タレントマネジメントのメリット・デメリットを解説!目的やシステムは導入できるのかも紹介

タレントマネジメントのメリット・デメリットを解説!目的やシステムは導入できるのかも紹介

記事更新日: 2024/06/07

執筆: 平塚みき

企業にとって優秀な人材の獲得・育成・定着は、大きな課題となっています。

こうした課題を解決するために、有効活用したいのがタレントマネジメントです。

今回は、タレントマネジメントとは何か、そのメリットとデメリット、活用事例、そして効率的な運用を可能にするシステムについて解説します。

この知識を活かして、企業の人材課題の解決に役立ててください。

タレントマネジメントシステムの資料を無料ダウンロード

タレントマネジメントとは?

タレントマネジメントとは、人材マネジメントの戦略的な取り組みとして、多くの企業からの関心を集めています。

まずはタレントマネジメントの基本を押さえましょう。

タレントマネジメントの目的

タレントマネジメントのおもな目的は、戦略的な人事施策によって、組織の経営目的を達成させることです。

適切な人材を確保・育成・配置し、その能力を十分に発揮できる環境を整え、組織全体のパフォーマンスと業績の向上を目指します。

そのほか、社員のモチベーションやエンゲージメントを高め、組織とのつながりを強化する目的などもあります。

タレントマネジメントが注目される理由

労働人口の減少とグローバル化の進行により、人材の流動性が増し、人材獲得競争が激化しています。

加えて、ライフスタイルや価値観の多様化により、働き方に対するニーズも大きく変わりました。

柔軟な働き方やワークライフバランスへの要求が高まる中、企業は各社員に対応した人材戦略を構築することが求められています。

このような状況下で、企業が競争力を維持するためには、優秀な人材を確保し、定着を図ることが重要です。

その鍵となるのがタレントマネジメントです。

タレントマネジメントの重要性

タレントマネジメントは、組織の成長を人材面から支える重要な経営戦略です。

社員一人ひとりの能力や経験、キャリアプランなどを深く理解し、最適な仕事と成長機会が提供できます。

個々のポテンシャルを最高レベルまで引き出すことで、組織全体の労働効率を飛躍的に向上させます。

タレントマネジメントのメリット

タレントマネジメントの導入は、組織のあらゆる側面にプラスの影響を与え、企業の持続的競争力を強化します。

以下に、タレントマネジメントがもたらすおもなメリットを解説します。

人材やチームの能力向上につながる

タレントマネジメントでは、スキルや能力、特性、資質など、社員の詳細について理解できます。

その結果、個々の社員に最適な育成プログラムや研修を策定・提供することが可能になります。

社員がスキルアップすれば、チーム全体の能力はさらに高まるでしょう。

的確な人材配置が行える

各社員の人材情報を基に、社員の能力やスキルを存分に活かせる部署やポジションへ配置することが可能となります。

社員が自分自身に合った環境で働くことで、仕事へのやりがいを感じ、モチベーションの維持・向上につながります。

社内で新たな人材発掘ができる

タレントマネジメントは、ビジネススキルだけでなく、社員の趣味や特技などのパーソナルなデータも収集・活用します。

これにより、意外な才能やスキルを持つ人材を発掘することが可能です。

社内で人材を発掘すれば、外部からの採用に頼らずに人材不足を補えるでしょう。

従業員のエンゲージメントが高まる

タレントマネジメントの一環として定期的に実施されるのが、評価や面談、フィードバックです。

これらの取り組みは、組織と社員間のコミュニケーションを強化し、社員が自身の働きがいと価値を感じられる機会を増やします

社員のエンゲージメントを高めることは、離職率の低下につながります。

組織の生産性が向上する

タレントマネジメントは、組織の生産性を向上させる効果的な手段です。

社員の実力を最大限に活かせる環境を構築することで、業務の効率化と組織全体の生産性向上を図れます。

生産性が高まれば、利益の増加やコスト削減を実現できるでしょう。

タレントマネジメントシステムの資料を無料ダウンロード

タレントマネジメントのデメリット

タレントマネジメントは、組織の成長に大きな可能性をもたらしますが、導入の際に考慮すべきデメリットを詳しく説明します。

実施への理解を得難い

多くの企業では従来の人事管理方法が根付いているため、比較的新しい概念であるタレントマネジメントの導入に抵抗感が生じるのは自然なことです。

まずは、基本的な考え方、具体的な実施方法、導入によるメリットを関係者に明確に伝え、理解を深めることが重要です。

人材情報の管理に手間がかかる

タレントマネジメントを効果的に実施するためには、各社員の詳細な情報を収集し、適切に管理しなければなりません。

さらに、データを正確に分析・活用するためには、情報を継続的に更新し、最新の状態に保つ必要があります。

タレントマネジメントでは、従来の人事管理とは比べものにならない膨大な量の情報を取り扱うことになり、人事担当者の負担は大幅に増加する可能性があります。

人材のデータを活用しきれない

タレントマネジメントで最も重要なのは、現場がデータの意味や活用方法を理解し、積極的に活用することです。

現場でのデータ活用が十分でない場合、人材配置の最適化が妨げられ、業務効率の低下や社員のモチベーション低下を招くリスクがあります。

業績向上や社員のエンゲージメントを高めるためにも、データに基づいた意思決定が不可欠です。

タレントマネジメントの活用事例

タレントマネジメントを導入し、人材育成と組織活性化を図る企業が増加しています。

活用事例として、3社の取り組みを紹介します。

日産自動車

日産自動車は、グローバルな視点と個々の能力開発を重視したタレントマネジメントを推進している企業です。

社内の優秀な人材を発掘し、キャリアコーチ制度を通じて、その成長をサポートします。

さらに、グローバルリーダーに必要なスキルや知識を習得できる研修プログラムやプロジェクトを提供し、次世代のリーダーを育成しています。

KDDI

KDDIは、社員力の向上を最重要課題として掲げています。

その実現に向けて、タレントマネジメントを通じて、各社員の育成と組織全体のパフォーマンス向上を両立する取り組みを推進中です。

採用・育成・活用・登用を戦略的に行い、人財の適材適所の配置を行っています。

ゼネラル・エレクトリック(GE)

かつてのGEは、社員の育成機会不足やフィードバックの遅れに課題を抱えていました。

しかし、現在では社員の成長を促すため、タイムリーなフィードバックを中心としたタレントマネジメントの枠組みを確立しています。

この新しいアプローチは、個々の成長とイノベーションの促進に大きく貢献しています。

タレントマネジメントはシステムの利用が可能!

タレントマネジメントは、採用から育成、配置、評価までの情報を取り扱います。

しかし、膨大な情報を手作業で管理するのは多大な労力を費やします

そこで役立つのが「タレントマネジメントシステム」です。

専門のシステムを導入することで、人材情報の管理や分析を効率化し、戦略的な人材活用が行えます。

おすすめタレントマネジメントシステム3選

タレントマネジメントシステムは、システムによって機能や特徴が異なるため、自社のニーズに合ったものを選ぶことが重要です。

おすすめのタレントマネジメントシステムを3つ紹介しますので、参考にしてください。

1. タレントパレット

画像出典元:「タレントパレット」公式HP

特徴

継続率99.6%の実績を誇るタレントパレットは、あらゆる人材データを一元化・分析し、組織力を存分に引き出します。

人事評価、人材育成、採用管理、労務管理など、人事業務に必要なすべての機能を網羅し、業務効率化に貢献します。

料金

初期費用と月額費用がかかります。料金の詳細についてはお問い合わせが必要です。

体験版で実際の画面が確認できます。

2. HRBrain

画像出典元:「HRBrain」公式HP

特徴

HRBrainは直感的に分かりやすいUI・UXで、実際に操作を行う現場の社員から好評を得ているシステムです。

専任担当者が、導入初期から運用までを手厚くサポートしてくれます。

人事業務を包括的に支援する機能を備えていますが、タレントマネジメント機能単体での利用も可能です。

料金

初期費用と月額費用のみで、サポート費用は一切発生しません。

詳細についてはお問い合わせが必要です。

3. One人事[タレントマネジメント]

画像出典元:「One人事」公式HP

特徴

One人事 [タレントマネジメント]は、充実した人事評価機能を備えたシステムです。

社員のスキルや強みや弱みを的確に把握することで、社員の特性に合わせた人材育成プランの策定が可能です。

個々の可能性を引き出すことで、組織全体の成長を促進します。

料金

初期費用と月額費用で利用可能ですが、料金の詳細についてはお問い合わせが必要です。

無料トライアルが提供されており、システムの操作性を試すことができます。

タレントマネジメントシステムの資料を無料ダウンロード

まとめ

タレントマネジメントは、企業の成長と競争力強化に欠かせない取り組みです。

デメリットを克服するためには、全員がその重要性を理解し、専用システムの活用も視野に入れる必要があります。

導入を検討している企業は、各システムの機能や費用を比較検討し、自社の課題に合ったシステムを選択してください。

画像出典元:Unsplash

この記事に関連するラベル

タレントマネジメントシステムの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

タレントマネジメントシステム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ