マネーフォワード クラウド勤怠

3.8

記事更新日: 2021/05/06

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

シンプルな勤務体系であれば使いやすい

MFの他の機能を使っていて、付属的に勤怠機能も使用できたため、コストを抑えて導入できました。MF給与で給与計算しているので、従業員情報や勤怠情報などのデータ移行が楽です。他にも、スマホやパソコン上で打刻できるのはとても便利だと感じています。シンプルな作りなので、複雑な勤務形態でない限りは使いやすいと思います。

悪い口コミ・評判

アラート機能の種類を増やしてほしい

アラート機能の種類が少ないです。「月の所定労働時間を超えたら・普段通りの出退勤時間以外でもアラートをかけられる」など、もう少し種類を増やして欲しいです。また、シフト機能を事前に時間設定する必要があり、アルバイトや変形時間労働制の場合、その度に事前設定をするのが面倒です。

編集部コメント

マネーフォワード クラウド勤怠は勤怠管理だけでなく、シフト管理や有給休暇管理・異動履歴管理にも対応できるシステムです。マネーフォワード クラウド給与と連携すれば、勤怠管理から給与計算までを一気にシステム化できるので、非常に作業が楽になります。給与計算にも課題を感じている企業には特におすすめしたいシステムです。

勤怠管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

勤怠管理を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

マネーフォワード クラウド勤怠だけ知りたい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

マネーフォワード クラウド勤怠の資料を請求
1. 勤務時間の管理

勤務時間・休日日数を集計管理するだけでなく、設定したルールを逸脱した時にアラートをとばせる

2. シフト管理

シフトパターンの作成・シフト募集・シフト公開など、シフトに関する全作業を効率化

3. 各種サービスとの連携

会計・確定申告・請求書・経費・給与・社会保険などマネーフォワードの各サービスと連携して運用可能

良い点

GPS機能が搭載されているので、従業員の外出が多い企業にはおすすめです。マネーフォワードの各サービスと連携すれば、社内業務全体を効率化できます。

悪い点

打刻方法が少ないことがデメリットです。生体認証による打刻方法は用意されていません。

費用対効果:

基本料金+ユーザーごとの従量課金制となっております。

UIと操作性:

青を基調とした落ち着いたシンプルなデザインです。打刻画面には適度にイラストが入っており、日本語が分からないスタッフがいても操作できるでしょう。

購入ハードル:

一ヶ月間、無料体験が可能です。

マネーフォワード クラウド勤怠の3つの特徴

1. あらゆる雇用形態に対応可能

マネーフォワード クラウド勤怠は、基本勤務制・シフト制・裁量労働制など、あらゆる雇用形態に対応できる勤怠管理システムです。

操作画面・管理画面、共に適度なイラストが入っており、カジュアルで使いやすい印象です。

事前に設定すれば、基準を超えた労働に対してアラートを飛ばすことができるので、労務管理の観点からも安心して運用できます。

2. 異動履歴管理を搭載

異動履歴管理はマネーフォワード クラウド勤怠ならではの機能です。ジョブカン勤怠管理やjinjer勤怠管理には搭載されていません。

この機能により従業員の異動日・雇用形態・役職など過去の異動履歴を全て管理可能。

また、役職や就業ルールが変更される予定の従業員に対し、事前に異動内容を予約でき、指定した日付に情報をアップデートできます。

異動は一定の時期に集中しやすいものなので、その時期の仕事を分散できることは、管理する側にとってはありがたい機能ですね。

全てをweb上で簡単に完了できます。


異動予約画面

3. 給与ソフト連携

マネーフォワードクラウド給与と連携させることによりwebで打刻をするだけで給与計算まで自動で行えて、人事の仕事を大幅に効率化できます。


マネーフォワードは多くのサービスを提供しているので、勤怠管理以外もまとめて効率化したい場合はおすすめです。


マネーフォワード提供サービス一覧

マネーフォワード クラウド勤怠の料金プラン

マネーフォワード クラウド勤怠は、個人事業主、小規模・中小企業向け、上場企業・IPO準備企業向けで基本料金が異なります。

下の表は、小規模・中小企業向けの基本料金プランになります。

どのプランでも、基本料金+ユーザーごとの従量課金となっており、勤怠管理システムの場合、1人あたり基本料金+300円の従量課金が発生します。
(*注:従量課金は5名までは無料、6名以上の場合発生)

1か月の無料お試しが用意されているので、導入前に必ず試してみましょう。

 

マネーフォワード クラウド勤怠の評判・口コミ

サービス業

101〜250人

たまにフリーズするが基本的に使いやすい

使いやすいと感じた点を教えてください。

大きな数字で時間をリアルタイムに秒単位で、分かりやすく目視にできる点が良かったです。小さい文字だと見えづらいし、アナログだとわかりづらいです。

不便だと感じた点を教えてください。

データ通信にかかる容量が大きいのか、たまにフリーズすることがあり、そのときは不便に感じました。退出ボタンをクリックしても、反映されなかったり更新できていないことが、たまにありました。そんな時は一度放置して、時間をあけてまたクリックすると反映出来たので大きな問題という訳ではないですが、そこが改善されたら更に良くなると思います。

他の会社にもおすすめしますか?

たまに起きる不具合は気になりますが、基本的には使いやすいのでオススメしたいです。手動のタイムカードなど古いシステムよりかは明らかに使いやすいし、効率が良いです。

IT業

251〜500人

MF系のサービスを利用している場合はおすすめ

利用にかけた費用

初期費用0円、1ユーザあたり300円/月で利用しています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

出退勤の管理をすべてWeb化できるため、コロナ禍におけるリモートワーク対応が容易に実施できました。また間接部門では、月の勤怠集計の時間が他システムと比べて半分以下の時間で実施することができ会社全体の作業コストが低減されました。

また、マネーフォワードの給与計算ツールとも1ボタンで連携できるため、勤怠情報から各社員の給与計算が簡単に実施でき使いやすいと感じました。すでにマネーフォワード系の会計サービスを利用している等の場合は連携も容易かつ使い勝手も揃っているため初期導入コストが低いことから特におすすめです。

不便だと感じた点を教えてください。

紙のタイムカードをそのままWeb化したサービスであるため画面が使いづらく、例えば出勤時間を誤った場合の変更などの手修正の手間が大きくWeb化の恩恵を受けづらいです。また、メンテナンスタイムも少し長いため、事前にメンテナンスタイムを把握して管理する必要があるなどサービス利用の仕方をよく考えなくてはいけない点が不便です。

製造業

101〜250人

営業だと、後日打刻をし直さなければいけない

使いやすいと感じた点を教えてください。

出社して打刻機での打刻をする以外にも、スマートフォンなどの携帯端末や、パソコン上でも打刻が出来るのは便利だと感じました。どの打刻方法だったのかということも一覧になるので、そのあたりも集計や管理をする側にとってもわかりやすいのではないかと感じます。

また、打刻機のみでの打刻の勤怠管理システムに比べて、色々な方法で打刻できるので利用する側の利便性が高いと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

しかし、出社せずに、例えば営業先などに直接行く場合や、営業先から直接帰る場合に、後日打刻の修正の処理をしなければならないのが不便で、人によってはその処理を忘れるということも多く、月初に前月分の勤怠の承認処理がなかなか確定しないということも多かったです。

IT

251〜500人

コロナ禍でのリモートワーク対応が容易に実施

利用にかけた費用

初期費用0円 1ユーザあたり300円/月で利用していました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

出退勤の管理をすべてWeb化できるため、コロナ禍におけるリモートワーク対応が容易にできて良いと思いました。

また、間接部門では月の勤怠集計の時間が他システムと比べて半分以下の時間で実施できたので、会社全体の作業コストが低減されました。

不便だと感じた点を教えてください。

紙のタイムカードをそのままWeb化したサービスなので画面が使いづらいです。例えば出勤時間を誤った場合の変更などの修正手間が大きくてWeb化の恩恵を受けづらいと感じました。

またメンテナンスタイムも少し長いため、事前にメンテナンスタイムを把握して管理する必要があるなどサービス利用の仕方をよく考えなくてはいけない点が不便です。

外部連携はしやすいと感じましたか?

マネーフォワードの給与計算ツールと1ボタンで連携できるので、勤怠情報から各社員の給与計算が簡単にできて使いやすいと感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

簡単に導入できるため他社にもおすすめです。

すでにマネーフォワード系の会計サービスを利用している等の場合は、連携もしやすくて使い勝手もよく、初期導入コストが低いことから、特におすすめです。

職業指導員

51〜100人

承認フローが複雑な処理も一つのシステムで完結できる

利用にかけた費用

月:10,000円ぐらい

勤務形態・雇用形態

フレックスタイム制

使いやすいと感じた点を教えてください。

  • スマートフォンからでも打刻できる
  • 一度入力したデータをブラウザで保存してくれる
  • 休憩時間を管理者側で自動入力してくれる

こういったことから、勤怠入力の手間がなく助かりました。

有給休暇や休日出勤など、申請が一つのシステムで完結するので、無駄に連絡する頻度も減りました。

不便だと感じた点を教えてください。

強いて上げれば、PCで画面表示している際に、スクロールバーを操作しなければ出てこないボタン(勤怠提出ボタン?)があり、その操作が面倒でした。

使用するディスプレイによるかと思いますが、表示倍率を変更出来る機能があればより便利だと思います。

外部連携はしやすいと感じましたか?

承認されたかどうかがメールで連絡が来るのは大変ありがたいです。

他の会社にもおすすめしますか?

ぜひ他の会社にもおすすめします。

承認フローが複雑な有給休暇申請、残業申請、休日出勤申請など、一つのシステムで完結できて、作業時間の大幅な短縮になります。

まとめ

この記事ではマネーフォワード クラウド勤怠の特徴・評判・料金を解説しました。

勤怠管理だけでなく、会計や給与計算にも課題を感じている企業には特におすすめです。

もちろん勤怠管理機能だけでの運用も可能です。

青を基調としたシンプルな操作画面なので、ITリテラシーの低い従業員が多い職場でも安心して導入できますよ。


画像出典元:マネーフォワード クラウド勤怠

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の勤怠管理システム

勤怠管理
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ