KING OF TIME

記事更新日: 2020/10/15

執筆: 編集部

編集部コメント

クラウド勤怠管理でシェアNo1のキングオブタイム。生体認証打刻を含めた豊富な打刻方法から選べることが最大の魅力です。不正打刻に悩んでいる企業・本人確認にこだわりたい企業におすすめです。勤怠管理以外にも工数管理や予実管理が搭載されており、幅広く業務を改善できるでしょう。英語表記にも対応しています。

勤怠管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

勤怠管理ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

1. 勤怠データ管理

勤務集計・残業集計などの集計作業を自動化し、リアルタイムに確認できる

2. 給与計算ソフトと連携

様々な給与ソフトと連携しているので、給与計算ソフトへのデータ移行がスムーズ

3. 様々な打刻手段

指紋認証・指静脈認証など、様々な打刻システムでが用意されていて、自社に合った打刻方法を選べる

良い点

10種類の打刻方法が用意されています。生体認証打刻が充実しているので、不正打刻を防ぎたい企業でも安心して導入できます。

悪い点

他サービスでは打刻にICカードを使用することで交通費を集計できる機能がありますが、キングオブタイムはICカード打刻でも交通費の計算はできません。

費用対効果:

月額1人300円で様々な機能を使えます。登録している従業員でも、1ヶ月の間に打刻が無ければ費用が発生しません。

UIと操作性:

クラウド型なので、インターネット環境さえあればどこでも勤怠データを確認でき、エクセル・CSV・PDF形式で出力できます。

知名度:

クラウド勤怠管理でシェア№1だけあって、キングオブタイムを導入している企業は多く、知名度は高いです。

サポート体制:

これまでの企業のニーズに応えた知識を生かしサポートは万全。データベースの管理体制も抜群で、耐震対策や停電対策も万全です。

KING OF TIMEの3つの特徴

1. 豊富な機能

KING OF TIMEの最大の特徴は、機能が豊富なところです。

シフト管理・工数管理・予算実績管理機能・異動履歴管理など、勤怠管理以外の機能も多数搭載されています。

そのため、様々な勤務形態に対応可能。非常に心強いシステムです。

事前に設定した業務時間を超過した勤務にはアラートを飛ばすことができ、労務管理の観点から見ても安心して運用できるでしょう。


豊富な機能

また、様々な給与計算ソフトとをはじめとした様々なソフトと連携可能。

給与計算ソフトと連携すれば、勤怠データをそのまま給与計算に反映できるので、業務を大幅に効率化できます。

連携可能ソフト

 

2. 豊富な打刻システム

搭載されている打刻方法は、PC/タブレット打刻・モバイルGPS打刻・ICカード打刻・指静脈打刻・指紋打刻・指ハイブリッド認証打刻・顔認証・カメレオンコード認証・WowTalk打刻・入退室管理システム連動打刻の10種類。

主要システムの中では最多です。

特に生体認証打刻が充実していて、指ハイブリッド認証打刻は世界的な精度評価コンテストで1位を獲得した技術。高精度の本人確認を実現します。

お金をかけずに始めたい企業には、PC/タブレット打刻・モバイルGPS打刻がおすすめです。

営業職の従業員が多いなら、モバイルタイプがおすすめ。GPS打刻機能を備えているので、不正打刻を防げます。

スマホから打刻可能

個人用PCがない場合は、ICカードリーダーを使いましょう。

ICカードリーダーは交通系に使われているSuica・Pasmo・EdyなどのFeliCaカードや、taspoに使われているMIFAREを使用できます。

カードリーダーの購入に費用が発生しますが、省スペースにおける小型なカードリーダーやPC接続不要のカードリーダーなど複数のリーダーが用意されています。

カードリーダー

打刻する操作画面は2色から選択可能。管理画面はやや硬い印象です。

 

3. 充実したサポート体制

KING OF TIMEは、勤怠管理システムを手がけてから10年以上の実績があり、クラウド勤怠管理でシェア№1。導入企業は22,000社でその信頼は折り紙付きです。

その理由の1つが万全のサポート体制。

導入時のサポートはもちろんのこと、導入後も、サポートセンターが様々な場面で助けてくれるので、安心して運用できます。

電話サポートは予約可能。待たされることがなく、嬉しいですね。

予約画面

4. 万全のセキュリティ

KING OF TIMEは、年3回のバージョンアップが予定されていて、常に新しい勤怠システムを利用できる上に、法改正にも細かく対応しています。

バージョンアップするための費用は必要ありません。

セキュリティやデータの管理体制も万全です。蓄えられたユーザーデータは専用のデータセンターで保管してあり、数々のセキュリティで守られているので安心です。

インターネット通信にはチャレンジ&レスポンス方式・128ビットSSLによる暗号化通信を使用しているので、通信途中でのデータの盗難・改ざんへの心配も不要です

さらに、データセンターは二つあり、2ヶ所でデータを管理しています。

2ヶ所で管理することにより、例えば、東京で地震がありメインデータが使えなくても北海道のデータを使うことができ、もしもの時でも運用がストップしない仕組みになっています。

データセンターの2重化

KING OF TIMEの料金プラン

初期経費が必要なく、1人当たり300円で利用できます。

登録した人数ではなく、打刻があった人数で計算されるため、例えば登録しているがその月に打刻しなかった場合、300円は発生しません。

打刻に機器を使用する場合は、購入する必要があります。

安価でお勧め

・非接触ICカードリーダー:3,700円

高度なセキュリティをもとめている方にお勧め

・指静脈認証装置:37,500円
・非接触型指ハイブリットスキャナ:29,500円
・BT-2000:130,000円
・カメレオンコード認証(iPad):新規55,000円・追加33,000円
・入退室管理システム「Akerun」:1ドア180,000円

その他

・ビットタッチ・ビズ:59,500円
・ビットタッチ・プロ2:95,000円
・指紋認証装置:19,000円

 

KING OF TIMEの評判・口コミ

外国人を含む1650名超の社員を2人で管理できています。昨年行ったUI変更により、感覚的に使い方がわかるようになっているので問い合わせが減りました。
(IT関連:従業員1,000人以上)

「Akerun」という入退室管理システムと自動連携ができることがわかり、即決定でした。入退室の記録が自動で出退勤の打刻となり、打刻漏れもなくなり、より正確な勤務時間を把握できました。(印刷事業他)

※KING OF TIME公式HP

まとめ

この記事ではKING OF TIMEの特徴・評判・料金を解説しました。

総務を悩ませる勤怠管理。従業員が多くなればなるほど、勤怠データの整理が大変です。

残業や、休日出勤があれば、給与の計算も大変ですし、勤務時間の調整も難しくなりますよね。

KING OF TIMEなら勤怠管理だけでなく、工数管理やシフト調整も思いのまま。

残業時間や休日出勤の実態も確認できるので、働きすぎを防止したり、過剰人員の部署や過少人員の部署を把握したりしながら、適切な人員配置も実現できるでしょう。

月300円/1人で始められるKING OF TIMEをぜひ始めてみませんか。

画像出典元:「KING OF TIME」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【勤怠管理システム】【営業職向け勤怠管理】【人事システム】【勤怠管理アプリ】【製造業向け勤怠管理システム】のツール

起業ログが厳選する勤怠管理
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
THE給与
jinjer勤怠
マネーフォワード クラウド勤怠
ジョブカン勤怠管理
MINAGINE就業管理システム
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ