ShiftMAX

記事更新日: 2020/09/15

執筆: 編集部

編集部コメント

「ShiftMAX」は、現場での勤怠確認や工数管理を効率化したい企業におすすめです。給与計算の自動化や、出退勤と従業員の作業内容を一括管理ができ、資料作成の負荷を削減したい企業にも有効です。豊富な打刻方法があり、特に通話打刻は年配の従業員の方でも安心です。

勤怠管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

勤怠管理ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

1. 様々なデバイスで勤怠管理

社内PCの他、スマホやタブレット・携帯電話での勤怠記録が可能

2. GPSで不正打刻を防止

企業としてのコンプライアンス対策にも有効

3. 勤務報告をリアルタイムに確認

打刻データがリアルタイムに反映され、時間外労働時間なども自動で計算可能

良い点

誰もが場所を問わず、使いやすいインターフェースが魅力です。現場で工数確認や勤怠確認などが可能になり作業効率も向上します。

悪い点

Excelから直接クラウドに接続するという発想で作られているサービスのため、他ツールでの管理イメージを持っている場合は注意が必要です。

費用対効果:

導入3カ月まで初期費用に月額利用料が含まれます。4ヶ月目以降の月額利用料は10人単位での契約となる点に注意が必要です。

UIと操作性:

モバイル機器からも簡単に入力できるインターフェースを備えており、操作に迷うことはありません。

知名度:

建設業に留まらず、広い業種にて活用されています。

導入ハードル:

クラウド型サービスなのでインストール作業は不要ですが、無料トライアル期間は設けられていません。

サポート体制(運営会社の):

エンジニアによる訪問ヒアリングは、2020年9月現在無料にて提供されています。設定作業込みの対応ですが、導入後のサポート対応はお問合せが必要です。

ShiftMAXの特徴3つ

1. 場所を選ばず日報を更新

従来の紙で記録する勤怠記録では、実際の入退室時刻から記録までにタイムラグが発生し、かつ給与計算のために別ソフトに転記するなどひと手間が必要でした。

「ShiftMAX」ではPCからの他、スマホなどのモバイル機器からも入退出記録が行えるため、現場でメンバーの出勤確認なども簡単に行えます。

さらにリアルタイムに打刻データが反映され、出面表や出勤簿も簡単に出力できるため、給与計算の工数も削減できます。

給与集計の自動化例

2. 柔軟な工数管理機能

「ShiftMAX」に入力できるのは勤怠情報だけではなく、従業員による現場での作業内容も入力可能です。

こうした情報からはプロジェクト全体の工数管理なども把握でき、現場毎の作業時間やコストを自動集計できます。

そのため管理者は工数管理や人員補充の把握など、様々なシーンで情報を活用できるようになります。

様々な用途での資料作成メージ

3. 作業工数を現場で直接確認

特に建築現場作業の多くは社外での作業となりますので、社内PCのみ対応する勤怠管理システムでは、現場から勤怠状況を確認できません。

「ShiftMax」ではノートPCの他にもiPadなどのタブレット端末からアクセス可能なので、工数の進行状況を現場で直接確認可能です。

また、部材の発注や人員の増員などをその場で判断することができるため、毎回会社に戻って増員手続きを行う必要が無くなる分、スピーディに作業を進められるようになります。

現場での工数確認イメージ

ShiftMAXの料金プラン

コンサルティング:0円

初期費用:200,000円~(初回3カ月間分含む)

4か月目以降:30,000円~ / 月

<打刻方法別の価格>

ICカード認証:専用打刻機込み 105,000円(税抜)

暗証番号認証:専用アプリ 25,000円(税抜)

指静脈認証:専用ソフト・専用端末込み 53,000円(税抜)

モバイル打刻:月額50円/1ユーザー

クリック認証(Webブラウザからの操作):0円

ShiftMAXの評判・口コミ

100を超える現場の一元化管理に成功、帳票作成業務も大幅効率UP!
日本環境クリアー株式会社

シフト作成は、従来バラバラだったエクセルから「ShiftMAX」に一元化することができました。紙ベースのものをデータ管理できるようになったこと、データとして残せるようになったことは大きな進歩です。また、お客様へ毎月勤務予定表を提出しなければならないのですが、「ShiftMAX」で帳票出力できるようになったので作業が効率的になりました。

携帯電話での打刻で営業スタッフの勤怠管理が効率化!
カシオマーケティングアドバンス株式会社

携帯電話によるリアルタイム打刻ができて、しかもGPSで打刻場所も特定可能、それがシステム上に反映できるという点がまず、大きな評価ポイントです。それに加え、Excel 上で入力できるというのが、オンリーワンの製品だと感じました。

*「ShiftMAX」 公式HP参照

まとめ

今回は、「ShiftMAX」の評判や口コミ・特徴・料金について紹介しました。

クラウド型の中でも特に社外での有効活用を考える企業におすすめです。

特に現場作業が多い建築業では、自社内のPCだけではなくスマホやタブレットなどモバイル対応されている点が有効です。

従業員の勤怠情報だけではなく作業工数もその場で入力できるため、集計されたデータは給与集計の他にも人員管理や資材補充など、幅広いシーンで活用できます。

勤怠記録から給与集計までの手間や時間を削減したいと考えている企業にも一度試して頂きたいサービスです。

画像出典元:「ShiftMAX」 公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【勤怠管理システム】【建設業向け勤怠管理システム】のツール

起業ログが厳選する勤怠管理
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
THE給与
jinjer勤怠
マネーフォワード クラウド勤怠
ジョブカン勤怠管理
MINAGINE就業管理システム
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ