クラウドコントラクト

記事更新日: 2021/12/29

執筆: 編集部

編集部コメント

「クラウドコントラクト」は、中小企業や個人事業主向けの電子契約サービスです。電子署名やタイムスタンプ、一括送信機能など、電子契約に必要な機能が幅広くそろっています。プラン毎に契約締結可能数の上限が決まっているので、取り引きの頻度に応じて選び分ける必要があります。

電子契約サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

電子契約サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする8サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

電話やメール、チャット、訪問などに対応しており、サポート体制が充実しています。

悪い点

契約書の一括送信の上限が30件、ストレージの上限が2GBという利用制限があります。

費用対効果:

初期費用が発生しないので、予算に制限がある企業でも導入しやすいです。

UIと操作性:

契約相手はアカウント登録をしなくてもサービスを利用できます。

知名度:

2,700社を超える中小企業や個人事業主と取り引きをしてきた企業が運営しています。

クラウドコントラクトの特徴3つ

1. 改ざんを防止できる仕組みを搭載

電子契約書の改ざんによって不利益を被りたくない企業も多いでしょう。

その点、「クラウドコントラクト」は改ざん防止機能を搭載しています。紙文書の印鑑の役目を果たす電子署名が作成されるので、本人が内容を承認していることを証明できる仕組みです。

契約書のデータにはタイムスタンプも作成され、文書を作成した時刻や契約を締結した時刻がわかります。もし改ざんがあった場合、最後に編集された時刻が更新される仕組みです。安心して電子契約を締結できるでしょう。


電子署名とタイムスタンプで改ざんを防止

2. 複数社でもスムーズに契約を交わせる

取り引きが活発な企業であれば、複数の企業と契約を交わす機会もあり、契約の管理が複雑になってしまうでしょう。

「クラウドコントラクト」には、複数の企業とスムーズに契約できる仕組みが備わっています。

たとえば、送信した契約書の進捗を一覧で管理することが可能です。未締結の取引先を一目で確認できるだけでなく、ワンクリックで契約書を再送できます。

そのほか、2者間の契約だけでなく3者間の契約にも対応しているので、幅広いビジネスに応用可能です。

ワークフロー(社内稟議機能)もあり、送信ごとに都度設定が必要ではありますが、社内の承認フローもスムーズ進められるでしょう。


契約書の進捗を一覧で管理

3. インターネットが苦手な方もサポート

インターネットを使い慣れていないと、紙媒体の契約から電子契約に切り替えることに不安を感じる方もいるかもしれません。

「クラウドコントラクト」では、インターネットが苦手な方でも電子契約サービスが利用できるようにサポートを行っています。

「クラウドコントラクト」の使い方や機能はもちろん、電子契約を導入するときのフローを提案したり、現在の契約書テンプレートを電子契約に変更する際の修正点についても助言したりしてくれます。


電子契約の導入をサポート

クラウドコントラクトの料金プラン

  ライトプラン スタンダードプラン
月額料金(1年契約) 3,980円 7,480円
契約締結可能数 月50件まで 月100件まで
アカウント作成可能数 5アカウントまで 10アカウントまで
一括送信可能数 30件まで 30件まで
送付ファイルサイズ上限 1ファイル5MBまで 1ファイル5MBまで
ストレージ上限 2GB 2GB
電子署名タイムスタンプ


初期費用の設定はありませんが、契約時には月額料金の前払いが必要です。

ライトプランは月額3,980円で契約可能数が月50件まで、スタンダードプランが月額7,480円で契約可能数が月100件までです。いずれも電子署名とタイムスタンプに対応しています。

他の電子契約サービスと比べても月3,980円で利用でき、50件までは送信料も不要、かつ50件を超しても30円/件という料金設定は非常に安価です。

基本料金内ではストレージ上限が2GBまでなので、契約件数の多い企業は保存用にセキュリティの強固なストレージを別途用意することも検討しましょう。

クラウドコントラクトの評判・口コミ

年間で500万円のコストを削減
株式会社YKK APラクシー

以前までの紙の契約では郵送費でも月間約20万円程の経費、案件によっては高額な印紙税が必要な場合もあり、契約に際して大きくコストがかかっておりました。 クラウドコントラクトを導入してからは、郵送などの契約コスト・印紙税が大幅にカットできるようになったため、年間で約500万円もののコスト削減が叶いました。

取り引きがスムーズになった
株式会社日本仲人連盟

印紙税の削減だけでなく、契約書送付の郵送費や手間、先方からご返送頂くまでの時間も短縮することができ、先方の操作としても、面倒な登録も必要ありませんし、簡単な操作で契約ができるため、70代の方との契約にも使用できています。コスト・手間の削減として、今後も引き続き活用していきたいと考えています。

*「クラウドコントラクト」公式HP参照

まとめ

今回は、「クラウドコントラクト」の特徴や評判、口コミ、料金について紹介しました。

「クラウドコントラクト」は、中小企業や個人事業主から要望の多い機能を搭載した電子契約サービスです。

直感的に使えるシンプルなデザインであるほか、取引先への操作もサポートしてくれるため、導入のハードルが低いといえます。

電子契約サービスをはじめて導入する企業に適しているでしょう。

 

画像出典元:「クラウドコントラクト」公式HP参照

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

電子契約サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】電子契約システム選びのお役立ち資料
電子契約サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ