ジョブカン勤怠管理

記事更新日: 2020/01/30

執筆: 小野塚祐佳子

運営コメント

「ジョブカン勤怠管理」は出勤やシフト、休暇申請など勤怠に関わる悩みを解決してくれるツールです。ジョブカン経費精算と連動すれば、毎月の経費管理も一緒に自動化でき、管理工数が圧倒的に減少します。色々な勤務体系に対応できるので、すでに他ツールを導入済みでも現状の勤怠管理にまだ課題があるオフィスには特におすすめしたいツールです。

1. スタッフの勤務状況やシフトを管理

オフィス・店舗・医療機関など、あらゆる職場に対応できる柔軟な勤怠管理機能を搭載。

2. スタッフの勤務状況を自動集計

スタッフのタスクを登録・管理できる。タスクごとの工数集計・分析も可能。

3. 超過労働対策機能を搭載

時間外労働を集計し、超過があると自動アラートでお知らせしてくれる。

良い点

クラウド型勤怠管理システムでは、口コミ満足度・認知度共に業界No.1。勤怠管理に関わる全機能が提供されており、フルセットで導入することも、必要な機能のみを利用することもできる、使い勝手の良いツールです。

悪い点

月額最低利用料金は2,000円なので、注意が必要です。勤務時間の打刻に外部機器を導入する場合は別途コストがかかるので、事前に確認しておきましょう。

費用対効果:

機能が充実しているにもかかわらずユーザー1人あたり200円で利用でき、とてもコスパが良いと言えます。

UIと操作性:

直感的な画面操作で誰でも簡単にシフト入力できます。

社外連携:

MFクラウド給与やクラウド給与計算ソフト freeeなど主要な給与計算ソフトと連携可能。LINEやSlackと連携して打刻や有休残日数・シフトの確認をすることもできます。

知名度:

4万社以上の導入実績。多くのメディアにも取り上げられています。

サポート体制:

契約後はもちろん、無料お試し期間中でも全てのサポートを受けられます。サポート方法はメール・チャット・電話から選べます。チャット・電話によるサポートは平日のみ、時間も限られているので、注意が必要です。

ジョブカン勤怠管理の3つの特徴

1. 様々な打刻方法を選べる

勤怠管理と一言で言っても、職場により働き方は様々ですが、「ジョブカン勤怠管理」はどのような職場にも対応できるよう多彩な打刻方法を用意。

自社にぴったりの方法を見つけることができます。


選べる打刻方法


初期導入コストを押さえたいなら、外部機器を必要としない方法を選びましょう。

会社の共用のPCや各社員のPC、携帯電話を使って勤怠管理を行うことができます。出先から携帯電話で打刻できるので、外出の多い職場には最適。

外部機器を導入すると、打刻方法の選択肢はさらに広がります。

手軽に本人認証を行いたい場合は、ICカード打刻がおすすめ。スタッフの電子マネーカードを利用して打刻できる上に、ジョブカン経費精算と連携すれば、毎月の経費精算も一緒に行えて非常に便利です。

変形労働・フレックス・裁量労働など勤労形態は様々。また、どの職場でも働き方は今後変動していく可能性があります。

「ジョブカン勤怠管理」はあらゆる勤務形態に対応できる幅広い選択肢をもつため、安心です。


選べる打刻機器

2. 必要な機能だけ契約できる

勤怠管理に関する悩みは、職場によって色々です。

「紙で管理しているので手作業集計が不安」「シフトの作成・管理が大変」「書類の置き場がないからペーパーレス化したい」などなど。

「ジョブカン勤怠管理」なら、欲しい機能を選んでカスタマイズできるので、必要な機能のみ単独利用可能。

無駄なコストが発生しないことは嬉しいですね。

利用していく中で機能を追加・削減することも可能なので、気軽に始められそうです。


選べる機能一覧

3. 万全のセキュリティ

勤怠情報は従業員の個人情報を含むので、セキュリティが気になるところ。「ジョブカン勤怠管理」ならこの点も安心です。

データは複数拠点で管理され、災害時などハードウェアにトラブルが起こっても自動で切り替えされるようになっています。

ハードウェアは常に監視されているので、万が一トラブルが起こっても迅速に対処してくれるでしょう。

個人情報保護規格「JIS Q 15001」を取得していることからも、その信頼性は明らか。不正ログインをブロックできるように、ログイン制御機能も搭載されています。


安心の運用体制
 

 

ジョブカン勤怠管理の料金プラン


初期費用・サポート費用は一切かかりません。

30日間は無料で全部の機能を使うことができ、その後は人数に応じて月額費用が発生します。

機能は「出勤管理」「シフト管理」「休暇・申請管理」「工数管理」の4つ。

1つから選択でき、組み合わせは自由です。いくつの機能を使うかによってプランが変わります。

利用料金の総額は、利用プランの金額×人数となります。管理者用アカウントには料金は発生しません。これは嬉しいポイントです。

 

ジョブカン勤怠管理の評判・口コミ

グループウェアから『ジョブカン』シリーズに一気に乗り換え
株式会社ラクスル様

『ジョブカン』シリーズには勤怠管理、その中にシフト管理機能、そして別にワークフローが揃っており、さらに採用管理も持っているということで、グループウェアから一気に乗り換えることにしました。シフト管理にかかっていた工数が3分の2程度に削減されました。

労働時間への意識が芽生え、アルバイトの残業時間が約50%削減
株式会社箱根湯本ホテル(箱根ベーカリー)様

計3社のクラウド勤怠管理システムを比較し、打刻機能に加えてシフト管理機能が充実していること、コストパフォーマンスが良い点が導入の決め手となりました。集計業務が大幅に削減され、勤怠状況がリアルタイムで見えるので、日次で労働生産性を把握できるようになりました。

導入2ヶ月目で集計にかかる時間が1/2まで短縮!
学校法人 木下学園様

ジョブカン勤怠管理導入後は勤怠情報をリアルタイムで確認できるので、管理側、従業員側両方の時間削減につながりました。 また困ったときにサポート窓口の方がすぐに対応してくれるので、導入がスムーズに行くのは非常に嬉しいですね。休暇の取りやすさはあがったように感じています。

※「ジョブカン勤怠管理」公式HP参照

まとめ

「ジョブカン勤怠管理」は、1人200円から利用できるとてもコスパの高い勤怠管理ツールです。

4万社以上の導入実績からもその実力は明らか。

働き方改革により今後ますます多様化していくであろう様々な働き方にも対応できる柔軟性の高いツールです。

導入前に30日間フル機能をお試しできるので、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

登録はとても簡単、数分で終了。最短即日で運用開始できることも魅力です。

まだ導入していない企業向けに機能概要や活用法に関する合同説明会を随時開催しています。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

画像出典元:「ジョブカン勤怠管理」公式HP

その他の【勤怠管理システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ