Cisco webex teams

記事更新日: 2020/05/25

執筆: 編集部

編集部コメント

「Webex Teams」はチーム仕事に最適なコラボレーションツールです。場面を問わずプロジェクトの促進・チーム関係の強化・ビジネス課題の解決をサポートします。作業を進めるのに必要な様々なツールが集約化されていて使いやすく、チームのパフォーマンスを最大限に発揮するのに役立ちます。使用している他のツールと連携して業務の効率がより向上します。

1. ファイル共有機能

ドラッグ&ドロップでファイルをチームスペースへ入れるだけで暗号化されたファイルとして共有可能。

2. メッセージ開封確認機能

メッセージが開封されたかどうか確認可能。

3. パワフルな検索機能

ファイル・メンバー・メッセージ等、必要な情報をスピーディーに検索可能。

良い点

無料でも基本的な機能を使え、いつでも簡単にセットアップできます。ファイルの暗号化や、暗号キーを管理するオプションを利用して常にセキュリティが確保が可能です。

悪い点

それぞれのネットワーク速度別にストリーミング品質をコントロールして欲しいとの声も。

費用対効果:

UIと操作性:

PC・スマートデバイス・アプリいずれも簡単なインターフェースで操作できます。

導入ハードル:

無料版があり導入しやすいです。

他言語対応:

日本語・英語・中国語・スペイン語・フランス語等、様々な言語に対応しています。

Cisco webex teamsの特徴3つ

1. チームで行うプロジェクトの効率アップに貢献

Cisco社には様々なITソリューションがあります。今回紹介している「Cisco Webex Teams」に似ているものだと、Cisco webex meetingsというweb会議システムがあり、これは従来のテレビ会議やWeb会議の運用をより効率的に可能にする、"会議を行う"為のサービスです。

これに対し「Cisco Webex Teams」は、"共同作業の効率を最大限に高める"というコンセプトのもと設計されたサービスです。

大きな違いとしては、Webex Meeatingsは、「会議主催者」が会議を主催し、参加者への招集を行ったり各会議の管理を行うのに対し「Webex Teams」は誰でも自由に会議主催者になれることです。

また、「Webex Teams」なら、いつでもどこでも様々なデバイスで簡単にコミュニケーションを取れるので、テレワーク時のコミュニケーション不足の解消・プロジェクトの進捗確認や関係強化に利用できます。

Googleカレンダー・Box・Zendesk等、他のツールと連携すれば、業務がより効率よく進められるようになります。チームは社内メンバーだけでなく、パートナー企業、クライアントなど組織を超えてメンバーを追加でき「Webex Teams」を使用していない人でも、SIP デバイスや Microsoft Skype for Business で簡単に会議に参加できるのも便利です。

共同作業の効率を最大限に高める

2. 「Cisco Webex Teams」の様々な機能

「Cisco Webex Teams」では、チーム内での確実な情報共有とタイムリーなコミュニケーションが可能です。

会議への参加は、ボタンにタッチするだけ!スケジューリングも簡単で、参加者・議題・及び会議の詳細が自動的に組み込まれます。

ファイルデータの共有は、チームスペースにドラッグ&ドロップすれば簡単に共有でき、ダウンロードしなくてもプレビューですぐに確認可能。メッセージはすべて、会議を開いた場所に保存される為、会話やファイルを簡単に探すことができます。

また、途中からチームに参加したメンバーも過去の情報や、やりとりがひと目で分かるため、円滑な情報共有ができます。

さらに、お互いの顔を見ながらのビデオ通話や複数人によるWeb会議も実施でき、スワイプで簡単にデバイスを切り替えられるため外出先から参加することも可能です。

そして、ミーティングの際、アイデアは言葉だけでなく、簡単なスケッチや絵を交えて説明すると、より伝わりやすいものですが、ホワイトボード機能では手描きの絵や図をライブ共有しながらミーティングを進められます。

ホワイトボードを共有し、様々な デバイスから相互に書きこみ、意見を出し合えるので、アイディアや意見が膨らみ創造性が上がります。


ホワイトボード機能の例

3. 「Cisco Webex Teams」のセキュリティ

現代社会は機密データであふれています。会社の機密データは常に攻撃者に狙われている可能性もあるので、セキュリティ侵害が起こらないよう対策を取り、安全に利用する必要があります。

「Webex Teams」に使用されているシスコのクラウド サービスは、業界最高・最先端クラスのセキュリティを保持しているので安全に安心して利用できます。

メッセージ・ファイル・ホワイト ボードの描写をやり取りする際には、送信者のデバイスから受信者のデバイスに届くまでエンドツーエンドでデータに鍵をかけ、デバイス間で常にセキュリティを維持できます。サイズの大きなファイルも暗号化でき、制御を強化したい場合は、オンプレミスで独自の暗号化キーで管理することも可能です。

また、万一デバイスを紛失したり、盗難にあったりしても、PINによる保護ポリシーが適用される為、認証なしにデータは取得されません。必要であれば「Webex Teams」の情報を完全に消去できるので安心です。

その他、最近増えつつある、社外で機密データをうっかり共有してないか、会社の専門家が管理・監視可能。「Webex Teams」なら、いつでもどこでも安全に利用できます。


エンドツーエンドで暗号化の例

Cisco webex teamsの料金プラン

詳細はお問合せをする必要があります。

まとめ

リモートで仕事をしている人、社内社外交え複数人でプロジェクトを行っている人にお勧めです。

フェイス・トゥー・フェイスに勝るとも劣らないビジネスシーンでの円滑なコミュニケーションが可能になるサービスです。

ビジネスメッセージ・ファイル共有・音声やビデオ会議・資料共有・ホワイトボード・録画機能など、チームでパフォーマンスを最大限に発揮するための機能が一つに集約されているので仕事のパフォーマンスが上がります。使用している他のツールと連携することで、業務をさらに効率化できます。

また、エンドツーエンドでの暗号化を実現し、セキュリティ対策も万全なので安心して利用できます。PCやスマートフォンやタブレット等、様々な端末に対応し、アプリが無くてもブラウザで利用可能です。

そして、チームには、社内メンバーだけでなく、パートナー企業、クライアント等組織を超えてメンバー追加できます。「Webex Teams」を使用していない人でも、SIP デバイスや Microsoft Skype for Business で簡単に会議に参加できるのも便利です。

いつでもどこでも、人とチームをつなぎ、ビジネスにおけるインタラクティブなコミュニケーションを可能にします。「Cisco webex teams」を使えば、よりクリエイティビディが上がること間違いありません。

画像出典元:「Cisco webex teams」公式HP

その他の【社内SNS】【Web会議・テレビ会議】【社内コミュニケーションツール】【ビジネスチャット】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ