KING OF TIME

3.5

記事更新日: 2021/08/03

執筆: 大山直美

良い口コミ・評判

簡単な操作性に大満足

物理的なタイムカードなどが必要なく、管理の手間が省けるのはありがたいです。業務委託の方も、休憩開始と休憩終わりを1クリックで出退勤できます。スケジュール申請、残業申請などの各申請が簡単で言うことなしです。

悪い口コミ・評判

Macだと労務管理ができない

勤怠管理はできますが、労務管理ができません。本当に働いていたのか、過度な残業をしていないかなどを把握する方法がないです。これらの機能はWindowsにはついていますがMacにはないので、Macにも対応してほしいです。

編集部コメント

シェアNo.1かつ業界最安値水準のツール

キングオブタイムはシェアNo.1のクラウド勤怠管理システムです。
他の競合サービスと比較しても、機能面・価格面ともにKING OF TIMEにはマイナスポイントがありません
生体認証を含めた16種の打刻方法は業界最多。さらに、勤怠管理以外にもワークフローやシフト・工数管理まで備えているのに、月額1ユーザー300円と業界最安値水準で利用できます。

中小企業の手軽な打刻から、不正の防止や本人確認にこだわりたい企業まで幅広くオススメです!30日間の無料トライアルもできるのでまずはテスト的に試してみるのも手です。

勤怠管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

勤怠管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする8サービスの資料をダウンロードできます。

KING OF TIMEだけ知りたい方はこちら

KING OF TIMEの資料を請求
1. 勤怠データ管理

勤務集計・残業集計などの集計作業を自動化し、リアルタイムに確認できる

2. 給与計算ソフトと連携

様々な給与ソフトと連携しているので、給与計算ソフトへのデータ移行がスムーズ

3. 様々な打刻手段

指紋認証・指静脈認証など、様々な打刻システムがあり、自社に合った打刻方法を選べる

良い点

16種類の打刻方法に対応。生体認証打刻が充実しているので、不正打刻を防ぎたい企業でも安心して導入できます。常に法改正に対応したバージョンアップも強みです。

悪い点

チャットサポートは即時利用可能ですが、電話サポートは予約制のみです。 空きがあれば直前でも予約できますが不便に感じる方もいるようです。

費用対効果:

月額1人300円で様々な機能を使えます。登録している従業員でも、1ヶ月の間に打刻が無ければ費用が発生しません。

UIと操作性:

PCが苦手な方でも簡単に使えるため紙からの切り替えもスムーズ。システム処理速度もスピーディ。

知名度:

クラウド勤怠管理でシェア№1に加え、認知度、顧客満足度もNo.1です。

サポート体制:

これまでの企業のニーズに応えた知識を生かしサポートは万全。データベースの管理体制も抜群で、耐震対策や停電対策も万全です。

KING OF TIMEとは?

KING OF TIMEは、クラウド勤怠管理市場においてシェア・認知度・顧客満足度の全てでNo.1を獲得している信頼度抜群のシステムです。

料金体系も初期費用無料・月額1ユーザー300円と、企業規模にかかわらず導入しやすい設定なので、勤怠管理のシステム化を検討する際は、必ず候補にいれるべきサービスでしょう。

特筆すべき点はいくつもあるのですが、競合と比べて特に群を抜いているのが、その打刻機能の豊富さです。

業界最多の16種類の機能を備えており、下記表を見てもわかるように同じような料金設定の有名システムと比較しても圧倒的に高性能だということがわかります。

さらにKING OF TIMEの優れた点は、打刻以外においても、『高性能』といえるポイントを多数有していることです。

次の章から詳しく紹介していきますので、シェアNo.1足るにふさわしいその機能群をぜひ最後までご覧下さい。

KING OF TIMEの特徴5つ

1. 豊富な打刻手段と集計機能

前述のとおり、KING OF TIMEは業界最多の16種類の打刻方法に対応しています

では実際どのようなケースでどの打刻方法を用いればいいのでしょうか?企業タイプ別のおすすめ打刻機能の一例を紹介します。

お金をかけずにシンプルに始めたい企業 PC/タブレット打刻・モバイルGPS打刻
営業職の従業員が多い企業 モバイルGPS打刻で不正打刻を防止
テレワーク勤務を導入した企業 PCログオン・ログオフでの自動打刻
厳密なセキュリティや不正防止が必要な企業 生体認証打刻(顔認証・指紋認証など)


このように、シンプルから高機能まで、どのような企業のニーズにも応えれられる機能が備えられている点は非常に魅力的です。

起業ログの独自アンケートでも、特に営業職やテレワークで使いやすいとの声が多数ありました。

 

仕事柄、直行、直帰することが多いのですが事務所にいなくても出退勤が出来ることが便利と感じました。また位置情報も出るので不正ができないことも管理しやすいと感じました。(医療・11人~30人規模)

 

打刻場所が分かるので、建設業等、移動の多い営業職種などにもいいと思います。(施工管理・51~100人規模)

 

コロナ禍において在宅勤務となり、重宝しています。スマホから打刻可能なので、在宅勤務時や出張時にはかなり便利です。基本的には位置情報取得して打刻という運用ですが、位置情報を取得するかしないかも選択できるのはよいと思いました。(メーカー・501〜1000人規模)

 

「半日有給」や「時差出勤」、「在宅業務」などの設定が細かくできたことが良かったです。それほどややこしくなく、管理する側も、申請する側も楽でした。(製造業・101〜250人規模)


なお、機能を複数選んでも追加料金が発生しないので、同一企業内で勤務形態によって使い分けを行うことも可能です。

豊富な機能の一覧は以下のとおりです。各打刻方法のさらなる詳細は、資料から確認できます!


豊富な打刻方法


 

KING OF TIMEの資料を無料ダウンロード

 

2. 豊富な機能

KING OF TIMEのさらなる特徴は、月額1人300円のワンプライスで全て使える豊富な機能です。

勤怠管理では、リアルタイム自動計算はもちろん、ワークフローや海外拠点打刻、働き方改革関連法への対応までカバー。

時間外労働や有給休暇、雇用形態別の集計など、きめ細かな集計でも簡単な操作で対応することができます。

アラート表示も色付きでわかりやすいと好評で、マネージャーの管理業務の負担が軽減できます。

さらに、シフト管理・工数管理・WEB給与明細発行など、勤怠管理以外の機能も多数搭載。

サービス業、小売業、IT・メディア業、医療・福祉業界などさまざまな企業で導入される点も納得の、非常に心強いシステムですね。

豊富な機能
 

3. システム連携も多彩

KING OF TIMEは、給与計算ソフトをはじめとした様々なシステムと連携可能です。

給与計算ソフトと連携すれば、勤怠データをそのまま給与計算に反映できるので、業務を大幅に効率化できます。

弥生給与、JDLなどの大手に加え、クラウド給与サービスともいち早く連携。

打刻システムやSmartHRなどの人事システム、給与前払いサービスとも連携しており、新規サービスとの連携にも積極的なので使い勝手がさらに進化します

豊富なシステム連携

4. 充実したサポート体制

KING OF TIMEは、10年以上の豊富な導入実績を活かしたサポートチームの手厚さも魅力です

PCが苦手な人でも使いやすいシンプルな画面にも定評があるのですが、それでもやはり困った際にどれだけ相談できるかは重要なポイントですよね。

東京と大分の二拠点で待たせない体制を整えており、月に何回利用しても無料です。

導入時のサポートはもちろんのこと、導入後も、サポートセンターが様々な場面で助けてくれるので、安心して運用できます。

ただし、電話サポートは予約制のみ、という点には注意しましょう!

なお、制度変更や使い勝手の要望に伴う仕様変更も、主に標準サポート内で実施してくれるため、保守・メンテナンスのコスパにも優れています。

手厚いサポート体制

5. 万全のセキュリティと法改正対応

KING OF TIMEは、セキュリティやデータの管理体制も万全です

データは東京と北海道のデータセンターで二重管理。バックアップ体制も強力です。

200以上のセキュリティ項目をクリアしており、インターネット通信の暗号化も最新式の技術を採用。盗難・改ざんへの心配も不要です。

さらに、法改正、顧客からの要望などを基に無料バージョンアップも実施。

勤怠管理領域では、法改正によるルール変更などがいかにスムーズに対応できるかが重要ですが、「KING OF TIMEはその点でも他社より優れている」と既存の利用者からも信頼度が高いそうです。

データセンターの2重化

 

KING OF TIMEの資料を無料ダウンロード

 

KING OF TIMEの残念なポイント2つ

1. 高機能打刻には端末購入が必要

全ての打刻機能がプラン料金内で選択できるKING OF TIMEですが、生体認証などの高機能打刻の場合は、専用機器を別途購入する必要があります

顔認証や指認証の機器の価格の一例は以下のとおりです。

 

顔認証は世界No.1の認証精度を有する機器で、指認証も数々の世界的な精度評価コンテストで1位を獲得しているものなのでこの価格で導入できるのは非常に魅力的です。

ただし拠点が複数にまたがる場合などは、その分の購入が必要なため、初期費用の見積もりに含めて検討する必要があります。

2. 無料プランはない

業界最安値水準のサービスではありますが、競合他社には打刻のみのシンプル機能や、限られた少人数での利用の場合、完全無料で利用できるサービスもあります。

そのため、全くコストをかけずにシステム化したいという企業には向きません

ただし、無料プランを提供しているところでも、利用している間にオプション機能が必要になったり、企業規模が拡大して無料プラン内の人数制限を超えてしまう場合も十分に考えられます。

長い目でみた場合のコスト感も検討したうえで、導入サービスを選びましょう。

KING OF TIMEは30日の無料トライアル期間があるので、この期間を活用して使い勝手を確認しましょう。

もし自社に合わなければそのままやめられるので、まずは試験的に利用してみると良いです!

KING OF TIMEの資料を無料ダウンロード

 

KING OF TIMEの料金プラン

初期費用なし月額1人当たり300円で利用できます。

登録した人数ではなく、打刻があった人数で計算されるためコスパが良いです。

打刻に機器を使用する場合は、別途購入する必要がありますが、価格についてもっと詳しく知りたい場合は下記資料から確認できます。

また、オンラインで10秒見積もりができ、無料オンラインセミナーも週2回開催。30日間の無料体験も可能です。

実際に利用したユーザーにヒアリングすると、そのコスパの良さを評価する声が多く聞かれました。

メーカー

31〜50人

 

金額が導入の決め手

1ユーザー300円で利用しています。金額が導入の決め手でした。使ってみると、他のサービスよりもAPI連携が多くて扱いやすいと思いました。よほど特殊な勤務形態の会社の場合は支障があるかもしれませんが、基本的には会社の規模に関係なく使いやすいと思います

メーカー

101〜250人

 

費用面も使いやすさもおすすめ

月に約1万円で利用しています。とにかく安いと思って導入しました。費用面と使いやすさの面で導入のハードルは低いので、おすすめします。私達の場合、導入の際には無料サポートも付いてきました。見た目はシンプルですが機能面でも優れているので、しっかりと使いこなせる会社には申し分のないツールだと思います。


KING OF TIMEは実績No.1という圧倒的な信頼のあるサービスなので、勤怠管理システムの導入を考えている場合は、まず候補に入れてしまって間違いないです!

しかし導入後に後悔しないためにも無料体験で実際の使い勝手は確認しましょう!

KING OF TIMEの資料を無料ダウンロード

 

KING OF TIMEの評判・口コミ

IT業

1001人以上

コンサル

他の勤怠管理システムと大差ない

不便だと感じた点を教えてください。

機能がシンプルすぎる故に、ただ打刻や休みを管理するだけのツールになってしまいました。

UIが少し分かりづらいです。画面を開くと、上部にアイコンに画像で並んでいても、その意味が初見だとわからないと思います。どの機能を使いたいときにどれを使うのかが分かりにくいため、使い方のガイドを初めに把握するのが手間でした。

また、使う側としては月末に締めるという作業がメインなので、他のツールとはさほど差別化がされていなかったと感じます。今まで三つほどのツールを利用してきましたが、大差はありません。

医療

11〜30人

直行、直帰が必要な業務形態でも勤怠管理できる

使いやすいと感じた点を教えてください。

仕事柄、直行直帰することが多いのですが、事務所にいなくても出退勤が出来ることが便利でした。位置情報も出るので、不正ができない点も、管理のしやすさになっていると感じます。

初期設定は管理者でないとできないため、新入社員が入った際になかなか登録完了してもらえず、使うのに時間がかかりました。ただ、携帯で打刻できるので、慣れてからは便利でした。日常的に直行、直帰が必要な業務形態の人にはとても便利だと思います。

IT業

101〜250人

営業職

勤務記録にかける時間が半減

使いやすいと感じた点を教えてください。

これまでは入力で毎日勤務記録を管理していましたが、システム導入後はワンクリックで勤務記録がつけられるようになり便利になりました。部下の勤務状況を随時把握できる点も魅力的です。勤務記録提出にかける時間が半減しました。

不便だと感じた点を教えてください。

自身の勤務管理のページと、部下の勤務記録のページが分かれており、部下の勤務記録ページから自身の勤務管理ページへアクセスができない部分が不便に感じます。この場合、新しいウィンドウを開いて再度システムにアクセスする必要があり、その部分はやや使いにくいと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

全体としては、勤怠をタイムカードや手入力管理している企業に対しておすすめできるシステムです。ワンクリックで出勤、退勤の記録ができること、部下の日々の勤務時間や有給休暇取得状況が表示できることから、管理職の方にとっても使いやすいと思います。

小売業

31〜50人

従業員が全員パソコンを持っていないと使いにくい

使いやすいと感じた点を教えてください。

打刻の画面が分かりやすいところ、タイムカードの画面が一目で見やすく、打刻エラー箇所も色付けされているのでわかりやすいところ、スケジュール申請がしやすいところなどです。

不便だと感じた点を教えてください。

パソコンの中にあるKING OF TIMEアプリを開いて使用するため、アプリの立ち上げに時間がかかることがあります。月締めのタイムカードの内容と、スケジュール申請内容が合っていないことがあり、修正に手間がかかる場合も不便です。

他の会社にもおすすめしますか?

従業員全員がパソコンを使用する会社にはおすすめだと思います。パソコンを共有している会社だと、いちいちログインやログアウトをしなくてはいけないので向かないでしょう。

製造業

101〜250人

従業員数が200名以下の中規模の企業にお勧め

利用にかけた費用

初期費用と月額費用は合計して200万円前後でした。

使いやすいと感じた点を教えてください。

「半日有給」や「時差出勤」、「在宅業務」などの設定が細かくできたことが良かったです。それほどややこしくなく、管理する側も、申請する側も楽でした。

不便だと感じた点を教えてください。

「時差出勤」や「休日出勤」等の申請と出勤・退勤時間の申請が同時に行えない点です。まず、「時差出勤」や「休日出勤」の申請を行い、承認をもらってから出勤・通勤時間の申請を行わなければなりません。同時に申請が行えれば良いなと思いました。

また、勤怠システムのデータをエクセル返還することが容易で、それほどパソコンが得意でなくても苦になりません。ただ、誰か1人は「KING OF TIME」をよく理解した主担当の方を置かれた方が外部ツールと連携する際は業務上スムーズに流れると感じました。パソコンが苦手な年配の方には、しっかり「KING OF TIME」を理解してもらわないと、管理する側が誤った個所を全て修正しなければならず、膨大な時間を要することになります。効率的にしっかり運用するには、使用側の教育が不可欠です。

他の会社にもおすすめしますか?

KING OF TIMEは従業員数が200名以下の中規模の企業の方にお勧めします。勤怠管理の方がパソコンが強くなくても、使いこなすことは可能です。500人以上の大所帯の企業には導入は難しいと思われます。

IT

2〜10人

1クリックで使えて便利

使ってみた感想を教えてください。

リモートワークにも対応していて、ネットで1クリックするだけで出退勤できるところは魅力です。業務委託の方も、休憩開始と休憩終わりを1クリックで出退勤することができるので、働き方にとらわれずとても使いやすくて便利だと感じています。

スケジュール申請、残業申請も簡単にできるなど様々な機能面に優れていて、特に不満はありません。

IT

1人

労務管理機能をMacにも対応させて欲しい

使ってみた感想を教えてください。

勤怠管理はできますが、労務管理についてはできていません。本当に働いていたのかどうか、過度な残業はしていないかどうかなどを把握する術がないのは問題だと思いました。

これらの機能は、Windowsであればついていまが、Macにはありません。大事な機能なので、Macにもぜひ対応してほしいです。

サービス

11〜30人

ネット環境がないと利用できない

利用にかけた費用

打刻人数×300円

勤務形態・雇用形態

シフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

  • 出勤、退勤の正確な時間を管理できる
  • データをそのまま給与計算に移行できる
  • ネット環境さえあればいつでも確認、管理できる
  • 紙ベースではないので、書類等保管の負担が減る

不便だと感じた点を教えてください。

ネットが繋がらなくなったときや、メンテナンスの時間(24時間営業の店舗のため)、指紋認証が反応しなくなったときは、打刻出来ずに手間が増えました。

簡単なシステムとは言っても、普段パソコンを使用しない従業員が使い慣れるまで教えるのは、時間のロスだと感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

出退勤時間を記入してサインをもらう紙ベースの退勤管理よりも手間が省けるのは便利です。ただ、ネット環境がないと利用できないので、職種によっては一概に便利とは言えないと思います。

メーカー

501〜1000人

在宅勤務でも企業に合う形でカスタマイズ運用が可能

勤務形態・雇用形態

基本勤務形態

使いやすいと感じた点を教えてください。

コロナ禍において在宅勤務となり、重宝しています。スマホから打刻可能なので、在宅勤務時や出張時にはかなり便利です。基本的には位置情報取得して打刻という運用ですが、位置情報を取得するかしないかも選択できるのはよいと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

カードリーダーで出退勤を打刻する際に、上部がカードをタッチする部分、下部が出勤、退勤を選択するタイプのため、誤って出勤退勤ボタンに触れてしまい、打刻が「出勤」「出勤」など重なってしまうことがあります。それに気付いて訂正するのがかなり手間です。

承認者は、多数の部下から申請メールが飛ぶので大変だと思います。

外部連携はしやすいと感じましたか?

現在は外部ツールとの連携はしていません。給与ツールと連携できたら、給与担当者が楽になると思います。

他の会社にもおすすめしますか?

紙のタイムカードからシステムに移行検討している企業がトライアルするには良いと思います。カスタムも可能なので、それぞれの企業に合う形で運用できるでしょう。

通信

251〜500人

シフト勤務の場合の処理がわかりにくい

利用にかけた費用

およそ月額5万円

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

出退勤を行う専用のWEBページがあり、一度ユーザ登録を行えば次回から自動ログインされるので、作業の時間短縮になりました。KING OF TIMEを使用する前は、時間外労働を換算するときは30分単位で計算していましたが、導入後は退勤を行った時間まで換算されます。そのおかげで残業代が支給されるようになりました。

不便だと感じた点を教えてください。

タイムカードを開いた際に、フレックス制と混同してしまいます。時間外申請を行うのか、スケジュール申請を行うのか、曖昧でわかりにくいです。シフト勤務を行うことがあるので、時間外の申請手順や管理方法がわかりやすいと思います。

また、タイムカードの備考欄に時間外申請時のメッセージが表示されますが、項目欄が狭くて見にくいです。

外部連携はしやすいと感じましたか?

オフィスステーションと連携してるようですが、総務で人事給与を行なっているので使用感は分かりません。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめしません。自社は基本勤務体制で、時間外申請の上司承認が厳しいからです。フレックスタイム制を導入している企業は、費用も安価なのでおすすめできるでしょう。

商社

1001人以上

お知らせを残して手続きの抜け漏れ防止

勤務形態・雇用形態

社員は基本勤務体制、パート、アルバイトはシフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

名前を選んでパスワードを入れるだけで勤怠登録ができるので使いやすいです。打ち忘れの際に修正依頼も出せるので、安心です。

不便だと感じた点を教えてください。

パートやアルバイトで新人が入った際、勤怠登録時の仮パスワードを店長が設定しますが、そのパスワードの引き継ぎを怠るとログインができず勤怠登録ができません。初回は、誕生日や電話番号などのパスワードだと使いやすいと思いました。

年末調整の登録もやっていましたが、必要書類のスキャンや提出方法がわかりにくかったです。

出勤を打ち忘れた場合は、気づいたときに修正依頼を出せればいいのですが、退勤時間もあらかじめ入力するなどしないと申請できません。出勤時間だけの修正を、手間なくすぐにできると良いと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

なかなか顔を合わせないスタッフさんがいる職場などには、特におすすめかと思います。

勤怠押し忘れの修正や有給申請を手書きメモなどで行っている場合、修正や手続きを忘れてトラブルになることがあります。このシステムを使えば、申請をそのままにしているとお知らせが残るので、手続きの抜け漏れが防げて安心です。

施工管理

51〜100人

どんな業種にもおすすめ

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

初めてのタイムカードだったので他と比べられませんが、ボタンを押すだけで打刻できて簡単でした。

不便だと感じた点を教えてください。

深夜からの出勤や早朝までの残業等、残業時間にばらつきがあり、よく押し忘れをしてしまいます。アラームを掛けて対応はしていますが、出勤(退勤)ボタンを押したかどうか分からなくなることは茶飯事でした。「本日打刻済み」等ですぐに確認できる表示があると、分かりやすいと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

コロナの影響で自宅勤務が増えていると思います。全ての業種でおすすめできるのではないでしょうか。打刻場所が分かるので、建設業等、移動の多い営業職種などにもいいと思います。

美容クリニック

2〜10人

顔認証や位置情報サービスと連携づけた打刻機能がある

利用にかけた費用

1ユーザーごとに300円程度だったと思いますが、うろ覚えですみません。

勤務形態・雇用形態

正社員

使いやすいと感じた点を教えてください。

顔認証や、位置情報サービスと連携づけた外出先からの打刻機能があったのは、便利だと思いました。以前別の職場でも使っていたので、導入してからすぐに慣れました。

経理も精算面が楽になったと思いますし、私たちもいちいち手入力で打刻したりタイムカードを切る必要がなくなったので、良かったと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

使っていて特別不便などを感じたことはありません。

他の会社にもおすすめしますか?

パスワード認証、顔認証、ICカード、指紋認証など、打刻手段が多いので、各会社の方針や使う人に合わせて使えて良いと思います。

不動産

1001人以上

冷え性のスタッフに静脈認証は使えない

勤務形態・雇用形態

シフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

勤怠管理システムはKING OF TIMEが初めてでしたが、月末に大量のタイムカードを集計しなくて済むようになったことが一番の導入メリットです。不正防止や支給間違いも起こりません。

不便だと感じた点を教えてください。

静脈認証システムなので、特に冷え性のひどい女性スタッフは認証できないことが多くて困ります。高齢スタッフが多いため、正確な操作方法を一から丁寧に教えて各自で対応してもらわなればならず、導入時は大変労力が掛かります。

他の会社にもおすすめしますか?

複数現場を一人で管理しているような勤務形態での不正防止におすすめです。計算間違いも限りなくゼロに近づきます。

ただし、高齢や女性スタッフが多い会社や現場では、静脈認証が上手くいかない可能性も覚悟で導入したほうが良いでしょう。

IT

31〜50人

UIがシンプルで誰でも使いやすい

利用にかけた費用

月額15,000円ほど

勤務形態・雇用形態

シフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

打刻画面がシンプルで、自分の打刻履歴も把握しやすかったです。スマレジ・タイムカードでは打刻時に顔写真を撮影する機能などもありましたが、KING OF TIMEが最も使用しやすかったです。UIがシンプルだったことは大きいと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

シンプルゆえに、出勤と打刻の押し間違いがよくありました。押し間違いが自分で修正できない点は不便だと感じました。

アプリではなくブラウザの画面をスマートフォンのアイコンに落とし込むという使い方だったので、アプリの方が導入しやすいと感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。多少不便なところはありますが、打刻画面の押しやすさや従業員でも理解のしやすいUIが万人受けすると思うからです。特にアルバイトなどもいて従業員規模が大きい会社は、従業員を一括管理できるので向いていると思います。

医療

251〜500人

在宅と出勤が不定期に発生する会社に向いている

利用にかけた費用

初期費用は無料でした。月額は1人300円です。

勤務形態・雇用形態

フレックス制

使いやすいと感じた点を教えてください。

勤怠時間がすごく見やすいところと、休暇申請や在宅申請が簡単な手順でできるところです。自分が使うときだけでなく、人に教えるときも簡潔に説明できるので良いと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

申請はしやすいのですが、申請後のトップ画面に何の申請をしたのかが出てこないのは、不便だと思いました。有給休暇の去年残っていた日数分と今年の残り日数分を分けて表示してくれると、さらにわかりやすく便利になると感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

不便な点もありますが、全体的には見やすく使いやすいと思っていますので、おすすめです。様々な申請が簡単にできるので、在宅と出勤が不定期に発生する会社に向いていると思います。

小売

101〜250人

基本勤務体制の職場向き

勤務形態・雇用形態

内勤者は、基本勤務体制、店舗スタッフはシフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

社員としては、有給申請などを紙で書いて提出しなくなり、とても楽になりました。web申請だと、気楽に有給申請をしやすくなる気がします。以前の会社は独自の勤怠システムがpcに入っていましたが、それと比べて画面が明るくて見やすいところも良いです。

不便だと感じた点を教えてください。

今は時差出勤体制なので、勤務時間をわざわざスケジュール申請しなければならないのが、結構面倒です。遅延証明をアップロードして貼り付けられたら、もっと便利になると思います。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。在宅での仕事も増えたので、自分のpcで出退勤ができて、有給も管理できるのは、とても便利だと思います。ただし、シフト制の会社だと勤務時間を日ごとに申請しなければならないので、基本勤務体制の職場のほうが向いているかもしれません。

医療

31〜50人

スマホを持っていることが前提条件

利用にかけた費用

300円

使いやすいと感じた点を教えてください。

アプリをダウンロードしたら、あとはLINEと同じような感覚で使えるので操作方法に困ることがありませんでした。

不便だと感じた点を教えてください。

この勤怠システムは個人のスマホにアプリをダウンロードして使うので、セキュリティが心配です。また、バッテリー切れになったり、スマホを家に忘れたり失くしたりしたら打刻ができないので、スマホの管理にストレスが伴います。スマホを新しくするときに再設定しないといけないのも不便です。

他の会社にもおすすめしますか?

1人いくらの料金設定で、20人程度の人数の少ない会社であれば、初期費用がかからないので使ってもいいと思います。ただし、スマホを持っていることが前提条件になります。

通信

101〜250人

勤怠管理をどう効率化できるのか疑問

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

特にないです。

カンパニーのCWSは入力したときに一時保存ができたなど、こちらと比べてもっと使いやすかったです。

不便だと感じた点を教えてください。

入力の一時保存ができないため、勤怠の入力を案内する時に自分のIDで試すことができません。同じ日の申請を修正等で何度もすると、備考欄に入力した文字が上書きされません。前の表示が残ってとても使いにくいです。

カンパニーのCWSは、その点すごく良かったです。確定申告や他の住所変更の申請もスムーズにできました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

全く何も連携ができません。とにかく使いにくいです。

他の会社にもおすすめしますか?

全くおすすめしません。これを開発した人は、勤怠管理でどう業務効率できるのかを本当にわかって開発したのか?と疑問を抱きます。逆にこのツールで上手く使っている事例を聞きたいぐらいです。

メーカー

31〜50人

連携できるサービスが多いので、様々な会社におすすめ

利用にかけた費用

1ユーザー300円

使いやすいと感じた点を教えてください。

金額が導入の決め手でした。使ってみると、他のサービスよりもAPI連携が多くて扱いやすいと思いました。以前使っていたジョブカンだとAkerunとの連携ができなかったのですが、KING OF TIMEは連携できるので助かっています。フレックスにもリモートにも問題なく対応できています。

不便だと感じた点を教えてください。

ログインが面倒です。アプリではなくブラウザで使えるシステムなので、打刻のたびにわざわざログインしなければならないのは手間に感じています。

外部連携はしやすいと感じましたか?

AkerunなどAPI連携が多くて使いやすかったです。

他の会社にもおすすめしますか?

連携できるサービスが多いので、様々な会社におすすめできます。よほど特殊な勤務形態の会社の場合は支障があるかもしれませんが、基本的には会社の規模に関係なく使いやすいと思います。

製造

51〜100人

費用が安く、それを上回る使いやすさが良い

利用にかけた費用

ひと月2万円程度

使いやすいと感じた点を教えてください。

入退室管理サービスと連携させて使っています。オフィスの入り口にICカードやiPhoneをかざすだけで勤怠登録ができるので、便利だと思います。わからないことは,チャットかメールで確認できます。自分のペースで不明点を解消できますし、そもそも最初からわかりやすいので、使いにくくて混乱するほどの事態にはなりませんでした。

不便だと感じた点を教えてください。

強いて言えば、導入の際に時間と手間がかかったことです。導入には1時間30分ほど必要で、わからない部分はチャットサポートで確認しました。初期設定は組織階層によって細かく設定する必要があるので、ある程度の手間は覚悟しなければいけないのかもしれません。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。費用が安いわりに、それを上回る使いやすさが期待できます。勤怠管理だけならExcelでもできますが、KING OF TIMEは労働法改正後の法令違反もチェックしてくれます。システム上で自動的にチェックできるので、働き方改革が謳われる今後の企業活動でも安心して使えるでしょう。

メーカー

101〜250人

とにかく安いと思って導入

利用にかけた費用

月に約1万円だったと思います。とにかく安いと思って導入しました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

リモート勤務でも出退勤の記録ができるところです。パソコンかスマホから打刻ボタンを押すだけなので、使いやすいと思いました。スマホ画面からの申請も、基本的には行いやすいです。

不便だと感じた点を教えてください。

機能がしっかりと備わっているのですが、使いこなせないともったいないと思いました。

自社では「勤怠管理」のために使っていますが、「人事労務」や「給与計算」の機能もあって、マイナンバー管理もできるようです。会社の規模が大きくないからまだ使わないという社内事情があるようですが、今の規模でもうまく使えればもっと業務が効率化されると思いました。

他の会社にもおすすめしますか?

費用面と使いやすさの面で導入のハードルは低いので、おすすめします。私達の場合、導入の際には無料サポートも付いてきました。見た目はシンプルですが機能面でも優れているので、しっかりと使いこなせる会社には申し分のなにツールだと思います。

IT

51〜100人

今の時代に合ったUIがとてもわかりやすいツール

勤務形態・雇用形態

内勤者、リモート勤務者、双方が混在しています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

UIがとてもわかりやすいです。以前の勤怠管理ツールがわかりにくかったからか、その違いが顕著で、社員に「わかりやすい」と好評です。自分は部長職で承認作業が必要なのですが、休日申請や時間外勤務の承認もスムーズにできるので助かっています。

不便だと感じた点を教えてください。

自分の場合はシステムに慣れているため必要ないと思いましたが、電話サポートがないのは、会社や使う人によっては不便なのかもしれません。もともと分かりやすいのでチャットサポートで解決できましたが、もし使い慣れていない人しかいない会社であれば、口頭で確認できる電話サポートがあった方がいいのかもしれません。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめしたいです。勤務形態を選ばず対応できますし、わかりやすい承認作業にもストレスがありませんので、それぞれの業務に集中できます。今の時代に合ったツールだと思います。

事務職

1001人以上

シンプルなシステムで低価格

利用にかけた費用

費用・契約に関わる部分は担当外でしたが、月額300円/人だったと記憶しています。

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制、正社員

使いやすいと感じた点を教えてください。

カードリーダーでタッチICの方式を使っていたのですが、入退室管理用のカードと同じものが利用できたので、社員カードの統一ができて便利でした。

不便だと感じた点を教えてください。

カードリーダが通信できていないと勤怠が反映されません。停電やネットワーク障害の際は勤怠管理が利用できなくなります。滅多に発生はしませんが、起きたときは都度対応が面倒ではありました。

また、出勤・退勤時にカードリーダーに渋滞が発生することがあるので、事前に運用面での対応策が必要です。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。シンプルなシステムで低価格なので、中小規模の法人であればコストを抑えつつ比較的容易に導入できるかと思います。また、打刻の種類もICタッチ以外にも用意されているため、ある程度運用に合わせたものを選択できるかと思います。

まとめ

この記事ではKING OF TIMEの特徴・評判・料金を解説しました。

総務を悩ませる勤怠管理。従業員が多くなればなるほど、勤怠データの整理が大変です。

残業や、休日出勤があれば、給与の計算も大変ですし、勤務時間の調整も難しくなりますよね。

KING OF TIMEなら勤怠管理だけでなく、工数管理やシフト調整も思いのまま。

残業時間や休日出勤の実態も確認できるので、働きすぎを防止したり、過剰人員の部署や過少人員の部署を把握したりしながら、適切な人員配置も実現できるでしょう。

月300円/1人で始められるKING OF TIMEをぜひ始めてみませんか。

KING OF TIMEの資料を無料ダウンロード


画像出典元:「KING OF TIME」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】勤怠管理システム選びのお役立ち資料
勤怠管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ