RemoteMeeting

4.0

記事更新日: 2021/08/31

執筆: 木下千恵

編集部コメント

「RemoteMeeting」は、マニュアル不要の簡単操作で、すぐに使えるクラウドWeb会議システムです。

インストール不要でブラウザから直接、高画質&高音質なWeb会議を実施できます。99ものバーチャル会議室が用意されているので、他チームとのバッティングの心配もありません。

今なら14日間の無料トライアルがあります。とにかく多機能なので、まずは実際に使ってみることをおすすめします。

Web会議・テレビ会議システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

Web会議・テレビ会議を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

RemoteMeetingだけ知りたい方はこちら

RemoteMeetingの資料を請求
良い点

とにかく多機能で、Web会議を便利&快適に行うための機能が充実しています。面倒なプログラムのインストールも必要なく、ブラウザから利用できるのも大きなメリットです。

悪い点

導入前後のサポート体制が公式HPには紹介されていません。不安な場合はサポートの具体的内容を導入前に確認しておきましょう。

費用対効果:

リーズナブルな価格設定のうえ、初期費用も無料。自社の利用用途に合わせた料金プランが選べるのでコストに無駄がでません。

UIと操作性:

マニュアルを見なくても直感的に操作できるデザインで特許も取得。通話時間制限や同時会議接続数の制限もなく、快適に使用できます。

社外連携:

「RemoteMeeting」のAPIをチャットツールやコミュニティツール、グループウェアやプロジェクト管理、CRMシステムなど様々なサービスに連携して使用できます。

セキュリティ:

全てのデータはセキュリティ接続で送受信され、メディアデータも全て暗号化され転送。会議室には第三者の侵入を防ぐために、パスワードを設定しロックをかけられます。

導入ハードル:

面倒なプログラムやアプリケーションなどのインストールは不要です。Webブラウザから簡単に会議を実施できます。

RemoteMeetingの特徴4つ

1.Web会議をスムーズに進行できる機能が豊富

「RemoteMeeting」最大の特徴は、とにかく多機能であることです。

まずは、機能のなかでもWeb会議をスムーズに進行できるものについてご紹介します。

1.大勢の参加者を一目で確認

最大100拠点から参加の、大規模なWeb会議も開催できます。

100拠点でも参加者全員を一画面で確認可能。これなら大規模会議でもスムーズに進行できます。

100拠点を一気に確認

2.進行役モード機能

進行役モードでは、発言者を自動でメイン画面に表示できたり、参加者の発言権や共有権限の設定が行えます。


発話者を感知しメイン画面に表示


3.議事録機能

会議の議事録を共同で作成できます。

さらには、AIが話者の音声を自動でテキスト変換することで、AI議事録も作成できます。

4.画面共有

会議参加者間で画面やアプリケーションを簡単に共有できます。

何かを説明するときには、なくてはならない機能です。

5.ドキュメント共有

ドキュメントやイメージを簡単に共有できます。

共有したドキュメントには、描画ツールを使用し直説書き込みが行えたり、ポインターを使いながらプレゼンも実施できます。


複雑な画面でも共有できる

6.チャット機能

Web会議中、参加者同士でチャット会話ができます。

7.録画機能

ワンクリックで録画を開始できます。クラウドに保存されるので後の振り返りにも便利です。

2.背景ぼかしやノイズ除去でWeb会議がより快適に

次に、Web会議を快適に行うための機能を4つご紹介します。

1.画面レイアウト変更

画面レイアウトを①メイン画面表示、②分割画面表示、③スポットライト表示の3つに切り替えられます。

特定の参加者の発言に集中したいときには③スポットライト表示を選択するなど、会議のシーンに合わせて画面レイアウトを変更。

どのような会議でも効率的に進められます。


スポットライト表示


2.参加者の並べ替え

会議に入室した順番に関係なく、思い通りに参加者の表示位置を並べ替えられます。

チームや部署により画面上で参加者をまとめられるので、視線があちこち行かず快適に会議に参加できます。

3.背景ぼかし機能

背景ぼかしやバーチャル背景を利用し、プライバシーを守れます。

リモートワーク中自宅のどこからでも躊躇することなく会議に参加でき、カフェや公共の場での映り込みも避けられます。


バーチャル背景設定


4.ノイズ除去

工事の音、ペットの鳴き声、キーボードを叩く音など、会議中に雑音となる音を除去できます。

音声の途切れも極力防ぐことができ、発話者の声がよりクリアに聞こえ、会議に集中しやすくなります。


反復して発生し一定時間続く小さな音を雑音とし除去

3.面倒なインストール不要!ブラウザから直接つながる

「RemoteMeeting」は事前にインストールすることなく、ブラウザから簡単に会議を開始・参加することができます。

パソコン操作に苦手意識があっても、インターネットを使う感覚で簡単に会議を実施できるのは魅力です。

インストールの必要がないので、社内システム上、ソフトフェアのインストールが難しい顧客が相手でも安心して商談に利用できます。

リンクを送るだけで招待でき、アカウントの登録も必要ありません。

ブラウザ上での会議でも、HD画質の高画質!

ソフトウェアのアップデートも必要ないので、いつでもWebブラウザから最新のシステムを利用できます。


インストール不要

4.大量会議室でバッティングを気にせずにすむ

「RemoteMeeting」では、99のバーチャル会議室を同時接続制限を気にすることなく利用できます。

99室も会議室があれば、よほどの企業でない限り、会議室不足には陥らないはずです。

バーチャル会議室は、Web会議室一覧画面(ラウンジ)から簡単に空き状況を確認でき、空いている部屋を選ぶだけですぐに会議を始められます。

また、参加者は、ラウンジから会議室を選ぶ(クリックする)だけで、すぐに会議に参加。

「RemoteMeeting」のこのラウンジ機能は特許を取得しています。


Web会議室一覧画面(ラウンジ)

RemoteMeetingの資料を無料ダウンロード

 

RemoteMeetingの料金プラン

初期費用は無料

Web会議の実施時間に応じた従量制プランとユーザ数に応じた定額制プランが用意されています。

  従量制プラン 定額制プラン
初期費用 0円 0円
利用料金 29円/分 月額990円/ユーザ
*最小購入単位:5ユーザ
契約期間 無し 1年
会議時間 使用時間に応じた課金 無制限
同時開設会議室数 無制限(最大99室) 無制限(最大99室)
ユーザ登録 無制限 無制限
適した使い方 ・使用頻度が少ない
・毎月の使用量が一定でない

・使用頻度が高い
・使用するユーザが固定されている
・Web会議を使用する

 

RemoteMeetingの資料を無料ダウンロード

 

RemoteMeetingの評判・口コミ

IT

251〜500人

参加者全員で資料を正確に共有できた

利用期間

2020年6月~2021年8月現在 

導入に至った決め手を教えてください。 

簡単な操作でWeb会議を始められたところです。 

 使いやすいと感じた点を教えてください。

Web会議で必要な資料を、参加者全員に正確に共有できた点です。Web会議で新規事業に関する打ち合わせを行った際に、手元にある資料をWeb会議参加者全員に、クリックなどの操作で共有できました。同じ場所にいなくてもスムーズに打ち合わせを進められて良かったです。 

不便だと感じたこと点を教えてください。

チャットでのコメントが途中で止まってしまう事態があったことです。ツール内のチャットで他の社員たちとやり取りできるようになっていたのですが、数分おきに固まってしまいました。打ち合わせの開始時間を早めたいなど、大事な約束事に関する連絡ができずに、作業時間を有効活用できなかったことがあったので、不便さを感じました。 

 外部連携はしやすいと感じましたか?

PowerPoint と連携して他の社員たちと資料を共有しながら打ち合わせができたので、連携しやすかったです。 

他の会社にもおすすめしますか?

Web会議を積極的に導入したいけど、システムエラーなどの問題が発生してなかなか導入できていない会社におすすめです。煩雑な手続きやインストールを行わずに、早ければ即日でWeb会議を始められます。

サービス

51〜100人

議事録まで作成されて便利

利用期間

2020年4月~2021年9月現在も使用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

コロナ禍による在宅ワークを進めるために、どこでも会議ができることを目的として取り入れました。 

 使いやすいと感じた点を教えてください。

高画質高音質で画像共有や議事録までとってくれる機能が非常に便利だと感じました。そのため、本社出勤しなくても何の支障もないぐらい、スムーズな会議で情報共有できるようになりました。 

不便だと感じたこと点を教えてください。

結構な頻度で断線したり動画が途切れてしまうことがありました。サービスも機能性も良いので、この問題点を改善してもらえれば、もっと使い勝手は良くなると感じました。 

他の会社にもおすすめしますか?

在宅ワークを取り入れている会社、出張や外出が多い会社など、社員が本社には不在がちな会社におすすめできます。

メーカー

1001人以上

多人数で画面共有でき使いやすい

利用期間

2020年1月〜2021年9月現在も使用中

導入に至った決め手を教えてください。

在宅勤務を推進するなかで、多人数での会議を行うため。

使いやすいと感じた点を教えてください。

多人数で同じの画面を共有できて、そこに書き込みができる点が使いやすいです(ホワイトボード機能)。

チャット機能で、その会議に参加している人にテキストメッセージを送ることができるのも便利です。

不便だと感じた点を教えてください。

資料を共有するときに、自分が資料を投影すると、カメラで写っている相手方の顔が見えなくなる点です。

例えば社内教育で皆の反応を見ながら進めたいときに顔が見えないのは不便です。また、参加者がゲストボードで入ったときに、誰が参加しているのかが画面からはわかりません。聞かないと把握できないところが不便だと感じました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Outlookとの連携はしやすいです。スケジュール上で進行中の会議、または次の会議への参加ボタンが現れるので、会議アプリを立ち上げなくても会議にすぐ移動できるからです。

他の会社にもおすすめしますか?

他の会社にもおすすめします。理由は、Windows上で機能するので導入が簡単だからです。

特に、国内外を問わず多人数でディスカッションしたり、同じ資料を見て何かを創造したりする会社には有効活用できると思います。

不動産

1001人以上

シンプルな作りで使いやすい

利用期間 

2021年春頃~2021年9月現在も使用中

使いやすいと感じた点を教えてください。 

操作が簡単でした。シンプルなインターフェースなので、ごちゃごちゃしてなくていいです。逆にzoomは機能が多すぎて、当社では不評でした。

不便だと感じた点を教えてください。 

強いて言えば、リモート参加者が増えるにつれ各々ラグが発生して会議にならないことがままある点です。数人で行う分には問題ありません。(ラグ自体がアプリケーションの問題とは別問題かもしれないのでなんとも言えませんが)

他の会社にもおすすめしますか? 

普通にオススメです。IT系はもちろん、これからリモートワーク導入したい中小零細企業にも向いていると思います。リモート会議に使えるので、働き方が本当に変わると思います。

サービス

11〜30人

コスパが良く内容も充実

利用期間 

2020年5月~2021年9月現在も利用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

・文字が見やすい 

・ラグが発生しにくい 

・背景が多いなど、他社とは違う様々な内容 

値段の割に充実していたと(コスパがよい) 

不便だと感じた点を教えてください。 

・人数が多く入ると、けっこう重くなりやすい 

・接続場所が遠いと少し重くなる 

・画面配列が少し見にくい 

・問い合わせても返事が遅い。 

・チャットの場所が分かりにくい 

・チャットの文字が大きすぎる 

・スタンプが押しにくい 

・画面共有しにくい 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

BOXと連携しました。容量が無制限になるので使いやすかったです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

おすすめします。悪い点もありますが、良い点も結構あります。何より内容が充実していて良いと思います。私の会社では少人数で使ってますが、30人程度ならサクサク使用できます。

小売

501〜1000人

B to Bビジネスを行う会社などにオススメ

利用期間 

2019年10月〜2021年9月現在も使用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

Skype for business のサポート終了を受けて導入に至りました。機能云々は関係なく、outlook導入済みであったため、同サービスを導入しやすかったです。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

コロナ禍にて社外との面談を非常に組みやすい点。メールで招待URLを送付することが容易で、先方にも参加方法を説明しやすかったです。Skypefor businessですとセキュリティ設定などが複雑で先方と上手く会議ができませんでした。 

不便だと感じた点を教えてください。 

先方にoutlookが導入されていない場合、使用できないところです。顧客のネット環境及びシステム環境によっては会議が開けず、zoomなど、他のツールを使わざるを得ない場合があります。 

他の会社にもおすすめしますか? 

B to Bビジネスを行う会社様におすすめです。画面の共有、音声の通りやすさ、会議中の先方PCのコントロールなど、他の無料ツールでは満足できない良い部分があると感じます。

まとめ

この記事では「RemoteMeeting」の特徴・評判・料金を解説しました。

「RemoteMeeting」のAI議事録(自動テキスト化)やラウンジ機能で空き会議室をすぐに確認できるのは、数あるWeb会議ツールの中でもとりわけ便利ですね。

14日間の無料トライアルで使用感を実際に確かめられるのも嬉しいポイントです。

RemoteMeetingの資料を無料ダウンロード


画像出典元:「RemoteMeeting」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Web会議・テレビ会議の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】Web会議システム選びのお役立ち資料
Web会議・テレビ会議
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ