マネーフォワードクラウド契約

記事更新日: 2021/09/30

執筆: 木下千恵

編集部コメント

「マネーフォワードクラウド契約」はシステム上で作成する電子契約だけでなく、紙の契約書も決裁のワークフローを利用可能。電子契約も紙の契約も一元管理できます。

そのため、紙の契約書も管理しながら、少しずつ電子契約も導入していきたい場合に最適です。電子契約を導入することで得られる、「承認フローの業務効率化」や「コスト削減」などの一般的なメリットも得ることができます。

電子契約サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

電子契約サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする8サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

ワークフロー決裁機能は電子契約にも紙の契約にも対応。さらに紙と電子どちらも一元管理できるので、管理業務がラクになります。

悪い点

申請項目の新たな追加・編集はできません。既定の項目に対し表示/非表示を設定するだけです

費用対効果:

UIと操作性:

契約締結から管理までワンストップで行えます。取引相手に対する契約締結の連絡は自動化することができます。

社外連携:

Salesforceとシームレスに連携。帳票作成、契約締結から保管までの操作をSalesforce内で完結できます。

デザイン:

シンプルで見やすい操作画面です。

マネーフォワードクラウド契約の特徴3つ

1. 電子契約だけでなく紙契約も管理できる

「マネーフォワードクラウド契約」は、紙契約の管理も電子契約と合わせて一括管理するのに便利です。

契約の自動更新や契約終了の時期もアラート機能で知らせてくれるので、うっかり忘れる心配もなくなります。

また、カスタマイズ可能なワークフロー決済機能は、紙契約でも利用できます

他の電子契約システムでは、紙契約を別フローで管理せざるを得ないこともあり、「マネーフォワードクラウド契約」の強みと言えます。

自社のワークフローに沿ったカスタマイズも可能。

煩雑になりやすい契約業務を効率化したい場合にうってつけです。


ワークフロー画面のイメージ画像

2. 取引先への契約締結依頼も自動化

「マネーフォワードクラウド契約」を使えば、ワークフローの決裁後に自動で取引先に契約締結の依頼を送れます。

さらに、締結後に返送されてきた契約書は自動で保管。

管理まで手をかけることなく完了することができます。

さらに、取引先は「マネーフォワードクラウド契約」に登録する必要はありません。

メールアドレスのみで契約締結することができるので、取引先の負担が少なく、導入しやすいサービスです。


決裁後の処理を自動化で効率アップ

3. セキュリティリスクを適切に管理できる機能を搭載

「マネーフォワードクラウド契約」では、契約書類ごとに閲覧権限を設定することができます。

クラウド上に書類があっても安全面を考慮し適切に管理できるでしょう。

また、ワークフロー決裁の承認者を固定することも可能なので、ガバナンスの強化につながります。


ワークフローシステムのイメージ画像

その他、信頼できるデジタル署名であることをAdobeによって判断するための機能、Adobe認定証明(AATL)も搭載。

Adobe Readerで契約を確認する際に、署名の有効性を確認できます。

さらにSSOログイン管理機能が備わっているので、1度のシステム認証のみで複数のシステムに同時にログインすることができます。

パスワードの使いまわしや、パスワードを失念してログインできない事態を防止。

管理の手間をかけずに、セキュリティリスクを減らすことができます。

マネーフォワードクラウド契約の料金プラン

公式ホームページでは料金は公開されていませんでした。

マネーフォワード クラウドのお知らせによると、2021年冬以降にマネーフォワード クラウドシリーズの各プラン(スモールビジネスプラン/ビジネスプラン)で「マネーフォワード クラウド契約」の機能も利用できるようになる予定とされています。

【参考】

マネーフォワード クラウド基本料金

  • スモールビジネス(年額プラン):2,980円/月(税込3,278円/月)
  • ビジネス(年額プラン):4,980円/月(税込5,478円/月)

 

マネーフォワードクラウド契約の評判・口コミ

ユーザー単位の課金モデルが決めて
クラフトバンク株式会社

バックオフィスの専任が少ないことや、リモートワークの導入によりオフィスに出社する機会が減っていることもあって、契約書については可能な限り電子締結で済ませることが喫緊の課題でした。2ヶ月ほど利用した結果、承認者として押印する回数がかなり減り、印紙代も削減できました。従量課金ではなく、ユーザー単位での課金モデルというのも決め手となりました。

*「マネーフォワードクラウド契約」公式HP参照

まとめ

今回は「マネーフォワードクラウド契約」の特徴や評判・口コミ、料金について解説しました。

「マネーフォワードクラウド契約」は、紙契約の管理もしつつ、電子契約を導入したい企業におすすめです。

従量課金ではなく、ユーザー単位の料金体制ということもあり、コストを抑えて業務の効率化を目指したいスタートアップ企業にもうってつけです。

 

画像出典元:「マネーフォワードクラウド契約」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

電子契約サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】電子契約システム選びのお役立ち資料
電子契約サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ