COMPANY(勤怠管理システム)

記事更新日: 2023/05/19

執筆: 仲田エミ

編集部コメント

大企業での導入実績に強みがある勤務管理システム

COMPANYの勤怠管理システムでは、フレックス/裁量労働/変形労働/在宅勤務など、大企業で必要とされる多様な勤務形態の管理が一つのシステムで実現します。

COMPANYの人事給与システムと連携させればさらに業務効率化を促進させることが可能。
アラート機能など、従業員の長時間労働を抑制するための機能が充実している点も魅力です。

大手法人約1,200グループへの導入実績で培った業務ノウハウを活用し、必要な個別のカスタマイズは不要で導入が可能です。

 

勤怠管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

勤怠管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする13サービスの資料をダウンロードできます。

COMPANY(勤怠管理システム)だけ知りたい方はこちら

COMPANY(勤怠管理システム)の資料を請求
良い点

定額保守料金以外にかかる費用は0円です。法改正や制度変更に追加費用なく対応してもらえるため、毎年一定額で利用でき、システム費用の予算がたてやすいです。

悪い点

主に大企業向けシステムとして開発されているため、中小規模の企業で導入を検討している場合には、まず問い合わせることをおすすめします。

費用対効果:

UIと操作性:

社内で制度の変更や運用変更がおきても、パラメータ設定のみでスピーディに対応可能。打刻や申請機能はアプリのようなわかりやすいUIで従業員の負担も削減できます。

サポート体制:

有料ですが、人事制度の設計から業務改善まで一貫してサポート可能な体制が整っています。導入から運用においては、追加費用不要で24時間365日受付可能な掲示板などが提供されています。

COMPANY(勤怠管理システム)の導入メリット4つ

1. 大手法人に強みがある

COMPANYは、大手法人向けクラウド型統合人事パッケージシステムで、勤怠管理システムもその一部です。

国内大手(従業員数3,000人以上)企業の3社に1社で、COMPANYのHR製品が利用されている実績*があります。

数千名~数万名規模の大手法人約1,200グループでの導入から培った業務ノウハウが製品開発に活かされており、大手企業に必要とされる多種多様な業務要件や商習慣を汎用化させて「標準機能」として実装しているため、個別のカスタマイズは不要で導入が可能です。

*株式会社Works Human Intelligence調べ


統合人事システムCOMPANYが大手企業の人事業務をサポート

2. 多種多様な勤怠管理に対応

COMPANYの勤怠管理では、大企業の多様な勤務形態を1つのシステムで管理できます。

製造業、小売業、建設業、運輸業、病院、介護業、大学など、特殊な就業管理が必要な業種であっても標準搭載の範囲で最適な勤怠管理を実現することが可能です。

勤務形態は、フレックス・裁量労働・変形労働・在宅勤務など、大企業になるほど多様化し複雑になりますが、様々な勤務形態にむけた勤務予定・シフト作成機能などCOMPANYなら柔軟に対応できるので安心です。

3. 従業員の勤務状況を管理する機能が充実

COMPANYの勤怠管理システムでは、働き方改革に対応した、従業員の長時間労働を抑制するための機能なども充実しています。

打刻忘れ、超過勤務、連続勤務、休暇取得不足などのデータを利用して、各企業に必要な任意のアラートの作成・通知が可能

通知は、「ポップアップ設定」で対象の従業員に的確に知らせたり、本人・上長・人事担当者など事前に設定した宛先に対して「メールを自動送付」することもできます。

従業員のリアルタイムな勤務状況を把握できる機能もあり、勤務データの集計結果は複数の切り口で表示できるため、各企業の課題に即したデータ分析に役立てられるでしょう。

注意喚起画面イメージ

4. 多様な打刻方法に対応

COMPANYの勤怠管理では、多種多様な勤務形態に合わせた打刻方法にも対応しています。

  • Web打刻:各自のパソコン端末から「出社」「退社」のボタンを押すことで打刻
  • モバイル打刻:GPSから打刻位置を取得することも可能
  • ICカード打刻:事業場の入り口にICカードリーダーを設置して打刻
  • PCログオン打刻:PCのログオン/オフ時刻を客観打刻として記録

その他、オフィスの入退館システムなどの外部端末と連携し、打刻データを取り込むことも可能です。

在宅勤務や時差出勤など勤務スタイルの多様化により、適切な勤怠管理ができていない場合でも、従業員の負担をかけずに正確な勤怠データの取得が実現します。

資料請求リストに追加する

COMPANY(勤怠管理システム)のデメリット

中小企業での導入には確認が必要

COMPANYのシリーズは、大手法人向けクラウド型統合人事パッケージシステムと謳われており、主に大企業向けシステムとして開発されています。

ソリューションとしては高価となる可能性もあり、中小規模企業で導入を検討している場合には、まず問合せしてみることをおすすめします。

保守料金は定額でバージョンアップは無償対応のため、導入後に発生した法改正や運用変更に伴うシステム改修のコスト削減は見込めます。

COMPANY(勤怠管理システム)の料金プラン

定額保守料金以外にかかる費用は0円です。

毎年一定の金額で利用できるため、予算がたてやすい点がメリットといえます。

金額の詳細については、問い合わせをする必要があります。

競合製品との料金比較

市場全体におけるシェアが高い「KING OF TIME」や「ジョブカン勤怠管理」では、初期費用0円・低価格・30日間無料トライアルなど、導入ハードルの低さを売りにしている製品が多いです。

COMPANYでは、大規模法人を対象とした製品開発に注力しており、大企業で必要とされる多種多様な形態の勤怠管理に対応できる点が強みです。

グループ会社ごとに制度が違う場合や、業種によって働き方が異なる場合であっても、1つのシステムでの勤怠管理が可能となります。

  COMPANY
(勤怠管理システム)
KING OF TIME ジョブカン勤怠管理
月額費用 要問合せ 300円〜/ユーザー 200円/ユーザー
特徴 大企業向け
多様な形態の勤怠管理に柔軟に対応
利用者数277万人超え
業界一豊富な打刻手段
多くの外部サービスと
連携可能
シリーズ累計導入15万社
シンプルな操作性
機能の単独利用可能

 

資料請求リストに追加する

COMPANY(勤怠管理システム)の評判・口コミ

システムの刷新により働き方改革関連法に対応
ユニプレス株式会社

働き方改革関連法の成立で、厳密な労務管理が急務となりました。COMPANYの導入により、Web上で日々の勤怠実績や残業時間の推移、休日出勤時間の月合計値の集計など、きめ細やかな就労管理が可能となりました。
長時間労働を事前に検知するアラーム機能も標準装備されており、長時間労働の抑制に役立っています。
法改正のたびに発生する改修や定期的に発生するインフラの老朽化対応のコスト・工数を考慮すると、COMPANY以外の選択肢は無かったと考えています。

コンサルティングサービスの利用でより高い情報投資効率を実現
文化シヤッター株式会社

システム導入前に「パイロットコンサルティングサービス」 を活用して業務適合性の検証を実施、課題整理を先行で行い各業務領域における改善ポイントを明確化しました。
おかげで追加開発費用を抑え、高い情報投資効率を維持した稼動が実現しています。
日次の労働時間の見える化・時間外労働の把握・紙帳票約380種類削減など、高い導入効果を見込んでいます。

*「COMPANY(勤怠管理システム)」公式HP参照

まとめ

COMPANYの勤怠管理システムは、大手法人に向けた多様な働き方に柔軟に対応できる勤怠管理システムです。

多くの導入実績でのノウハウを活かした豊富な標準機能を搭載、ノーカスタマイズで導入開始できる点が魅力といえます。

UIは使い勝手が良いと定評があり、入力場面ごとに最適化された補完機能が搭載されているため、報告・申請などの従業員の入力負荷を削減、従業員の利便性の向上にも寄与します。

「正確な勤怠情報を収集したいが、従業員に負担とならないか心配」といった課題を抱えている大手企業では、一度相談してみてはいかがでしょうか。

資料請求リストに追加する 

画像出典元:「COMPANY(勤怠管理システム)」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

比較検討におすすめのお役立ち資料
勤怠管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ