電子契約サービスについて

【2024年最新】電子契約サービスおすすめ29選!比較ポイント・選び方もご紹介

記事更新日: 2024/06/06

執筆: 編集部

現在、77.9%もの会社が電子契約を活用し、利用拡大が止まらない電子契約システム。(2024年3月JIPDEC調査)

今回起業LOGでは、行政書士として活躍する石下貴大氏に取材を実施!

法的側面だけでなく、電子契約の仕組みや利用ユーザーの声へも見識が深い専門家のアドバイスも参考に、電子契約の選び方・おすすめの電子契約システム30を比較紹介していきます。

最短・予算内で自社に合うシステムを見つけたい方は迷わず資料請求がおすすめです!

この記事に登場する専門家

電子契約に詳しい行政書士

石下貴大

行政書士法人GOAL代表。

行政書士、社労士、税理士からなるGOALグループ代表として設立手続きだけでなく、融資や補助金、助成金や税務、労務の起業支援のワンストップサービスを提供している。その他「行政書士の学校」校長をつとめつつ、補助金検索サイトの「みんなの助成金」を運営。著書9冊、「めざましテレビ」などへのメディア出演歴も。取締役を務めるweee株式会社にて、産業廃棄物、建設系の契約締結に特化したクラウド電子契約 サービス「e契約」も提供中。

> 続きを見る

このページの目次

目次を開く

おすすめの電子契約システム比較表

ツール名月額電子署名紙の契約書を電子化特徴
電子印鑑GMOサイン
9,680円~(無料版有)
立会人型・当事者型
⭕️
契約書ごとに署名方法が選べる
クラウドサイン
10,000円~(無料版有)
立会人型
⭕️
サービス導入率№1の圧倒的知名度
マネーフォワード クラウド契約
2,980円~
立会人型・当事者型
⭕️
契約書作成から管理までを一気通貫
freeeサイン(旧:NINJA SIGN by freee)
法人向け:7,180円/月~
立会人型
⭕️
送信料0円・フォルダ権限設定が高評価
ContractS CLM(旧:Holmes)
要問合せ
立会人型
⭕️
最適な契約管理をワンプラットフォームで
Great Sign(グレートサイン)
11,000円
立会人型
⭕️
高いコストパフォーマンスが魅力
エコドラフト
10,000円~
立会人型
⭕️
産廃・建廃業に特化!
ONEデジDocument
18,000円~
当事者型
複数者間の契約にも対応可能
LegalForceキャビネ
要問合せ
⭕️
契約書は自動でPDF化!AI契約書管理
電子契約システム(日本情報クリエイト株式会社)
要問合せ
⭕️
不動産業界専用電子契約システム

下矢印
  • SaaS LOG

    独自調査の比較表

    がもらえる!

  • 比較表で

    一番安い

    サービスがわかる!

  • 機能も比較

    できてサービス選択に失敗しない!

電子契約システムとは?

電子契約システムとは、電子データ(PDF)に電子署名とタイムスタンプを付与し、契約の作成・締結をWeb上で完結させることができるシステムのことです。

従来郵送で時間のかかっていた遠方でも即日契約が可能となります。

電子契約システムの仕組みと機能

電子契約は電子契約システムにアップロードされた契約書に署名することで、契約が締結されます。

「当事者型」と「立会人型」2種類の電子署名形式がある

電子契約では「電子署名」が契約合意の証となり、どちらの電子署名方法を使用しても法的に有効だということが認められています。

当事者型(実印型):契約者本人の電子証明書を利用して電子署名を行う方法
※相手側も
当事者型電子契約の利用が必要

→ 法的な本人担保やセキュリティ重視な契約におすすめ
「GMOサイン」「マネーフォワード クラウド契約」「ONEデジDocument」など

立会人型(契約印型):電子契約システムが契約締結の立会人となり電子署名を行う方法
※システムへのログインとメール認証による本人確認

→ 手間や負担の少なさを重視したい契約におすすめ
「クラウドサイン」「freeeサイン」「ContractS CLM」など

電子契約システムの主な機能

機能の一例をご紹介します。
システムによっては基本料金に含まれている機能やオプションでつける機能もあります。
「何を効率したいか」など、導入したい目的をしっかりと確認しておきましょう。

契約書テンプレート 知識が無くても分野別に契約書を作成できる
タイムスタンプ 「いつ・誰が・何を」したかという証明。非改ざん性を証明できる
ワークフロー管理 契約書の申請~成立までの流れを管理。決裁ルートが正しいか確認できる
リマインド 契約書送付後一定期間署名がない場合、メールなどでリマインド送付ができる
インポート 過去の紙の契約書も取り込み、電子契約書と一緒に保管することができる
保管・管理 契約書名や社名、金額などで検索しすぐに過去の契約書を見ることができる
外部サービス連携 他の営業ツールやCRMツールと連携し契約データや契約書の作成がスムーズにできる

 

電子契約システムの費用相場

電子契約システムの費用構成は大きく分けて2つになります。

  • ユーザー数や機能などのプランに分かれて月額が設定されている定額制
  • 月額料金に加え、契約書送信料(200円前後/件)がかかる従量課金制

月額料金は利用料無料のフリープランから多彩な機能を備えた月額数万円のプランあり、概ね10,000円前後になるシステムが多いです。

フリープランはユーザー数や署名件数に制限があるため、取引件数の少ない個人事業主などに向いています。
文書管理やAPI連携などを考えている場合は、有料プランを検討してみましょう。

また、フリープランを利用し効率化の手ごたえを感じられたら有料プランに移行するなど、段階的にプランをあげていくのもおすすめです。

 

▶【電子契約システム選びに迷ったら】課題・目的から選んでみましょう↓↓

 

電子契約システムの選び方

導入実績・国内シェアは十分か

電子契約で安全・安心な契約を行うには、信頼できるシステムとスムーズな進行が必要です。
知名度が低く不安を与えたり、取引先とのやり取りに手間取ってしまったらマイナスイメージになりかねません。

「GMOサイン」のような導入企業数350万社以上・送信件数2,000万件以上という豊富な実績のあるシステムの場合、取引先も利用経験があるためスムーズに締結できた、ということもあるでしょう。

各システムのHPから同じ業種の導入実績があるか、確認しておくことが重要です。

取引先のアカウント登録は必要か

上記で説明した「立会人型署名」と「当事者型署名」では取引先のアカウント登録が関わってきます。

立会人型署名 取引先のアカウント登録が不要なシステムが多い
→URLの共有で確認・署名が可能
当事者型署名 双方同じ電子契約システムの利用が必須
→手間やコストがかかるため取引先の理解が必要


手軽さと証拠力のどちらを重要視するか、自社の方針を定めておきましょう。

両方の署名方法ができるハイブリッド型のシステムもありますので、検討してみてください。

自社の業種・業態に合う機能の有無

自社のビジネスモデルが必要とする法律面・商習慣に対応できるシステムどうかを確認することが何より重要です。

一般的な契約書には会社法上10年の保管期限がありますが、業種・業態によっては別の法律に則った保管期限が定められているものもあります。

契約承認のステップも、複数名必要だったり多段階だったりと会社によって様々なので、カスタマイズの自由度も含めチェックするようにしましょう。

行政書士
石下貴大氏

業種によって契約書の形式は異なり、例えばIT系では詳細の仕様書を添付することがあったり、建設業では許可証とのセットでの管理が必要となる場合も。自社の業務フローにあった使い方ができるかどうかの確認は必須。

契約件数あたりのコスト

自社の規模、契約件数に見合ったシステムを選ぶことも大切です。

例えば「freeeサインであれば、送信料無料なので件数の多い企業におすすめです。

契約件数が多いのであれば、1件あたりの送信料が無料もしくは安いシステムを選ぶほうが得策といえます。

API連携は可能か

電子契約システムには、契約に必要な各種機能と連携できるものが多くあります。

この、外部連携(API連携)がどこまでできるかというのは、長期的に見ても非常に重要な視点です

例えば、「テンプレートが活用できるシステム」や「AI契約書レビューサービスと連携できるシステム」を導入すれば、作成ステップまで効率化することが可能になります。

連携できるシステムが限定的ではないか、は必ずチェックしましょう。

行政書士
石下貴大氏

最近は、契約周りだけでなく、顧客管理や支払いなど様々なワークフローのDX化が加速しているため、電子契約単体だけでなく、チャットシステムや経費精算システムと繋げるかどうかによって将来的な使いやすさが左右されます。外部連携の自由度は必須確認項目。

 

電子契約システム導入のメリット

契約完了までの作業が簡単になる

【書面契約の場合】
契約内容の合意後も、印刷・製本・郵送・保管など多くの事務作業が必要となります。

電子契約にした場合
上記作業を全てオンライン上で簡単に行うことができるので、契約のスピードが劇的に早くなり、作業の効率化につながります。

行政書士
石下貴大氏

導入の現場での声を聞くと「電子契約は難しそう」というイメージがまだ残っていると感じます。でも実際はメールの送受信さえできれば問題なく使えるシステムがほとんど。現在では、相手方が同じシステムを使っていなくても締結できるものが大半なので、導入に踏み切りやすいです。

 

コストを削減できる

■電子契約導入で削減できるコスト
  • 契約書の紙代・印刷代・製本代 ・郵送代・収入印紙代
  • 契約に関係するあらゆる業務を行う人の人件費 
  • 契約書の保管に関係する費用 


書面契約の場合は、これらの費用が1通あたり約3,000円~5,000円かかるとも言われていますが、電子契約にすれば人件費と利用料以外は0円となるため、大幅なコスト削減につながります。

契約書の扱う件数が多い業界や、印紙税負担が高い業界(不動産・建設業・人材業など)では、さらにコストメリットを実感できることでしょう。

行政書士
石下貴大氏

印紙代は、初回の契約時だけでなく、内容変更の覚書などでも都度発生してくるものなのでこれが削減できることは大きなコストカットに繋がりますね。また契約の種類によって印紙額がいくらなのか確認する時間的・作業的コストも削減できます。

 

契約書の保管場所が不要に

電子契約システムを利用すれば、膨大な数の契約書をロッカーや倉庫などに保管する必要がなくなり、書類の整理などの作業も不要になります。

行政書士
石下貴大氏

会社法上、一般的な契約書の保管期間は10年間。契約件数が多い企業ではすぐに保管庫がいっぱいになりますが、データで保管できれば大幅なコストカットに繋がります。もしシステムを解約する場合はデータを別の場所に移す必要があるので、申込時に必ず方法を確認しておきましょう。

 

検索・閲覧が簡単

契約書を電子データ化すれば、契約終了後の契約書の検索や閲覧が簡単にできます。

書面の契約書の場合、膨大な契約書の中から該当するものを探すのは大変ですが、電子データならすぐに必要な書類を探し出すことができます。

行政書士
石下貴大氏

膨大な紙の契約書から目的のものを見つけるのは非常に労力がかかります。電子契約であれば、検索機能ですぐに欲しい契約書が見つかる点がメリット。システムを選ぶ際に、検索機能が充実しているかどうかはチェックするようにしましょう。

 

導入実績が豊富なおすすめ電子契約システム5選

電子印鑑GMOサイン

画像出典元:「電子印鑑GMOサイン」公式HP

 

電子印鑑GMOサイン 含む電子契約の資料を一括DL

 

特徴

「電子印鑑GMOサイン」は、契約の締結から管理までをワンストップで行えるクラウド型電子契約システム。

契約締結にかかる手間や時間の大幅な短縮により、業務の効率化を実現できます。

"重要契約書などは本人確認を付けることで、特定の人物でしか開けないように設定ができます。"という口コミにもあるとおり、重要な書類を安全に取り扱うことができます。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 企業16万社以上のITインフラを支えるGMOが運営し、弁護士による監修あり
  • セキュリティ関連の認証を数多く取得しており、大企業からの信頼も厚い
  • 送信料は他社と比較してほぼ半額の1件あたり110円

行政書士
石下貴大氏

「電子印鑑GMOサイン」は、GMOの知名度、大手の信頼度が高いシステム。汎用的な分、カスタマイズの細かさがどこまでできるかを商談時にしっかり確認するようにしましょう。

署名方法

電子署名・高度電子署名・ハイブリッド署名の全ての署名方法が利用可能なので、契約書ごとに使い分けることができます。

料金プラン

  お試しフリープラン 契約印&実印プラン
月額 0円 9,680円
登録ユーザー数 1 無制限
送信数 上限5件/月 無制限
契約印タイプ 立会人型 立会人型/当事者型


詳しくは以下の資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

実際に利用したユーザーの口コミ

ゲーム業界

1001人以上

 

件数の多い大規模な会社にはおすすめ

回覧完了のスピードが格段に上がりました。申請者が申請したのと同時に、承認者に一斉に承認依頼が送られるので、承認完了までがスピーディーで非常に良いです。

通信業

51〜100人

 

慣れるのに時間がかかった

クラウドサインに比べると、感覚的な使いやすさが劣っていると思うので、ユーザビリティという点では低いと言えるかもしれないです。


電子印鑑GMOサインの口コミをもっと見る

電子印鑑GMOサイン 含む電子契約の資料を一括DL

 

 

クラウドサイン

 

画像出典元:「クラウドサイン」公式HP

 

クラウドサイン 含む電子契約システムの資料を一括DL

特徴

「クラウドサイン」は、弁護士監修のもと開発された国内で圧倒的な利用実績を誇る電子契約システムです。立会人型電子契約システムとして初めて、電子署名法が定める「電子署名」に該当することを法務省・デジタル庁に認められています。

"クラウドサインを導入しておけば基本的に問題ない!"というくらい必要な機能が網羅されており、シンプルなUIでI操作も簡単です。

評価が高いポイント3つ★★★
  • Microsoft Teams、Kintoneなど外部サービスとの連携数が圧倒的
  • 取引先がクラウドサインを導入していなくても、契約締結ができる
  • 契約書テンプレートは約10種類。自社使用の雛形をPDFでアップロードすることも可能

行政書士
石下貴大氏

「クラウドサイン」は、大手である分、導入の安心度が高い。弁護士ドットコム社による弁護士監修があるという信頼度も強みです。実際はベンチャーなどでも多数導入されていますが、大企業での導入実績が目立ちますね。

署名方法

メール認証による署名での契約締結。締結のしやすさを重視する企業に向いています。

料金プラン

月額に送信費用200円/1件を合わせた金額になります。
すべてのプランで「ユーザー数・送信件数」は無制限となります。

  Light Corporate Business Enterprise
プラン 個人事業主や少人数の企業向け 電子契約・書類管理の機能を備えた一般企業向け 内部統制・セキュリティを強化する機能を追加 全社利用を想定された企業向けの書類管理機能を追加
月額 10,000円 28,000円 要問合せ 要問合せ


詳しくは以下の資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT/通信/インターネット

11人〜30人

邱 世偉

業務効率化間違いなし!しかし、細部に難あり。

検索機能がある点は極めて便利だと感じました。これがあることによって書類を保存する手間、管理する手間、紛失するリスク、また必要なときに探す手間、全てなくなります。唯一残念なのは、文字が多くなると名前や住所といった基本情報が枠からはみ出たり、文章に被ってしまうことです。

IT/通信/インターネット

1人

鐘ヶ江由美

ペーパーレス化して本当に良かったです

ペーパーレスでネット上で完結できるのが何より業務しやすいと思いました。電子契約になれば時間のロスを減らすことが出来るのが魅力的です。メールを開いたら契約書をすぐ読めて、内容を承諾し、名前と住所を入力するだけで契約が出来ます。


クラウドサインの口コミをもっと見る

クラウドサイン 含む電子契約システムの資料を一括DL

 

 

マネーフォワード クラウド契約


画像出典元:「マネーフォワード クラウド契約」公式HP

マネーフォワード クラウド契約を含む資料をDL

特徴

「マネーフォワード クラウド契約」は、電子契約も紙の契約も一元管理できるため、紙の契約書も管理しながら少しずつ電子契約も導入していきたい企業におすすめな電子契約システムです。

ワークフロー機能が標準で備わっているため、社内での申請・承認から契約締結までを一つの画面内で行うことができる点も優れています。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 紙の契約書についても決裁のワークフローを利用可能
  • 取引先は登録の必要なし。メルアドのみで契約締結可能
  • ワークフロー決裁の承認者を固定しガバナンスの強化を図る

 

料金

個人向けの基本プランは月額800円から展開しています。

▼マネーフォワード クラウドシリーズの法人向け各プラン基本料金

  スモールビジネス
(年額プラン)
ビジネス
(年額プラン)
税抜き金額 2,980円/月~ 4,980円/月~

公式ホームページでは料金は公開されていませんが、編集部の調査によると、ワークフロー機能・紙の契約書との一元管理機能・他社API連携機能がついて、月々50,000円程度で利用できます。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT/通信/インターネット

2〜10人

 

メールの授受含めシステムで完結するので業務量が減る

経費申請等も当システムを利用しているため、1ユーザーであらゆる事務作業に対応でき、アカウント管理の手間もなくなりました。押印や印刷、スキャンの手間が不要で、メールの授受含めシステムで完結する点で業務量が減り、保存忘れもありません。

メーカー/製造

11〜30人

 

印影のサイズが大きく見栄えが悪い

電子押印の印影のサイズが大きく、印影が印鑑と言うよりサインのようなので、契約書の見栄えが悪いです。取引先が大企業が多いため、紙面で契約を交わしていた際は印鑑を斜めに押してお辞儀しているように見せる等の対応をしていたが、本システムではできません。


マネーフォワード クラウド契約の口コミをもっと見る

マネーフォワード クラウド契約を含む資料をDL

 

 

freeeサイン

画像出典元:「freeeサイン」公式HP
 

特徴

「freeeサイン」(旧:NINJA SIGN)は、いつものGoogleドキュメントを使って契約書の作成ができる電子契約システムです。送信料0円と、”フォルダ権限設定”が、ユーザーに高く評価されています。

使いやすさの点で高評価を獲得していおり、ITリテラシーがあまり高くない企業にも支持を得ています。

評価が高いポイント3つ★★★
  • PDFやWordで作成した契約書ひな型をテンプレート化し、契約書作成ができる
  • 契約書ごとに作成依頼、レビュー、承認などのワークフローが設定できる
  • 認定事業者の提供するタイムスタンプで改ざんがないことを確実に証明可能

行政書士
石下貴大氏

「freeeサイン」は、汎用性とカスタマイズ性のバランスが優れている。認知度の面でいっても一番強いシステムと言えます。ただし、freeeと連携しているため、現在マネーフォワードクラウドや弥生シリーズなどを利用している企業では連携のしづらさがネックになる可能性はあります。

署名方法

メール認証、二要素認証による署名での契約締結になります。締結のしやすさを重視する企業に向いています。

料金プラン

  スターター Light Light Plus Pro / Pro Plus
料金(年払い) 980円/月 4,980円/月 19,800円/月 要問合せ
基本アカウント数 1 1 6 20
送信数 10通/月 50通/月 無制限 無制限


Salesforceやkintoneと連携できるプランもありますので、詳しくは公式HPよりお問い合わせが必要です。

実際に利用したユーザーの口コミ

輸送/交通/物流/倉庫

51人〜100人

大森裕

人事労務管理と一緒に管理できる

お客さんに送付した際に、お客さんがわからないケースもサポートしてくれる。
対社外の問題は相手の協力が必要なのですぐ運用するのは難しいが、対社内の問題は比較的早く取り組める。入社時の書類や労働契約などを電子化するのは非常に良いので是非使ってみてほしい。

サービス/外食/レジャー

2人~10人

尾田聖也

送信相手側の入力項目もカスタマイズできる

主に顧客との売買契約書が中心だが、送信相手側の入力項目も自由にカスタマイズできるため、フォームに応じた項目設計が可能なのは嬉しい。紙面での契約書やりとりが基本となっている会社におすすめしたい。

プロトスター株式会社代表取締役

31人〜50人

前川英麿

月間で考えれば、約10時間のコスト削減につながっている

取引先から契約書の修正依頼があっても、全てfreeeサイン上で対応でき、毎契約書の送信が1、2分で完結できています。


freeeサインの口コミをもっと見る

 


電子契約システムのシェアランキングにご興味のある方は、こちらもご覧ください。

 

ContractS CLM(旧:Holmes)


画像出典元:「ContractS CLM」公式HP

 

特徴

「ContractS CLM」は、電子契約締結だけでなく”契約の作成・相談・承認・締結・更新管理”をすべて1つのツールで対応できる契約管理ソリューションです。Word編集機能やナレッジマネジメント機能も備えており、契約プロセス全体の効率化を実現してくれます。

システム導入によって契約関連業務すべてを効率化したい」といった本格的な導入を考えている企業に向いています

評価が高いポイント3つ★★★
  • 申請フローを制御し、必要な承認を得ずに締結されてしまうリスクを防ぐ
  • 期間や締結相手・フリーワードなど、様々な方法から絞り込み検索をすることができる
  • Word、PDF、HTMLの形式でテンプレート化可能

行政書士
石下貴大氏

「ContractS CLM」は、テンプレートの使いやすさが強み。ですが、実際の締結場面では、テンプレートそのままで利用できるわけではないので、ある程度の法務知識レベルをもった担当者におすすめのシステム。上位版を利用すればカスタマイズもかなり自由に行えます。

署名方法

ContractS CLMによる締結に加えて、DocuSign/クラウドサインを利用した電子締結が可能です。

料金プラン

「初期費用」+「月額基本料金」という料金体系になっています。
料金については公式HPよりお問い合わせが必要です。

  Standard 100 Standard 300 Standard 500 Professional
アカウント数 100 300 500 要問合せ
年間契約数 300件 600件 900件 要問合せ

 

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

11人〜30人

 

契約や承認業務が日常化している会社におすすめ

毎回PDFから紙に印刷をして承認をもらった後に、再度PDF化してから先方にメールで送るなど作業工程がとにかく多く、時間がかかっていました。操作方法に関してもマニュアルから動画解説まであるので、いままで2~3日かかっていた作業が当日で完了できるまでに効率化されました。

コンサル

51人〜100人

 

中小企業にはお勧めしない

ペーパーレス化することで、電子系に慣れていないクライアントが困惑するという事態が発生するので、一概にすべて電子化することがいいとは思いませんでした。


ContractS CLMの口コミをもっと見る

 

初めてでも導入しやすい電子契約システム

Great Sign


画像出典元:「Great Sign」公式HP

特徴

「Great Sign(グレートサイン)」は、株式会社TREASURYの提供する電子契約システムです。

電子契約に必須な機能は備えながらも、初期費用不要で低価格から導入可能です。

また、各法令に遵守した万全のセキュリティ対策や導入サポートの充実さも特徴で、安心して利用ができます。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 高いコストパフォーマンスで中小企業でも導入しやすい価格設定
  • 電子署名法やe文書法など、契約締結に関わる法令に準拠
  • 周辺業務との連携で業務効率化が可能

 

料金プラン

Great Signの料金プランは一つのみなので、シンプルでわかりやすい料金体系です。

契約期間の縛りは一切なく、月途中の契約・解約は日割り計算が可能です。

また、従量課金が発生するタイミングは、契約が締結したときです。

送信毎に毎度費用が発生しないので、無駄な費用発生が抑えられます。

Great Signの基本機能を試すことができるフリープランも提供されているので、導入前のテスト利用もおすすめです。

  シンプルまるっとワンプラン
初期費用 0円
月額料金 11,000円
年間払い 121,000円(1ヵ月分お得)
従量課金 165円/ 締結
クラウド書庫料金 0円(容量無制限)
タイムスタンプのみ付与 33円/1件
反社チェック 220円/1件
SMS送信 88円/1件
API連携 11,000円/月

(税込み表示)

 

Great Signを含む資料を一括DL

 

 

エコドラフト

画像出典元:「エコドラフト」公式HP

特徴

「エコドラフト」は、トライシクル株式会社が提供する産廃・建廃業に特化した電子契約システムです。

従来の紙による契約手続きをクラウド上で完結させ、手間やコストの大幅に削減を実現します。

また、東港金属による監修とクラウドサインの連携で、安全かつ迅速に契約を締結できます。

加えて、クランドサインの通常機能も使えて、産廃以外の契約書における電子契約が可能な点も特徴です。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 業界の最新動向や法令改正を踏まえ、常に最適な契約書を作成可能
  • 国内シェアNo.1の電子署名システムと連携や契約履歴を追跡することも可能
  • 30日間の無料トライアルも用意されており、リスクなく導入を検討

 

料金プラン

エコドラフトは、従量課金制の料金体系です。

クラウドサインと同様の利用料でエコドラフトとクラウドサインの2つのシステムが利用可能なため、コストパフォーマンスが非常に高いシステムです。

  Standardプラン Corporateプラン
初期費用 0円 0円
月額利用料 10,000円~ 28,000円~
送信件数ごとの費用 200円~
ユーザー数 無制限
送信件数 無制限
機能 ・書類作成+送信
・電子署名+タイムスタンプ
・テンプレート作成+管理
・チーム管理
・Web API

Standardプランの機能+
・高度な認証による署名
・英語、中国語での契約締結
・二要素認証
AI契約書管理機能
紙の書類インポート機能
監査ログ機能
・書類受信時の認証強化
電話によるサポート
受信者ファイルアップロード機能

(税抜き表示)

さらに、オプションとして下記のサービスも提供されています。

  • 安心パッケージ(8,000円/月)
  • 取引先説明会サポート(20,000円、1時間×2回)
  • 初期設定サポート(20,000円、1時間×2回)

詳細は、エコドラフトまで問い合わせてみましょう。


エコドラフト を含む資料を一括DL 

 

クラウドスタンプ

画像出典元:「クラウドスタンプ」公式HP

特徴

「クラウドスタンプ」は、契約締結機能・セキュリティ対策・情報管理機能がバランス良く搭載されており、経営相談を受け付けてくれるプランもあるので初心者でも使いやすい電子契約システムです。

プランにはライトプランとベーシックプランがありますが、経営面のトラブルを専門家に相談できるのはベーシックプランのみなので、その点は注意しましょう。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 最短1分で締結できるスピーディーな契約を実現
  • WEB上で契約し、電子署名をつけることで法的証拠力にも問題なし
  • タイムスタンプにより電子データへの信憑性は高まる

 

署名方法

電子証明書を発行して契約締結を行う必要があります。電子証明書を用いているので、本人性の担保が非常に強くなります。

料金プラン

料金については公式HPよりお問い合わせが必要です。

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

51人〜100人

 

下書き機能とメール承認機能が大変便利

下書き機能とメール承認機能が非常に便利で、外出先や在宅ワーク中であっても承認をもらいやすくなりました。また、対顧客向けの契約書、対企業向けの契約書とでそれぞれマニュアルが充実していたので困った際にも問題点をスムーズに解決していけました。

サービス

11人〜30人

 

外部サービスと連携ができない

契約書はメールでしか送付できないのでチャットと比べると時間がかかってしまいます。ビジネスチャットツールに連携できると更に効率よく活用できるので、もったいないと感じます。

 
クラウドスタンプの口コミをもっと見る

 

みんなの電子署名

画像出典元:「みんなの電子署名」公式HP

特徴

「みんなの電子署名」は、基本料金完全無料で、ユーザー数や送信件数も無制限で使える電子署名システムです。

無料ではありますが、最高水準のセキュリティ体制をとっているのが大きなポイント。流出という万一の対策もとられているので、ビジネスでの利用にも充分耐えうるシステムです。

評価が高いポイント3つ★★★
  • タイムスタンプやワンタイムパスワードなどすべての機能が利用可能
  • 文書保管も1年以内なら保管料がかからないためコスト削減に最適
  • 取引先が電子署名未導入でも利用を薦めやすい

 

料金プラン

署名をはじめ、文書管理やワークフロー、アカウント管理など、全ての機能が無料

文書保管料金は1年以内だと無料で、1年以上だと50文書単位で月額500円の課金です。

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

1001人以上

 

契約書類の少ない会社にお勧め

過去は、完全に紙ベースだったので保管場所や保管方法が煩雑になりがちでした。必要な契約書をすぐに見つけることができ、何よりも無くす心配がないので安心して利用できます。

サービス/外食/レジャー

51人〜100人

 

外部とのやりとりにはハードルが高い

・外部やお客様とのやりとりに使用する場合には、機密保持契約などの準備が必要なため導入のハードルが高い。前段階の準備やお客様へ強いる負担があるため、多くのお客様への導入は難しいと感じた。

 
みんなの電子署名の口コミをもっと見る

 

ジンジャーサイン

画像出典元:「ジンジャーサイン」公式HP

特徴

「ジンジャーサイン」は、多彩な機能によって、契約書起案・レビュー・契約締結・保管など、契約締結に関する業務がWEB上にてワンストップで行える電子契約システムです。

使いやすいUIときめ細やかなサポート体制で、導入企業・契約先企業ともに安心して利用できるため、電子契約システムを初めて導入する企業でもスムーズに運用できます。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 電子署名にミスがないようシンプルなボタン配置・導線でわかりやすい
  • 書類ごとに、自社の承認ルートを自由に設定できる
  • 契約相手のアカウント作成は不要。メールのみでOK

行政書士
石下貴大氏

「ジンジャーサイン」は、サポート体制に強みのあるシステム。他のjinjerシリーズとも連携して使える分、総合的なDX化を一つのシリーズで整えたい企業には向いています。

料金

料金は、初期費用+月額(300円~)+従業員数で計算されます。
詳しくは公式HPよりお問い合わせが必要です。

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス業界

51〜100人

営業職

簡単な操作だけで完結出来て便利

基本的にはドラッグ&ドロップという操作だけで必要事項の入力が完了するので、操作に特別な知識は必要ありません。

サービス業界

31〜50人

 

PDFにしか対応していないところは不便

PDFにしか対応していないところは不便に感じました。ファイル形式が他にあって、編集に手間がかからないようになればもっと使いやすいと思いました。


ジンジャーサインの口コミをもっと見る

 

契約大臣


画像出典元:「契約大臣」公式HP

特徴

「契約大臣」は、電子契約が気になっていて、本格導入前に試してみたい中小企業やフリーランスにおすすめな電子契約システムです。期限が無く納得いくまで無料で試せるので、電子契約の導入が初めての企業でも安心して始めることができます。

フリープランは初期費用も永年利用料も無料月1件の契約書を利用できる上に、システム契約中は契約書データも全て保存可能です。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 複数者間の契約締結が可能で、社内の承認ワークフローにも対応
  • 締結時に時刻認証局(TSA)のタイムスタンプが押され、改ざん防止に
  • ールアドレスとパスワードによる認証を行い、本人のみ開ける安全性

 

署名方法

メールアドレスとパスワード認証による署名での契約締結。締結のしやすさを重視する企業に向いています。

料金プラン

初期費用・利用料が無料のフリープランもあります。

  スタータープラン ベーシックプラン プレミアムプラン
月額/年払い 2,020 円  6,050 円 9,075 円
送信件数/月 10件 50件 100件
ユーザー数 1名 無制限 無制限

101件以上を送信したい場合のプランもありますので、詳しくは公式HPよりお問い合わせが必要です。

 

SignTime

画像出典元:「SignTime」公式HP
 

特徴

SignTimeは、フリーランスから大規模オフィス向けのプランまで幅広く対応している電子契約システムです。美容医療など、店舗で書面に署名を依頼していたようなケースにも、事前に非対面・非接触でお客様の同意を得るために活用することができます。

月額980円のプランでも月10通まで送信手数料無料で利用できるので、コスパ重視の企業におすすめです。

評価が高いポイント3つ★★★
  • ドラッグアンドドロップによる直感的な操作が可能
  • より手書きサインに近い電子署名ができる
  • リアルタイムで契約の進捗を確認できリマインドも促せる

 

署名方法

SignTimeは、メール認証による署名での契約締結。締結のしやすさを重視する企業に向いています。

料金プラン

無料で無期限で使えるフリープランもあります。

  エントリー
プラン
ビジネスプラン スキャナ保存 プライム
月額 980円 8,600円 9,800円 55,000円~
ユーザー数 3名 無制限 無制限 無制限
送信手数料 月10通まで無料 月50通まで無料 月10通まで無料 月50通まで無料


詳しくは公式HPよりお問い合わせが必要です。

 

 

DX-Sign


画像出典元:「DX-Sign」公式HP

特徴

「DX-Sign」は、弁護士監修のもとセキュリティや操作性にこだわって設計された電子契約システムです。

電子契約に必要な機能と便利機能の数々を低コストで利用でき、料金面でも安心して利用することができるので、DX化の推進と運用コスト削減の両立を叶えてくれます。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 直感的な画面遷移で使いやすく、ITリテラシーに自信がなくてもわかりやすい
  • 送信料は220円/1件。送信件数が月に5件以内であれば、Freeプランでも充分
  • 弁護士監修のもとで構築された強固なセキュリティ体制

 

料金

おすすめは、基礎機能が備わっている月額8,800円(税込)の「Normalプラン」です。

  Freeプラン Normalプラン Enterpriseプラン
月額固定費用 0円 8,800円 55,000円~
送信件数ごとの費用 5件まで無料 220円 220円
ユーザー数 1 無制限 無制限

 

 

イースタンプ

画像出典元:「イースタンプ」公式HP

特徴

「イースタンプ」は、契約関連業務をパッケージ化した電子契約システムです。締結後の文書管理だけではなく、締結と同時に免許証や許可証の画像もクラウド保存できるので、契約書と証明書を同時にデジタル化して保存することが可能です。

利用開始に必要な操作方法・疑問点・運用方法について徹底サポートしてくれるので、初心者におすすめです。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 従来は2~3週間程かかる契約締結までの期間を最短10分程度で完了
  • 締結後の契約書の保管コストも削減可能
  • 取引先様相談専用窓口もあり、雛形やマニュアルの提供を行ってくれる

 

署名方法

電子証明書、メール認証のどちらの署名方法にも対応しています。企業のコンプライアンスに合わせて契約ごとに使い分けることができるので便利です。

料金プラン

料金については公式HPよりお問い合わせが必要です。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251人〜500人

 

印刷にかかる手間や費用を減らせる

従来使っていた紙の契約書は100枚近くあったのですが、スキャンするだけでデータ化できたので、紙の契約書をすべてデータ化することが5分程度の時間で完了できました。

建設業

1001人以上

 

クラウドサインの方が使いやすい

クラウドサインの方が、認知度も高く、他の会社も利用しているため、契約がすんなり行きます。他にも、クラウドサインはオプションが多く弁護士がバックについていることも心強いです。

 
イースタンプの口コミをもっと見る

 

大企業におすすめの電子契約システム

ONEデジDocument

 画像出典元:「ONEデジDocument」公式HP

 

ONEデジDocumentを含む資料を一括DL

 

特徴

ONEデジDocumentは、書面は電子帳簿保存法に基づいて保存され、文書の最新状態や改ざん有無、修正履歴等を確認・証明できる電子契約システムです。

3者間以上での契約にも対応しているので、多くの署名が必要なケースでも役立ちます。

また、署名済の文書に関して、紙の交付を希望する相手には紙で印刷して渡すことも可能です。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 新たな電子署名法で安全性確保
  • QRコードで原本確認、非改ざん証明可能
  • 複数者間の署名に柔軟対応

 

署名方法

ブロックチェーン技術を活用し、文書の改ざん防止と原本確認を可能にする電子署名システムです。

料金プラン

ONEデジDocumentは、初期費用はかけずにシステムを利用できます。

月額利用料は公式HPにて18,000円~との記載がありますが、詳細は問い合わせが必要になります。

利用内容にあわせたプランを案内しているので、システムを検討する場合は相談してみましょう。

初期費用 0円
月額利用料 18,000円~

(税抜)

詳しくは、以下の資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

ONEデジDocumentを含む資料を一括DL

 

 

DocuSign


画像出典元:「DocuSign」公式HP

特徴

「DocuSign」は、世界180か国以上・100万社以上の企業に利用されている世界No.1シェアを誇るグローバルスタンダードな電子契約システムです。

契約締結に関する機能が非常に充実しており契約プロセスすべてで効率化が狙える上、世界最高水準のセキュリティ対策が施されています。取引先はアカウント作成不要・または無料アカウントでもOKのため、導入ハードルが低いのも嬉しいポイント。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 米国をはじめ多くの国や地域で、文書の法的有効性を保証できる
  • GoogleやMicrosoftなど400以上のアプリケーションと連携が可能
  • 契約ワークフローの自動化でスムーズな契約プロセスを実現

行政書士
石下貴大氏

「DocuSign」は、スタートアップでの利用もありますが、大企業向けのイメージが強いシステムです。

 

署名方法

電子証明書による署名を行います。

料金プラン

  電子署名機能だけ利用 Standard
(企業向け)
Business Pro
(企業向け)
月額(年払い) 無料 2,800円
(年33,600円)
4,400
(年52,800円)
送信可能な契約件数 3件
(受信はOK)
100件/年 100件/年
利用可能ユーザー数 - 50名 50名


一般的な企業の契約業務には、Standard(企業向け)がおすすめです。モバイルアプリの他、コメント機能や通知機能が利用でき、電子契約の推進という目的は充分達成することができます。
月額1,100円の個人向けプランもあります。(利用可能ユーザー数1名)

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

51人〜100人

 

直感的に操作できて作業効率も上がる

専門的なスキルがなくても「次に何をするのか」という誘導がしっかりされているので使いやすかったです。作業結果がリアルタイムで配信されるので、漏れなく作業を進めていくことができました。 

メーカー/製造

251人〜500人

 

管理画面で契約書の全貌が見えない

・契約書リンク再送付時に自分で操作できず、送付依頼をする必要があり手間がかかる
・管理画面にて契約書最後の方が省略されており、見えないものがある


DocuSignの口コミをもっと見る

 

Acrobat Sign


画像出典元:「Acrobat Sign」公式HP

特徴

「Acrobat Sign」は、年間80億回の取引処理件数の実績を誇るグローバル規模の電子契約システムです。企業版では、Microsoft製品とのシームレスな連携、その他Salesforceやkintoneなど他システムとの連携が可能で、営業活動や顧客管理などの業務効率化にも役立ちます。

時間と場所を問わずに各デバイスから契約書の送信や署名を行えるので、とても使い勝手がいいでしょう。

評価が高いポイント3つ★★★
  • ウェブサイトに電子サイン欄を埋め込むことも可能
  • 連携はDropbox、DocuWorks、Googleドライブなども
  • 大規模な取引で活用できるMegaサイン機能を搭載

 

署名方法

電子証明書による署名を行います。メール・ウェブサイト・Microsoft 365などの連携システムから直接署名が可能です。

ビジネスのスピードを重視する企業に向いています。

料金プラン

【個人版】では、基本機能の揃ったAcrobat Standard(1,518 円/月)豊富な機能が使えるAcrobat Pro(1,980円)のプランがあります。

【法人版】 Acrobat Standard Acrobat Pro Acrobat Sign Solutions
月額/
ライセンス
1,848 円 2,380 円 要問合せ
機能
  • 電子サイン
  • 基本的なPDFツール
  • すべての変換・編集機能
  • 高度な保護
  • 強力な電子サイン機能
  • アプリケーション連携
  • APIなどを利用してビジネスの拡大を目指すチーム向け


詳しくは、公式HPよりご確認ください。

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

51人〜100人

 

ペーパーレス化になり利便性が上がった

ペーパーレス化を図れたこともよかったです。一度登録をしてしまえばそのサインは他でも使えるようになったので、その後の仕事の利便性が増えました。

メーカー

51人〜100人

 

紙の契約書が良いと言われる事も

我が社では高齢の方も多く在籍しております。その方々への説明を行ったのですが、なかなか利用方法を覚えていただけなく、正式に導入するまでに時間がかかってしまいました。

 
Acrobat Signの口コミをもっと見る

 

CONTRACTHUB@absonne


画像出典元:「CONTRACTHUB@absonne」公式HP

特徴

「CONTRACTHUB@absonne」は、購買システム・決裁ワークフローなどの基幹システムと連携も可能で利便性も高い電子契約システムです。

専門のコンサルティンググループと電子契約に関する法律・税務のエキスパートがこまめに対応してくれるので、電子契約導入に不安を抱えている企業におすすめ。取引先へのサポートプランも用意されているので、合意を得られやすいのも大きなポイントです。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 多くの有名企業が導入し、高評価を得ている実績あり!
  • 電子契約に詳しい弁護士や税理士などを集めたコンサルティンググループ
  • 専門家がその局面にあったアドバイスをしてくれるので初めてでも安心

 

署名方法

電子証明書による署名を行います。法的効力を重視する企業にはおすすめです。

料金プラン

署名タイプを自由に選択し、文書登録の分だけ料金が発生するシステムとなっています。

  • 当事者署名型電子署名
  • 事業者署名型電子署名(1要素認証)
  • 事業者署名型電子署名(2要素認証)
  • 非署名
  • 電子捺印

より選択ができます。詳しくは公式HPよりご確認ください。

実際に利用したユーザーの口コミ

不動産/建設/設備

31人〜50人

 

時間と費用の削減ができて嬉しい

収入印紙の関係での経費がかなり抑えられる。また、契約書類の郵送や、相手先まで直接持っていくなどの時間と費用が削減できるため、コスト削減が見込まれる。こうした面から是非お勧めしたい。

不動産/建設/設備

31人〜50人

 

バグにより作業できない時間が発生した

・午前中に使用するとなぜが表示にバグが生じ、午前中は使い物にならなかった。契約書の提出期限が迫っているときにこのバグが生じると、血の気が引く思いをした。

 
CONTRACTHUB@absonneの口コミをもっと見る

 

paperlogic

画像出典元:「paperlogic」公式HP
 

特徴

「paperlogic」は、企業のガバナンスを重視するような大手企業や行政機関などにおすすめのシステムです。決済者が承認した場合はタイムスタンプが自動で押されるシステムのため、領収書保管の手間をはじめとする事務効率の改善に繋がります。

経費精算の領収書管理コスト500万円のコストを70%削減した、という実績もあります。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 電子契約だけでなく、稟議書の電子化も可能
  • 紙で貰った領収書もスマホで撮影し、クラウド上に保存ができる
  • 電子書庫は100GB~1TBまで会社の規模に合わせてプランを選べる

 

署名方法

電子証明書を発行して契約締結を行う必要があります。電子証明書を用いているので、本人性の担保が非常に強くなります。

料金プラン

電子契約・書類送付・社内承認・法的保存・共有フォルダの機能をすべて含めた「paperlogic電子契約(単一プラン)」があります。
月額:20,000円
標準ユーザー数50名、標準保存容量20GB

ユーザー数や容量を追加できるオプションもありますので、詳しくは公式HPをご確認ください。

 

Shachihata Cloud

 
画像出典元:「Shachihata Cloud」公式HP

特徴

「Shachihata Cloud」は、社内・社外で取り扱う文書の作成から回覧・承認を電子化することができる電子決裁システムです。

月額110円/人~利用できて、回覧ルートの保存・Word / ExcelのPDF変換・ファイル保存容量が1GBなど、標準搭載されている機能が豊富なのが大きなメリットです。電子帳簿保存法にも対応しており、バックオフィスの業務負担を削減することができるでしょう。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 社内ではワークフローで活用し、社外では電子契約システムとして運用が可能
  • 氏名印や日付印等の普段使っている印鑑をそのまま電子化できる
  • 捺印日時やユーザーIDを簡単に確認できる機能などセキュリティ対策も万全

 

料金プラン

利用人数に応じた料金体系になっており、各プランで利用できる追加機能の数に違いがあります。

  エントリー ベーシック プレミアム エンタープライズ
月額/ユーザー 110円 330円 440円 550円
オプション個数 6個 9個 12個


各プランで、必要なオプションを単品で追加することもできます。

 

紙もデジタルも一元管理できる電子契約システム

LegalForceキャビネ


画像出典元:「LegalForceキャビネ」公式HP

LegalForceキャビネ 含む電子契約システムの資料をDL

特徴

「LegalForceキャビネ」は、契約書の管理に悩んでいる会社におすすめのAI契約書管理システムです。

電子契約で締結した契約書が自動でPDF化されて格納されるため、電子契約システムと連携させて使う企業が多いようです。契約書を探すのに時間がかかる、管理台帳への入力・契約更新期限の管理が難しい、といった問題を一気に解消してくれます。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 契約書をアップロードするだけで全文をテキストデータ化できる
  • 契約書の期限・更新日順での並び替えや、リマインドにも対応
  • 全文検索で見つけたい契約書をすぐに見つけられる

 

料金プラン

料金体系は導入初期費用+ライセンス費用+オプションです。最低利用期間は1年間。
詳しくは公式HPよりお問い合わせが必要です。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251人〜500人

 

AIが自動で分類してくれ便利

100以上の枚数がある契約書の中から契約書を探さなければならなかった際に、企業名や契約書に含まれている単語や文言を1~2個入力して検索しただけで、探したい契約書を一発で見つけられてすぐに新たな取引先との契約締結に移れたのでありがたかったです。

 
LegalForceキャビネの口コミをもっと見る

LegalForceキャビネ 含む電子契約システムの資料をDL

 

 

電子契約システム(日本情報クリエイト株式会社)

画像出典元:「電子契約システム(日本情報クリエイト株式会社)」公式HP

電子契約システム 含む資料を一括DL

特徴

電子契約システムは、日本情報クリエイト株式会社が提供する不動産業界専用の電子契約システムです。

郵送費や人件費などのコストを削減し、2要素認証により情報漏洩から顧客の情報を守ります。

電子証明は10年間有効で、電子署名により契約書の偽造や改ざんを防止します。

非対面サービスの需要が高まる中、日本情報クリエイトの他のシステムと組み合わせることでより広範なオンライン対応が可能です。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 電子証明の有効期限は10年間付与
  • 既存の契約書を引き続き使用可能
  • 2要素認証によるセキュリティ対策

 

料金プラン

日本情報クリエイト株式会社の料金プランについては、問い合わせが必要です。

システムの概要については、以下の資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

電子契約システム を含む資料を一括DL

 

 

BtoBプラットフォーム契約書

画像出典元:「BtoBプラットフォーム契約書」公式HP

特徴

「BtoBプラットフォーム 契約書」は、他のBtoBプラットフォームシリーズと連携させることで、契約書だけではなく、見積・受発注・請求の際の帳票類をすべて電子データ化できる電子契約システムです。

ただし電子証明書型の電子署名方法を提供しているため、クライアントに手間・工数をかけさせたくない、という企業にはあまり向いていません。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 高水準なセキュリティにより年中無休で不正を監視
  • 契約書に限らず、書類を一元管理できる
  • 紙面文書のスキャンとアップロードを代行するシステムあり

 

署名方法

電子証明書を発行して締結を行います。取引先にも、招待メールのリンクから電子証明書の設定を行ってもらう必要があります。

料金プラン

  フリープラン シルバープラン ゴールドプラン
初期費用 0円 お問い合わせ お問い合わせ
月額費用 0円 10,000円〜 30,000円〜
特徴 ユーザー数無制限 電子契約のみ利用可能 電子保管も利用可能


料金は全体的に割安
だといえます。文書送信1通あたりの費用も50円/通と、他のシステムと比べても安いです。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT業界

251〜500人

導入決定者

検索機能や並べ替え機能などが便利

契約書を更新日時が最新である順など、その時に応じて探しやすい順番で並び替えることができた

ゲーム業界

11〜30人

 

相手先にもユーザー登録してもらわないといけない

相手先のユーザーにもユーザー登録してもらわなくてはならず、セキュリティーの厳しい企業はちょっとハードルが高いです。


BtoBプラットフォーム 契約書の口コミをもっと見る

 

WAN-Sign

画像出典元:「WAN-Sign」公式HP

特徴

「WAN-Sign」は、政府機関や大手企業でも利用されているGMOグローバルサイン・ホールディングスと直接連携しており、世界的に評価の高い電子証明書を利用しているため、十分に本人性を確保する事ができる電子契約・契約管理システムです。

ユーザーフレンドリーな操作感なので、社外関係者にも負担なく利用してもらえるシステムです。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 「ハイブリッド締結」の全ての締結方法に対応
  • 利用中のワークフロー・ CRM・基幹システムと連携することが可能
  • 書面契約書を登録できるため、既存の契約書もまとめて管理できる

 

署名方法

電子証明書・メール認証・ハイブリッド署名の全ての署名方法が利用可能です。

料金プラン

電子契約は無料で利用できます。すべての機能が標準搭載しており、契約管理・内部統制機能・セキュリティ管理機能に追加費用はありません。
利用分だけしかコストが発生しないので、低コストで導入ができます。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251人〜500人

 

取引先に応じた電子契約が出来る

電子契約を行う機会が増えたものの企業ごとに異なる要望があり、すべてに対応することができず困っている会社におすすめです。取り引き先に適した手段で電子署名を行い電子契約を締結することができるようになります。

 
WAN-Signの口コミをもっと見る

 

ConPass(コンパス)

画像出典元:「ConPass (コンパス)」公式HP

特徴

「ConPass(コンパス)」は、AI抽出機能などを搭載した、紙の契約書や種類の異なる電子契約データを一元管理できる契約書管理システムです。

導入時はもちろんのこと、導入後も専任のカスタマーサクセス担当がサポートし、利用者向けのトレーニングや定期ミーティングを実施し手厚く支援してくれるのが魅力です。

評価が高いポイント3つ★★★
  • AIによる管理項目の自動抽出機能でり管理台帳を自動作成
  • Adobe Actobat SignのAPI連携により電子契約機能が利用可能
  • セキュリティ保管庫で契約書原本を無料で保管してくれる

 

料金プラン

ConPass(コンパス)の有料プランは3種類で、月額費用と導入時初期費用100,000円(税別)のシンプルな料金体系です。
おすすめは、タスク管理やAPI連携などの便利な機能が備わっている月額50,000円(税別)の「スタンダードプラン」です。

  ライトプラン スタンダードプラン スタンダードプラス
月額費用 30,000円 50,000円 要問い合わせ
データ容量 5GBまで 5GBまで 要問い合わせ
電子締結連携
(API連携)
なし あり あり

 

 

RAQCABI


画像出典元:「RAQCABI」公式HP

特徴

「RAQCABI」は、契約書や請求書、書類などを電子データとして一元管理できるシステムです。中小企業向けに開発されたシステムで、「らくらく管理、すばやく検索」といういキャッチフレーズ通りマニュアルを熟読せずとも直観的に操作ができます。

書類管理にかかる業務を減らしたい企業や、電子署名の活用でコスト削減を目指す企業におすすめです。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 二段階認証、IP制限といったセキュリティに関するシステムが多い
  • バラバラの場所で保管されていた書類を一つの場所に集約し手間を削減
  • 書類はキーワード検索が可能で見つけやすい

 

料金プラン

初期費用:30,000円

  エントリープラン スタンダードプラン プレミアムプラン
月額 9,800円 14,800円 24,800円
ユーザー 3名 10名 50名
保存容量 5GB 10GB 100GB


システム内容は、「書類インポート」「管理台帳」「管理台自動作成」「電子署名送信」です。
プレミアムプランを超えるユーザー数、容量にもオプションにて対応可能です。

 

スマホや他デバイスからも利用できる電子契約システム

FAST SIGN

画像出典元:「FAST SIGN」公式HP

特徴

「FAST SIGN」は、スマホでも簡単に契約を結べる電子契約システムです。雇用契約だけでなく、業務委託契約や秘密保持契約を締結する際にも活用できます。

複数担当者で多くの契約書を扱う企業にとってはWeb上で一貫した対応ができ、契約業務の効率化が期待できます。書面ミスなど契約締結に至らない場合、無駄なコストがかかりません。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 契約の発行時ではなく締結後に料金が発生
  • 契約相手は、システムに加入・登録・ログインの必要なし
  • 面接から雇用契約までをWebで完結することができる

 

料金プラン

「FAST SIGN」には3つの料金プランがあり、どのプランも初期費用は無料です。
いずれのプランも担当者のアカウント数は無制限です。

  ライトプラン ベーシックプラン プレミアムプラン
月額 10,000円 20,000円 応相談
初期契約期間 6ヵ月
(以降1ヶ月更新)
6ヵ月
(以降1ヶ月更新)
6ヵ月
(以降1ヶ月更新)
締結可能通数 100通/月 500通/月 応相談


タイムスタンプオプションもあり、ライトプランが3,300円(税込)、ベーシックプランが13,200円(税込)で利用できます。

実際に利用したユーザーの口コミ

マスコミ

51人〜100人

 

web上で契約書締結まで一貫して管理出来る

WEB上で契約書締結までを一貫して管理できます。もちろん作成や修正も基本動作だけで済むので、複数の担当者で契約書を取り扱う場合でもズレがなく、効率的に進められました。

 
FAST SIGNの口コミをもっと見る

FAST SIGN を含む資料を一括DL 

 

DottedSign

画像出典元:「DottedSign」公式HP

特徴

「DottedSign」は、安全かつ迅速にワークフローの一元管理が可能な最先端の電子署名システムです。

異なるデバイス間でも電子サインによる契約締結が可能で、契約プロセスの自動化にも対応しています。

シンプルで使いやすいUXなため、個人またはチームで、スタートアップや中小企業、大企業まで幅広く利用されています。

評価が高いポイント3つ★★★
  • モバイルアプリからも署名が可能で、業務効率は格段に向上
  • 他ツールと比べ、署名モード機能の種類が多く、充実している
  • チームのタスクを一元管理できる

 

料金プラン

「DottedSign」にはフリープランと3つの有料プランがあります。

年間プランには割引があり、月間プランよりもお得です。

電子契約システムによっては契約書1送信あたり100円程度かかる場合がありますが、DottedSignの有料プランは無制限のため利用しやすいです。

デバイスは、iPhone、iPad、Android、ブラウザに対応しているのも魅力です。

    フリー
プラン
プロ
プラン
ビジネス
プラン
企業向け
プラン

価格
月間プラン 無料 2,100円/ユーザー 4,200円/ユーザー 要相談
年間プラン 無料 13,440円/ユーザー
※1カ月当たり1,120円
30,240円/ユーザー
※1カ月当たり2,520

要相談
ユーザー数 1名まで 1名まで 50名まで 50名以上
送信件数 月3件まで 無制限
署名者への一括送信 1件3人まで 無制限
アカウント認証 Eメール Eメール/SMS

※(税別表記)

  • 対面署名機能
  • 再利用可能なテンプレートの保存数:30/ユーザー

これらの機能がビジネスプラン以上で利用できます。 

電子契約システムの導入に不安があるなら

おまかせ はたラクサポート


画像出典元:「おまかせ はたラクサポート」公式HP

特徴

「おまかせ はたラクサポート」は、総務・人事・労務・経理のバックオフィスSaaSの利用をまるごとサポートするシステムです。

NTT東日本厳選のSaaS(電子契約・会計管理・給与計算・経費精算・勤怠管理・電子請求書など)をまとめて導入する際の導入支援に加え、導入後の操作サポートを1つの連絡先に集約ができ、企業のバックオフィスを段階的にDX化することが可能です。

評価が高いポイント3つ★★★
  • 電子契約システムのサポート対象はクラウドサイン(弁護士ドットコム株式会社)
  • 初期設定、データ投入支援、利用中のトラブル対応などもトータルサポート
  • 管理者や利用する従業員もサポートを受けられるヘルプデスク

 

料金プラン

おまかせ はたラクサポートの料金プランは、インターネット接続環境があれば「クラウドサービス」+「サポートサービス」というシンプルな構成になっています。
「サポートサービス」を利用することで、「クラウドサービス」を使いこなすためのヘルプデスクへの問合せ・相談を行うことができます。

詳しくは公式HPよりご確認ください。

 

電子契約システム導入の注意点

書面での締結が義務となっている契約に注意

例えば、定期借地契約、定期建物賃貸借契約に関する契約書、訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引における書面などは電子化が認められていません
上記の契約書がメインの場合ではメリットを感じることができないので、確認しておくようにしましょう。

取引先の理解は必須

初めて電子契約を利用するといった取引先の場合、まずは先方に、電子契約導入のメリット・操作方法などについて説明し理解を得る必要があります。

ですが、記事の前半で石下氏が述べていたとおり、送信側(締結元側)が電子契約システムをもっていれば、相手方はただメールの送受信を行うだけで完結するものも多くあります。その場合、相手方への費用負担はありません。

初回は説明の手間がかかるかもしれませんが、それらの簡便さを理解してもらえれば将来的な手間削減に繋がるでしょう。

行政書士
石下貴大氏

取引先への説明や社内での説得が難しい場合は、いきなり複雑な契約書を使うのではなく、雇用契約やNDAなど簡単で汎用的な契約書などの締結時に、まず1回テストケースとして利用してみるのもおすすめです。

 

導入時の従業員説明はしっかりと

文書による契約から電子契約へと変更する場合は、社内の業務フローが大幅に変わることになるでしょう。現場が混乱し業務が止まることのないよう社内説明を行い、社員の協力と理解を得る必要があります。

まとめ

電子契約システムを導入することで、従来の書面契約に比べ、契約までのスピードアップ・コスト削減・契約書管理の効率化が可能になります。

「法的に有効なのか」という懸念点も法改正に伴って解消され、どちらの署名方法でも法的効力は認められるようになりました。

編集部としては、締結が簡単な「立会人型(メール認証型)」の電子署名を提供しているシステムの方をおすすめしていますが、会社の規模や業界によって、どこまで法的効力の強さを求めるのかは変わってきます。

まずは各電子契約システムの比較ポイントをよく見て、自社に合ったシステムを検討してみましょう!

画像出典元:「O-dan」公式HP

電子契約サービスに関連する記事

その他の電子契約サービス

ITサービス比較

電子契約サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ