Web会議・テレビ会議について

新型コロナ対策に向けて無償提供しているweb会議システムまとめ

記事更新日: 2020/09/14

執筆: 編集部

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が出され、業務に大きな支障が出ている企業が増えてきているのではないでしょうか?

それを受けて、業務形態を「リモートワーク」に移行したいと考えている方も多いと思います。しかし、急にリモートワークを進めようと思っても一筋縄ではいかないでしょう。そんな中、リモートワークを後押しする手段として「web会議システム」があります。

そして、もともとは有料ですがコロナの自粛期間限定でサービスの無償提供を開始したweb会議システムが出てきています。

この記事では、コロナの自粛期間限定でサービスの無償提供を開始したWeb会議システム8選を紹介するとともに、無料Web会議システムを導入する際の選定ポイントやメリットデメリット、普段から無料で提供しているweb会議システム7選を紹介します。

おすすめサービスの比較を無料で!

Web会議・テレビ会議の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

コロナ期間で無償提供サービスを開始したweb会議システム8選

1.  今だけ30日間無料トライアル実施中!『Calling』

画像出典元:「Calling」公式HP

特徴

「Calling」は操作性に優れたWeb会議システムサービスです。PC・スマホ・タブレットの各デバイスからURLをクリックするだけで利用可能なので、誰でも簡単に使えます。オンラインの商談でサポートの向上を図りたいと考えている企業には非常に適したサービスです。

非常に使い勝手が良く、画質・音質も優れているシステムなので無償利用できるこの機会に一度試してみることをオススメします。

コロナ期間限定の特典

30日間無料トライアルを実施しています。

こんな企業におすすめ

・アカウント登録が面倒で、URLだけで会議を行いたい企業

他社に対してのプレゼンテーションをオンラインで行う予定のある企業

・30人以下で会議をしたい企業

・商談中にその場で資料ダウンロードを行いたい企業

アフターコロナの料金プラン

料金は初期費用20万円+1ID1,500円 / 月となっています。

契約してるユーザーが入室してないと通話が出来ない仕組みとなっておりますが、通話無制限&ルーム作成無制限と、充実した内容となっています。

 

 

2. 5月上旬から無料+時間無制限で100人参加可能!『Google Meet』

画像出典元:「Google Meet」公式HP

特徴

Google Meet(旧:Hangouts Meet)とは、G Suiteユーザー向けWeb会議サービスです。web通話機能以外にもグループチャット機能や画像共有機能なども付いているためweb会議システムとして十分に機能します。

またGoogleアカウントを持たないユーザーでも、ゲストとしてであればweb会議に参加することが可能です。

コロナ期間限定の特典

20年5月上旬から日本を含む世界各国で無償提供が開始します。

参加人数の上限は100人で、通常時は1回の会議は60分までという制限がありますが、20年9月30日までは時間無制限で利用することができます。

同じように大人数での会議が開催できる無料web会議システム「Zoom」では、参加人数の上限は同じ100人ですが1回の会議は40分までという制限があります。そのため無償提供期間中は「Zoom」よりも「Google Meet」の方がお得だと言えます。

こんな企業におすすめ

・大人数でweb会議を開催したい企業

・セキュリティ問題が心配な企業

アフターコロナの料金プラン

Google Meetでweb会議を開催するためにはG Suiteユーザーである必要があります。G Suiteの料金プラン/1ユーザーは以下の通りです。

  • Basicプラン:680円/月
  • Businessプラン:1,360円/月
  • Enterpriseプラン:3,000円/月

 

3. 4月末までの申込で5月末まで無料!『bellFace』

画像出典元:「bellFace」公式HP

特徴

ベルフェイスは「インサイドセールスに特化した」Web会議システムです。スムーズな資料共有機能・共有メモ機能・録画機能など快適な商談を実施するための機能が満載です。初めて使うクライアントでもたったの5秒で簡単に接続できるので、とても便利です。

しかし、あくまで営業活動に特化したシステムなので社内会議での利用を検討している企業にはオススメしません。

コロナ期間限定の特典

20年4月30日までの申し込みで、5月31日まで期間限定で「サービス無償提供」を実施しています。

こんな企業におすすめ

インサイドセールスに力を入れている企業

・1対1の商談をする営業部門

・専用ソフトのダウンロードやインストール、初期設定などのセッティングを面倒だと感じる企業

アフターコロナの料金プラン

  • 初期費用 300,000円
  • 月額費用 100,000円〜(従量課金制で、同時接続10人まで100,000円、11人以上は月9,000円で追加可能。1年ごとの自動契約更新で年間一括払い)

 

 

4. 今だけ導入サポートの特典!『Loop Gate』

画像出典元:「LoopGate」公式HP

特徴

「LoopGate」は全国に拠点がある企業などにおすすめのツールです。簡単なリモコン操作で扱えるため、IT活用が苦手な社員でも使いこなせます。

会議だけではなく、研修や無人受付までその使い道は多岐にわたります。遠隔地との情報共有が課題の企業で重宝するでしょう。

コロナ期間限定の特典

テレワーク・在宅勤務の導入支援サポートを開始しています。

こんな企業におすすめ

・全国に拠点があるため、無線LANで場所にとらわれずに使用したい企業

遠隔地へ商材の色・形をリアルに伝達したい企業

・ITリテラシーに自信がなくリモコン操作などに抵抗のない企業

アフターコロナの料金プラン

  • 登録手数料 1IDあたり10,000円
  • 基本料 1IDあたり月額3,800円~(IDごとに加算される料金体系)
  • 5地点以上で使用する場合、多地点接続サーバー利用料発生

 

 

5. 4月末までの申込で初期費用10万円が無料!『Fresh voice』

画像出典元:「Fresh voice」公式HP

 

特徴 

「FreshVoice Webinar」はインターネット上でセミナーを開催できるウェビナーシステムです。

参加者は好きな場所でセミナーを視聴でき、セミナー終了後は質疑応答も行えます。商品説明や代理店セミナー、社内セミナーなど様々な種類のセミナーを実施できます。

コロナ期間限定の特典

4月30日までの申込で、初期費用10万円が無料になります。

こんな企業におすすめ

Google Chromeをインストールしている企業(PC参加の場合インストールが必須)

・ウェブセミナーを多く行う企業

アフターコロナの料金プラン

料金については、問い合わせを行う必要があります。

 

6. 医療業界限定で無償提供実施中!『V-Cube』

画像出典元:「V-Cube」公式HP

特徴

V-CUBEミーティングは、5,000社以上が導入しているクラウド型のWeb会議サービス。

安定した接続、シンプルなインターフェイスが特徴です。Web会議ツールを導入する際には、まず検討することをお勧めします。

コロナ期間限定の特典

クリニックをはじめとする医療機関のオンライン診療や電話診療をサポートする「期間限定オンライン外来代行」サービスを4月20日から提供開始します。

こんな企業におすすめ

・最高レベルの映像品質を望む企業

・その場でアンケートを取って多数決を取りたい企業

web会議システム導入を考えている大手の企業(多数の導入実績があるため)

・民間企業以外の医療機関

アフターコロナの料金プラン

 

7. 今だけ無料版が使用可能に!『StarLeaf』

画像出典元:「StarLeaf」公式HP

特徴

働き方改革や時短勤務が可能となるような、会議を効率的かつ迅速に行うための機能が備わっています。

ワンタッチでビデオ会議を開始できる上、グループを作成してチャットや資料共有が可能なため、隙間時間を利用しながら上手に時間を使うことができます。

コロナ期間限定の特典

無料版が使用可能になっています。以下が主な機能です。

・ 無制限の1対1通話

・ 最大45分の無制限の会議(1会議あたり20人までの参加)

・ 無制限のインスタントメッセージとグループチャット

こんな企業におすすめ

・マルチデバイスを使用してどこでも会議をしたい企業

・移動中に会議予約、グループ作成をするなど隙間時間を活用したい企業

・企業データの漏洩に備えて会議を退出したアカウントの削除を自在にしたい企業

マニュアルなしで直感的に操作できることを重視する企業

アフターコロナの料金プラン

無料トライアルやデモからスタートして使用感を確かめてから購入できます。

HPからの問い合わせで、利用状況にあわせた適切な購入の仕方を案内してくれます。

接続装置の購入の他、ライセンスだけの購入も可能です。会議室数に対するライセンスか、ユーザ数あたりのライセンスという2種類の契約体系があります。

 

8. 詳細は問合せが必要だが無償提供実施中!『FACE HUB』

画像出典元:「FACE HUB」公式HP

特徴

Web会議システムによくある不要な手間が省かれており、コンタクト開始までの労力を削減できます。豊富なオプション機能の中から必要なものだけを選んで自分の使いやすいようにカスタマイズする事も可能です。

コロナ期間限定の特典

詳細は、資料請求が必要ですが無償提供を行っています。

こんな企業におすすめ

オプションで必要な機能を取捨選択したい企業

・アカウント登録やソフトのインストールが面倒だと感じる企業

音声の自動文字化を必要とする業務があるメディア系の企業

・比較的小規模な会議のみを行う予定の企業

アフターコロナの料金プラン

基本機能は無料での使用が可能です。

利用するシーンに応じて、必要なオプションのみをカスタマイズすることで、不必要な出費も防げます。

詳しい料金プランについては問い合わせが必要です。

 

アフターコロナでも無料で使えるweb会議システム7選

1. あらゆるデバイスで利用可能!『Zoom』

画像出典元:「Zoom」公式HP

特徴

Zoom(ズーム)は、UBERやデルタ航空などの米国企業の間で広く利用されているweb会議システムです。

会議の参加者はアカウント登録の必要なく、パソコンからスマホまであらゆるデバイスから、いつでも、どこにいても簡単にアクセスできます。

最大の特徴は、40分までなら最大100人まで同時に参加できるという点です。採用活動の会社説明会などの、不特定多数のゲストを招いて大規模なミーティングを開く場合に頼りになります。

1対1の通話の場合、時間やミーティング数の制限がないのも嬉しいポイントです。何度も連絡をとることになっても安心ですね。

この他、デスクトップとアプリケーションが共有できる画面共有機能や、部屋の様子を見せず、その場に相応しい背景に変更できるバーチャル背景機能など、テレワークに便利な機能が無料で利用できます。

機能

・画面共有機能
・動画や音声の記録機能
・バーチャル背景
・カレンダーアプリ連携機能
・プライベート/グループチャット機能

料金プラン

  フリー プロ ビジネス
月額費用 0円 2,000円 2,700円

 

 

2. リアルタイムに字幕もつけられる!『Skype』


画像出典元:「Skype」公式HP

特徴

Skype(スカイプ)はマイクロソフト社が提供する、最も有名なweb会議システムの一つです。パソコン、タブレット、スマホだけでなくアレクサからでも接続でき、ITツールに不慣れな方でもスムーズに始められるのが特徴です。

ただ、ミーティングホスト・ゲストの両者にアプリのダウンロードとアカウント登録が必要になってくるので、決まった相手とのやり取りに向いていると言えるでしょう。

無料版ではビデオ通話の制限時間は1通話毎に4時間、1日あたり10時間、1ヶ月あたり100時間までとなっています。

画面共有機能や動画・音声の記録機能、背景ぼかし機能などの基本的な機能は完備されており、他に、固定電話に発信できる機能や音声・ビデオ通話中の言葉を文字に変換してくれる「リアルタイム字幕機能」が備わっています。

機能

・画面共有機能
・動画や音声の記録機能
・背景ぼかし機能
・リアルタイム字幕機能
・位置情報の共有

料金プラン

  フリー Business1 Business2
月額費用 0円 220円 600円

 

 

3. 世界中の仲間や顧客と繋がることができる!『Cisco WebEx Meetings』

画像出典元:「Cisco WebEx Meetings」公式HP

特徴

「Cisco WebEx Meetings」があれば世界中の仲間や顧客と繋がることができます。「Cisco WebEx Meetings」はクラウドを使用しているため、どんな端末からでもWeb会議に参加可能。

会議への参加率がアップする他、出張費などのコスト削減にも役立ちます。

料金プラン

従量料金制と定額料金制の2種類が存在します。

  • 従量料金制:初期費用なし/1分40円
  • 定額料金制:初期費用21,500円/月額35,100円

 

 

4. シンプルに管理!『Whereby』

画像出典元:「Whereby」公式HP

特徴

Whereby(ウェアバイ)はシンプルな操作性が特徴で、ミーティングゲストはアプリのダウンロードやアカウント登録することなく、主催者から送付されたURLをクリックするだけでミーティングに参加できます。

ミーティングホストの方も操作は簡単です。アカウント登録はメールアドレスだけでよく、URLを参加者に送るだけで、簡単に招待できる招待機能が備わっています。その他の基本的な機能、画面共有、動画・音声の記録もしっかり完備。カスタム背景機能を使えば、自社商品を背景にして宣伝することもできてしまいます。

無料プランではミーティングルームは1室のみ、ビデオ通話は一度に最大4人までとされています。

面倒な手間を省いて迅速に小規模ミーティングを行いたい場合におすすめのweb会議システムです。

機能

・画面共有機能
・動画や音声の記録機能
・カスタム背景機能
・招待機能
・Youtube連携機能

料金プラン

  フリー プロ ビジネス
月額費用 0円 9.99ドル 59.99ドル

 

 

5. スマホやタブレットからでも使用可能!『Chatwork(チャットワーク)』



画像出典元:Chatwork公式HP

特徴

社内外コミニュケーションを潤滑に進める役割があるとして最近注目され始めています。

インターネット接続があればスマホやタブレットからでも利用ができ、気軽・タイムリーにやり取りが可能です。タスクやファイルの管理も可能なので、より効率的に仕事ができます。

料金プラン

  フリー パーソナル ビジネス EP
月額費用 0円 400円 500円 800円

 

 

6. URLのみでWeb会議に参加可能!『BizMee』

画像出典元:BizMee  公式HP
 

特徴

全ての機能を無料で利用することができ、操作も容易であるという点で非常にコスパの良いツールです。

映像・音声ともに高品質。内容を参加者とリアルタイムで共有できるホワイトボード機能があり、会議を円滑に行えます。

料金プラン

無料で利用できます。

 

7. 小規模会議には最適!『Googleハングアウト』



画像出典元:Googleハングアウト  公式HP

特徴

主催者以外はアカウント不要で利用人数は最大10人と、小規模会議を行うには十分です。

ただし画像の乱れが生じるなど画質音質の面で、appear.inやZoomにやや劣ります。

チャットでやり取りができる「メッセージ機能」、動画でコミュニケーションがとれる「ビデオ通話」、音声のみでコミュニケーションがとれる「音声通話(Googleアカウント宛のみ)」など、すべての機能が無料です。

料金プラン

無料で利用できます。

 

自社に最適なweb会議の選定ポイント

様々な無料のweb会議システムが存在する中で、自社に最適なものを選ぶ際には何に気をつければ良いのか疑問も多いと思います。


以下の記事ではweb会議システムの選定ポイントを紹介しているのでご参照ください。

 

無料web会議と有料版との違い

今回は、普段は有料だが期間限定のweb会議システムと普段から無料のweb会議システムを紹介しました。

では、実際に有料版と無料版ではどのような点が異なるか、ポイントをまとめます。

無料web会議と有料版との主な違いは、

  • 利用制限
  • セキュリティ

の2点です。

利用制限の違い

利用制限に関しては、無料プランでは通話時間やミーティングの開催回数、最大接続人数などに上限が設けられていることがほとんどです。

そのため大規模にweb会議を行う際には支障が出てしまうケースが多いです。

新型コロナの影響で、会社全体でリモートの会議をする場合には無料版だとストレスが多くなってしまうことも考えられるでしょう。

セキュリティの違い

セキュリティ面については、有料版の方が安心度が高いです。例えば、zoomもセキュリティの脆弱性が指摘されたばかりです。

ただ、最近では高度な暗号化や新通信方式を採用し、安全性を大幅に向上しているシステムも増えてきているため情報漏洩に関してシビアな業界でなければ大きな心配は必要ありません。

また、いくらセキュリティの整った有料のシステムでも、社員が公の場所でシステムを利用し、周囲に聞こえるボリュームで機密情報を話していては意味がないように、セキュリティに関してはシステムだけでなく社員の行動に委ねられる部分も大いにあります。

このように、有料版の方が機能性が高いことは確実ですので、コロナ期間に有料システムを無償で使えるのは見落とせないチャンスです。

ぜひ、この機会にweb会議システムを活用していきましょう。

まとめ

いかがでしたか?どのようなWeb会議システムで、どんな新サービスが提供されているのか、お分かりいただけたかと思います。

システムの導入によって、ストレスフリーなリモート環境だけでなく、生産性の向上やビジネスのスピードを高めることが可能です。

コロナ自粛期間だけでなく、今後もリモートワークは推進されていくと考えられるので、ぜひ本記事でご紹介した無料Web会議システムをの導入を検討してみてください!

画像出典元:O-dan

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Web会議・テレビ会議の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

Web会議・テレビ会議のITツール

起業ログが厳選するWeb会議・テレビ会議
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Calling
LoopGate
Lite FreshVoice
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ