ジンジャー人事労務

記事更新日: 2023/08/08

執筆: 編集部

編集部コメント

人事情報が集約されたデータベースで従業員情報の管理を効率化

ジンジャー人事労務はクラウド型の人事労務管理システムです。

一元管理された従業員情報は、現状と課題を視覚的にとらえやすくなるため、様々な切り口からの分析も可能。

バランスのとれた人員配置や育成計画などにも活用でき、組織全体の生産性向上につなげられます。

ジンジャーシリーズと連携させることで、勤怠システムや給与計算システムなどバックオフィス業務の管理が効率的になる点も大きなポイントで、平均約64.3%の無駄を省けたという成果も得ています。

サーベイオプションを追加すれば、定期的なアンケートに基づく自動分析で、従業員の異変を素早く察知して、多角的に分析した適切な対応がしやすくなります。

労務管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

労務管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする9サービスの資料をダウンロードできます。

ジンジャー人事労務だけ知りたい方はこちら

ジンジャー人事労務の資料を請求
良い点

登録した従業員情報を一元管理します。多角的かつリアルタイムのデータは、情報を管理のみならず経営戦略にも有効活用できます。

悪い点

電子申請などの社保手続きには別途費用が必要になり、オプション単体では契約ができません。

費用対効果:

サービス料金は1ユーザーあたり月額300~円。無料トライアルで導入検討ができます。

UIと操作性:

情報の登録が簡単にできます。独自の項目を任意で追加することも可能なため、利用する企業に合わせた情報管理ができます。

サポート体制:

サーベイオプションを使うと、定期的な調査で従業員の変化を自動で察知して、適切な対応を素早く取れるようになります。

ジンジャー人事労務の特徴4つ

1. 従業員データの一括管理で業務効率化

従業員の基本情報はトップページから一覧で確認。

ここでは住所緊急連絡先をはじめとして、所属部署、役職、資格、給与情報、学歴、職歴、採用、賞罰など、すべての情報を一括管理します。

登録は画面上から個別で登録もしくはCSVファイルで一括登録も可能です。

確認したい従業員を探す場合には検索機能やタグ機能を利用します。

任意の名前で作成したタグは一人に複数つけられて、煩雑な従業員管理を効率化。

必要な情報をみつけたいとき、担当者の作業負担は必要最小限で済むのは嬉しい特徴です。

従業員情報を簡単に検索・視覚的にわかりやすい

 

2. 最新の人事情報が一目でわかる

ジンジャー人事労務は、保有している従業員情報をさまざまな切り口でリアルタイムにデータ化することで、情報の可視化を実現。

たとえば、人数、採用地、勤務地、人件費、成果の出ている組織と出ていない組織などの比較がスピード感をもってできるので、人事データに基づいた経営戦略も役立てやすくなるのです。

組織の人員構成においても、年齢や男女比はもちろんのこと、パフォーマンスの区分なども分布図で比較できて、バランスの良い組織編成をしたいときなどに有効に使えます。

単に情報を蓄積して管理するだけでなく、一括管理する情報を分析して効果的に活用したい企業には、特におすすめのツールサービスと言えるでしょう。


リアルタイムにグラフで可視化
 

3. 顔写真つきの人事シュミレーションができる

ジンジャー人事労務を使えば、従業員の顔写真を見ながら組織を把握する人事シミュレーションが可能となります。

従業員の顔写真をアイコン化して組織図として表示することで顔と名前が一致しやすくなるので、組織をしっかりと把握した管理が効率的にできます。

表示した組織図を利用しながら異動のシミュレーションをしたいときは、ドラッグ&ドロップの操作で済むので簡単です。

教育係や管理職などのバランスを考えた適材適所の人員配置がスムーズにすすめられる特徴は、組織改編や育成にも力を入れたに企業にうってつけと言えるでしょう。

シミュレーション結果は未来日付で組織改編の予約登録として利用できるほか、Excelデータとして出力したり、組織改編後は履歴データとして残したりすることも可能です。

従業員をアイコン化して組織編成のシミュレーションに利用

 

4. 無駄を6割強カットして効果的なマネジメントを実現

ジンジャーは、勤怠・経費・給与・ワークフローなどでシリーズ展開しているのも大きな強みです。

シリーズで利用すれば人事データベースで情報を統合できるので、入社や異動に伴う更新は一度で済ませられます。

作業時間、業務工程、コミュニケーションコスト、書類郵送コストなど広い範囲における業務の無駄も削減できるでしょう。

利用企業への導入効果に関するジンジャーのインタビュー調査によると、平均約64.3%の無駄を省けたという評価も得ました。

さらに、従業員の状態を管理解析するサーベイオプションは、効果的なマネジメントを実現できます。

週1回のアンケートで定点観測することで、システムが従業員の異変をいち早く検知できるので、状況に合わせた多角的な分析と対応が可能となります。

 サーベイオプションで行うアンケート例

資料請求リストに追加する 

ジンジャー人事労務の料金プラン

初期費用とは別に、サービス料金が発生します。

サービス料金は従量課金制で、必要なサービスと人数に応じて変わりますが、一人当たり月額300円~利用できます。

またオプションとして、シングルサインオン、雇用契約、年調収集、社保手続き、サーベイも追加することが可能です。

無料トライアルも用意されています。

資料請求リストに追加する

 

ジンジャー人事労務の評判・口コミ

年間約1,000人の入社処理がペーパレスでスムーズに
山田食品産業株式会社

毎月100件、年間約1,000人の入社情報入社処理が必要になります。そのため、ようやく対応が終わったと思ったら、もう次の月の対応分があるといった状況でした。入社書類を郵送してから届くまでに1週間かかることもありました。
ジンジャー1つでバックオフィス業務の多くをカバーできたため、選びました。
DXの第一歩であるペーパーレス化をジンジャーで実行できました。

充実したサポート力で8割のシステム化を想定
株式会社柿本榮三美容室

全従業員の業務負担軽減と電帳法・インボイス制度対応のためにシステム導入を検討。サポート体制が非常に充実していたのが決め手となりジンジャーを選びました。こちらが提示した条件面をくみ取っていただき、柔軟にスピーディーに対応してもらえたのが非常にありがたかったです。
現在アナログ対応している業務をジンジャーに乗せることができれば、8割システム化できると想定しています。外部依頼している業務に関しても開発を進められているというお話だったので、今後のジンジャーにも大変期待しています。

*「ジンジャー人事労務」公式HP参照

 

まとめ

従業員のデータを一元管理して有効活用できる「ジンジャー人事労務」について解説しました。

紙ベースでの従業員情報の管理に限界を感じている企業や、従業人の変化にリアルタイムに的確に対応したい企業には、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

取得した情報の登録はさまざまな切り口でグラフ化できるため、視覚的な組織把握や戦略立てに役立てられます。

また、従業員のパフォーマンスでタグを表示させる機能や、定点観測で変化を即察知しやすくしたサーベイオプションは、バランスのとれた組織を速やかに編成するには大変有効です。

従業員の能力を効果的に役立てたい企業にはうってつけの人事システムといえるでしょう。

資料請求リストに追加する


画像出典元:「ジンジャー人事労務」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

労務管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

比較検討におすすめのお役立ち資料
労務管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ