Cocripo

3.3

記事更新日: 2022/03/09

執筆: 編集部

編集部コメント

Cocripo(コクリポ)は、国内5,000社以上導入、初月無料で利用可能なサポート付きウェビナー(Webセミナー)ツールです。何よりも主催者・参加者ともに簡単な操作性、安心サポートが魅力の国産ウェビナーツールで、導入企業の大小、業種は多岐にわたっています。時間・場所問わずにセミナー開催できることで、大幅なコスト削減の実現や、セミナー以外でも活用できる点などCocripoは使い方一つで働き方が変わるでしょう。ウェビナー開催までのスケジュール管理や準備内容もCocripoひとつで解決、今ならウェビナーに関するお役立ち資料もサービス運営企業様よりプレゼントしております!

ウェビナーツールを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

ウェビナーツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

Cocripoだけ知りたい方はこちら

Cocripoの資料を請求
1. アンケート作成機能

アンケート作成ボタンからウェビナー中・後の参加者向けアンケートの作成・実施ができ、ウェビナー後の情報収集が可能。

2.プレゼン資料アップロード機能

事前に資料をアップロードしておけば、ウェビナー中にプレゼン資料の配信や書き込みなども行える。

3. 動画配信機能

ウェビナー開催時に、PCに保存してある動画を配信することができる。

良い点

ウェビナー開催までのステップが非常に簡単で、主催者・参加者ともに使い勝手が良い。

悪い点

ブラウザ推奨環境がGoogle ChromeとMicrosoft Edgeのみで、ユーザー側でこれらがないと別途ダウンロードの必要あり。今後の改善に期待。

費用対効果:

初月無料な点は魅力だが、フリープランの参加可能人数が3人と少なく、人数が増えると33,000円のビジネスプランか77.000円のエンタープライズプランしかない。

UIと操作性:

シンプルなUIで、主催者もウェビナー開催登録・周知・集客が簡単に行える。参加者も特別なアプリなどは不要でURLをクリックすれば顔出しなしで参加可能。

外部連携:

ウェビナーへの招待ボタンを押すと各SNSへのシェアボタンからSNSへの告知可能。また外部ツールを利用して集めた予約者のCSVファイルを一括登録可能。

Cocripoの特徴3つ

1. UI/UXが非常にシンプル!

Cocripo導入企業の導入のきっかけに特に多いのが、UI/UXが非常にシンプルで簡単であるという理由です。

アプリのダウンロードなどの手間がなく、主催者側はCocripoのHPよりユーザー登録を行い、ウェビナーの開催情報の登録、集客、開催と一連の流れが完結できます。

参加者側も、SNSなどで告知されたウェビナーのURLからPCでもモバイルでも簡単に参加可能で、アンケートの回答なども同サイトから記入可能です。

競合他社のようにWeb会議システムの一つのウェビナー機能ではなく、ウェビナーに特化したサービスのため、ウェビナーに必要な機能のみを搭載し、シンプルで簡単に使用できることが何よりも魅力です。


Cocripoマイページトップ画面

2. コスト削減と業務効率化の実現

Cocripoは、オンラインでのセミナー開催のため、これまで発生していたような会場費、交通費、人件費など諸々の経費が大幅に削減できます

集客も、自前のSNSを使用することができ、広告宣伝にかかる労力も少なくすみます。

時間や場所に縛られることなく開催可能なため、余剰時間を利用して収益につながる別の業務に注力することも可能です。

また、これまで俗人化していたようなセミナーの内容も、録画機能を使用すれば、社内で共有することでノウハウの蓄積や継承が出来、業務効率化にも一役かうでしょう。

セミナー開催をきっかけに顧客獲得を目指しているような企業であれば、セミナー後に別途Web会議システムに誘導し、その場で商談へ持ち込むことも可能です。

Cocripoの賢い使い方を知りたいという方は、無料オンライン説明会などに参加してみても良いでしょう。


Cocripoのウェビナーならコスト削減が可能!

資料請求リストに追加する

 

3. 充実のサポートとセキュリティ

国産のツールのため、導入前の無料オンライン説明会、丁寧な操作マニュアル、質問会など様々なサポートサービスを行っています。

また、セキュリティに関しては、すべてのページに暗号化技術のSSL導入、ファイアウォール設置による外部からの不正アクセス防止など、様々なセキュリティ対策を行っています。

参加者の顔出しなしでの参加が可能なため、個人情報の観点でも安心です。


公式HPには丁寧な操作マニュアルがある

 

今なら資料請求実施者に「ウェビナー開催までのスケジュール管理も準備内容もこれ1つ!ウェビナー準備チェックリスト」もプレゼント!

資料請求リストに追加する

 

Cocripoの料金プラン

Cocripoの料金プランは3種類あり、フリー・ビジネス・エンタープライズでそれぞれ価格が異なります。

フリープランは、最大3人までの同時接続・月30時間までになりますが、録画機能など利用できない機能があります。

資料請求リストに追加する

 

Cocripoの評判・口コミ

リアルイベントよりも開催ハードルが劇的に下がった
JTBビジネストラベルソリューションズ

コロナ禍により、お客様に製品をご紹介できる機会が激減していました。リアルイベントよりも開催ハードルが劇的に下がったことで、年に数回だった自社セミナーが月に2・3回実施できるようになり、お客様との接点作りで効果が表れています。

初心者でも簡単に扱えるツールを探してコクリポを導入
一般社団法人 CC-Link協会

コロナ禍がきっかけで、協会会員の方に向けて行っていた従来の対面型セミナーや展示会の開催が難しくなったことが導入のきっかけです。全国から集客できるウェビナーのメリットにより、ご参加者数が約2倍に増えました

*「Cocripo」公式HP参照

Cocripoの評判・口コミ

IT

251〜500人

導入決定者

配信の途中で録画できなくなるのが不便

利用にかけた費用

月額費用は7万7000円。料金プランはエンタープライズ。

利用期間

2020年5月~2021年5月

導入に至った決め手

不具合を起こすことなく遠方からでも大人数で接続して動画を視聴できるようになるところです。

使いやすいと感じた点を教えてください。

・チャットでリアルタイムに質問してもらいより多くの質問に対応できた点です。

動画を視聴しながらチャットで質問できるので、別途質問の時間を確保しなくても良いので便利でした。

不便だと感じた点を教えてください。

録画機能が途中で作動しなくなったことがあったことです。

・動画配信の時間が1時間以上になり通常より長くなった際に、1時間を超過した部分が録画されていませんでした。

他の会社にもおすすめしますか?

社内外にライブ配信をしたい会社におすすめです。

100人以上が同時に視聴できる動画配信を行うことができます。

サービス

101〜250人

ログ記録から参加者の分析が可能

利用にかけた費用

無料プラン

 

導入に至った決め手を教えてください。

チーム、事業部単位での会議や総会の配信など、比較的大人数での集会を行うために導入。

 

利用期間

2019年11月〜2020年8月

 

 現在、そのツールサービスの利用をやめている場合は、利用をやめた理由を教えてください。

会社の標準チャットツールにMicrosoft teamsが導入されたため、大人数の会議や総会の配信もteams内で行われるようになったから。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・会議について事前に詳細に設定できた。自動録画や管理者の設定、各管理者の権限についての設定ページがあり、わかりやすかった。

様々なログが取り出せるので、率算出がとても簡単にできた。入退出のログまで残るので、どこまで参加者の興味が持ったのか、どの時間帯の参加率が高いのかということまで推測できた。

・会議の自動録画、会議後のダウンロードが簡単だった。

 

他の会社にもおすすめしますか?

社内・社外でセミナーを行なうことがある会社にはおすすめ。資料の共有や操作は比較的しやすく、前述のように参加者やチャットのログ、録画が容易に取り出せるから。

小売

251〜500人

日程登録はteamsの方が便利

利用にかけた費用

無料プラン

 

導入に至った決め手を教えてください。

社内会議のほか、コロナ禍における採用面接会でも使用。

 

利用期間

2019年頃〜2020年7月頃

 

 現在、そのツールサービスの利用をやめている場合は、利用をやめた理由を教えてください。

採用面接会等で、teamsに志望者をゲストとして招待することで容易に会議が開けるため、コクリポを使用する必要がなくなった。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・画面のレイアウトが固定的なので、発表者の顔を大きく表示したい時や資料を大きく表示したい時に調整ができなかった。

・多人数で同時に視聴をしていると映像の配信が滞ることが多かった。

会議スケジュール登録については、標準でチャットツールが付いていたサービス(teams)の方が使いやすかった

 

 外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

ツール連携はしづらかった。当時はメール配信でのリマインド・招待しかできなかった。

 

他の会社にもおすすめしますか?

カジュアル・突発的な会議や、会話が主体のミーティングが多い会社や場合は、会議の開きづらさやレイアウトの不便さからおすすめしない。

まとめ

Cocripoは、ウェビナーに特化したツールで非常に操作が簡単であることから、企業規模問わずこれまでウェビナー経験のない企業にとっては、非常に導入しやすいツールだといえます。

各種プランには、初月無料でトライアルできるため、一度公式HPからそれぞれの機能を確認し、自社にあったプランで試してみてはいかがでしょうか。

今なら資料請求実施者に「ウェビナー開催までのスケジュール管理も準備内容もこれ1つ!ウェビナー準備チェックリスト」もプレゼント!

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「Cocripo」公式HP

 

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ウェビナーツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

ウェビナーツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ