要員計画(人員計画)とは?メリットやもたらす効果、計画の立て方を解説!

要員計画(人員計画)とは?メリットやもたらす効果、計画の立て方を解説!

記事更新日: 2020/02/04

執筆: 編集部

人事部の方やマネジメントをする立場の方にとって要員計画(人員計画)は最も大事なタスクの一つです。

効率的な要員計画(人員計画)をすることで、事業や経営を大きく伸ばすことができます。

要員計画(人員計画)にこれから携わろうとしている方や興味ある方にとって、メリットや効率的なやり方は気になるところですよね。

今回は

  • 要員計画(人員計画)の意味
  • 要員計画(人員計画)がもたらす効果とメリット
  • 具体的な要員計画(人員計画)の立て方
  • 効率的に要員計画(人員計画)ができるアプリ

をご紹介していきます。

要員計画(人員計画)の理解を深め、適切な人員配置を行っていきましょう。

要員計画(人員計画)とは

この章では

  • 要員計画とは何か
  • 人員計画とは何?要員計画とはどう違う

を具体的に確認していきましょう。

要員計画とはどういうこと?

要員計画とは事業計画や経営計画を上向く軌道に乗せるために適切な人員配置や採用活動を計画することです。

企業が策定する経営計画を達成するための手段として用いられています。

  • 経営計画の売上高を達成するためにはどのくらい人員を増強すれば良いのか
  • 経営計画の中で制定した新規事業に取り組む人員を計画する

などが主な役割です。

人員計画とは何?要員計画とはどう違う?

人員計画とは採用、異動、配置などを計画することをいいます。

要員計画と似ていますが、

  • 要員計画は経営に近い計画である
  • 人員計画は現場の状況に近い計画である

という点においてやや異なります。

要員計画がもたらす効果

要員計画がもたらす代表的な効果として下記の3点があげられます。

  • 業務の質と人員の質を一致させ、効率的な事業運営ができる
  • 余剰に採用する必要がないため、人件費を抑制できる
  • 質の高い人材を育成でき、後継者問題がなくなる

具体的に見ていきましょう。

業務の質と人員の質を一致させ、効率的な事業運営ができる

要員計画は業務と人員の質を一致させることができます。

すでにいる人員のパフォーマンスを検証し、業務に対して適切な人員を割り当てることで

業務の効率化を進めることができます。

  • 業務のスピードアップ
  • 事業価値の向上
  • 人員のモチベーション向上

などの効果が期待できます。

人件費を抑制できる

要員計画によって人件費を抑制できます。

  • 既存の業務と人員の最適化
  • テクノロジーの導入
  • 即戦力の中途採用によって新卒の採用と育成費の抑制

などによって業務を効率化させることができ、余剰人員を採用する必要がないためです。

人員が多い会社ほど大きな効果が期待できます。

質の高い人材を育成でき、後継者問題がなくなる

要員計画の中には人員の育成も含まれています。

将来性の高い人材に教育をもたらすことによって後継者問題がなくなるという効果があります。

具体的には

  • 責任のある役職や仕事に就かせる
  • 海外に研修にいってもらう

などが代表的な例です。

将来性の高い人材を育成できるという効果が期待できます。

要員計画のメリット

要員計画のメリットは代表的なものとして下記の3点があります。

  • 効率的に人員の管理ができる
  • 情報を共有できる
  • 企業価値があがる

具体的に見ていきましょう。

効率的に人員の管理ができる

要員計画を作成することで、人員を見える化でき、効率的な管理ができます。

管理職や人事が管理しやすくなり、

  • もし社員が離職したときでもすぐに必要な人員がわかる
  • 成果を出している人間がわかる

というメリットがあります。

情報を共有できる

社内で情報を共有できるというメリットがあります。

具体的には

  • どのくらい人が足りないか
  • あとどのくらい人が必要か
  • 採用する必要性はあるか

などを人事部や管理職、各部署の責任者などで情報を共有できます。

最適なヒトのマネジメントを構築するために、組織一体となって取り組めます。

企業価値が向上する

要員計画は経営資源である「ヒト・モノ・カネ」の最も大きな課題とされているヒトの問題を解決できます。

ヒトの問題を解決するということはつまり

  • 余剰人員カットによるコストカット
  • 業務効率化による生産性の向上
  • 人員のレベルアップによる生産性の向上

などに期待ができます。

生産が向上し、コストカットもでき、企業価値の向上につながります。

要員計画の立て方

要員計画は下記の流れで立てます。

  • 現場の課題を発見し、要因を調査
  • 中長期的な計画をたてる
  • 量的・質的な観点から解決させる

具体的に見ていきましょう。

現場の状況を把握する

最初に行うことは現場の状況を確認することです。

  • 現場に人が足りているか
  • 余っているのか
  • どんな人が必要か
  • いつまでに人が必要か

などを確認します。

現場の課題を把握し、数値に落とし込みましょう。

量的・質的な観点から解決

量的(人員数)・質的(どのような人材が必要か)な観点からヒトの問題点を解決していきます。

具体的には

  • トップダウン方式(量的な観点)
  • ボトムアップ方式(質的な観点)

という2つの方式があります。

トップダウン方式とは予算の人件費から必要な人員を割り出す方法です。

ボトムアップ方式とは必要な人員から予算を決める方式です。

一般的には大まかな計画部分はトップダウン方式を利用して、必要な人員を割り出してからボトムアップ方式を利用して細かい人員の整備をします。

必要に応じて両方を利用しながら、要員計画を作成していくことをおすすめします。

中長期的な計画を作成

必要な人員が確定したら、中長期的な計画を作成します。

現場の状況や量的・質的な人的課題を元に、足りない人員や余剰の人員数を数値化します。

中期的に2~3年・長期的に5~10年の要員計画を作成し、経営改善に役立てます。

要員計画におすすめのツール3選

要員計画はITツールを活用することで飛躍的に効率化させることができます。

この章では要員計画におすすめのITツール3選をご紹介していきます。

タレントマネジメントシステムGemini

要員計画におすすめのツールとして株式会社ロハコが提供しているGeminiというツールがあります。

下記の特徴があります。

  • データドリブン型のマネジメントシステムで数値化に特化
  • 社員の能力の分析力に強みがある
  • ヒトの配置・後継者育成・採用計画を強力に支援

ヒトに関するデータを分析し、最適な人員配置・育成・採用を提案していくシステムです。

Saba Pulse360は社員の生の声から課題を解決

サバ・ソフトウェア株式会社が提供しているサービスがSaba Pulse360です。

Saba Cloudというクラウドシステムの中に組み込まれている適正な要員計画を作成させるためのツールです。

特徴は

  • リアルタイムでの社員の声を聞けるため、現場に近い声を拾うことができる
  • 部署・チーム・地域など細かい視点でのヒトの問題を解決できる
  • 既存システムとの連携により、課題に対する解決策を提供できる

という点です。

社員の生の声を聞き、ヒトに関する課題を解決させていくシステムです。

HRMOS Coreはヒトの見える化に特化

株式会社ビズリーチが提供しているサービスがHRMOS Coreです。

特徴は

  • 従業員・組織の情報を見える化できる
  • 人事のやっている作業を自動化・効率化できる
  • 社員の情報を共有できる

です。

人事作業における自動化による効率化および組織の見える化に特化しているシステムです。

まとめ

今回は要員計画(人員計画)の内容やメリット、おすすめのツールなどについてまとめてきました。

ポイントをまとめると

  • 要員計画とは適切な人員管理や採用活動を行うための計画
  • 従業員のパフォーマンス改善、人件費抑制、人材育成の効果が期待できる
  • 人員管理の効率化・情報共有・企業価値の向上というメリットがある
  • おすすめのツールはGeminiSaba CloudHRMOS Core

という点です。

要員計画は、企業の最重要課題ともいえるヒトに対する課題を解決する計画です。

本記事で要員計画の知識を深め、最適な課題解決を見つけてみてください。

画像出典元:Burst

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ