スマレジ・タイムカード

3.1

記事更新日: 2021/04/28

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

自然と明るい職場になる

笑顔を認証して勤怠登録出来ます。出勤時間や退勤時間をスマホからアプリで入力することが出来るのでわざわざ会社のパソコンを開いたりする必要がないのでとても便利です。笑顔が検出できれば打刻されるので、出社時の社員の気持ちが明るくなるので自然と明るい職場になります。

悪い口コミ・評判

GPS機能が不評だった

GPSを利用して、出退勤時に位置情報を記録することができ、不正を防止することができるのですが、GPS機能がついていることが社員に不信感を抱かれているように感じる方もいたようなので、そこまでの機能はなくても良いのではと感じました。

編集部コメント

スマレジ・タイムカードは、従業員の勤怠データをもとに自動で給与計算でき、給与計算作業を効率化できることが魅力的です。低価格ながら、顔認証による打刻方法も選択できます。機能は限定されますが、従業員30人以下の場合は無料で利用できるので、ぜひ試してみることをおすすめします。

勤怠管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

勤怠管理ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

1. 勤怠管理機能

職場に合わせた記録方法で、効率的に日々の勤怠管理が可能

2. シフト作成・管理機能

シフトの作成から従業員への共有まで簡単にできるので、シフト作成にかかる手間を削減

3. マイナンバー管理機能

マイナンバー法によって厳格に定められているマイナンバー管理を安全に行える

良い点

タイムカードのような高価な機械やカード用紙は必要なく、スマホやタブレットから勤怠報告できるのでコスパが良いです。顔認証打刻も選択できます。

悪い点

主に店舗向けの勤怠管理システムです。そのためシフト勤務制、休憩管理、外出がない企業には向いていません。

費用対効果:

有料版で使える給与計算機能は、他の給与計算ソフトと連携しなくても自動で計算ができるのでお得です。

UIと操作性:

シンプルなUIと操作性なので導入後すぐに馴染めるでしょう。

サポート体制:

web上のヘルプサイトでマニュアルを確認できます。メールでの問い合わせも可能です。

スマレジ・タイムカードの3つの特徴

1.  給与計算の作業が不要

残業、時間外労働、休日出勤など色々な給与ルールに則り従業員の勤怠データをもとに自動で計算するので、給与計算の作業自体が不要です。複雑な賃金体系や各種保険・税金・独自手当も設定できます。

また、スマレジ・タイムカードは「クラウド給与計算ソフト freee」「MFクラウド給与」「弥生給与」と連携することで、勤怠データを取り込むことが可能です。

給与計算ソフトに勤怠情報を入力する作業を省略することができるので、入力ミスや作業時間を大幅に削減できます。

給与計算サービスと連携

2.  Web上で休暇管理が可能

従業員の有給休暇や代休などの休暇の管理は、アナログな管理台帳での運用だと、人数に比例して管理コストがどうしても増えてしまいますよね。

スマレジ・タイムカードの休暇管理はクラウド上にいつ、誰が、どういう休暇をとったのかなどの情報を全て記録し、効率的な管理が可能です。

また、スマレジ・タイムカードは休暇の申請や承認がweb上で簡単に完了でき、管理画面やメールで通知されるので承認や確認漏れの心配もありません。

承認された休暇は勤怠情報や給与計算、シフトに自動的に反映されます。

申請、承認の手続きがオンラインで簡単

3.労務アラートで規定違反を未然に防ぐ

働き方改革が進む昨今、企業は従業員の勤怠状況を厳しく管理する必要があります。

スマレジ・タイムカードでは、従業員の時間外労働や遅刻回数を自動で監視・警告を行なってくれるため、細やかで漏れのない管理が可能になり、社内規定の違反を未然に防げます。

ただし、社内の労務規定については事前に作成が必要です。


規定を作成する

事前に設定した規定に近づいた従業員に警告通知を行うことで、 労務担当者が作業することなく、 従業員の勤怠状況を適切な状態に保つことが可能です。

通知方法は管理画面上での表示やメール通知など、多彩な設定が可能です。

警告状況は、警告・違反履歴の一覧で確認できるので、労務担当者もひと目で把握できます。

警告・違反履歴はひと目で確認可能

スマレジ・タイムカードの料金プラン

スタンダードプランは利用者30名まで月額無料です。31名以上から利用者が一人増える毎に月額は110円(税込)増額されます。使用できる機能は「勤怠管理」のみです。

プレミアムプランは利用者10名まで月額2,200円(税込)です。11名以上から利用者が一人増える毎に月額は330円(税込)増額されます。使用できる機能は「勤怠管理」「給与計算」「シフト作成・管理」「休暇管理」です。

エンタープライズプランは利用者10名まで月額6,600円(税込)です。11名以上から利用者が一人増える毎に月額は660円(税込)増額されます。プレミアムプランで使える機能に加え、「日報管理」「プロジェクト管理」「マイナンバー管理」と全ての機能が使えるプランです。

利用できる従業員数に制限はありません。利用開始後のプラン変更は可能です。

スマレジ・タイムカードの導入事例

タイムカードでスタッフのコンディションを確認
粉もん屋とん平

スマレジ・タイムカードを導入したことで、勤務時間に対する意識改革も起きています。顔写真を撮影して打刻する、簡易認証機能も利用しています。顔写真を見ることで従業員の様子がわかりますし、特に意識しなくても顔を見ることができるというのは、大きなメリットです。

オンラインで勤務状況が確認できる
NECO REPUBLIC東京

iPadをピッとタッチするだけで打刻できるので、アルバイトのスタッフにも使いやすいと思います。自分のスマホから勤務の実績時間を確認できるのは、特にアルバイトのスタッフには便利なのではないでしょうか。 また店舗に必要な機器を設置する場所には限りがあったので、iPadのようなコンパクトなデバイス1台で、レジにも勤怠管理にも様々な用途で活用できるというのは、とても助かります。

※引用元:「スマレジ・タイムカード」公式HP

スマレジ・タイムカードの評判・口コミ

不動産業

11〜30人

直行直帰が多い会社には向かない

不便だと感じた点を教えてください。

写真を撮って打刻するのですが、間違えて別の社員としてログインして打刻してしまうことがありました。またその場合、顔写真と名前が不一致でも気付きにくいです。

顔写真を確認する場合、小さいサムネイル(このサイズでは判別が難しい)をクリックしなければ拡大表示されず、一人一人確認していくのが手間です。

使いやすいと感じた点を教えてください。

写真を撮るため不正がしにくいので、外回りや直行直帰が多い会社では向かないですが、いつも場所が決まっている職場におすすめします。

GPS打刻ではエラーが多いですが、こちらは写真を撮るので絶対に現地に来ているという証拠になりますし、シフト登録も一人一人履歴を記憶してくれるので、素早く登録できます。

また、顔が見られるので、管理する側も顔と名前が一致するのはスマレジ・タイムカードの良いところだと思います。

サービス業

501〜1000人

営業職

スマレジと連携して使える

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマレジ・タイムカードは笑顔で勤怠登録出来る勤怠管理システムで、出勤時間や退勤時間をスマホからアプリで入力することが出来るのでわざわざ会社のパソコンを開いたりする必要がないのでとても便利です。クラウド型POSシステム「スマレジ」と連携しており、売り上げ・来店数とシフトの関係を逐一チェックすることが可能なのも良かったです。

不便だと感じた点を教えてください。

スマレジは笑顔を認証して勤怠の登録を行うシステムですので、気持ちが落ち込んだ時も笑顔を作らなければならないのでしんどいと感じる時もありました。また、笑顔の写真が保存されてしまうので他の人に見られるのが少し恥ずかしかったです。

メーカー

51〜100人

MFクラウド給与との連携が可能

利用にかけた費用

月額:200万円前後 初期費用はわかりません。

使いやすいと感じた点を教えてください。

アプリや管理画面から出退勤の記録ができます。場所を選ばず、自宅からでもかんたんに出退勤を記録できるので便利です。

不便だと感じた点を教えてください。

GPSを利用して出退勤時に位置情報を記録して不正を防止することができるのですが、GPS機能がついているということが社員にとって不信感を抱かれているように感じる方もいるようなので、そこまでの機能はなくても良いのでは、と感じました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

外部連携に関しては、マネーフォワードクラウド給与との連携は、事前に説明も記載してあるので簡単でした。

他の会社にもおすすめしますか?

出張やテレワークどこにいても勤怠システムに手軽に入力できます。

ややこしくなくどんな人でも使いやすく、なおかつ不正も起こらないような管理しやすいシステムなので、勤怠管理まで人手が回っていない会社さんにおすすめです。

メーカー

1001人以上

頻繁に外出する社員が多く在籍している会社におすすめ

利用にかけた費用

イニシャルコストなし、月額費用162,800円

勤務形態・雇用形態

フレックスタイム制

使いやすいと感じた点を教えてください。

これまでは、社員証の磁気カードで勤怠管理システムを構築していました。社員の中には社員証を忘れる人がいたり、社員証に磁石をつけてしまって磁気が効かなくなったりなどのトラブルが多発して困っていました。このシステムはスマートフォンでの管理なので、通常はスマホを忘れる社員はおらず、勤怠管理の精度が向上しました。

不便だと感じた点を教えてください。

人事部門としては、これと言って不満はありません。ただ、このシステムではGPSで社員の居場所を管理できるので、それを「プライバシーの侵害だ」と不服を申し立てる社員が多くいました。うちの会社では、社用のスマートフォンを支給しているわけではなく、個人所有のスマートフォンを使用しているため、携帯端末料金などに不安を感じる社員も多かったです。

外部連携はしやすいと感じましたか?

我が社ではMFクラウド給与を使用していて、相性が良いと感じました。勤怠管理情報を給与計算に直結できるようになりました。

他の会社にもおすすめしますか?

頻繁に外出する社員が多く在籍している会社に向いていると思います。GPS機能があるため、外出先からの出勤入力も手軽にできます。最近はコロナ禍で在宅ワーカーも増えたので、テレワークを導入している企業にもおすすめできます。

不動産

101〜250人

30名までは無料で使用できるため

利用にかけた費用

30名までの無料プラン

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマレジは一部出向社員のみが使用していたのですが、社員や事業所の追加・削除が簡単にできて便利でした。特定のアカウントを管理者として登録して、管理者のみが社員や事業所の追加・削除をして、管理者以外は出退勤の打刻しかできないようになっている仕組みもよかったです。

不便だと感じた点を教えてください。

不便というほどではないのですが、パスワードがあれば誰でもログインできてしまうのは、正確さの面で気になりました。本人でなくても出退勤の打刻ができてしまいます。実際、別の従業員が打刻を行って出社時間を誤魔化していたという不正がありました。

他の会社にもおすすめしますか?

30名までは無料で使用できるため、小規模事業者が勤怠管理のために導入するのであれば機能的には十分でしょう。ただし、外部ツールとの連携はできなかったと思うので、基本的に出退勤の打刻だけをしたいという会社におすすめです。

メーカー

101〜250人

不具合や操作の問題を解決するまでの手間が結構面倒

利用にかけた費用

契約料が10万円ほどと、アカウント数×1500円。

さらに機能追加オプションで値段が上がっていくというシステムのようでした。

勤務形態・雇用形態

週休2日の基本勤務です。

使いやすいと感じた点を教えてください。

  • 給料計算などの経理作業を潤滑に行えること
  • 従業員の細かなスケジュール管理と把握ができること

不便だと感じた点を教えてください。

総務担当なのですが、導入当初から半年くらいは、毎日のように問題が起こりました。従業員からの問い合わせを我々が受け、こちらからサポート窓口に問い合わせて説明を聞き、改善できなければリモートで遠隔操作をしてもらって…と、かなりの手間がかかって心が折れそうになりました。

今でもまだ不具合や操作の疑問などが生じています。解決するまでの手間が結構面倒です。

外部連携はしやすいと感じましたか?

クラウド発展給与。連携自体はセットアップの際に業者の方にやっていただいたので、特に問題はなかったです。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめできません。導入すると聞いたときは、「最新システムが導入される事はいいこと」「経理関係の事務処理も楽になるだろから早く使い方を覚えよう」など思っていましたが、慣れるまでの時間がかかりすぎで、返ってデメリットになっていると思うからです。

製造

101〜250人

使い方がわからない社員の対応は結局社内でしなければならない

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

打刻するタイムカードを使っていたときと比べると、1枚1枚カードを保管するのではなく、データ管理ができるのはありがたいと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

システム上の問題ではないかもしれませんが、使い方がわからない社員の対応は結局社内でしなければならないところです。使う人のITリテラシーが低いと、説明が大変です。

他の会社にもおすすめしますか?

ある程度こういったシステムを使い慣れている人、またはその手のプロの方じゃないと使いこなせないと思います。他にもっとわかりやすいツールもありそうなので、特別こちらをおすすめはしません。

保育園

11〜30人

スマホで簡単に写真を撮って勤怠管理ができる

利用にかけた費用

入社した時からあったのでわかりません。

勤務形態・雇用形態

正社員

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマホで簡単に写真を撮って勤怠管理ができることです。顔写真を撮らないといけないので、会社にとっては遅刻やごまかしができず便利だと思います。後から30分単位で修正ができるのも便利だと思います。

他の会社では打刻するPCがありましたが、そのときは社員が多く、順番待ちや打刻忘れがありました。今の会社は人数が少ないので、今のところ打刻忘れはありません。

不便だと感じた点を教えてください。

顔写真を取った後「使用する」を押しても、なかなか反映されないことがあって不便です。

他の会社にもおすすめしますか?

小規模な会社なら十分に活用できると思います。給与計算のための、勤務時間を割り出すのにも便利だと思います。

通信

51〜100人

今の時代に必要なテレワークにも適応している

利用にかけた費用

初期費用30万 月額1万

勤務形態・雇用形態

基本勤務体制

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマホから出退勤を記録できるところです。テレワークを行った際に、難しい操作もなく自宅から簡単に出退勤を記録できて便利でした。

不便だと感じた点を教えてください。

私自身は不便だとは思いませんでしたが、同僚の中には「申請してもうまく記録されない」とボヤいている人もいました。会社組織で動いているので、使い慣れるまでに個人差があるのは問題かな、とは思いました。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめできると思います。この勤怠管理システムは、今の時代に必要なテレワークにも適応していると思うからです。導入がスムーズにできれば、便利に活用できるのではないでしょうか。

IT

51〜100人

出退勤処理に手間がかかり困っている会社におすすめ

使いやすいと感じた点を教えてください。

スマートフォンで出退勤を申請できるので、会社にいても外出中でも、どちらでも使えるところが良いと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

我が社には高齢の従業員も多く在籍しているのですが、そういった方々はスマホの使い方には慣れていません。ガラケー慣れていて、アプリの使い方をなかなか理解していただけなかったので、使い方を説明するのが大変でした。「出勤退を記録したはずだ」と言われたのを確認してみると、実際には記録されていなかったというミスも度々生じていました。

他の会社にもおすすめしますか?

出退勤の申請や処理がかなりスムーズになると思うので、そういった処理の手間に困っている会社には向いているかもしれません。慣れない社員のフォローもしっかりできるような会社であれば、難なく導入できると思います。

まとめ

この記事ではスマレジ・タイムカードの特徴・評判・料金を解説しました。

スマレジ・タイムカードは飲食店などの店舗を持っている会社におすすめのシステムです。シフト作業の管理や自動で給与計算もしてくれるのでアルバイトの勤怠管理にもぴったりです。

スマホやタブレットで勤怠報告ができるので、出張する社員が多い会社でも活躍します。

出張の日数や外泊期間のデータも入力して管理可能です。データはすべてサーバー上に管理されているので、どこからでも情報を閲覧できます。

従業員数が30人以下で勤怠管理機能しか使わない会社は無料で利用できるのでお得ですが、勤怠以外の機能が充実しているため、有料プランでもコストパフォーマンス良く利用できるシステムです。

画像出典元:「スマレジ・タイムカード」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理の資料を一括ダウンロード

その他の勤怠管理システム

勤怠管理
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ