リクナビHRTech勤怠管理

記事更新日: 2020/05/09

執筆: 編集部

編集部コメント

※リクナビHRTech勤怠管理は、2020年3月31日をもってサービス提供を終了しています。

KING OF TIMEの提供を受け2018年8月にリリースされた勤怠管理システム。初期費用もかからず月額300円とコストを抑えて出退勤の打刻、シフトの管理を行うことができます。

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

勤怠管理ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

1. 出退勤の打刻

様々な打刻方法を使い社員・従業員の出退勤を管理

2. シフト管理機能

リクナビHRTech 勤怠管理内で勤務希望日を管理者に伝えることができる

3. 残業時間の設定・アラート機能

残業時間や日数、遅刻等があればアラートで知らせてくれる

良い点

リクナビHRTech 勤怠管理ならば自動で集計のため、給与計算者の労力と時間、タイムレコーダーの用紙類のコストダウンになる。

悪い点

KING OF TIMEのOEM提供を受け2018年8月27日から始まった若い勤怠管理システムゆえに、実績が少ない。

費用対効果:

ユーザー1人300円(税別)で利用できるところは無駄がない。打刻システムも無料で利用することができます。

UIと操作性:

勤怠システムシェア率№1の「KING OF TIME」からOEMを受けているので、UI並びに操作性に問題はないです。

社外連携:

クラウド型勤怠システムの為、社外でも勤怠システムの閲覧は可能。さらに管理者権限機能があるので、信頼もあります。

サポート体制:

KING OF TIMEからOEMを受けるも、サポートまでしてくれているのか不安は拭えないです。

※OEMとは、製造メーカーが他社ブランドの製品を製造することです。

ここではキングオブタイム(製造メーカー)がスマートHR(他社ブランド)の製品を製造している、ということになります。

リクナビHRTech勤怠管理の3つの特徴

1. 勤怠管理・集計

勤怠管理システムの最大の特徴といえば、やはり「勤務時間等の集計」と言えるでしょう。勤怠管理システムがない・タイムレコーダーなどで管理している場合、普通勤務日の集計から休日出勤の集計をしなければなりません。

残業時間の集計の他に深夜時間があればその時間の集計もする必要があります。

しかし、リクナビHRTech勤怠管理を導入すれば、勝手に集計してくれる上に、給与ソフトを連携することで自動給与計算もしてくれます。

リクナビHRTech勤怠管理導入でコストダウン

給与ソフトと連携していなくとも、様々なレイアウトでCSVをエクスポート・インポートできるので、これまで大変だった給与計算が劇的に変わってきます。

給与計算をよりスマートに!

2. 忙しい部署の把握・人事の移動・シフト管理

勤務日数並びに時間を管理することで、どの部署の誰が忙しいか、逆にどの部署が時間を持て余しているかも可視化できます。

勤怠管理システムを導入することは、単に勤務日数・時間を集計するだけではなく、適正な労働の配分を行うことが可能です。さらに、忙しい部署や適切な労働配分がわかってくると、適切なシフト管理も整ってくることになります。

シフト管理も助けてくれる

リクナビHRTech勤怠管理では、シフト管理者に勤務の希望日を伝えることができるので、適切な人員の配置もできれば、管理者は勤務の希望日をかなえることも容易になります。

勤怠管理システムは集計作業を楽にするだけでなく、適切な人員配置にも大いに役立つのです。

3. 不正打刻防止・アラート機能で勤務時間を適正に

リクナビHRTech勤怠管理では、無料の打刻方法が「共有PC」「個人PC」「スマートフォン」と3つの準備があります。共有PCであれば、決まった場所にPCを配置すればよいですし、スマートフォンはほとんどの人が所有しています。

さらに不正打刻をなくすことだけではなく、異常な勤務状態も把握することも可能です。リクナビHRTech勤怠管理にはアラート機能があり、残業時間などの異常があれば知らせてくれます。

アラート機能で異常をいち早くキャッチ

社員や従業員が多く時間が不規則な場合は、管理者は一人一人の残業時間をその都度管理することは難しいですが、リクナビHRTech勤怠管理が残業の異常を知らせてくれるのですぐに対処できるでしょう。

また、残業だけでなく遅刻も知らせてくれるので、職場の健全化も図ることができます。

料金プラン

リクナビHRTech勤怠管理の料金

上記の他に、打刻システムは別途値段がかかります。

プラン 料金
パスワード認証 無料
MYレコーダー 無料
モバイル 無料
ICカードリーダー
(PC接続)
3,700円
ICカードリーダー
(専用端末・液晶なし)
59,500円
ICカードリーダー
(専用端末・液晶あり)
95,000円
指ハイブリッドリーダー
(PC接続)
29,500円

初めは無料の打刻システムを導入し、その後自社に合った打刻システムに変更するのが良いでしょう。

まとめ

政府による働き方改革により、勤怠管理が重要視されてきています。また、勤務時間や残業、休日出勤など、社員・従業員の勤務管理はとても大変な作業です。

そこでリクナビHRTech勤怠管理を取り入れることで、勤怠管理をスムーズかつ簡単にすることができます。給与計算のミスも減り、給与計算に掛かる時間や人員も減らすことができるので大幅なコストダウンが見込めます。

30日無料のお試し期間もあるので、検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

【おすすめ11選】もう迷わない!人気の勤怠管理システムを徹底比較!

勤怠・労務管理システムを一覧で紹介!特におすすめな勤怠・労務管理システムを企業規模・ニーズに合わせて徹底比較・解説します。勤怠・労務管理システムの選び方は?導入するメリットは?

画像出典元:「リクナビHRTech勤怠管理」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【勤怠管理システム】【勤怠管理アプリ】のツール

起業ログが厳選する勤怠管理
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
THE給与
jinjer勤怠
マネーフォワード クラウド勤怠
ジョブカン勤怠管理
MINAGINE就業管理システム
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ