タレントパレット

記事更新日: 2018/11/30

執筆: 編集部

運営コメント

タレントパレットは「企業の約7割が人事情報を活用できていない」という調査結果をもとに、人材管理に役立つ機能を盛り込んだツール。今後も新たな機能が随時追加されるとのことで、目が離せないサービスの1つです。

1. 人材の見える化

従業員のプロフィールや経歴・スキルが一目で確認できる

2. 人事情報分析

人事だけでなくあらゆる部門で管理している人事情報を集約し、分析することができる

3. 採用ミスマッチ防止

従業員全員の適性検査結果を分析することにより、採用時のミスマッチを防止することができる

良い点

タレントパレットは人材管理担当者にとってまさに「痒い所に手が届く」ツール。人事部の仕事の質を高めるのに役立ちます。

悪い点

サービス導入後、サポート窓口があるものの土日祝日は非対応。サービス業など土日祝日も稼働している企業からは不満の声も聞かれます。

費用対効果:

利用料金については非公開ですが、導入企業の多くはおおむね満足しているとの声が多い。

UIと操作性:

ドラッグ&ドロップでほとんどの機能を利用することができる。

知名度:

大手金融機関がサービスを導入したことで知名度がアップし、シェアも順調に拡大している。

タレントパレットの3つの特徴

1. 簡単操作で最適な人材配置が可能

タレントパレットでは、人事情報をすべて顔写真つきで管理。従業員の経歴やスキルなどはすべてデータベースとして活用できるので、ドラック&ドロップの簡単操作で人事異動のシミュレーションなどを行うことができます。

人事異動シミュレーション画面

人事異動のシミュレーション画面では、人事異動を行ったことで平均年齢や平均勤続月数、売上実績などがどのように変化するかが一目瞭然に。

従業員の評価シートや勤怠データなども一元管理できるので、直接かかわったことのない従業員の情報も手に取るように知ることができます。

2. 人材情報分析により効率よく人材育成ができる

タレントパレットでは、人事部以外の部門で管理していた人材情報もまとめて管理。従業員1人1人の意見や要望を収集し、テキストマイニングすることもでき、より高度な人材情報の分析を可能にします。

人材分析画面の例

そのほか、「離職防止分析」や「社員満足度分析」など、有能な人材が離職するきかっけを取り除くのに役立つ機能も充実。それらの分析に役立つ社内アンケートのテンプレートも豊富に用意されているので、効率よく従業員の意見や考えを取り込むことができます。

社内アンケートの自由記述に関しては、定量的に分析。テキストマイニングで記述内容をマップ化し、従業員のニーズを視覚的にとらえることもできます。

社内アンケートの回答をマップ化

3. モチベーション分析で効率アップ

タレントパレットは、従業員のモチベーションに関する分析機能が充実。3秒で回答できる「モチベーション調査」はパソコンだけでなくスマホでも回答可能なので、より多くの従業員の声を集めることができます。

調査の未回答者には催促メールが送信できるので、人材管理担当者が知りたい情報を効率よく収集することができます。

集められた回答は瞬時に分析され、どんな言語が多く利用されているかなどわかりやすくまとめられます。その後、過去に離職した従業員の発言と比較し、離職の危険があるかどうかなど分析。離職の危険がある従業員がいれば抽出し、知らせてくれます。

モチベーション調査の結果はモチベーション・ダッシュボード機能で企業内の状況をリアルタイムに表示。管理職の従業員対応に役立つレポートを作成し、従業員のモチベーションアップや離職予防に役立つ情報を提供します。

モチベーション・ダッシュボード機能

料金プラン

タレントパレットの利用料金は企業の規模により異なります。詳しくは公式サイトよりお問い合わせください。

公式サイトはこちら

まとめ

タレントパレットは、最適な人材配置を行って従業員のパフォーマンスを最大限引き出したいと考えている企業におすすめのサービス。

従業員の経歴やスキルだけでなく、日頃考えていることや悩みを知り随時分析できる機能は、企業の活性化に大きく貢献するでしょう。

働き手不足が叫ばれる今、従業員満足度はたいへん重要視されています。タレントパレットのテキストマイニングなどの分析技術を駆使し従業員の満足度をアップさせることは、結果的に定着率アップにつながります。

人事情報をしっかり活用することは、企業の成長する力を着実に伸ばしていくことでしょう。

画像出典元:「タレントパレット」公式HP

その他の【人事評価システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ