものです。価値観の数値化についてはAIを活用し、機械学習によって分析制度は日々向上しています。

性格適性検査というと、多くの問題を長時間にわたって取り組まなければならないイメージですが、ミツカリでは直感的に回答でき約10分間で終了するように作成しています。忙しい業務中のちょっとした時間で取り組めるようになっています。


5択で直感的に回答可能

2. 社風を可視化しミスマッチを防ぎます

次に紹介するミツカリの特徴は社風を可視化することです。従業員を対象に行う適性検査の結果をもとに社風を分析して可視化します。

その会社の社風は、組織を形成している従業員によってつくられていると考えられます。従って、従業員に適性検査を受験してもらい、共有している価値観を明らかにすることで組織の傾向を明らかにし、社風として可視化します。

その結果をもとに人と組織の相性を数値化します。これは、採用活動では、応募者と会社のミスマッチを防ぐことに役立ちます。また、従業員の配置転換など人事戦略に活用することも可能です。

人と組織だけでなく、人と人との相性も見ることができるため、安定した組織運営にも役立ちます。


マッチ度を数値化して表示

3. わかりやすい分析結果

ミツカリの特徴3つ目は、分析結果がわかりやすいことです。適性検査の結果は、詳細でありながらわかりやすくすぐに活用できる工夫がされています。

適性検査の結果をもとに、面接用シート機能、詳細データ機能、ソーシャルタイプ機能の3種類の分析を行います。どの分析結果もグラフを多用し、視覚的に把握できるようになっています。

特に面接用シートは、組織との相性が%で表示されるとともに、従業員との類似度で人物像を示すなど、応募者がどのような人物なのかをイメージしやすく示します。

また、その人に対する適切な質問例、社内組織や従業員とのマッチングなども表示されるなど、適性検査の結果から得られた情報を、最大限に活用できるようになっています。


分析結果をわかりやすく表示

 

ミツカリの料金プラン

採用での利用におすすめのベーシックプランは初期費用、年額費用ともに0円で利用可能です。

有料プランはプロフェッショナルプランが月額50,000円(税別)、エンタープライズプランが月額30,000円(税別)~になっています。

どのプランも社風分析のための従業員の受験は無料で、応募者の受験は1人あたり2,000円(税別)です。

ベーシックプランでは無料トライアルがあり、30日間応募者用チケット5枚分が無料で利用できます。

ミツカリの評判・口コミ

メニュー選びの参考になり、売上アップ
株式会社ロジクエスト

採用が科学的にできるツールであると感じ導入しました。導入する以前は各地方の担当者の一存だったため、採用の基準が揃いませんでしたが、今ではマッチ結果を基準にフィルタリングしています。その結果、36%だった早期離職率が導入から2年後には5%と大幅に低減しました。

スクリーニング時間が1/30に
株式会社エイチーム

応募者のスクリーニングの時間を短縮しつつ、社風にあった人材を効率よく採用したいという課題を解決するために導入しました。導入後はスクリーニングの時間が1/30になりました。また、一般的な適性検査よりもコストが抑えられたため、使用範囲を広めることで、応募者の人となりをより深く理解できるようになりました。 今後は早期離職防止にも利用したいです。

*「ミツカリ」公式HP参照

まとめ

この記事ではミツカリの特徴・評判・料金を解説しました。

早期離職者を減らし、安定した組織運営がしたいと考えている企業にはおすすめのツールです。それは独自の適性検査をもとに、人と組織のマッチングを行う、というのがミツカリの大きな特徴だからです。

適性検査は社会心理学の理論をベースに作られ、AIによる機械学習を用いた分析をおこなうので日々精度が向上していきます。

適性検査の結果は、組織とのマッチング度だけでなく、面接での質問事項なども示されるため、属人化した面接を避け、社風に合った人材の確保が可能になります。

ミスマッチを回避し、スムーズな相互理解のもと円滑な組織運営を目指す企業にはおすすめの診断ツールといえるでしょう。

画像出典元:「ミツカリ」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

組織診断ツールの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の組織診断

起業ログが厳選する組織診断ツール
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Well
識学
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ