Bizer

記事更新日: 2020/05/09

執筆: 編集部

運営コメント

Bizerは税理士や社会保険労務士、司法書士など様々な専門家への相談が何度でもでき、役所への提出書類の代行依頼も行うことができます。そのため、専門的な知識で悩む心配もなくなり、業務も効率化されます。

1. ToDoリスト管理機能

バックオフィス業務をToDo化してくれるため、やることをわかりやすく把握できる

2. 代行依頼機能

役所に提出書類の作成代行、他にも役所の手続きの代行をしてくれる

3. 専門家相談機能

税理士・社会保険労務士・司法書士・行政書士・弁護士への相談が何度でも無料

良い点

ToDo管理で業務の効率化、また、専門家相談システムを備え、税理士・社会保険労務士に何回でも相談することができます。

悪い点

会社が大きい場合、企業経営が複雑なため、Bizerでは管理するのが難しくなる。

費用対効果:

役所手続きや書類作成の代行ができる上に、専門家への質問も無制限であるなど、費用対効果は良い。

UIと操作性:

書類代行時に入力するフォームも非常にわかりやすく、仮にわからなくてもITに強いスタッフがサポートしてくれる。

知名度:

大企業になればなるほどBizerを導入していないので、知名度はあまり高くない。

サポート体制:

何度でも専門家に質問できるところと、ITに強いスタッフがサポートしてくれるところは、安心できるバックアップとなる。

Bizerの3つの特徴

1. 様々な専門家への質問が何回でも無料

Bizerの一番の魅力は、専門家への質問が何度でも無料という点でしょう。

専門家は、社会保険労務士・税理士・司法書士・行政書士・弁理士と数多くの専門家がいます。

仮に顧問税理士と契約する場合、仕事の度合いで異なりますが、月々3万円~5万円かかることが一般的です。

起業している方やこれから起業する方にとって、税理士などの専門家を探すことは大変な事です。さらに、月々3万円~5万円の経費が掛かることも、痛い出費になるでしょう。

しかし、Bizerでは月額2,980円(税込)で専門家の意見を何度でも聞くことができるので、起業したての方やこれから起業する方、経費をかけたくない方にはBizerは心強い味方となります。

2. 会社設立に必要なことを代行してくれる

会社設立には大変で時間がかかる作業が待っています。

まず、会社設立に必要な物が

・会社印鑑の作成
・個人の実印の印鑑登録
・会社名、本社所在地、事業目的などの設立要綱を決める

など、数多くあります。

次に定款を作成し、公証人の認証、数多い項目を記入しながら登記書類を作成。その後、資本金の払い込みを行い、口座の写しを登録申請など非常に複雑でめんどくさいです。

しかし、Bizerを利用していれば、定款の作成もBizerが手助けしてくれるうえに、収入印紙代も電子定款なので必要ありません。登記書類の作成や、登記申請、税務署への提出書類もすべてBizerが代行・アドバイスをしてくれるので安心です。

さらに費用の面でもサポートを受けることができます。

株式会社設立の比較表

合同会社設立の比較表

手間も省ける上に、経費も抑えることができるのは大きなメリットでしょう。

3. 様々なバックオフィスのタスクを管理する「ToDoリスト」

会社を設立すると、毎月の経理はもちろん、決算・年末調整・源泉所得税の計算や納税など、様々なバックオフィスのタスクが出てきます。そのため、経営者は本業をこなしながら、バックオフィスにも目を凝らさなければなりません。

そんな時、Bizerの「ToDoリスト」機能を使えばBizerがタスクを管理してくれるので、バックオフィスが非常に楽になります。

「ToDoリスト」画面

1年間で必ずやらなければならない作業の「年末調整」「算定基礎届」「決算申告」以外にも、次に行うべきことを登録すると、その時が来ればToDoリストが教えてくれます。

これにより、バックオフィスのタスクスケジュールを頭から一旦離すことができるので、経営者は本業に集中できます。

ToDoリストスケジュール画面

さらにToDoリストから、専門家に代行依頼することも可能です。

その他にも、役所などへ届ける定型の届け出書類は、Bizerを利用し作成すれば会社の情報がすでに登録されており、必要書類にその情報が反映されるため、会社名・住所・電話番号などの必須情報を何度も記入する手間が省けます。

年に一度の年末調整の書類も自分で作成するには2~3時間超かかりますが、Bizerを利用すればフォームに入力するだけで、あっという間に年末調整の書類が完成してしまいます。

社員を採用するとまず、社会保険と年金労災の申請などの手続きがありますが、マキトリ機能を利用することでBizerが書類を作成してくれます。

Bizerの料金プラン

月額2,980円で有料会員になれます。

最初から有料会員が不安な方は、1ヶ月間の無料トライアル期間が準備されています。

有料会員と違う部分が以下の表になります。

無料トライアルと有料会員の違い

Bizerの一番も魅力である、相談・会社設立などが利用できないが、使わなくともメリットがあることは理解できるので、あとはBizerの使用感が大事ではないでしょうか。

有料会員になった場合は、以上のことの他にオプションが準備されています。

オプションは以下の通り。

代行依頼サービス

上記の様々な役所への手続きを代行してくれます。

まとめ

Bizerは会社設立時に必要となる膨大な書類の作成を手助けし、会社が設立後には、バックオフィスのタスクの管理から書類作成までを手助けしてくれます。

その中でわからないことがあれば、専門家へ質問が何度でも無料でできるため、Bizerを取り入れれば経営者はめんどうな作業を省くことができ、本業へ集中できるでしょう。

バックオフィスのタスクに振り回され、本業へ集中できないあなた、一度Bizerを検討してみてはいかがでしょうか?

画像出典元:「Bizer」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【勤怠管理システム】【労務管理システム】【営業職向け勤怠管理】【勤怠管理アプリ】のツール

起業ログが厳選する勤怠管理
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
THE給与
jinjer勤怠
マネーフォワード クラウド勤怠
ジョブカン勤怠管理
MINAGINE就業管理システム
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ