タレントマネジメントシステムについて

タレントマネジメントシステム比較17選!おすすめ・メリットも解説

記事更新日: 2023/09/22

執筆: 免色渉

タレントマネジメントシステムとは、社員の「能力・保有スキル・経験」などの情報を一元管理することで、客観的/戦略的な人材配置・人材育成計画を実現するシステムのことです。

この記事では、人事・採用分野に詳しい専門家からのアドバイスを参考に、タレントマネジメントシステムの選び方・厳選おすすめ17選を比較紹介していきます。

この記事に登場する専門家

人事評価・タレントマネジメントに詳しい人事コンサルタント

曽和利光

株式会社人材研究所 代表取締役社長 。株式会社リクルートで人事部ゼネラルマネジャーを務めたのち、不動産、保険など多数の業界で人事を担当。人事・採用に関する著書を10冊以上出版。企業の人事部へのアドバイスや就職活動者への活動指南を、日本経済新聞 電子版・yahooニュース個人など、各種メディアのコラムなどで展開する。「組織」や「人事」と「心理学」をクロスさせた独特の手法が特徴とされ、日系大手企業から外資系企業、メガベンチャー、老舗企業、中小・スタートアップ、官公庁等、多くの組織に向けて人事や採用についてのコンサルティングを行っている。

 

> 続きを見る

多様な働き方支援の専門家 株式会社OKAN 代表取締役 CEO

沢木 恵太

中央大学商学部卒業後、東証1部上場企業の株式会社ベンチャー・リンクジャパンに入社し、新規事業開発に関与。

ベンチャー企業でゲームプロデューサー兼事業責任者を経て、株式会社すららの立ち上げを経験。

その後、2012年12月に株式会社OKAN(当時CHISAN)を設立し現職。

「働くヒトのライフスタイルを豊かにする」をミッションに、2014年3月には、ぷち社食サービス「オフィスおかん」をリリース。多くのメディアで紹介されるなど注目を集めている。

2019年には、「人材が定着する組織づくり」を支援するツール「ハイジ」をリリース。

取材実績

株式会社OKAN 代表取締役CEO 沢木 恵太氏 インタビュー」(経営ノート)

株式会社OKAN 代表取締役CEO 沢木 恵太」(東京都創業NET)

法人向けプチ社食サービス『オフィスおかん』、人材定着支援サービス『ハイジ』を2軸に事業を展開
(20年10月、ダイヤモンド経営者倶楽部)

働く人におせっかいを焼き、望まない離職を減らす」(20年3月、サーキュラーHR)

オフィスおかんのおとん、四人娘の子育てを語る」(18年9月、日経ビジネス)

> 続きを見る

このページの目次

目次を開く

タレントマネジメントシステムとは?

タレントマネジメントシステムとは、従業員の才能やスキルを一元管理し、適切な場所への人材配置や人材育成を実施するためのシステムです。

社員プロフィール、能力・スキルなどの評価情報、実務経験などが可視化されるため、データに基づいた客観的な判断が可能となり、人事戦略の精度向上に役立ちます。

昨今関心が高まっている人的資本経営の実現にもタレントマネジメントシステムの導入が有効です。

人事
コンサルタント
曽和利光氏

人材を発掘/活用」・「適材適所」という部分をカバーできていることが、タレントマネジメントシステムの条件です。

 

人事評価システムとの違い

タレントマネジメントシステムと人事評価システムは混同されやすいですが、目的が異なります。

  タレントマネジメントシステム 人事評価システム
目的 会社に関わる人材の発掘・有効活用
戦略人事の実現
社内の評価プロセスを効率化
従業員の業績管理
得意分野
  • 適材適所を判断するためのデータ集計・分析
  • 配置シミュレーション
  • 入社前人材やリファラル採用者のデータ分析
  • 退職者データ分析 など
  • 評価手法の導入
  • 目標・評価入力の効率化
  • 集計やFB作業の効率化
  • 評価の可視化 など

タレントマネジメントの必要性

近年、少子高齢化や人材の流動化の加速により、優秀な人材の確保はますます困難になっています。

タレントマネジメントでは、客観的なデータに基づいた人材活用を行うため、従業員の納得感やモチベーションの向上に効果があります。

ひいては「従業員の離職防止」や「人材を最大限に有効活用する方策」として効果的です。

人事
コンサルタント 曽和利光氏

人材不足に悩む中小企業やベンチャーにこそ、タレントマネジメントの視点は非常に重要。せっかくの社内人材を無駄遣いしないよう、システムの分析力や客観性を使って、最大限の力を発揮させるような人員育成や配置を考えるべき。


タレントマネジメントシステムを選ぶ際には、導入目的を明確にすることが重要です。

次の章では、編集部おすすめのタレントマネジメントシステム、導入目的別のサービス紹介もしていきますので、是非ご覧ください!

必ず抑えておきたい!おすすめのタレントマネジメントシステム5選

1. タレントパレット|搭載機能が続々と追加されている!

画像出典元:「タレントパレット」公式HP
 
 

特徴

「タレントパレット」は、人材に関わるあらゆるデータを一元化し、データを活用した客観的で科学的な人事を実現します。

人事に必要な機能は全て集約されており、健康管理や労務管理、採用支援機能やエンゲージメント向上・離職防止分析機能まで搭載されています。

タレントパレットを用いた人的資本の開示を支援するコンサルティングサービスをいち早く提供開始しています。

  • 大手・中堅企業(従業員300人以上)での導入が多い
  • グループ戦略ポータル機能で、グループ全体の横断的な人材活用のシミュレーションも可能
  • 組織診断機能では、組織毎の特長や課題点を抽出し改善施策の策定に役立てられる

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1

 

料金プラン

初期費用と月額費用で構成される料金体系ですが、詳細については問い合わせが必要です。

無料デモ体験で使用感を試せます。

実際に利用したユーザーの口コミ

金融/保険

1001人以上

 

従業員が多い企業におすすめ

従業員の目標設定を入力から上席の承認まで、本機能内のみで完了する。転勤で評価対象者が代わる際、それまでの評価や人物像について一目でわかる仕組みになっており、どのような人物であるかが容易にわかる。従業員が多く従業員一人一人の想いなど把握出来ない会社におすすめ。

メーカー/製造

251人〜500人

 

使い始めの初期設定が面倒

使い始めの初期設定が面倒に感じた。社員コードとパスワードを毎回入力しなければならないため、慣れるまでは少し手間だった。


タレントパレットの口コミをもっと見たい方はクリック!

タレントパレット 含む資料を一括ダウンロード 

 

2. HRBrain|ベンチャーから大企業まで!


画像出典元:「HRBrain」公式HP

 

特徴

「HRBrain」のタレントマネジメントシステムでは、ダッシュボードで人材・組織を見える化、人材データの分析・最適配置を実現します。

シリーズ累計導入社数2,000社以上の実績を活かし、使いやすさを重視したシステム設計となっています。

人材データを可視化するダッシュボードで、人的資本の情報開示にも対応できます。

  • 検索性・実用性の高いデータベース構築に強み
  • 人材データを自由にかけ合わせ、組織の傾向や課題も見える化
  • HRBrainの他サービスと組み合わせての導入も可能

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
△*

*「HRBrain360度評価」の導入により可能

 

料金プラン

初期費用と月額費用で構成される料金体系ですが、詳細については問い合わせが必要です。

起業ログでユーザーにヒアリングしたところ、月額69,800円のプランで十分活用できている企業が多いようです。

無料トライアルは7日間提供されており、全機能を試せます

実際に使った人の評判・口コミ

コンサルティング

51人〜100人

 

組織図を編集できる機能がとても便利

評価システムも便利ですが、組織図を編集できる機能がついている点が使いやすいです。社員の流動性が高いため、組織図の更新に地味に工数がかかってしまっていましたが、導入後にはその工数がなくなったのが非常に大きなポイントだと思います。

IT

1001人以上

 

入力項目が多くて面倒

感触としては、入力項目が多くて面倒だと感じました。几帳面な人は細かく入力してくれますが、そうでない人は極端でばらつきが大きいです。入力に時間を取られると担当者が嫌がるので、おすすめできません。


HRBrainの口コミをもっと見たい方はクリック!

HRBrain 含むタレントマネジメントの資料を一括DL

 

 

3. スマカン人材情報の見える化!

画像出典元:「スマカン」公式HP

特徴

「スマカン」は、人事データを一元管理できる基本機能を軸に、人事評価/ 目標管理/ スキル管理/ アンケートなどのオプションから自社に必要な機能だけを追加できるカスタマイズ式のタレントマネジメントシステム。

多様なアンケートを自由に作成できるアンケート機能では、回収ルートや記名有無など細かな設定が可能で、結果をデータ分析に活かせます。

  • 100人規模の中小企業から100,000名規模の大企業まで、累計710社以上の導入実績
  • 別途、公的機関特化のソリューションも提供
  • オンプレミス型の提供も可能

 

対応可能な機能・評価制度

MBO
コンピテンシー OKR
360度評価  1on1

評価フォームのカスタマイズ:可

料金プラン

無料トライアルが30日間と長め

無料期間中に生成されたデータを正式導入時に流用できる点も魅力です。

  ベーシック +選べるパック
初期費用 500,000円
月額費用 50,000円〜 要問合せ
機能 人材一覧/ 各種シート
人材グルーピング/組織図
暗号鍵設定(別途機能)
評価パック(人事評価、目標管理)
スキルパック(スキル管理、目標管理)

 

スマカン含むタレントマネジメントシステムの資料をDL

 

 

4. ヒトマワリ|リースナブルに始めるなら

 画像出典元:「ヒトマワリ」公式HP

特徴

「ヒトマワリ」は初期費用無料、月額10,000円から始められるタレントマネジメントシステム。

導入サポートも無料で、献身的なサポートに定評があります。

  • BIによる分析機能では、組織の横断的な分析も簡単
  • 採用管理機能、異動前後のデータの変化を確認できる組織シミュレーションなどを標準搭載
  • オプションで、採用代行や評価制度設計も依頼できる

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
× ×
 
 
 

料金プラン

月額費用10,000円(税抜)~は他社と比較してもダントツの低価格です。

  スタンダードプラン スタートプラン
初期費用 無料
月額費用 60,000円(税抜)~ 10,000円(税抜)
機能 採用管理機能/人材DB機能/ BI分析機能
採用管理機能/人材DB機能

 

実際に使った人の評判・口コミ

非公開

251人〜500人

 

ドラッグするだけで異動後の効率の変化を把握できる

部署ごとの残業時間や離職率を棒グラフや円グラフなどのグラフで見やすく分析できます。人事評価をもとに社内で大規模な配置転換を行いたい、異動後にどうなるかが具体的に思い描けず困っているという会社におすすめ。異動を実施した場合に部署内での仕事の効率が何%向上するかなどを客観的なデータで把握できます。


ヒトマワリの口コミをもっと見たい方はクリック!

 

5. あしたのクラウド®|人事評価の精度を上げられる!

画像出典元:「あしたのクラウド®」公式HP
 
 

特徴

「あしたのクラウド®」は、創業12年全国4,000社以上の導入実績があり、中小企業やベンチャー企業を中心に圧倒的な支持を得るタレントマネジメントシステムです。

あらゆる業種について人事評価制度の構築・運用支援までサポートしてくれます。

  • 経年分析・甘辛分析など評価業務フローをより良くする機能が充実
  • 給与査定もスムーズにでき、給与シミュレーション機能で人件費の変動予測も可能
  • AI目標添削機能では、AIが具体的な目標設定をサポート

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1

 

料金プラン

料金の詳細はお問い合わせが必要です。

自社専用にカスタマイズした無料デモ画面で確認できるのでイメージしやすいでしょう。

 

実際に使った人の評判・口コミ

サービス/外食/レジャー

251人〜500人

 

コメントや数字で他者の評価を理解できる

目標の立て方に不足があると機械的に判断され指摘してくれるので目標が立てやすい。評価者のつけた点数が自身で確認できるので、他者の評価をしっかり理解できる。評価者の評価点数、評価コメントを書いてもらえるので、どういう評価を受けているのか分かって仕事がしやすくなる。

非公開

251人〜500人

 

評価項目に自分の仕事を当てはめにくい

面談やシートの差し戻しなどがあると自分のアドレスにメールが来るのでわかりやすいなと思いました。一般的な企業向けに作られた内容で、自分の仕事にその項目の内容を当てはめるのが難しいのため、評価を書くのに時間がかかります。


あしたのクラウドの口コミをもっと見たい方はクリック!

あしたのクラウド® 含む資料を一括DL

 

 

評価・育成・配置をまとめて管理できるタレントマネジメントシステム

COMPANY(タレントマネジメント)

画像出典元:「COMPANY(タレントマネジメント)」公式HP

特徴

「COMPANY」は、大手法人に特化した統合人事システムで、タレントマネジメントシステムも提供されています。

人事データ分析のための機能が充実しており、テンプレートや任意の指標を活用すれば、ダッシュボードで簡単スピーディに確認可能。

  • 日本の大手約1,200法人グループが、COMPANYシリーズを導入
  • 組織改編・人員配置などは直観的なマウス操作でシミュレーション・シェア可能
  • スキル分析とキャリアプラン策定・学習促進を一連の流れで計画できる

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
×

 

料金

定額保守料金以外に費用はかかりません。

定額保守料金の詳細については、資料をダウンロードの上、お問合せください。

COMPANY(タレントマネジメント)含む資料を一括DL 

 

sai*reco

 画像出典元:「サイレコ」公式HP

特徴

「sai*reco」では、定型業務が自動化され人事業務全般を効率化できるため、人事戦略立案に注力できる環境が整います

組織分析機能が充実しており、様々な切り口での指標の推移や経年変化を可視化、分析可能。

  • 人事異動シミュレーションや未来の組織図作成が可能
  • 組織人事情報の履歴を参照でき、データに基づいた育成や配置転換、人事戦略の立案が容易
  • オプションやシステム連携により評価機能/勤怠管理/年末調整/電子契約など拡張可能

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
× ×

 

料金

目安として従業員規模100名程度の場合、一人当たり月額220円(税込)~導入可能。

ボリュームディスカウントもあるため、詳細は問い合わせが必要です。

事前ヒアリングを受けると、14日間の無料トライアルが利用できます。

実際に使った人の評判・口コミ

メーカー

51人〜100人

 

人事に対して具体的な根拠を持たせられる

結果だけでなく、その過程までしっかりと見える化させて評価ができるのが嬉しいです。人事評価、人員配置、人事管理などの作業を一元化できるようになりました。 「なぜその人事になったのか」ということに具体的な根拠をもたせることができるので、業界問わず、誰かを評価する立場にある人にオススメしたいツールです。

IT

251人〜500人

 

社員の最新情報を随時確認できる

社員たちが研修を受講したかどうかなどの最新情報を随時確認できるため、自分と同期入社で他の部署で働いている社員たちの研修の受講状況を知りたいと思った時に、数分で確認でき便利だと感じます。社員数が大幅に増えても、社員たちの情報をこれまでの功績なども含めて短時間で確認できます。


サイレコの口コミをもっと見たい方はクリック!

 

スキルナビ



画像出典元:「スキルナビ」公式HP

特徴

「スキルナビ」は、必要な機能が全て標準搭載されたタレントマネジメントシステム。

カスタマイズ不要で利用開始でき、追加コスト不要で環境構築からシステムの定着まで専属チームが伴走してくれるので安心です。

  • 中小企業から大企業、官公庁まで幅広い導入実績あり
  • オリジナルのデータフォームを活用して、必要なデータを自由に取得可能
  • 人材データを集約し、BIがダッシュボードで可視化

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
×

 

料金プラン

サポートは有償対応となる製品が多い中、追加コスト不要でフルサポートを受けられるのが魅力。

初期費用 月額費用
0円 40,000円~/利用人数(登録人数により変動)

 

 

人材配置を検討しやすいタレントマネジメントシステム

JobSuite TALENTS

特徴

「JobSuite TALENTS」は人的資源の活用をサポートするタレントマネジメントシステムで、組織が拡大傾向にある企業に特におすすめです。

社員に関するさまざまな情報を部署を越えて一元化し、現状把握や適切な人員配置、組織図シミュレーションを実現します。

  • 採用管理に強みがあるJobSuiteシリーズの組織活性化のためのプラットフォーム
  • 人材データベースの集約がメイン機能
  • 人事の業務を可視化する管理機能が充実

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
× × × × ×

※評価システムは搭載されていませんが、評価情報、スキル、適正などの情報を集約し可視化できます。

料金プラン

  50名プラン(~50名) 200名プラン(51~200名) 500名プラン(201~500名)
初期費用 150,000円
月額費用 30,000円 80,000円 150,000円

※最低利用期間:12か月

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

101人〜250人

 

社員情報の分析を効果的に応用

社員それぞれの能力や実績、性格など細かい情報から分析しているので、上長としては情報の把握や管理が楽になったと思う。不足しがちな人材や、会社が抱える課題にも気付きやすくなった。ただ、データ解析だけでなく「対面で深く話すともっと他の魅力もある」と感じる社員もおり、データ上では拾いきれない情報が仕事に生かし切れないのはもったいないと思った。


JobSuite TALENTSの口コミをもっと見たい方はクリック!

JobSuite TALENTS含むタレントマネジメントの資料DL

 

HITO Talent

画像出典元:「HITO Talent」公式HP

特徴

「HITO-Talent」は、総合人材サービスのパーソルが開発したタレントマネジメントシステム。

大規模組織の戦略人事を支える基盤として、定評があります。

  • 大規模・複雑な組織にも柔軟に対応
  • タグを付与することで任意の人材プールを作成できる
  • 数万人規模でも処理スピードが落ちない

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
× × ×

 

料金プラン

料金プランについては問い合わせが必要です。

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

1001人以上

 

自社の悩みに寄り添った提案をしてもらえる

大手人材会社が開発した安心感があり、サポート体制も充実しています。営業の方と技術の方、どちらも自社の悩みに寄り添った使い方のご提案をしてくれています。基本的な操作はマニュアルを見なくても操作できるのですが、評価入力の際には間違いがないようマニュアルを見ながら操作しているので、画面上に補足説明がでてくるとありがたいです。

IT

11人〜30人

 

料金設定が不明確なので、問い合わせ必須

年齢、役職、経験、感情に左右されることなく、数値データに基づいた適性能力に合わせた人員配置が可能となりました。人事異動の際などは上層部の打ち合わせなども必要なく、管理職への部下の評価確認も簡素化することができました。料金設定が不明確なので、問い合わせて確認する必要があります。企業によって月額数万円のところもあれば数十万までかかる場合があります。


HITO Talentの口コミをもっと見たい方はクリック!

 

SmartHR

 画像出典元:「SmartHR」公式HP

特徴

「SmartHR」は、人事業務だけでなく入退社などの労務手続きまで効率化できるタレントマネジメントシステムです。

人事側と労務側の人事データが統一・整備されるので、タレントマネジメントを効率よく推進できます。

  • 労務データや人事評価などの最新の人事情報を活用し配置のシミュレーションが可能
  • オプションの文書配付機能の活用で辞令通知までシステム内で完結
  • 従業員50名以下の企業向け「労務管理プラン」、従業員数30名以下の企業向けに「¥0プラン」も提供

 

OKAN
代表取締役
 沢木 恵太氏

SmartHR最大の魅力は、非常にわかりやすいUXSmartHRのようにUI/UXが良いサービスを導入すれば、しっかりと生産性を向上させることができます。また雇用契約から年末調整まで、全てオンラインでこなしてくれるところも良いです。

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1

※テキスト入力フォーム、表組みや選択肢入力フォームなど様々な入力形式に対応しているため、必要な評価方法を表現することは可能

料金プラン

詳細については、無料資料をダウンロードしてご確認ください。

一部機能とはなりますが、実際の操作画面で15日間の無料トライアルが可能です。

実際に使った人の評判・口コミ

IT

251人〜500人

 

労務管理に特化した機能で手続き工数が激減

SmartHRは労務管理に特化しているシステムなので、雇用契約やマイナンバー収集機能、各種社会保険の電子申請対応に強いと感じています。ジョブスイート・カオナビと外部連携しています。連携させるまでの初期設定も難しい作業は無く、人事担当者でも調べながら可能です。

不動産/建設/設備

31人〜50人

 

人事評価などの機能がなく他のツールが必要になる

採用関連の情報をまとめた、人事関連の機能がない。勤怠の管理機能がないため、勤怠は別のツールが必要になってくる。社内アンケートや安全対策の実施や管理ができないため、併用が条件になる。人事評価の機能は全くついていない。


SmartHRの口コミをもっと見たい方はクリック!

関連記事

SmartHRの評判は?

「SmartHR」の評判や口コミ・特徴・料金・価格を紹介!

 

ジンジャー人事労務

 画像出典元:「ジンジャー人事労務」公式HP

特徴

「ジンジャー人事労務」では、従業員情報を一元管理してリアルタイムに可視化できます。

サーベイオプションなどを活用することで人員配置や育成計画にも有効に活かせるため、組織の生産性向上やタレントマネジメントの推進に役立てられます。

  • 労務手続きや入退社手続きなど労務管理機能も搭載
  • ジンジャーシリーズで導入すれば連携がスムーズ
  • オプションでサーベイ、年末調整機能、社保手続き、雇用契約なども対応可能

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
× × × × ×

※評価システムは搭載していませんが、従業員情報に評価情報も登録できます。

料金プラン

月額費用は1人当たり300円~利用でき、契約は年間契約となります。

無料トライアルは1か月ですが、期間の設定をそのまま引き継いで導入可能です。

ジンジャー人事労務含むタレントマネジメントの資料DL

 

 

POSITIVE

 画像出典元:「POSITIVE」公式HP

特徴

「POSITIVE」は、高度なグループ管理を実現する大手企業向け統合HCM(Human Capital Management)ソリューション

タレントマネジメント機能では、本社、国内グループ会社、海外現地法人の固有の人財マネジメントグループ横断でのマネジメントを両立できる機能が搭載されています。

  • 蓄積された人事関連データからAIが適切な人財の特徴を抽出・リコメンドする「タレントアナライズ機能」
  • 従業員が自律的にキャリアプランを作成・管理できる「キャリア管理機能」
  • 組織を横断して条件に合致する人財を検索できる「タレントサーチ」機能

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
× × × × ×

※評価システムそのものはシリーズの別メニューとなりますが、評価情報、能力、スキルなどの情報を集約し可視化できます。

料金プラン

問い合わせが必要です。

 

Geppo

画像出典元:「Geppo」公式HP

特徴

「Geppo」は、リクルートとサイバーエージェントによるジョイントベンチャー、株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジーが提供している人事業務支援ツールです。

サーベイ機能により個人・組織両方の課題を見える化従業員の満足度向上・離職率改善に貢献します。

  • 25人〜数万名規模の企業まで、業界業種問わず幅広い導入実績あり
  • 毎月3問の設問に回答してもらうことで従業員のコンディションを把握
  • 低負荷・高頻度で定点モニタリングを継続し、結果を可視化

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
× × × × ×

※評価システムそのものは搭載していませんが、社員のコンディション情報を可視化、組織診断も可能です。

料金プラン

プランはセット導入の金額ですが、個人サーベイや組織サーベイだけ導入したい場合には、単体での導入も可能です。

社員数 ~25人 ~50人 ~100人
月額費用 20,000円 39,800円 68,000円

※以降、人数に応じた料金設定あり
※最低利用期間:半年

 

 

目標管理の支援に向いているタレントマネジメントシステム

CYDAS PEOPLE

画像出典元:「CYDAS PEOPLE」公式HP

特徴

CYDAS PEOPLEは、社員の「働きがい」をつくることに焦点をあてたタレントマネジメントシステム。

社員個人の情報や組織データを見える化、データを活用した人事施策で納得感のある評価や組織への貢献実感から社員の「働きがい」を創出します。

  • スモールスタート可能で、組織の目的に応じてモジュールを追加できる
  • 人事戦略の立案に活用できる人材分析・シミュレーション機能が充実
  • 満足度のアンケートや配属の希望調査、社内公募など社員の志を見える化する仕組み

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1

 

料金プラン

組織情報の一元管理などの基本機能に、必要に応じてモジュールを追加します。

最適なプランの相談も可能なので、無料資料をDLの上、お問合せ下さい。

実際に使った人の評判・口コミ

IT

251人〜500人

 

過去に受講した研修なども管理できる

無料体験をした際に、画面の基本的な操作方法はもちろん、追加できる機能なども教えて頂けた。過去に参加した外部研修も、日付や研修名など詳細な情報まで一覧で詳しく振り返ることができた。保有資格など、個人個人が自分の最新情報を随時追加でき自分の希望する部署に異動するためにアピールできる。

金融/保険

1001人以上

 

導入した効果の方がはるかに大きい

仕事との相性や人材の特性を、システム上で分析できて、把握がしやすい。強いて言えば、従業員にそれなりに教育コストをかける必要がある。ITスキルがない社員だと、使い慣れるまでに精神的なハードルが高い。使い慣れた社員はコミュニケーションが活発になった傾向もあるので、むしろ導入効果の方が大きい。


CYDAS PEOPLEの口コミをもっと見たい方はクリック!

CYDAS PEOPLE 含むタレントマネジメントの資料をDL

 

Co:TEAM

画像出典元:「Co:TEAM」公式HP 

特徴

「Co:TEAM」は、目標・評価・1on1・称賛やフィードバックを一元管理し、パフォーマンスマネジメントを実現させます。

1on1ミーティング(フィードバック)を高頻度で行うことで、人事評価への納得感の醸成従業員の能力開発定着率とエンゲージメントの改善が叶います。

  • 現在の評価制度運用やマネジメント体制にかかわらず利用開始できる
  • 一次評価のための効率的な情報収集が可能
  • 目標の進捗をリアルタイムに共有できる

 

対応可能な評価制度

MBO(目標管理) コンピテンシー OKR 360度評価 1on1
×

料金プラン(目安)

オプションの有無により初期/月額費用は変動します。

無料トライアルは2週間利用できます。

初期費用 月額費用
10万円~ 月額1,000円~/ ユーザー

(税表記無し)

Co:TEAM 含むタレントマネジメントの資料をDL 

人事評価管理に強いタレントマネジメントシステム

人事評価ナビゲーター


画像出典元:「
人事評価ナビゲーター」公式HP

特徴

「人事評価ナビゲーター」は、中堅・中小企業及び医療・福祉事業者のコンサルティング会社として実績のある株式会社日本経営によって運営されています。

社員数があまり多くなく、費用面を抑えて人事評価システムを導入したい企業に特におすすめです。

  • 過去の評価データの閲覧様々な角度でのデータ抽出が可能
  • 機能を過剰に搭載せずに低コストで提供
  • 独自の評価制度にカスタマイズできる

 

対応可能な機能・評価制度

MBO(個人目標) コンピテンシー OKR 360度評価  1on1

※評価フォームのカスタマイズ:可(一部再現できないものもあるため詳細は要相談)

料金プラン

月額費用は5,500円~。

利用条件によって変動するため、無料資料をダウンロードの上お問い合わせください。

(例)職員数 50人で1年間利用する場合

初期費用 月額費用
110,000円(税込) 14,300円(税込)/ 人

※無料トライアル:あり

 

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

51人〜100人

 

明確な判断基準を可視化できる

評価基準に対しての細かな数字や達成度など「評価の見える化」が可能になります。そのため人員配置や役職推薦など人事に関する配置を関係者で共有し、的確にそして迅速に判断していけるようになりました。「なぜその評価や人員配置にするか」ということを決定づけることができる明確な判断基準を可視化できます。

医療

101人〜250人

 

読みこまないと分からないのはストレス

当院はPC操作が苦手な年配者が多いが、操作は基本的にシンプルなので、そのような方でも分かりやすかった。ただ、自己評価のランク付けについては同じような文面が並んでおり、違いが分かりづらい。よく読み込む必要がある点がストレスに感じる。当方は中型の病院だが、大企業でもかなり値段が安いようなので、コストパフォーマンスが気になる企業にはオススメしたい。


人事評価ナビゲーターの口コミをもっと見たい方はクリック!

人事評価ナビゲーター 含む資料を一括DL

 

 

タレントマネジメントシステムの目的別選び方

タレントマネジメントシステムを選ぶ際には、まず解決したい課題を明確にしましょう。

各システムの強みや対応範囲を踏まえ、自社に合ったシステムを選定することで導入効果を最大化できます。

人事
コンサルタント 曽和利光氏

データを活用して、チームの能力を底上げしたいのか、管理者育成に活用したいのか、離職防止をしたいのか。どの部分に注力するかによって、モニタリングすべきデータも変わってくるので、目的部分を一番最初に洗い出すことが重要

1. 評価・育成・配置を一元管理したい

人材に関わる「評価」「育成」「配置」などすべてのフェーズを一元的に管理したい企業におすすめのタレントマネジメントシステムです。

CMでも有名な「タレントパレット」や「HRBrain」、「スマカン」、大企業特化の「COMPANY」などが代表的です。

→評価・育成・配置など人材に関わる施策を一元管理できるタレントマネジメントシステムに戻る

2. 適材適所の人材配置を行いたい

蓄積した人材情報を活用し、人材の最適な活用・配置を検討したい場合におすすめです。

シミュレーション機能が搭載されていると、異動の前後を視覚的に比較でき、最適配置や戦略人事を効率的に進められます。

→人材配置を検討しやすいタレントマネジメントシステムに戻る

3. 目標管理を支援したい

目標管理をサポートしたい場合におすすめです。

目標設定が組織の方向性にならっているかのチェックや、不足するスキル習得のための計画立案・進捗管理までサポートするツールもあります。

→目標管理の支援に向いているタレントマネジメントシステムに戻る

4. 評価管理を充実させたい

評価業務を効率化したい企業、コンピテンシー評価と360度評価など複数制度を導入したいと考えている企業におすすめです。

人事評価システムもあわせて確認し、自社のニーズに即したツールを選定しましょう。

→人事評価管理に強みのあるタレントマネジメントシステムに戻る

タレントマネジメントシステムの選定ポイント2つ

1. サポートは充実しているか

タレントマネジメントの制度構築や運用には、人事戦略やデータ分析に関する知識が不可欠です。

導入成果を確実にあげるためには、サービス提供会社からコンサルティングやサポートを受けながら進めるのが理想です。

「スキルナビ」や「ヒトマワリ」のように無償で導入サポートを行っているケースもありますので、事前に確認した上で比較検討することをおすすめします。

システムの運用方法をきちんと学べるセミナーの開催やコンサルティングサービスを行ってくれるところもあります。

システム提供会社HPの「ヘルプページ」の充実度なども注意して見ておくと安心です。

人事
コンサルタント 曽和利光氏

人材に関するデータの取り扱いには、数値分析・統計などの基礎知識も重要。自社のハイパフォーマーに似た人材を発掘・採用したい場合、優秀な人の"平均値"をとったデータでは意味がなくなってしまう。データをカテゴリ分けしたり軽重をつけられる視点を、導入サポートなどを使いながら学ぶことが重要。

2. カスタマイズに柔軟に対応しているか

現在成長途中の企業の場合、システム導入後に企業戦略の変化や大きな組織変更などが行われる可能性もあります。

組織の状態に合わせ、分析項目の変更や追加を柔軟に行えることが重要になります。

タレントマネジメントシステムの多くは、人事評価機能をベースとして成り立っており、評価手法やフォーマットの追加・変更の柔軟性も重要となります。

変更の際に「料金が発生するか否か」も事前にチェックしておきましょう。

タレントマネジメントシステムの導入メリット4つ

1. 情報の一元管理による業務効率化

タレントマネジメントシステムにより、これまでエクセルや紙ベースで別々に管理していた「個人の目標」や「評価情報」「経歴・スキル情報」などを一元管理できるようになります。

特に人数の多い企業であれば、システム化により一気に効率性が増すでしょう。

分散した情報を組み合わせて分析するには、抽出・集計などの手作業が必要となりますが、一元管理された状態であればスムーズに分析可能です。

煩雑な作業が減ることで、本来人事部が注力すべき「人材マネジメント」のコア業務により集中できるでしょう。

2. 適材適所の実現

最適な人材配置を行うためには、上司の主観や経営者の感覚に頼らない、客観的な視点が必要です。

タレントマネジメントシステムを用いれば、均一なフォーマットで従業員の情報を比較できるため、個人のスキルや能力をベースに最適な配置計画を検討しやすくなります。

また現在の能力やスキルだけでなく、弱みや今後伸ばすべきポイントを知ることで、人材育成も見据えた配置転換を考えることもできます。

これらのデータや根拠をマンパワーで見える化するのはかなり難しいため、システムの活用は飛躍的な力を発揮するでしょう。

人事
コンサルタント 曽和利光氏

評価プロセスが効率化すること自体にも大きな価値があるが、せっかくシステムを導入するのであれば、埋もれた人材の発掘や人材活用という企業全体のパフォーマンスを上げる+αの価値に注目したほうが、費用対効果に見合う使い方ができる。

3. 従業員のモチベーションアップ

タレントマネジメントシステムを活用すると、評価基準が可視化され、フラットで透明性の高い人事評価が実現します。

人事評価への不信感は従業員満足度の低下に直結するので、タレントマネジメントシステムの導入は個人のモチベーションアップにつながります。

「将来的にも信頼できる企業」として従業員の帰属意識や信頼度(エンゲージメント)の向上にも役立つでしょう。

4. 人的資本経営の実現・人的資本開示への対応

人的資本経営とは、「人材を資本とみなし人材価値を最大限に活かした経営を実施することで企業価値を高めていく経営手法」のことです。

近年、投資家が企業の価値や成長を評価するうえで、「非財務情報」や「無形固定資産」への関心が高まりをみせています。

人的資本も重要視されるようになり、2018年には人的資本の開示に関する国際基準としてISO 30414が規定され、2020年には米国で上場企業に対して人的資本の開示が義務付けられました。

日本国内でも人的資本開示の取り組みが急速に進められています。

人的資本の情報開示を行うためには、人材ポートフォリオの作成や適正なスキル管理など、社内の人材情報のデータ化・分析が必須となるため、データを一元管理できるタレントマネジメントシステムの活用が有効です。

戦略的な人材活用がキーとなる人的資本経営においても、タレントマネジメントシステムの導入は必要不可欠となるでしょう。

タレントマネジメントシステムのデメリット3つ

1. 機能が使いこなせない場合がある 

タレントマネジメントシステムを導入した結果、機能が多すぎて使いこなせなかったり、使い方がわからないことによる問い合わせ工数の増加などが起こる可能性があります。

選定の際には、先に述べたように自社の目的を明確化させ、目的にあったサービスを導入するよう注意しましょう。

2. システム維持のコストがかかる

タレントマネジメントシステムを継続的に利用するためには、追加コストがかかる場合もあります。

組織の拡大に伴い、導入当時の機能だけでは不足となるケースもあるでしょう。

長期的な視野にたち必要となる費用も確認するようにしましょう。

3. 社内で浸透させる労力がかかる

新しいシステムの社内浸透は簡単に進むものではありません。

従業員が協力しないかぎり、導入は失敗に終わってしまいます。

導入時には意義や目的・効果をきちんと伝えて、従業員の理解を促すことが大切です。

まとめ

起業ログ編集部おすすめのタレントマネジメントシステム17選を比較紹介しました。

導入時は自社の目的を明確にし、コスト面も考慮した上で導入するようにしましょう。

「タレントマネジメント」を上手に活用することによって、高度な人材戦略、最適な人材配置・人材育成を実現できるでしょう。

関心のある方は、検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:O-dan

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

タレントマネジメントシステムの資料を一括ダウンロード

タレントマネジメントシステムに関連する記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】人事評価システム選びのお役立ち資料
タレントマネジメントシステム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ