Cocripo

記事更新日: 2020/03/31

執筆: 編集部

運営コメント

Cocripoはオンラインセミナーにとどまらず、社内説明会・採用説明会・マーケティング調査・ショッピングサイト運営・人材誘致・地域の集会など様々なシーンで活用できるツールです。回線が安定していてストレスフリーにつなげられる上に、リアルタイムでチャットできるので、離れていても蜜なコミュニケーションをとれるでしょう。Cocripoの操作方法は、Cocripoを利用したオンライン説明会で学べるようになっています。

1. オンラインセミナー開催

オンラインセミナーにより遠隔地にいる方にもセミナーに参加してもらえる

2. 社内・社外説明会

人事やシステムなど社内制度の変更を支社に説明したり、販売代理店向けに方針説明会を開催したりできる

3. 地域の集会

自治会やPTAなどの地域活動において、メンバーが一堂に会するのが難しい場合、仕事の合間や昼休み休憩時に気軽に集まれる

良い点

セミナーにとどまらず様々な使い方ができるツールです。テレビショッピングの代わりに活用している事例もあり、その可能性は無限大です。

悪い点

4人以上での使用が想定される場合は、料金が発生します。初期費用もかかるので、導入前に想定される利用人数や接続時間を十分吟味する必要があります。

費用対効果:

最大3人まで、月30時間までなら無料で利用できます。初期費用もかかりません。

UIと操作性:

シンプルな構造で、初心者でも直感的な操作が可能です。

Cocripo(コクリポ)の特徴

安定した回線

Cocripoの最大の特徴は、とにかく回線が安定しており、映像が切れたり遅れたりすることが少ないことです。

切断リスクを最大限抑えるために、配信映像サイズの調整や映像のコマ送り伝送の自動制御が行い、安定した回線を実現しています。

万が一切れた場合でも自動再接続機能があるので、ストレスなく続行できるでしょう。

自動再接続

再接続機能イメージ

充実のアフターフォロー

ウェビナー予約・参加時に、すべての参加者にメールアドレスを登録してもらう仕組みなので、必ずメールアドレスを取得できます。

ウェビナー配信中のチャットでの発言やアンケートへの回答、いつからいつまで参加していたかという滞在時間帯は回答者ごとにすべて記憶されるので、セミナー終了後、各個人にあわせたきめ細かなフォローが可能になります。

個別にフォローできる

Cocripo(コクリポ)の料金プラン

最大3人までの同時接続・月30時間までという制限はありますが、無料で使えるプランが用意されています。

ただし、フリープランには録画機能・予約/入場時の取得項目の追加機能がついていないので、この機能を求める場合はビジネスプラン以上を申し込むことになります。

ビジネス・エンタープライズ共に初期費用30,000円がかかります。

画像出典元:「Cocripo」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ウェビナーツールの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【ウェビナー】のツール

起業ログが厳選するウェビナーツール
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
ULIZA
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ