ジンジャー勤怠

3.3

記事更新日: 2022/09/20

執筆: 大山直美

編集部コメント

多機能かつコスパ最強
ジンジャー勤怠の優れた点は、何といってもコスパの良さです。
月額1ユーザー400円だけで、打刻管理に加え、シフト・有給管理、ワークフロー、予実管理まで全て利用できる点が強みです。また、残業管理にも効果があると好評です。

一方、初期費用30万円がかかる点がマイナスポイントですが、ある程度継続して利用すれば、実は競合サービスより安く利用できるケースもあります。

利用継続率も99.4%と高評価。使ってみればみるほど、その良さが実感できるシステムなので、まずは無料トライアルを試してみることをオススメします。

勤怠管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

勤怠管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする10サービスの資料をダウンロードできます。

ジンジャー勤怠だけ知りたい方はこちら

ジンジャー勤怠の資料を請求
1. 豊富な機能

勤怠管理だけなく、シフト管理・工数管理・予算実績管理など豊富な機能を搭載

2. GPS機能、IPアドレス制限

GPS機能の搭載により不正打刻を防止、IPアドレスでの制限も可能

3. ワークフロー

残業申請・有給申請など各種申請承認に対応

良い点

打刻管理だけでなく、データ自動集計、シフト・有休管理、ワークフローなど基本機能は全て完備。そのうえで法改正対応や残業管理・モチベーション管理など働き方改革への対応も充実した高機能システムです。

悪い点

初期費用300,000円が発生します。打刻方法は4種類から選択できますが、生体認証確認はできないため、不正打刻防止のために生体認証を求める場合は不向きです。

費用対効果:

オプション費用を払うことなく全ての機能を利用できるので、予算をたてやすいでしょう。無料トライアルで使用感を確認できます。

UIと操作性:

使いやすさにこだわったシンプルでわかりやすいデザインです。目に優しいカラーリングです。

サポート体制:

メール・チャット・電話でのサポートを無料で受けられます。サポート満足度も91.6%と好評です。

知名度:

人事まわりで多数のシステムを提供するジンジャーのプロダクトです。ジンジャーシリーズは大企業から中小企業まで約15,000社の導入実績があります。

多言語対応:

英語、インドネシア語、タイ語、ベトナム語に対応。外国人労働者が多い会社でも使いやすいです。

ジンジャー勤怠とは?

ジンジャー勤怠は、人事データを一元管理するジンジャーシリーズの中でも、特に人気のサービスの一つです。

経費管理・給与計算などのプロダクトと連携させて使う企業も多く、勤怠集計や承認業務の手間にお悩みの企業にぴったりなクラウド勤怠管理システムです。

ジンジャー勤怠の魅力を3つにまとめると、

  1. 法改正に自動で対応!
  2. 人事部の業務不可改善現場の打刻漏れも解決!
  3. 月末月初に発生しやすい抜け漏れへの対応工数&ストレスをすっきり解消!

といったことがあげられます。

以下のような不満、悩みをお持ちの方はいませんか。

 

従業員:「打刻や有給申請の手続きが面倒…もっと簡単にしてほしい、使いやすいシステムを利用したい。」

 

人事:「月末月初に集中する勤怠管理業務の抜け漏れ、ミスをなくしたい!」

 

経営層:「働き方改革関連法やペーパーレス化を進めたい。」

経営者・人事担当者からも高い評価を獲得している「ジンジャー勤怠」を導入すれば、これらの悩みをまるっと解決できることでしょう。

経営者・人事担当者からも高い評価を得ています

資料請求リストに追加する 

ジンジャー勤怠の特徴6つ

1. 誰でも使える・柔軟な打刻方法

従業員の働き方が多様化している昨今、それぞれの働き方に応じた打刻方法を用意する必要があります。

働き方に応じた打刻方法を用意することで、管理者の管理工数が削減されるだけでなく、従業員の働きやすさ、不正防止、働き方の改善なども期待でき、生産性向上にも寄与することでしょう。

ジンジャー勤怠では、従業員の多様な働き方に合わせて、PC、スマートフォン、タブレット、ICカードなど、さまざまな打刻デバイスを提供しています。

例えば、モバイル打刻では、打刻時にカメラを起動させたり、GPS機能で一定範囲内での打刻のみ可能に設定したりと、不正打刻を防止するための工夫が満載です。

パソコンの打刻画面・スマフォでは不正打刻防止にカメラ起動も可能

 パソコンの打刻画面・スマホ打刻では不正打刻防止にカメラの起動も可能

2. どんな業界にもどんな働き方にもフィット

働き方改革への対応など複雑化する従業員の働き方をシンプルに一元管理、従来の管理工数をぐっと削減できます。

以下の勤務形態にも対応しています。

  • シフト制/時差出勤
  • テレワーク(フル/ハイブリッド)
  • フレックスタイム制(コアタイムあり/なし)
  • みなし労働
  • 夜勤
 
様々な勤務形態・幅広い企業規模で導入されています

 

3. 月末月初のミス、もれがなくなる

月末月初に必ず実施される労働時間の集計では、タイムカードや日報の回収、エクセルへの入力と、勤怠を集計するために、多くの工数がかかります。

さらに、人の手による集計はミスが発生しやすいため、確認作業も必要となります。

ジンジャー勤怠では、残業・休暇も含めて勤務データが自動で集計され、勤務実績や勤務状況をリアルタイムで確認できます。

休憩時間を設定した場合、勤務時間から自動控除されるなど、フレックスや変形労働時間制、裁量労働時間制などの多様な勤務形態にも対応しています。

さらに、ジンジャー勤怠では、管理画面もマルチデバイス対応のため、管理者もタブレットやスマホから確認作業ができ、非常に便利です。

労働時間はリアルタイムで管理・集計項目は100項目以上!

4. 初期導入から運用定着まで支える専任担当者のサポートあり

導入初期は、組織規模や体制に合わせて選べるサポートプランが用意されています。

専任のカスタマーサクセスサポーターをアサインし、電話やオンラインでの打ち合わせを通して、初期導入の設定から運用までサポート。

システムやPC操作に不慣れな担当者でも、安心して導入できます。

運用スケジュールや初期設定のサポートにとどまらず、業務効率化を実現するための最適な活用方法の提案など、ジンジャーを最大限活用できるようなサポートも可能です。

5. 残業管理で働きやすい職場づくりに貢献

ジンジャー勤怠では、勤怠の予実管理の機能に加え、残業時間の管理機能も充実しています

個人別の勤務傾向から月末までの残業時間を予測することができ、残業アラートを飛ばすことで、従業員のコンディション悪化を未然に防ぐことができます。

実際にジンジャー勤怠を実際に利用した方の口コミからも、残業管理機能の効果を高く評価する声が良く聞かれました。

 

残業が多い職種ですので、ジンジャー勤怠を使用する前までは、残業時間の意識なく、働いていました。使用することになってからは、現状の月ごとの残業時間が一発でわかるようになりました。(印刷・広告業)

 

前のシステムがかなり簡易的なもので残業管理ができなかったのですが、ジンジャー勤怠では残業の管理もできるため、ジンジャー勤怠を選びました。(広告業、イベント 企画制作運営)

※起業LOG独自インタビューより抜粋

紙やエクセルの管理に比べ、リアルタイムに従業員の勤怠傾向を把握することができるためスピーディな対策が可能となります。

働きやすい環境づくりに課題を抱えている店舗・企業にぜひ一度お試しいただきたいシステムです。

6. 人事業務を一つのプラットフォームに集約可

ジンジャー勤怠を提供するjinjer株式会社は、国内で初めて人事領域データを横断的にマネジメントできる「ジンジャープラットフォーム」を提供した、人事領域のプロフェッショナルです。

そのため、勤怠管理以外にも人事管理・給与計算・経費精算・労務管理・雇用契約など人材にまつわるあらゆるサービスを組み合わせて導入し、管理業務を大幅に効率化することができます。

人事領域の課題の総合解決をご希望の方は、複数導入もぜひご検討ください。


社内の人事に関わる情報をジンジャーに集約できます

資料請求リストに追加する

 

ジンジャー勤怠のデメリット2つ

1. 初期費用がかかる

ジンジャー勤怠は月額料金は400円と業界最安値水準なのですが、初期費用が300,000円かかる点が気になる方もいるかと思います。

一見、金額だけ見ると他社サービスよりもコスト高のように感じるかもしれませんが、勤怠管理は基本的に「継続利用」が大前提のシステムです。

数百円の月額料金の差は、実はすぐに解消されてしまいます!

  • マネーフォワード クラウド勤怠と比較
    月額約540円なので差額140円
    ・・・100人規模で1年10ヶ月、150人規模の企業では約1年5ヶ月以上使えばジンジャー勤怠のほうが安い。


100人以上の企業ではすぐにコスパが逆転してしまいますし、それより小規模な企業でも長い目で見ればジンジャー勤怠のほうが安くなることもあります。

継続利用ができそうなシステムかどうか、まずは無料キャンペーンで試したうえで、本当にお得に導入できるシステムを選びましょう。

2. 生体認証機能がない

ジンジャー勤怠では、生体認証打刻には対応していません

本人確認の手段として生体認証機能を求める企業もあるかと思いますが、金融など厳密なセキュリティ確認が必要な業界を除き、本当に必要な機能かどうかはよく検討する必要があります。

まず前提として、各社とも生体認証の機器は月額料金とは別途に購入する必要があるため、数万円の機器を拠点数分用意しなければなりません。

さらに、顔認証の機器であればよいですが、多くの生体認証は指紋や指静脈をタッチして読み取るため、コロナ時代の認証としてはあまり推奨されません。

自社のセキュリティ要件などを確認のうえ、過剰投資にならないような打刻方法を選びましょう。

ジンジャー勤怠の料金プラン

勤怠管理の全機能を月400円/1ユーザーから始められ、非常にコスパが良いと言えます。

労務管理や人事管理などの他サービスも併用したい時は、利用したいサービスの金額に応じて月額が追加されます。

初期費用は300,000円~。電話・チャット・メールでの基本的なサポートは無料ですが、オプションのサポートも用意されています。

無料トライアルも提供しており、豊富な全機能を試せます。

詳細につきましては、資料をご確認ください。

資料請求リストに追加する

 

ジンジャー勤怠の評判・口コミ

メーカー

51〜100人

時間短縮と効率化の面でおすすめ

導入に至った決め手

社員が楽に打刻できる勤怠管理システムに従って、2021年12月に導入。

打刻漏れを防ぐためのツールとしても導入した。

使いやすいと感じた点を教えてください。

・これまで特定のカードをかざす式の打刻システムであったが、jinjer勤怠は自分が持っているICカードを利用して打刻ができる。

交通系ICカードが使用できるので、公共交通機関で通勤する以上、カードを忘れることがないのが良い

・打刻だけではなく有休などの休日休暇申請もできるので、このjinjer勤怠管理のシステム1つで一元管理できるのがメリット。

・システムの仕様もとても簡単で、初心者でも簡単に使える。

不便だと感じた点を教えてください。

・たまに、カードをかざして音が鳴っていても、なぜか打刻できていない場合がある。このバグがなければ自分のICカードで打刻できるという点はメリットだが、このバグが続くとなかなかデメリットも多いと感じる。

・スラッシュ型に比べれば楽であるが、万が一忘れてしまった時のための静脈認証などの方が、より正確で打刻漏れを防ぐことができるかと思う。

過去のツールでは、有休申請だけてなく他のシステムとの連携もできたが、このjinjer勤怠では既存システムとの連携が難しい

他の会社にもおすすめしますか?

従業員が100人以上の会社などは、帰り際や出勤時にサクッとかざすだけで打刻ができるので、時間短縮と効率化という面ではとてもおすすめできる。

小売業

31〜50人

間違ってボタンを押した時の修正が面倒

利用にかけた費用

月額400円で利用しています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマホ、タブレットから専用アプリで出勤、退勤がボタン1つで操作できて手間がかからない点は良いです。専用アプリからボタン押下のみの操作なので、直行直帰や出勤途中・早上がりの場合でも、出退勤時間が調整できます。

また、CSVデータ出力なので何にでも取り込みが可能です。クラウドの給与システムへの取り込みのほか、EXCELでパート社員の勤怠管理にも使えるので、汎用性はあると感じました。

不便だと感じた点を教えてください。

専用アプリで出勤・退勤のボタンを間違って押した場合、データ修正が面倒です。出勤・退勤操作時、本人確認ののために自分の顔をカメラ撮影しないといけないのですが、うまくフレーム内に収まらなかったり表情を作ったりするのがストレスになります。提出写真の写りが悪く管理者によく注意を受けるので、少し手間だと思いました。

広告業

31〜50人

営業職

残業の意識改革になる

使いやすいと感じた点を教えてください。

残業が多い職種ですので、jinjer勤怠を使用するまでは、残業時間の意識なく働いていました。導入してからは、月ごとの残業時間が一発でわかり、休日出勤や有給の申請も容易にできています。

タイムカード機能もありますので、このシステム1本で勤怠に関しての把握が楽になりました。

不便だと感じた点を教えてください。

タイムカードのボタンが一部押しにくいところがあって、使いづらいです。「出勤」「退勤」「直行」「直帰」ボタンは大きくて押しやすいのですが、その下の「休憩開始」と「外出」ボタンが小さいです。休憩開始を押そうとすると、誤って直帰ボタンを押してしまったり、といったことが何度かありました。

他の会社にもおすすめしますか?

トータルとしてはタイムカードと連動しているため、スマホで使いやすいですし、他の会社にもぜひ、お勧めしたいです。残業時間を把握できれば、働き方改革の中で総労働時間を意識しながら働けます。残業時間に対する意識改革にもつながるかと思います。

広告業

31〜50人

ダイアモンドポータルから乗り換え

サービス導入前の管理方法をおしえてください。

jinjerの会社に付き合いがあったのが大きな理由です。加えて会社が、残業代を正確に払うべきという流れになっていた面もあります。

以前はダイアモンドポータルというツールを利用していたのですが、残業管理ができませんでした。ダイアモンドポータルはかなり簡易的で昔ながらのシステムで、ウェブページで勤怠打刻していなくても月末にまとめて入力できてしまっのです。これでは正確に残業時間が把握できないということで、残業管理ができるjinjerに乗り換えました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

アプリ化されているので、外出中にも使いやすいです。上長もGPSで管理できるので、どこで勤務を開始したのかが分かります。UIも使いやすく、簡単に出退勤の申請ができました。

不便だと感じた点を教えてください。

業務日程が規則的だと使いやすいのですが、弊社がイベントを運営しているため、土日などの勤怠管理が複雑で変更が面倒です。マネージャーと従業員の勤務も異なるため、一つずつ設定する必要がありました。代休や土日出勤を一気にできるようになれば、使いやすくなると思います。

その他

51〜100人

1人に1台パソコンがある場合はおすすめ

勤務形態・雇用形態

正社員 基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

主にタイムカードとしての利用でした。

導入前は、紙のタイムカードに打刻するというアナログなシステムでした。かなりゆるい会社だったので、定時の9:30頃ギリギリに到着する人が多く、朝はタイムカードの打刻待ちの行列ができていました。導入後は各自のデスクで打刻するようになったので、行列を作る時間がなくなりました。

不便だと感じた点を教えてください。

例えば、遅刻したり、午前だけ休みを取ったりして定時から打刻がズレた場合、有給申請などをしてエラーを消したのですが、その処理が面倒だった記憶があります。確か、一覧からはエラーが表示されず目視で定時とズレているところを探して、クリックして入るとエラー表示が出る、といったわかりにくい形だったと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

各々のIDとパスワードでログインして打刻するので、1人に1台パソコンがある会社ならタイムカード打刻が効率的になると思います。逆に現場系のパソコンやスマホなどが1台だけのところは向かないかも知れません。

サービス

51〜100人

外回りがある営業職におすすめ

勤務形態・雇用形態

シフト制、アルバイト

使いやすいと感じた点を教えてください。

店舗にあるタブレットからも、自身のスマホからも、どちらからでも勤怠が押せることです。退勤を忘れてても、自宅から勤怠の修正を管理者に送ればシフト時間の誤りを防げて便利でした。

不便だと感じた点を教えてください。

外出が多い仕事でも使いやすいので、今のところ特に気になっていません。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。外回りがある営業などのお仕事の方は、外回り先で勤怠を管理できるので使いやすいと思いました。

外食

51〜100人

出勤退勤の時間が決まっていない会社には不向き

勤務形態・雇用形態

シフト制、アルバイト

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマホからでも打刻が手軽にできるので、便利だと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

シフトを申請した場合やシフトカットがあった場合も通知が来ることです。頻繁に通知が来るので、気が散ってしまい少し迷惑でした。シフトを申請する際も、1日1日の時間を打って申請していたので手間でした。一括申請ができたら良いと思います。

外部連携はしやすいと感じましたか?

連携はしにくいと感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

勤怠管理を自身のスマホでできるという点では、おすすめしたいです。出勤退勤の時間が決まっていない会社にはおすすめできません。

商社

1001人以上

スマホから退勤打刻ができる

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

PCからの打刻を忘れて退勤してしまうことが月に何回かあります。ですがPCをシャットダウンしてしまった場合も、スマートフォンアプリから退勤の打刻ができるので、非常に助かっています。

不便だと感じた点を教えてください。

ログイン状態のセッション時間がとても短いです。打刻しようとしても、他の業務が舞い込んでくるとすぐにセッション切れて、再度ログインしなければならないのが非常に面倒です。24時間ほどログインが継続すると、もっと使いやすいと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

タイムカードやExcel等で勤怠を管理している会社には、とてもおすすめです。勤怠管理にかかる手間が飛躍的に減るので、効率が上がって勤怠管理にストレスがなくなると思います。

医療

51〜100人

UIが非常に分かりやすい

使いやすいと感じた点を教えてください。

初めて利用した勤怠管理サービスでした。営業だったため、客先に直行する際にスマホアプリから勤怠をチェックできて使いやすかったです。UIも非常に分かりやすいと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

恐らく自社だけだと思うのですが、各種申請と併せて会社指定のフォーマットで記入した申請書がセットでないと受理されませんでした。この手間は、勤怠システムの利点を潰してしまっていて不満がありました。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。ただし、管理者にITリテラシーがあることが最低条件になると思います。

医療

51〜100人

頻繁に動作が重くなる

勤務形態・雇用形態

平日定時の基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマホで簡単に勤怠管理ができて、有給の残日数なども確認できるので、非常に便利です。

不便だと感じた点を教えてください。

頻繁に動作が重くなることに関しては不便だと思いました。会社の同僚の多くが、この動作の重さに不便を感じていたと聞いています。

他の会社にもおすすめしますか?

新しいシステムに対応できる柔軟性がある会社であれば、試す価値はあると思います。

IT

2〜10人

UI/UX共に優れていて導入時にも困らない

利用にかけた費用

導入時の初期費用+月額システム利用費用のみ(サポートプランなし)

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制、残業なし

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマホ・PCで打刻をしていました。他の勤怠システム(勤次郎)に比べUI/UX共に優れていて、利用者に優しい仕組みだったので社内定着化へのハードルは低かったです。

不便だと感じた点を教えてください。

特に不便性を感じたことはありません。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。UI/UX共に優れていて導入時にも困らないので、管理を効率的にするためにも利用価値は大きいと思います。

IT

2〜10人

ITリテラシーの低い中堅中小企業層におすすめ

使いやすいと感じた点を教えてください。

PCを使い慣れていない上司などでも簡単に使えていたので、良かったと思います。

過去に使っていた他システム(勤革時)では、出退勤実績の画面が見づらく、ヘルプサイトを頻繁に見ていた記憶があります。サポートセンターへのサポートも保留が多く、問題解決に時間がかかっていました。その点jingerはサポート体制は充実しているため、満足度が高かったです。

不便だと感じた点を教えてください。

特にありません。管理者画面についても導入後に困った経験はありませんでした。

外部連携はしやすいと感じましたか?

外部ツールとの連携は給与ソフトのみです。特にしやすくもしにくくもなかったです。

jinjerからCSVでエクスポート後、給与ソフトに取り込むだけなので、他ツールと違いはないと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

ITリテラシーの低い中堅中小企業層には、おすすめできるシステムです。日々業務がある中で利用者からの質問やサポート依頼は、必ず一度社内管理者に入ってくるため、管理者の負荷軽減の効果は高いと思われます。

保育士

51〜100人

PC・タブレットどちらからでも全ての操作ができる

勤務形態・雇用形態

正社員、シフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

タップで勤怠の記録をつけられるのは便利でした。打刻修正の方法も分かりやすく、PC・タブレットどちらからでも操作できるのはありがたかったです。

不便だと感じた点を教えてください。

顔写真を撮らなければならないのが、時間ギリギリに出勤したときに特に負担でした。(そもそも、自分の顔を自撮りすること自体に抵抗があった)

職場では顔写真を義務化していなかったため、殆どの職員が個人ロッカーや床にカメラを向けて撮っていて、この機能の必要性を全く感じませんでした。

他の会社にもおすすめしますか?

出勤・退勤の打刻や、勤務時間やシフトの修正・申請が、端末ひとつで行える利便性から、おすすめします。PC・タブレットどちらからでも全ての操作ができるので、多くの会社で使いやすいと考えます。

不動産

251〜500人

もともと手書きで出勤簿を書いているような会社におすすめ

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

もともと出勤打刻が手書きだったので、それがボタン一つで管理可能になったのが良かったです。

不便だと感じた点を教えてください。

残業申請や休日出勤などで変更があれば、わざわざ修正をしないといけないことです。残業が自動的に計算・調整してもらえるようなサービスが欲しいです。

勤務時間を調整をできる自由度が高いと、もっと使いやすいです。(振り替え休日の時間を自由に設定できる等)

他の会社にもおすすめしますか?

私の会社のように、もともと手書きで出勤簿を書いているような会社は使ってほしいです。

メーカー

51〜100人

サービス残業の時間はあまり変わらない

使いやすいと感じた点を教えてください。

働き方改革の波もあって、労働時間の管理をしっかりしなければならないということで導入しました。サービス残業が多かったのですが、導入をきっかけに多少は残業手当がつくようになりました。

不便だと感じた点を教えてください。

このアプリを入れても、時間になったら強制的に打刻しないといけません。結局、本当の労働実態とは違う打刻をしているので、サービス残業の時間はあまり変わりません。

他の会社にもおすすめしますか?

使う会社にもよるのでしょうが、あまりおすすめできません。管理する側は、一括管理できて楽になるのかもしれませんが、働く側にとっては、労働時間などで労働改善されたメリットが少ないからです。

通信

1人

機能は良いのですがアプリが重くなりやすい

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

勤怠に加えて、住所変更などの申請も行えた点が便利でした。ペーパーレス対応ができているため、外出先でも申請できました。システム統一されているので、ユーザー視点で便利だと感じました。

不便だと感じた点を教えてください。

勤怠の締日近くになるとアクセスが集中して、アプリが重たくなることが多々ありました。ネットワークの影響もありますが、同サーバーの他システムは正常なことが多いので、アプリが重たい印象でした。

他の会社にもおすすめしますか?

機能は良いのですがアプリが重くなりやすいので、1,000名未満の企業に対してのみおすすめします。

メーカー

1001人以上

使いやすいデバイスから勤怠報告ができる

利用にかけた費用

1人、600円

勤務形態・雇用形態

フレックスタイム制

使いやすいと感じた点を教えてください。

自分の働き方に合わせて、PCやスマホなど打刻方法が選べるので、使いやすいデバイスから勤怠報告ができるところが便利でした。

不便だと感じた点を教えてください。

AIによるエンゲージメントアラートという機能がありますが、こちらは少し信憑性に欠けるところがあったので上手く活用しきれませんでした。仕事へのモチベーションなどをこういったシステムで判断されてしまうということに反感を感じている社員も少なくありません。

外部連携はしやすいと感じましたか?

COMPANYと連携しております。データはCSV形式で出力できるので、外部と連携しやすかったです。

他の会社にもおすすめしますか?

マルチデバイスに対応しており、管理者についてもマルチに対応しているのでおすすめします。管理者が日常的にPCの前にいられない会社でも、このツールであればスムーズな勤怠管理ができます。

デザイン

2〜10人

規模の小さい会社やテスト的に導入したい会社にはおすすめ

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

パソコンとスマホのアプリの連動ができて、出先やテレワーク中でも効率的に活用できました。自分は営業なので、直行直帰の場合などのタイムカード打刻は便利だった。

不便だと感じた点を教えてください。

前の会社で使っていたグループウェアは、勤怠管理以外にもスケジュール共有や各種申請なども行えました。今の会社は勤怠管理のみの運用なので、他のサービスも1つにまとまっていれば、もっと使いやすいだろうと感じます。

他の会社にもおすすめしますか?

手軽に導入ができる勤怠管理システムだと思うので、規模の小さい会社やテスト的に導入したい会社には良いと思います。

小売

51〜100人

勤怠管理に何かしらの困り事をかかえている会社におすすめ

勤務形態・雇用形態

正社員 基本勤務態勢

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマホ対応もしていてPCがなくても手元で操作しやすいので、打刻忘れを防げます。管理画面には有給残日数なども表示されるので、取得忘れなどの予防にもなって便利だと感じました。

不便だと感じた点を教えてください。

システムや使い勝手の面でとても不便と感じたことはございません。強いて言えば、定時での打刻忘れが多い人や有給休暇が消えそうな人には、表示の色が変わるなどでより気付きやすくなる機能があると、さらに管理しやすくなると思います。

他の会社にもおすすめしますか?

出勤と退勤の仕方が定まっていなかったり打刻忘れの社員が多いなど、「勤務管理」に何かしらの困り事をかかえている会社は使ってみる価値があると思います。スムーズな管理を簡単できて、打刻する側にも手間がかからないので便利だと思います。

サービス

51〜100人

社員数が多いほど便利に感じる

勤務形態・雇用形態

正社員で基本勤務態勢です。

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマホアプリもあるので、PCを閉じてしまった状態でも簡単に打刻ができました。その手軽さ故に打刻漏れを防げて、正しい勤務管理をできたのが良かったと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

誤作動で打刻してしまったときに、所属長経由でないと修正ができないところが不便だと感じました。打刻前に確認ボタンなどを表示してくれる機能があれば、ちょっとした誤打刻を防げて、修正の手間も省けると思いました。

他の会社にもおすすめしますか?

社員の勤務状況を細かく手軽に管理したい会社にはおすすめです。画面で一括管理できるので、社員数が多いほど便利に感じると思います。

サービス

31〜50人

正確な勤怠管理ができるようになる

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマホに対応しているのがとても便利だと思いました。PCを閉じてしまったあとでもスマホをスライドするだけで打刻ができます。それまではタイムカードで管理していたのですが、こちらの方が手軽なので打刻漏れを防げます。

不便だと感じた点を教えてください。

  • 打刻の修正が必要
  • 有給が消えそう
  • 打刻忘れが多い

などの人には、リマインド機能があるともっと良いと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

  • 打刻漏れや打刻時間のずれがあって困る
  • 有給を正確に把握したい

といった会社に使ってほしいです。正確な勤怠管理ができるようになると思います。

マーケティング

31〜50人

有給の残日数等細かいところまでしっかり管理できる

使いやすいと感じた点を教えてください。

  • スマホ対応もしているので打刻漏れをなくせる。
  • PCをシャットダウンしたあとでも打刻しやすい。
  • 有給の残日数等細かいところまでしっかり管理できる。

不便だと感じた点を教えてください。

導入の目的は達成できたと思えるほど、基本的には便利です。強いて言えば、打刻漏れや有給が消滅しそうな人などには、表示の色を変えるなどして通知される仕組みがあると、もっと便利だと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

  • 打刻漏れが多い
  • もっと正確な時間を管理したい
  • 勤怠管理の手間を省きたい
  • 有給制度を有効に使いたい

といった要望や課題を持つ会社は、導入する意味が大きいと思います。

事務職

251〜500人

写真を取らないといけない

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

もともと使用していた勤怠が、機械にタイムカードを入れて印字するタイプだったので、Web勤怠になったことは本当に良かったです。慣れるまでは打刻漏れ等が多かったのですが、修正申請もすぐにできるのでストレスにはなりませんでした。スケジュールを取り込む際はCSVファイルを使用しておりますが、テンプレもそこまで難しいものではないのですぐ作成できました。

不便だと感じた点を教えてください。

スマートフォンのアプリで勤怠をつける際、写真を取らないといけないことです。外出先で勤怠をつけたいけど撮影の音が鳴ってしまいます。外出先で申告する場所を選ばなければならないのは結構面倒でした。

会社からは「基本はアプリで勤怠をつけてください」と言われておりますが、抵抗があるので最近はパソコンで勤怠をつけています。

他の会社にもおすすめしますか?

これまで別企業で使用していたWeb勤怠(ブラウザで管理するタイプ)のほうが便利ということもあったので、あまりすすめないと思います。

マスコミ

2〜10人

出勤時カメラのシャッター音が響く

勤務形態・雇用形態

9時から18時までのフルタイム、正社員

使いやすいと感じた点を教えてください。

  • 有給の申請が比較的にスムーズにできる。
  • 有給以外の各種申請もわかりやすくなっている。
  • しっかり勤怠入力をしておけば働いた時間が一目で把握できる。

不便だと感じた点を教えてください。

写真で勤怠の確認を取るのですが、エラーで勤怠が押せなかったことが何度かありました。アプリのエラーだったのか半日以上使えない日があったときは困りました。また、ログインに必要なID・パスなどを保存していても、定期的に消えてしまいます。手で打ち込まなければならないときがあり、そこには不便を感じました。

また、出勤時カメラのシャッター音が響くので、静かな会社だとうるさいと思います。直行の方は外で勤怠を押すことになるので、周りを気にしなければならない点もあまり良いとは思いません。

他の会社にもおすすめしますか?

上記の理由により、あまりおすすめできません。

マスコミ

251〜500人

スマートフォンでの使用を想定している会社にはおすすめしない

勤務形態・雇用形態

フルタイム正社員

使いやすいと感じた点を教えてください。

会社出勤時とテレワーク時の出勤報告を切り替えられたのが便利でした。通常出勤時は「出勤・退勤」、テレワーク時は「直行・直帰」で打刻ボタンを使い分けていました。

不便だと感じた点を教えてください。

スマートフォンアプリから、自分の今月の勤怠状況など一定期間の状況を確認できないことが不便でした。勤怠状況を月毎に確認するには、都度PCサイトにアクセスしなければならないので、すぐに確認したいときなどは特に面倒でした。

また、私の所属会社が「テレワークをした際は、打刻時のコメント欄に『終日テレワーク』と記入するように」とのローカルルールを設けていたのですが、その記入後の確認も面倒でした。コメントが正しく入力されているかどうかもPCでないと確認できないので、細かいところで面倒さを感じてストレスになっていました。

他の会社にもおすすめしますか?

スマートフォンベースでの使用を想定している会社さんには、あまりおすすめできません。

打刻、勤怠の管理がすべてPC上で解決できるような職種の方が多い会社さんにはおすすめです。

不動産

101〜250人

打刻の方法が簡単で、楽になりました

使いやすいと感じた点を教えてください。

出勤と退勤をボタンひとつで済ませられるので、打刻の方法が簡単で、楽になりました。もともと紙に毎月出勤退勤時間を手書きで書いてたので、とても効率良くなりました

不便だと感じた点を教えてください。

残業をするときや休日出勤をする時、代休を取るときなどに、いちいち申告しないといけないのが凄く大変です。基本勤務体制なので、少しでも時間が過ぎてしまうと毎回打刻修正など申告をしなければなりません。いつも申告するのは少し面倒です。間違えた打刻を押してしまうこともあるのですが、その場合でも給与に反映されます。修正の手間も考えると良いことはないので、そこは気をつけないといけません。

他の会社にもおすすめしますか?

私達のようなもともとアナログの勤怠管理の会社にはおすすめします。毎月毎日分の出勤退勤を書く時間を効率化できます。働き過ぎかどうかも把握できるので、健全な労働時間を徹底管理したい会社にも向いています。

企画職

101〜250人

携帯1つでどこでも出勤報告ができる

勤務形態・雇用形態

1日7.75時間労働(リモートワーク)

使いやすいと感じた点を教えてください。

コロナの影響でリモートワーク推奨となり、社員の勤怠管理を柔軟にするために導入した。携帯1つでどこでも出勤報告ができるのがありがたい。打ち合わせ、現場など直行直帰の場合も正確に勤務時間を把握することができるようになり、わかりやすくなった。

自動的に上司へ連絡が行くので、管理側としても便利だと聞いた。

不便だと感じた点を教えてください。

PCでは登録しやすいのだが、アプリが簡素化されているためアプリでの登録は分かりにくい。登録や申請が不便たど感じた。

また、逐一上司の承認を得ないと残業や休日出勤が反映されないため、最終的に月末に出勤時間・休日出勤・残業の申請を整理しなければいけないのが非常に面倒で困った。

他の会社にもおすすめしますか?

とてもおすすめする。リモートワークや、シフト性など、コロナの影響もあり、働き方が多様になっているので、便利だと思う。打ち合わせや営業などで外出が多い業務に有効だと感じた。

サービス

51〜100人

シフト制の販売業などにおすすめ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

無料 

使ったときの会社の勤務形態・雇用形態 

アルバイトとしての勤務だったのでシフト管理をこのアプリでしていました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

出勤退勤の打刻やシフト管理の表などが別のバイト先で使用したジョブカンというアプリより使いやすいかったです。色合いも黄色と黒なので見やすく、わかりやすいと思いました。
 

不便だと感じた点を教えてください。 

シフトをこのアプリを通して提出していたのですが、入力しづらいと思いました。他の日と同じ勤務体系であればコピーアンドペーストできればより使いやすいと感じました。また、打刻エラーがあり、アナログにも管理することになったので、二度手間になってしまいました。 

他の会社にもおすすめしますか? 

シフト制の販売業の方などは、このアプリで管理すると良いのではと思いました。責任者の方はこのアプリを通して社員全員のシフト管理ができるからです。

 

サービス

501〜1000人

長期的に見ればコスパが良い

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

30万円の初期費用、月額一人あたり400円のプラン 

 このツールを使ったときの会社の勤務形態・雇用形態 

シフト制 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

誤作動もなく、出張時でもアプリで管理ができるので、一人ひとりに合わせた内容で管理できます。ランニングコストも安く抑えられるので、初期費用はかかっても反対意見はありませんでした。 

不便だと感じた点を教えてください。 

有休処理の際に半日休までしか対応できません。一時間ごとの管理ができたほうが柔軟に対応できるので、残念です。また、出社のタイミングがシビアです。9時出社の場合、8時45分より前に打刻すると15分の残業になります。今は、全社員に15分よりも前に出社しても打刻しないようにお願いしており、不満がでています。 

他の会社にもおすすめしますか? 

おすすめします。最初の設定に時間をとられますが、長期的な目で見ればコスパも良く不具合も少ないです。

IT

31〜50人

利便性は良いがシステムが重い

このツールを使ったときの会社の勤務形態・雇用形態 

基本勤務体制、正社員 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

打刻がリアルタイムでわかり、文字も大きめに表示されるので使いやすかった。それまではエクセルでの管理だったので、利便性においてはかなり良くなった。 

不便だと感じた点を教えてください。 

リアルタイムで時刻が大きく表示される点は良かったが、システムが重くなって読み込めなくなることがよくある。ログインしてもわりとすぐに自動ログアウトされ、何度もログインし直したりすることが多いので面倒。 

他の会社にもおすすめしますか? 

積極的にはすすめない。利便性においては優れているが、システムが重くなったり、タイムアウトが早いといった点がなければ、強くすすめたい。

金融

101〜250人

営業

実態のまま嘘なく申告できて安心

利用期間

2020年7月~2022年2月現在も利用中

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・本サービスを導入したことで正確な時刻を申告できるので、出退勤の実態との乖離が少なくなった
・外出先でも勤怠が可能なため、外出することの多い営業職ということもあり便利な部分が多い。
・導入前はアナログ管理(エクセル)で月末まとめて申告していたので、実態と異なる勤務報告も可能だった

 

 

不便だと感じた点を教えてください。

出勤時のエラーで出勤が漏れていることが数回あった。
・「出勤」のボタンを押して一定の間は、ページを開いたままででないとシステム反映がされない。このため、エラーが発生することがよくあった。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

外部ツールとの連携はしていないが、iPhoneでも使えてはいるため、一定程度は問題なし。

 

他の会社にもおすすめしますか?

アナログで出退勤を管理している会社があれば、管理含めて便利と感じてメリットはあるのでおすすめ。出退勤だけでなく、出勤の修正も簡単なので、慣れていない方もスムーズには使えると思う。

サービス

251〜500人

アプリの使い勝手はいまいち

利用期間

2021年9月〜2022年2月現在も使用中

 

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・勤怠スケジュールを申請する際に、勤務時間が同じであれば、日程を選択し、一括で設定して申請できる点が良かった。
・一月の勤務実績時間や、残業時間がある日程が月ごとに一覧で見れるため、残業申請やスケジュール調整がしやすかった

 

不便だと感じた点を教えてください。

・iPhoneのアプリから閲覧する際に、開く度にログイン画面が表示される。ログイン状態が保持されなかった所に不便さを感じた。
iPhoneのアプリからは、月ごとの総勤務時間がスケジュールから確認できないため、別ページを開いてから確認してから申請することも不便に感じた。

サービス

251〜500人

無理なくシフトを組むツールに使える

利用期間

2019年8月〜2021年12月まで

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・基本的に見やすい構成になっている。
・今まで紙でおこなっていたシフト管理が、スマホで登録ができるようになり、わざわざ職場に行って書きに行く必要がなくなった。
・登録された情報が共有され、他の人のシフト希望状況がわかる。
無理なくシフトを集めをしやすくなった

 

 

不便だと感じた点を教えてください。

・学生など、普段からスマホを使ってるユーザーは使用感は良かったように思いますが、パートさんのように普段スマホ慣れしていない方は、紙でシフト集めしてる方がいいという方もいた。
・私自身も、確定したシフトは紙の方が見やすいと思った。
・情報を集めるのはスマホで、作成後は紙で提示できる方がいいと思った

IT

251〜500人

フレックスタイム制だと、一日あたりの目安残業時間がわからない

利用期間

2019年から2022年2月現在

会社の勤務形態

フレックスタイム制

使いやすいと感じた点を教えてください。

・カード勤怠からクラウドのweb勤怠になったのでカード忘れても大丈夫になりました。

・勤怠の実績がすぐにわかるので便利です。

申請などが1サイトで管理できるようになりました。

・事務手続きの負荷が減りました。生産性が少し上がったと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

フレックスタイム制なので、一日あたりの目安残業時間が出ないため、45時間超過しているのか分かりづらいです。

・代理申請の機能も不可となっているで締め作業時に支障があります。

他の会社にもおすすめしますか?

自社で利用しているだけで有効活用しきれていないのであまりおすすめしません。もっと本来あるべき機能を利用できるようにしていただき、使用感が味わえていれば意見も変わると思います。

マスコミ

101〜250人

裁量労働制の勤務形態では不自由に感じる

利用にかけた費用

1従業員 月額300円

利用期間

2019年7月~2022年2月現在も利用中

会社の勤務形態

基本勤務体制、裁量労働制が混在

使いやすいと感じた点を教えてください。

・jinjerは各自のiPhoneで打刻できるので、以前より良くなった。

・導入前は社内で組んだ勤怠システムにパソコンで勤怠を打刻していた。そのためパソコンの立ち上がり時間が遅いと打刻忘れに繋がりやすかった。

不便だと感じた点を教えてください。

・勤怠入力時に顔写真を撮る機能がついていたがあまりに不評だったので外してもらった。

・緊急事態宣言があった時、打刻に在宅勤務という項目がなくてjinjer担当者とやりとりを繰り替えしやっと新たに作ってもらった。

部下がどれぐらい労働しているかも締め日の後でないと確認できない。

・休日出勤は事前申告が必要。その後の振替にしても、先に申告が必要とあまりにも型にはまったことしかできなく、応用がきかない。

・とにかく融通が利かない。忙しい裁量労働の仕事には不向き。

他の会社にもおすすめしますか?

臨機応変がきかないのでまったくおすすめできない。打刻率を重要視しすぎていて打刻忘れなどにとても厳しい。裁量労働制なのに規定時間外は遅刻や早退などの表記になるので気分が悪い。そういう小さなことも直せない。社員の働き方が全員同じで定時で帰れるようなきっちりした会社にしか通用しない。

サービス

1001人以上

打刻ミス時に上司に申請するのは面倒

利用期間

2020年4月〜2022年2月現在も利用中

会社の勤務形態

シフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

・カードで勤怠を記録するので、タイムカードを作成する手間が省けました。

・かざすだけでいいことと、音が鳴るので出勤退勤押せたか押せてないか音で教えてくれるのでありがたいです。

不便だと感じた点を教えてください。

・カードを必ず持ち歩かなければいけないことが最初は不便でした。

・違う鞄で出勤する時に忘れたりすることもありました。

・かざし忘れたり、かざしたのに出勤や退勤を間違えた時に上司に報告して訂正してもらわなければいけなかったのがめんどうでした。

小売/流通/商社

251〜500人

フリーWi-Fi下だと、実際の居場所とは異なる打刻場所になる

利用期間

2020年3月〜2022年2月現在も利用

会社の勤務形態

シフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

CSVシートの読み込みができる為、紙面で管理するシフト表のフォーマットをそのままダウンロードさせてシフト入力が終わる点が非常に効率的で使いやすかったです。

・導入前はTime ProというPCソフトウェアで勤怠管理していましたが、Excelでシフト表を作成しそこから手打ち入力作業×従業員人数であったので非常に面倒でした。

不便だと感じた点を教えてください。

・出退勤の打刻の地点をGPSで表示する事ができますが、フリーWi-Fi回線で打刻するとGPS上ではその使用したフリーWi-Fiエリアで打刻した事となり、実際の地点とはズレる事があります。

・外出先ではポケットWi-Fiで使用しないと、よからぬトラブルを生む可能性がある為要注意です。

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

CSVデータの読み込みが出来るのは個人的には仕事の手間が減る為メリットでした。

他の会社にもおすすめしますか?

情報機器管理の部門でのセキュリティ対策や機器の検閲の徹底等社内情報機器の統制がしっかりと取れている体制であればオススメできるツールです。しかしテレワークや外出先での個人端末の業務使用も認めている会社であれば勤怠打刻不正の裏付けが取りずらい為何かあった場合のトラブル対処には不向きです。

メーカー

51〜100人

勤務時間が一目でわかるようになり便利

利用期間

2022年4月から利用中

会社の勤務形態

基本勤務体制です

使いやすいと感じた点を教えてください。

入出の時間が秒まで明確になりました。

・タイムカードの押し忘れが少なくなりました。

・タイムカードの計算が一人一人目視で見て、間違いや残業などの時間を計算していましたが、それがスムーズになりました。

不便だと感じた点を教えてください。

タッチパネルなのでタッチの感度が悪いなど不具合もありました。

・名前を探すのに手間がかかります。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。勤怠の管理がスムーズで、給与計算も間違いが少なくなると思います。

サービス

501〜1000人

ジョブカンよりも導入開始が楽だった

導入に至った決め手

今まで、紙のタイムカードを押していたが、押し忘れや、そこからまたパソコンは入力するなどの経理の管理がとても複雑だったため。

利用期間

2022年1月〜2022年5月現在も利用中

会社の勤務形態・雇用形態

シフト制・パート

使いやすいと感じた点を教えてください。

・出勤する時、休憩時、退勤時に自分の名前のところを選択して押すだけです。

・ジョブカンを過去に使っていたことがありますが、ジョブカンは交通系ICカードが必要でした。jinjerは、iPadでタッチするだけなので、用意するものもなく楽。

・GPS機能もついているので、どこで押したかもわかる。

不便だと感じた点を教えてください。

生体認証機能がないため、間違って他の社員のものを押すこともできるし、自由に書き変えることも可能なので、そこが怖い。

・直帰、退勤などのボタンが大きくて、休憩開始のボタンが小さく、少し見にくい。間違えて退勤を押すことがあったり、直帰を押してしまうことがある。

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

アプリで管理していてどこでも押すことができるので、その点は扱いやすいし連携もしやすい。

他の会社にもおすすめしますか?

営業日が固定の場合には、非常に使いやすいと思う。出張や直行が多い方には最適だし、管理する側も管理しやすいのではと感じる。

サービス

51〜100人

写真を撮るだけなので初心者も簡単

導入に至った決め手

iPadで簡単に予約管理等と同じ端末で勤怠を押せるようになるから。

利用期間

2022年4月1日〜2022年5月現在も利用中

会社の勤務形態・雇用形態

シフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

写真を撮るだけなので簡単

・間違えたとしても簡単に直すことができる

・iPad等でできるため新しく何かを用意する必要がない

・初心者でも簡単に毎日勤怠を押すことができる

・管理する側も簡単に管理できる

・場所を取らずに設置できる

・必要以上のものを設置する必要がない

他の会社にもおすすめしますか?

予約管理をLINE等でしている店舗などは、LINEをインストールしている媒体にジンジャーを入れるだけで済みそう。手軽なので試す価値はあると思う。

小売/流通/商社

31〜50人

ボタンを押すだけで負担が少ない

利用にかけた費用

社員の位置情報プランはついていないので安いプランのはず

導入に至った決め手

36協定の影響で会社として勤怠管理システムを導入したようだ。

利用期間

2019年6月~2022年5月現在も利用中

会社の勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

・スマホやPCどちらでも勤怠入力が可能

単に出勤、退勤、直行、直帰のいずれかを押すだけでよいので、社員側としては負担は非常に少ない

・直行、直帰ボタンがあり会社側も管理しやすい

・操作がシンプルなのでわかりやすい

・有給申請・残業申請・休日出勤申請などすべてjinjerで一本化できる

・有給の残日数が一目でわかる

・権限を持っている人間であれば勤怠の修正などやってもらえる(本社の副社長のみ権限あり)

他の会社にもおすすめしますか?

小~中規模の企業は導入コストが安いようなのでおすすめできそう。初めて勤怠管理システムを導入する企業も操作がシンプルな為おすすめ。

不動産/建設

1001人以上

直行や残業もタイムリーに打刻ができる

導入に至った決め手

手書きからシステム上の管理に変わり、紛失等のリスク軽減や保管スペースの確保ができるため。

利用期間

2019年4月〜2022年2月

利用をやめた理由

別のシステムに変わったため。

会社の勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

・勤怠の打刻・修正が容易にできる。

直行や残業がある日も、タイムリーに打刻ができる。

・社員の勤怠管理がネット上で確認できるので、月末に用紙を取りまとめて確認しなくてもよい。

不便だと感じた点を教えてください。

・打刻ミスや修正の際、管理職の承認が必要なこと。

振替休日を行う場合、一度出勤日を承認後、休日の承認が必要となり2回の承認作業をしなければならない。

・月末は全ての社員が勤怠管理の修正依頼をかけるため、管理職の業務が過多になること。

・通常の出勤日数未満のまま月末を迎えた場合、アラーム等がないため管理職や人事が気づかず勤怠管理を閉じてしまう。そのため、本人が気づかなければ欠勤状態となり、給与が少ないということが起きてしまう。

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

jinjerとサイボウズを利用していたが、連携はできていない。

他の会社にもおすすめしますか?

スマホやパソコンからの勤怠管理が手軽にできるので、紙やExcelで管理している企業には特におすすめする。

小売/流通/商社

31〜50人

jinjerのカレンダーを使うのが面倒

利用期間

2019年5月~2022年4月現在も利用中

会社の勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

不便だと感じた点を教えてください。

有給、残業、休日出勤申請時がjinjerシステム内のカレンダーから選ぶ必要がある。このカレンダーに当月の後半が表示されていない為、翌月の画面を表示して選ぶ必要が生じる。

・上記の具体例として、5月30日に有給申請する場合、jinjerカレンダーでは5月20日前後で表示がとぎれており、6月のカレンダーを表示させないと5月30日を選ぶことはできない

・jinjerの運用が始まり半年ほどの間、システムにログインができないことが多々あった。

・上司がjinjerの申請を許可し忘れていた場合欠勤となる

・入力できなかった勤怠は自分で修正し、上司に承認してもらわなければならず非常に手間だった。

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

gmailとの連携はしやすい。定時を過ぎる、または勤怠入力忘れがあった場合、gmailに通知がくる。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめはしない。jinjerシステムの内容的が必要最小限しかないので、特に大企業の場合は機能が足りないと思う。

サービス

101〜250人

画質は端末の写真機能に頼るしかない

利用期間

2021年6月〜2022年5月現在も利用中

会社の勤務形態・雇用形態

シフト制

不便だと感じた点を教えてください。

・iPadなどを使ったツールのため、Wi-Fiや電波の調子が悪いと繋がらず、あとから直さないといけない。紙の媒体だとこのようなことがないため、その点では不便。

あくまでiPad等の写真機能を使用するため、場所によっては暗くて顔の判別がつかない時がある。

・読み込みに時間がかかるときがある。

他の会社にもおすすめしますか?

基本的には楽に勤務管理できるので、その点でおすすめはできる。

サービス

51〜100人

スタッフが多くシフト制の会社におすすめ

利用期間

2021年7月〜2022年5月現在も利用中

会社の勤務形態

シフト制

使いやすいと感じた点を教えてください。

シフト管理がわかりやすい。午前のみ、午後のみ、1日フルの選択肢があり、また時間指定もできる。

・管理側がこちらの記入内容を承認したかどうかが確認でき、両者にとってわかりやすい。

不便だと感じた点を教えてください。

その日の労働時間は確認できるものの、給料がいくら発生しているかが確認できない。以前使っていたシステムではその日何時間働いて、いくらお給料が発生するかを確認できた。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。

特に、シフト制の会社や従業員が多いところはよりおすすめです。出勤退勤、シフト提出を簡単な操作で完了できます。スタッフが多い場合、またアルバイトスタッフが多い場合は使い勝手が良いです。

サービス

51〜100人

勤務表と給与システムが連携しやすい

導入に至った決め手を教えてください。

自社ではタイムカード代わり利用して、jinjerの出勤打刻で給与計算をしている。

 

利用期間

2021年10月~2022年5月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・スケジュール管理がやりやすい。変形労働制を採用しているので日毎に勤務時間がバラバラになっても対応しやすい

勤務表だけでなく、給与でもjinjerを利用している。一つのログインアカウントを持っていれば、他のところにも同時にアクセスできるのが使いやすい

・上記により利用頻度が高いこともあり、パスワードを忘れる心配もない

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

「勤務データを外部の給与システムと連携して給与計算をしている」と経理が話していたので、連携はしやすいと思う

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめはできそう。ボタンなども複雑ではないので、従業員自身が勤務の打刻をする際も始めやすいから。

小売

51〜100人

時短社員の労働時間表示がおかしい

導入に至った決め手を教えてください。

自社ではタイムカード代わり利用して、jinjerの出勤打刻で給与計算をしている。

 

利用期間

2021年~2022年4月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制 基本勤務制

 

不便だと感じた点を教えてください。

基本勤務制の人用にjinjerが設定されている(9時から18時がデフォルトになっている)からか、17時までの勤務を基本とする時短社員は総労働時間の表示がおかしくなる

・上記によって、働いた時間が合わない。実労働時間と一緒の時間にならない。

・上記対処法として、毎回出勤簿をダウンロードして残業時間を数えて計算しないといけないのがとても手間。分かりにくい

 

他の会社にもおすすめしますか?

社員カードや店舗ごとなどで絞って検索できて、従業員が増えても管理しやすいと思うため、おすすめはできそう

IT

1001人以上

"使用に必要な情報が不足している "

利用期間

2020年5〜2022年5月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

不便だと感じた点を教えてください。

・実際には問題がない状況だが、アhubennプリ起動時にネットワークエラーなどの読み込みの問題が度々発生する

・UIが見にくい

アプリ内にも使用方法の簡単な説明があるが、詳しい確認を行うには別の資料を参照する必要があるなど、余分な情報があるわりに必要な情報が不足している

・シフト申請時に勤務日はマークがつくが、休日にはマークがつかないため、いちいちカレンダーなどと照会して確認する必要があり面倒。

・シフトが確認できるタブが二つあるなど余分な機能がある

 

他の会社にもおすすめしますか?

ユーザーが直接シフトを入力することとなるため、シフト制で人数が多い会社などは、入力から反映までの工数を省ける利点があるかもしれない。

医療

11〜30人

エラーや打刻表示違いが多すぎる

利用期間

2020年10月~2022年6月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・利用者側もアプリなので自分のスマホにインストールする事が可能で、いつでも勤務実績を確認できること

スマホを使えるので、出勤や退勤を押し忘れたとしても、また会社に戻る必要がない。家に帰ってから訂正が出来ること

 

不便だと感じた点を教えてください。

全ての工程でエラーかバグのような症状が多い

・WiFiを繋いでいても繋いでいなくても出勤退勤が押せない時がある

・8時45分に出勤を押しても9時で表示される。勤務実績が正しく表示されない。

・欠勤した事は一度もないのに何故か毎月3日ほど欠勤扱いになっており、担当の方に直してもらうことになる。

 

他の会社にもおすすめしますか?

基本オススメは出来ません。管理者側はPCからでも一覧で見ることができるし、扱いやすいかもしれないが、利用者側としてはかなり使いづらい。紙タイプの物に替えたいと、全員が言っている状態。

小売

501〜1000人

アラートで残業時間超過を意識できる

利用期間

2020年7月〜2022年6月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・出退勤打刻が大きく表示されておりわかりやすい

・残業時間超過のアラートが来るためリマインドになる。規定を超えないよう予め意識することができた。

・打刻時間の修正や休暇申請などがアプリ内で簡単に行える。各所への連絡の手間や気持ち的なストレスがなく助かった。

・休暇の残日数や残業時間などをアプリ内で確認できるため、有給の申請などがしやすい

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめする。基本的な機能にはそこまで複雑性もなく、ユーザーのリテラシーに関わらず容易に導入できると思われるため。

その他

501〜1000人

勤務時間が秒刻みでわかるので便利

利用期間

2021年12月~2022年6月現在も利用中

会社の勤務形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

・画面のレイアウトがシンプルで見やすいため、誰でも直ぐに使うことができる。

・有給等の申請画面が見やすく容易に操作できる。

・上長が認証したかなどのステータスを確認できる。

勤務時間が画面上に秒刻みで表示されるため、勤務時間を正確に認識できる。

不便だと感じた点を教えてください。

・たまにではあるが、画面がフリーズしてしまうことがある。

・過去の勤務実績を確認する際の操作がやや煩雑に感じることがある。

IT

1001人以上

営業

メリットが小さく導入に至らず

利用にかけた費用

月額費用400円

 

導入に至った決め手を教えてください。

自社内で元々作成されたもののため、試験的に全社に導入される形となった。

 

利用期間

2020年12月〜2021年3月

 

勤務形態・雇用形態

フレックスタイム制

 

不便だと感じた点を教えてください。

・打刻修正を求めるエラーが頻繁に出ていた。ただし、それが問題視されていたからか、修正されるまでのスピードは非常に早かった。

他社ツールとの連携はあまり良くない。他社ツールとの棲み分けがそこまで柔軟ではないため、変えるメリットがないと、本格的に導入したいとはならない

サービス

101〜250人

各部署で打刻できる手軽さが嬉しい

導入に至った決め手を教えてください。

コロナ禍での在宅勤務等に不向きのため、クラウド方式で在宅勤務にも向くシステム導入を考え決定した、とのこと。

 

利用期間

2020年12月~2021年7月

 

勤務形態・雇用形態

シフト制、変形労働制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

打刻がiPadで行えるので、各部署に配置可能になった。感染症対策として各部署で打刻ができるのは、職員の評判が良かった

・個人の携帯からでも有給や残業の申請が行える。

・社外で打刻が行われた場合、打刻地点の確認ができる。

・紙ベースでの出勤簿等の出力もできる

・クラウドなので在宅勤務が可能になった

 

他の会社にもおすすめしますか?

フレックスタイム制や、裁量労働制の会社は、社外でも打刻ができ、認証側も打刻地点が確認できるので使いやすいと思う。

IT

501〜1000人

残業などの労働実態が可視化される

利用にかけた費用

月額費用400円

 

利用期間

2019年12月〜2022年5月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

フレックスタイム制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・既存のシステムと連携が容易にできていた。

出退勤の管理がすごくわかりやすい。打刻申請ができていないときにはしっかりとアラートが飛んでくる。

残業もしっかり記録され、それにひもづいて給料計算もしてくれる。労働実態が可視化されているのが良かった

 

他の会社にもおすすめしますか?

金額帯がかなり安いので、スタートアップ企業から中小企業まで幅広く使えるツールだと感じる。

小売

101〜250人

深夜時間の打刻がうまくいかない

利用期間

2020年秋頃~2021年夏頃まで利用

 

現在、そのツールサービスの利用をやめている場合は、利用をやめた理由を教えてください。

勤怠確認業務を行う部署で「見づらい」との声が多かった。確認作業等での残業が増え、結果的に効率が悪くなってしまったため。

 

勤務形態・雇用形態

シフト制、変形労働制

 

不便だと感じた点を教えてください。

・勤怠データを給与に持っていく段階で、jinjer側の作成したExcelデータを使用するよう言われていたが、手順通りに行ってもエラーが頻発する。結果自社での給与計算行うことを見送った。

・弊社の勤務形態とあっていない(夜勤や当直等)。深夜態に打刻があった職員の深夜時間がうまく読み取れず、結果手計算となる事態が頻発した

・勤怠確認画面がとても見づらい

・時間表記の変更ができない

コンサルティング

101〜250人

アプリで勤怠の申請や管理が完結する

利用にかけた費用

勤怠 ・人事 ・経費のプロダクトを契約し、1人あたり400円ほど

導入に至った決め手

もともと在宅勤務社の多い会社であったか、コロナ禍により出退勤の形か変わり管理が難しくなったため

利用期間

2021年4月から2022年6月現在継続中

会社の勤務形態

契約社員で現在は在宅勤務。シフト制。

使いやすいと感じた点を教えてください。

・クラウドのサーバーを使っていて、パソコンやスマホのメモリの圧迫がない。

・スマホ、パソコン問わず、ブラウザでもアプリでもよいところ。

・従量課金制で1人400円であり、とても低コストである。

有給申請や休日休暇申請もアプリを使い管理できて手軽である

不便だと感じた点を教えてください。

・1度深夜対応の残業のとき、打刻漏れをしてしまったせいか正しく読み込まれない時があって困った。

・所在地がGPS機能を使って勤怠管理がされているので、やむを得ずカフェや出先で勤務した場合、それも記録されることになんとも言えない不快感と後の誤解に繋がる不安がある。

他の会社にもおすすめしますか?

コロナにより勤務状況が変化した企業に大変おすすめだと思います。在宅勤務と出社勤務一元管理が出来るため、従業員側も会社側もとても楽であると感じます。アプリならではの手軽さもあります。

IT

501〜1000人

必要に応じて打刻ボタンが有効・無効になるため便利

導入に至った決め手を教えてください。

シフト勤務であるため、各自のPCで随時申請ができるものであること。

 

利用期間

2018年12月~2021年10月

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・画面がシンプルで見やすく、画面の大小に左右されない、また色使いも明るく爽やかで見やすい

出勤・退勤をクリックするシンプル操作でわかりやすく、必要に応じてボタンが有効無効になってくれる

・残業や有給、各種申請などがシステム内でできる

・前日の打刻忘れがすぐにわかる

 

他の会社にもおすすめしますか?

シンプルなつくりと操作性で、通常の出退勤であればわかりやすくておすすめです。またその部分で、リモート勤務の際に使用するノートPCなど小さめの画面でもわかりやすい画面構成になっていると思います。

メーカー

251〜500人

出退勤以外の申請がどこにあるかわかりにくい

導入に至った決め手を教えてください。

利用者が時間を入力するのではなく、クリックにより打刻ができ点事。有給・残業などの申請がもできる点。

 

利用期間

2018年12月~2021年10月

 

勤務形態・雇用形態

フレックスタイム制

 

不便だと感じた点を教えてください。

通常の出退勤以外の処理がどこでできるのかがわかりにくい

・自身の提出した申請書がどこにあるかわかりにくい場所にあり、探しに行くのに時間がかかる

・退勤後ボタンが出勤のみ有効に移行するのに時間のかかる時があり、退勤したつもりでログアウトしてしまう時がある

・最初のログインする際に、検索サイトから見つけるみつけにくい

 

他の会社にもおすすめしますか?

固定ではない勤務ではスタッフによって違う勤務時間をあらかじめ入力しておく必要があるため、人事の方に負担がかかるかもしれません。

サービス

2〜10人

経理の給与計算がラクになった

導入に至った決め手を教えてください。

これまで紙上で管理していましたが、毎日記録することの大変さと経理の方が大変だと会社で問題になっていたので、iPadで管理できるこちらのツールの導入を決めました。

 

利用期間

2021年4月〜2022年6月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・出勤したら自分のところの出勤ボタンを押すだけ、退勤時は退勤ボタンを押すだけです。

・休憩や直帰などのボタンもあるので、他店舗によってそのまま直帰の際なども対応が楽で便利だなと感じています。

・ジョブカンを過去に使ったことがありますが、大して変わりはないように感じています。

経理の方がすぐに給与計算ができるようになり、月末の管理がすごく楽になったとおっしゃっていました

・押し忘れてしまったとしても、書き換えができるので便利です。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・押し忘れた時の修正が面倒です。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。

交通系のICカードなども必要なく、指一本と端末があれば勤怠管理ができるので便利です。経理の方の仕事も捗っていると聞いたので楽になることは間違い無いと思います。

小売

11〜30人

営業

遅延・遅刻・早退などの項目が統一化されていない

利用期間

2021年10月〜2021年12月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・入力する項目がシンプルで整理されているため、直感的操作が可能。

カレンダーには出勤日の日付の下に緑点あり、可視化しやすい。実際に勤務を終えた際は、日付の下の点の横に黄色点がつき、休んだ日は赤点となるため、いつ休んだか確認がしやすい。

 

不便だと感じた点を教えてください。

使用端末によると思うが、iPhoneSEで確認をする際、カレンダー表示を閉じることができない。

縦幅2cmのスクロールの中で勤務時間の確認をしなければならないため、とても見づらい。

遅延・遅刻・早退などの項目が統一化されておらず、申請に細かな違いが生じてしまい混乱しやすい

 

他の会社にもおすすめしますか?

全体的には使いやすくおすすめできる。従業員数の少ないベンチャー企業などには適していると思う。ただ、実際の勤務時間がとても見づらく、遅延申請なども細かなマニュアルがあるため、全体の管理や把握に時間がかかる場合がある。大企業向けではないかもしれない。

ゲーム

101〜250人

サポート対応が悪い

利用にかけた費用

年間150万円

 

利用期間

2年半前~2022年1月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

料金が安かったのでが導入の決め手。

勤怠、打刻、有給管理などをメインで利用。

導入の背景は労務管理、打刻、シフト作成、勤怠管理が別々のサービスを利用しており、月末の締め作業を効率よく進めるために導入しました。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

使いやすかった点は、1DBなので従業員を登録すると様々なサービスと紐付いており、新入社員が入った際の運用は楽になりました

出退勤はiPadでjinjerアプリをインストールし、写真撮影で出退勤管理の機能を利用しております。

笑顔判定という機能があり出勤時の笑顔を判定するという他にない機能がついております。

 

不便だと感じた点を教えてください。

導入時はシステムが安定しており、あまり問題なく利用できてましたが昨年末あたりから、メンテンナンスが増えてバグが多くなりました。

仕様変更があるとバグが発生するよになり1DBの弊害がかなり出るようになりました。

導入時に聞いていた話よりも出来ないことが意外と多く、サポートも導入時より適当になっており、機能面の改善よりもサポートの改善をしてほしいと思います。

1DBであるからこそ基本設計の時点でしっかり設計してほしいと感じました。

 

他の会社にもおすすめしますか?

今現在の運営状況ではどのような会社にもおすすめ出来ません。

初め導入支援して頂いたカスタマーサポートの方も退職しており、引き継ぎの無いまま放置されました。

利用したいサービスのみ課金して機能を付け足すことが出来るのは面白いですが、サポート対応が悪いのでお勧めできません。

不動産

251〜500人

営業

顔写真を撮って正確な申請ができる

利用期間

開始時期不明~2021年10月

 

現在、そのツールサービスの利用をやめている場合は、利用をやめた理由を教えてください。

現在退職済みのため。

 

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制。正社員。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・タブレットで出退勤の打刻をすることができる。

・本社も支社も、社員全員の出退勤がまとめて表示されるため、打刻管理がしやすかった。打刻忘れがあった時にはすぐに当事者に伝えることができた。

打刻の際に顔写真も一緒に撮れることから、代理での打刻ができない。これによって正確な打刻を記録できる。

 

他の会社にもおすすめしますか?

このシステムであればカードがないので、タイムカードを紛失してしまう心配がない。紙のカードを使っていてそういった心配が多い会社にはおすすめ。

IT

101〜250人

営業

アプリ一つでシフトも出退勤も確認できる

利用期間

2020年4月〜2021年7月

 

現在、そのツールサービスの利用をやめている場合は、利用をやめた理由を教えてください。

退社したため

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・出退勤共に顔写真を撮るだけで申請が完了する

・出退勤時の顔写真の撮り忘れがあっても、メニューから簡単に出退勤時の時間を入力すれば変更の申請ができる

・起動しないなどのバグが一度も起こったことがない

・アプリを立ち上げてから写真を撮るまでが早い

毎月、休みの日と出勤の日を設定できて、アプリ一つでシフトも出退勤も確認できる

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

「jinjer勤怠」のみでとても使いやすかったため、連携なしでもいいと思う。

 

他の会社にもおすすめしますか?

ある程度人数がいる会社であれば、各自出退勤報告をjinjer勤怠で管理する事ができるのでおすすめしたい。

メーカー

101〜250人

遅刻やシフト外勤務の判別がしづらい

利用期間

2018年頃~2022年7月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制 バイト

 

不便だと感じた点を教えてください。

・タブレットがうまく起動しない時がある。その時は手入力で対応するほかないので、打刻が面倒になる。

・打刻していれば全て同じ色で表示されて遅刻の判別はできない。遅刻の確認は、細かく時間を見て処理をしなければならない。

シフトを登録することができないため、予定とは違う時間に打刻しても何も表示されない。そのため、シフトと照らし合わせて遅刻の有無を確認するときに手間がかかる。

 

他の会社にもおすすめしますか?

パートやアルバイト、またフレックス制を導入しているところであれば、管理者側の勤怠管理が難しくなると思うので、おすすめしない。

サービス

101〜250人

撮った写真が反映されていないことがある

利用期間

2020年4月〜2022年7月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

不便だと感じた点を教えてください。

・規定の時間になるまでは、写真を撮ってもすぐには申請できない。時間が来たら変更の申請をしないといけないところが不便だった(もっと効率的な使い方があるなら知りたい)

出退勤の写真を撮ったのに会社の方に反映していなかったことがたまにある

・いつも自動ログインで使いやすかったが、たまにIDなどを入力しないといけないことがあった。IDは入社の際に全体で設定したため、すぐにはわからず、本社に確認してログインするまでに時間がかかった。

郵送

251〜500人

タッチするだけで勤怠できるので楽

導入に至った決め手を教えてください。

手書きの出勤簿だったが、効率を上げる為に導入した

 

利用期間

2021年4月〜2022年7月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

社員証をタッチするだけなのでスムーズに打刻ができる

・コンパクトなサイズなので打刻忘れしにくい場所に置くことができる

・タッチした後に音がしっかりとなるのでタッチし忘れがない

・両手ぐらいのサイズなので女性でも持ち運べる

・タッチ出来たか不安な時は、もう一度タッチすると打刻出来ているかどうかメッセージで表記される

 

不便だと感じた点を教えてください。

複数の人で連続でタッチすると2人目以降の人が反映されない時がある

・原因は分からないが、タッチしても打刻時間が反映されない時がある

 

他の会社にもおすすめしますか?

誰でも簡単に扱えるし、シンプルなので使いやすくてオススメです。

タッチしてから打刻までが早いので大人数で打刻しに行かない限りは非常にスムーズに打刻が出来ると思います。

少人数の会社に向いていると思います。

サービス

51〜100人

オフラインでは処理が進まない

利用期間

2021年8月~2022年7月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

不便だと感じた点を教えてください。

・出退勤、休憩のボタンを押す際にシステムにつながりにくい時がある。

休憩中に何分経過したか時間が出ないので少し不便

・音があればシステムでの処理が終わったか分かりやすい。

・手軽すぎて打刻忘れをすることが多々ある。シフトと連動して音などで知らせて欲しい。

 

他の会社にもおすすめしますか?

郊外のグランピング施設など電波が悪い場所などでは、オフラインになってしまうと処理が進まないため、おすすめできない。

コンサルティング

101〜250人

営業

打刻忘れ等の修正依頼が簡単

導入に至った決め手を教えてください。

スタッフの勤務状況をネット上で管理しやすくするため。

 

利用期間

2021年6月~2022年7月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

シフト制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・ボタン一つで出退勤、休憩が管理できるので便利。

打刻忘れなどあっても修正依頼が簡単にできる

・システムがシンプルな作りなので初心者にも使いやすかった。

・紙での処理が発生しないので、スペースをとらない。

・データ管理がしやすい。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

自分が知る限りでは外部ツールとの連携は出来ない。

 

他の会社にもおすすめしますか?

システムがシンプルということ、出退勤・休憩の管理がボタン一つででき便利なのでおすすめ。

小売/流通/商社

1001人以上

シフト変更対応がスムーズ

利用期間

2021年6月~2022年7月現在も利用中

使いやすいと感じた点を教えてください。

・勤怠をきる時にPC上だけでなく、タブレットで出来る。

・店舗を総括している人のパスワードで入ると、その店舗スタッフ全員が表示される。そこから出勤や退勤を選択出来るところがわかりやすくて便利。

シフト変更対応がスムーズ。手こずる事がないので、遅刻や残業になりにくい

不便だと感じた点を教えてください。

・シフトの変更対応はスムーズだが、シフト作成は慣れるまでが難しい。

・パスワードの自動保存は出来るものの、タブレットにパスワード保存が出来ない。

選択後に念のための確認ができないため、誤操作として取り上げられてしまうことがある。間違えて違う人の場所を選択したらそのまま操作完了してしまうという誤操作が多発している。

他の会社にもおすすめしますか?

シフト作成には慣れが必要だと思うが、基本的に無駄な部分が少ないと感じたのでおすすめはできる。サクサクと出勤退勤処理が出来るようになると思う。

IT

1001人以上

文字の配置が見づらい

利用にかけた費用

無料アプリで使用しているので通信料のみ。

導入に至った決め手

派遣先にダウンロードするよう言われたため。

利用期間

2021年6月~2021年12月

利用をやめた理由

会社を変えたため。

会社の勤務形態・雇用形態

土日休み、正社員

使いやすいと感じた点を教えてください。

・基本無料で使用できる。

・メールのように個別に連絡することなく、勤怠処理や有給申請が出来る。

スマートフォンを所持していれば場所・時間を問わず欠勤連絡・有給申請が出来る

不便だと感じた点を教えてください。

・打刻時など混んでいる時間が関係あるのか、エラーが頻発してログインできないことが多かった。

・機能のわりにアプリが重く感じる。

文字の配置が見づらい

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめできない。

画面が煩雑なので、勤怠確認だけならjinjer勤怠である必要性を感じなかったから。

サービス

51〜100人

多様な勤務体系でも管理が簡単

利用にかけた費用

初期費用+初月の使用料は187,000円

月額費用は利用者1人につき400円

 

導入に至った決め手を教えてください。

多岐かつ複雑な勤務体系でも使える機能が他社より多かったため

 

利用期間

2022年5月〜2022年9月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

自身は9:30-18:00の基本勤務体制で、正社員です。

社内には、様々な勤務時間の人がいます。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・ジョブカンなど他商品と比べて安かった

弊社の勤務体系には、他社のシステムと比較して一番合っていた(システムに柔軟性があった)

・UIが分かりやすく、アプリが苦手な高齢従業員でも割とすぐ使いこなせた。

・ワンクリックで出社も退社も完了する。

・1人単位で契約ユーザー数を決定できるところ。

・勤怠の作業工程が大幅に減り、勤怠管理から給与計算の作業時間が3日から1日になった。

 

他の会社にもおすすめしますか?

まだ規模が小さい企業、事業所など複数の勤務地がある企業、シフト制がある企業に向いていると思います。

GPS機能付きで本人が各勤務場所の近くに来ないと打刻できないため、不正防止につながっています。その点も上司にとっては安心材料のようです。

メーカー

101〜250人

打刻漏れのリマインダーが遅い

利用にかけた費用

月額400円/1ユーザー

 

利用期間

2022年初め〜2022年8月現在も利用中

 

不便だと感じた点を教えてください。

・時間外と深夜労働の合計時間が分かりづらい

打刻を忘れた人へのリマインダー通知が遅い。定刻から約20分強掛かる

・メンテナンスや障害が若干多い印象。

・障害の間は打刻ができないので、別途社員に通知している。

・打刻できなかった勤怠は、後日打刻申請(しかも管理者の承認が必要)をしないといけないので社員・管理者ともに手間が増えてしまう。

メーカー

51〜100人

業務効率の改善にも役立つ

利用期間

2021年11月〜2022年9月現在も利用中

 

勤務形態・雇用形態

週5日8時間フルタイムのパート

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・以前の会社ではきんのすけというツールを利用していたが、これはPC上での打刻が必要で、ちゃんとした出退勤の時間が記録できなかった。今回のjinjer勤怠は手持ちのICカードのスキャンでも打刻できるので、正確な打刻となりとても便利

・オフィスの入り口に置くことで、電車に乗る時のようにピッとカードをかざして打刻できる。時間もかからずとても便利。

・打刻を忘れてもPCやスマホから打刻修正できるのも使いやすい。

・有休申請ができるのも便利。

 

不便だと感じた点を教えてください。

ICカードをかざして打刻する際に、たまにエラーになる。打刻できておらず後からPCやスマホで打刻修正するという事案が発生している。

・連続で複数人がかざすと、上記のようなバグが起こるのかもしれない。いつもは速やかに打刻できるので、それがスムーズにいかなくなった場合は面倒に感じる。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめしたい。会社に入る時、出る時に入り口にスキャンの機械を置いておけばできるので、しっかり残業代なども計算でき、社内でのコスト削減にもつながると思う。

1人1人の業務効率の改善にも役立てられると思うので、今残業が多く困っている会社などには是非導入してほしい。

エネルギー

11〜30人

営業

アプリで頻繁にエラーが生じる

導入に至った決め手を教えてください。

出退勤時間を管理するため。

 

利用期間

2018年4月〜2021年12月まで

 

 利用をやめた理由を教えてください。

費用が高い。

 

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・過去に使用していたジョブカンに比べて、初心者でも簡単に利用できた。

文字が大きく見やすいシンプルなデザインで、アプリの操作性がなかなか良い

・スマホアプリでボタンが押せるので、在宅時や直行時などにも、出社時と同じように利用できた。部署によって、出社する者や在宅勤務の者、直行直帰の者がいたが、全員がスマホ上で操作して、出退勤時間を管理できることが良かった。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・利用料金が、他社アプリと比較して、サービスの割に少しばかり高いと感じた。

アプリで頻繁にエラーが生じる

・上記について具体的に、アプリ起動時に強制終了してログインができなかったり、自動ログインの設定をしているのに、定期的にログイン画面が表示されたりする。また、出勤ボタンを押しているのにボタンが反応しておらず、出勤していないことになっている、という例が一月で10件以上あった。

・誤ってボタンを押し忘れてしまった場合など、勤怠時間修正をする際にかなり手間がかかる。

 

他の会社にもおすすめしますか?

頻繁にアプリに不具合が発生するため、出退勤時間の修正をする手間を考えると、社員人数の多い大手企業にはあまりお勧めはできない。

少人数のベンチャー企業であれば、多少の誤作動は対応できるが、コストが高い。

郵送/交通/物流

51〜100人

打刻時間の訂正操作が簡単

導入に至った決め手

従業員の勤怠管理を容易に行うため。

利用期間

2020年4月〜2022年8月現在も利用中

会社の勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

・システムトラブルが少ない。

・多くの従業員の勤怠を管理できる。

打刻時間の訂正を行う際、システムにアクセスして編集のボタンを押すと、正式に勤務した時間に訂正することができる。そして管理者の承認が行われ、訂正が完了する。

・上記に関するエピソードとして、Wi-Fiの接続が切れた際に、全員の打刻ができないという状況に陥った事例があった。Wi-Fiの再接続には時間がかかったが、再接続が終わると、管理者のアカウントから早急に、従業員全員分の打刻がスムーズに行うことができた。これを受けて、このシステムの機能性の高さを感じた。

不便だと感じた点を教えてください。

・Wi-Fiの接続が悪いと、認証されない。

・勤務時間を修正する際、管理者の承認が都度必要になる。

停電が起きた際、このツールを入れているタブレットは動くものの、勤怠のシステムは何も応答がないことがあった

他の会社にもおすすめしますか?

勤怠の管理が非常にしやすく、訂正もしやすい点でお勧めしたい

具体的には、当事者の名前が表示されているボタンを押すだけで勤務開始となり、退勤時に再び押すと勤務終了となる点で、使いやすいと感じる。

まとめ

この記事ではジンジャー勤怠の特徴・評判・料金を解説しました。

ジンジャー勤怠管理は、機能が充実している上に、非常にコスパが高いシステムです。

基本費用に全ての機能が含まれているため、打刻だけでなく、申請・管理の面から勤怠管理環境を整えたい企業に最適です。

初期費用がかかるため、従業員が極端に少ない会社には負担が大きいかもしれませんが、従業員数100人以上の企業には圧倒的におすすめできるシステムです。

無料トライアルも提供していますので、ぜひ一度お試しください。

資料請求リストに追加する


画像出典元:「ジンジャー勤怠」公式HP参照

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】勤怠管理システム選びのお役立ち資料
勤怠管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ