GRATICA

記事更新日: 2022/02/09

執筆: 編集部

編集部コメント

従業員間のコミュニケーションの活性化と満足度アップを図るクラウドツール

GRATICAは、従業員同士で感謝の気持ちをサンクスカードにして伝え合うための社内SNSサービスです。

サンクスカードを利用して感謝を伝え合う習慣をつけることで、社内の人間関係の改善を図り、従業員の満足度をアップさせることで、離職防止にもつながる可能性があります。

社員間のコミュニケーションのためにサンクスカードを利用することで、嬉しくなる言葉をもらえると、仕事のモチベーションも上がります。

一方、サンクスカードは日本ではあまりなじみがないため、導入後社内で浸透させるために、時間がかかるという声も出ています。

社内SNSを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

社内SNSを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

GRATICAだけ知りたい方はこちら

GRATICAの資料を請求
良い点

管理画面で集計したサンクスカードの送信枚数やチップの数により、社内での人間関係の動向確認や課題発見などが可能。 社内人事やチームビルディングにも役立てることができます。

悪い点

一定期間使用しなかった場合、再度ログインする際の手順が面倒という声も。

費用対効果:

無料トライアルによりお試しが可能であり、初期費用も無料で導入できます。

UIと操作性:

1000種類以上のテンプレートカードから好きなカードを選択するだけのシンプルな操作で、サンクスカードの作成ができるようになっています。

セキュリティ:

月額プランの選択によって、セキュリティを強化することが可能です。

GRATICAの導入メリット4つ

1. 社内のコミュニケーションを活性化

オンライン上で従業員同士でサンクスカードを送り合うサービスです。

リモートワークなどにより社内でのコミュニケーションが不足している場合、サンクスカードを利用して感謝の気持ちを伝えてコンタクトを取ることで、職場環境の改善につながります。

コミュニケーションもしやすくなる

 

2. 操作性がシンプルで使いやすい

好きなデザインのカードを選んでメッセージを入力するだけで、相手にサンクスカードを送ることができます。

そのため、オンラインサービスに慣れていない方でも、気軽に利用できるようになっています。

サンクスカードのデザインは1000種類以上もあり、季節のイベントやかわいい動物のイラストなど、自分の伝えたい内容や、送る相手に合わせて選ぶことも可能です。

操作も簡単

3. ギフトがもらえるポイント機能

チップを添えてサンクスカードを送るという機能がついています。

受け取ったチップの数に応じてポイントが付与されるようになっており、そのポイントはスポンサー企業が提供する商品と交換したり、慈善団体に寄付することも可能です。

ギフト機能で従業員のモチベーションアップ

 

4. 管理画面で人材管理も可能に

GRATICAの管理画面では、期間ごとに、社内で利用したサンクスカードの枚数、送り合ったチップの枚数などを確認することができます。

そのデータをもとに、社内やチームの関係性を知ることができるため、社内人事やチームビルディングにも活用することが可能です。

エンゲージメント調査も可能

 

資料請求リストに追加する

 

GRATICAのデメリット2つ

1. 簡単なコミュニケーションのやり取りには不向き

サンクスカードの作成、利用に特化したサービスであるため、通常のコミュニケーションツールのようなやり取りをしたい場合には、多少面倒な点もあります。

社内でやり取りしたカードは、非公開設定は可能ですが、他の従業員も見ることができるようになっています。

2. 他のコミュニケーションツールとの連携が困難

コミュニケーションツール「Slack」との連携が可能で、Slackを利用しながらサンクスカードを送ることができるようになっています。

しかし、その他のコミュニケーションツールとの連携は現状困難であり、利用方法が限られてしまう可能性があります。

GRATICAの料金プラン

初期費用:無料

有料プランは3種類あり、ユーザー数によって月額固定費用が変動します。

チームや中小規模の企業には、基本機能が備わっている「Standardプラン」がおすすめです。

  Standard Business Premium
月額固定費用
(税表示不明)
¥30,000~
¥100,000
¥50,000~
¥200,000
要問い合わせ
ユーザー数 100~1,000 100~1,000 要問い合わせ

 

競合製品との料金比較

GRATICAは「初期費用無料」で、「2週間の無料トライアル」が用意されているため、社内に合ったツールかどうか導入前にお試し利用することができます。

競合他社の料金プランが公開されていないため、詳細な比較は難しいものの、初期費用が発生しない分導入しやすいといえるでしょう。

  GRATICA RECOG Unipos
初期費用 ¥0 要問い合わせ 要問い合わせ
月額費用 ¥30,000 要問い合わせ 要問い合わせ
無料トライアル あり あり なし

 

資料請求リストに追加する

 

GRATICAの評判・口コミ

サンクスカードの導入により、従業員エンゲージメントの向上に貢献
日本トイザらス株式会社

あるスタッフが、同じチームの後輩にオリジナルのマニュアルを作っていることをカードのやり取りで知りました。別のスタッフも、新人のアルバイトスタッフに作業のポイントをびっしり書いたメモを渡していたのですが、そのスタッフは先輩のカードを見て、自分も後輩の力になりたいと思ってやってみたとのことでした。相手を思いやる温かな想いが広がっていることを実感して嬉しくなりました。

手軽で楽しく飽きない「ありがとうカード」で感謝を伝え合う文化を促進
株式会社マルハン

導入当初に、終礼の時間に5分程度、スタッフそれぞれがスマートフォンからカードを送る時間を作って習慣化させたところ、徐々に業務外でも気軽にカードをやり取りするようになりました。今では画像はめ込み機能を利用して、趣味や美味しいお店の情報交換など、感謝を伝える以上の気軽なコミュニケーションツールとして定着しています。

*「GRATICA」公式HP参照

GRATICAを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

「感謝を伝え合う」企業文化を醸成したい会社

企業文化として、相手を尊重し敬意をもって接する習慣を醸成したいと考えている企業におすすめです。

サンクスカードに特化したツールは少なく、オリジナルのカードも作成できるため、カードを利用して従業員に企業理念を伝えることもできるようになります。

従業員のモチベーション管理を行いたい会社

管理画面を利用してサンクスカードの送付状況を確認することができます。

その内容等から従業員の関係性や職場環境も把握できるため、従業員のモチベーション管理につなげることが可能です。

カードを送った従業員以外もサンクスカードのやり取りも確認することができるため、その内容を確認し合って、従業員同士のモチベーションをアップさせることも可能です。

資料請求リストに追加する

 

向いていない企業

普段からコミュニケーションツールを利用している会社

サンクスカードの利用に特化したコミュニケーションツールであるため、普段から活発にコミュニケーションツールでやり取りをおこなっている会社には不向きです。

 

まとめ

GRATICAは、従業員の間で、日本人には普段から言葉に表すのが難しい感謝の気持ちを伝えるためにはぴったりのサービスです。

仕事仲間から感謝の気持ちを伝えられると、職場の雰囲気が良くなりますし、仕事のモチベーションアップにもつながります。

本記事を参考にして、ぜひ導入を検討してみてください。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「GRATICA」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

社内SNSの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

社内SNS
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ