Strap

記事更新日: 2022/07/12

執筆: 木下千恵

編集部コメント

リアルタイムでアイデアを共有でき、プロジェクト進行の効率化に最適 

「Strap」は、豊富なテンプレートでアイデアを気軽に資産化できるオンラインホワイトボードです。海外製のオンラインホワイトボードが多い中で、日本語での問い合わせに対応しているほか、導入後の初期設定までおこなってもらえます。

競合製品には無料で継続利用できるツールもあるなかで、Strapには有料プランしか用意されていませんが、IPアドレスによるアクセス制限が可能であり、セキュリティに強みがあります。
開発や企画などセキュリティを確保しておくべき会議で活用したい企業にうってつけです。

オンラインホワイトボードを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

オンラインホワイトボードを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

Strapだけ知りたい方はこちら

Strapの資料を請求
良い点

キャンバスの大きさが無限で、自由にボードを作成できます。フローチャートなどテンプレートも豊富に用意されており、規模の大きいプロジェクトでも対応しやすいです。

悪い点

チームでのコミュニケーションを活発化させるためのツールなので、個人用のプランが用意されていません。

費用対効果:

有料プランのみですが、どのプランでもアイデアを視覚化しやすい機能やセキュリティ対策など全ての機能を利用できます。

UIと操作性:

共同作業をしているユーザーのマウスカーソルが表示されるので、誰がどこをみているかわかりやすいです。情報共有のしやすさを重視する方に適しています。

知名度:

ソニーやライオン、パナソニックなど大手企業に導入された実績があります。活用事例もたくさん公開されているので、評判を確認してから導入したい方におすすめです。

Strapの導入メリット4つ

1. プロジェクトごとにボードを作成して共同編集できる

Strapはプロジェクトごとにホワイトボードを作成してリアルタイムで共同編集できます。

単にWeb通話で打ち合わせをするのではなく、チームで思考を視覚的に整理したい企業におすすめです。

作成したボードはボード名の一覧からすぐにアクセスできます。

URLで情報を共有することも可能です。

見たいボードにスムーズにアクセス

2. 思考をサクサク構造化できる

カスタマージャーニーやリーンキャンパス、3C分析など、さまざまな目的に使える多様なテンプレートが用意されており、思考を構造化できます。

図形を選択すると矢印が表示されるので、フロー図やツリー図もサクサクと作成可能です。

会議後に資料化する手間を省きたい方や、図示化のスピードを重視する方におすすめできます。

フロー図やツリー図を簡単に作れる

 

3. 非公開プロジェクトの情報も整理できる

Strapではメンバーを限定してボードを共有できるので、非公開プロジェクトに関しても安心して情報を整理できます。

共有するメンバーはチェックを入れるだけで簡単に追加できます。

オプションを活用すればIPアドレスによるアクセス制限も可能です。

情報漏えいのリスクを減らしたい企業におすすめできます。

共有メンバーを指定できる

4. 初めてでも安心して使えるサポート体制

導入を検討するにあたってWeb会議による打ち合わせに対応しており、導入確定時には初期設定まで行ってくれます。

導入後も平日11時~17時の時間帯に日本語での問い合わせに応じているほか、希望制でハンズオンセミナーも実施しています。

初めてオンラインホワイトボードを利用する方でも安心です。

日本語によるサポート

資料請求リストに追加する

 

Strapのデメリット2つ

1. 個人用のプランがない

Strapは、チームでのコラボレーションを促進するツールなので、個人利用プランが用意されていません。

個人事業主やフリーランスの方だと利用を検討しづらいです。

ただ、社内で利用する分には関係のないデメリットでしょう。

2. Excelなどと連携できない

Excelやスプレッドシートのデータを取り込む連携機能がありません。

データを共有したい場合には、リンクを貼ったり、作成したグラフなどを画像化してアップロードしたりといったひと手間が必要です。

Strapの料金プラン

有料プランは、Small/Medium/Largeと3プランあり、いずれのプランもすべての機能を利用可能で、データ容量やボードの作成数は無制限です。

ユーザーごとの課金ではなく、ユーザー数に応じてプランを選択できます。

2週間の無料トライアルですべての機能を試せるのも嬉しいポイントです。

金額につきましては、以下の無料資料をダウンロードして、ご確認ください。

資料請求リストに追加する

 

競合製品との料金比較

  Strap miro Zoom
月額費用 要問い合わせ フリー:無料
ビジネス:20ドル/ユーザー
(税表示なし)
0円
※アカウント所有者


競合製品には、無料で使えるフリープランを提供しているmiroがあります。

ただし、miroのビジネス向けプランは1ユーザーあたり月額20ドルのため、Strapのほうが、ユーザーごとの課金ではないため安価で利用できる可能性があります

Web会議ツールのZoomは、アカウント登録の手間が必要となりますが、無料でホワイトボードを利用できます。

Strapの評判・口コミ

ボードが無限で自由に思考を表現できた
一般財団法人次世代環境船舶開発センター

Strapは、ボードが無限なので範囲を気にせず思考を広げることができました。例えば、PowerPointだとスペースに限りがあるので、思考もその範囲でしなければいけない気がしてくるんです。なんとかスペースに収めようとして図を小さくしたりとこだわりはじめると、発散の妨げにもなってしまいます。その点、Strapはどこまでも好きにボードを使えるので、自由に思考を広げられました。

顧客への説明にも役立っている
株式会社monomode

最近では、ECソリューション局でお客様への提案でもStrapを利用する機会がありました。オンラインでの提案で、プランニングワークで作成したフレームワークの分析結果を画面共有してStrapの画面を見せながらご提案していましたが、お客様からの理解・納得度も高く、評価いただけたと効果を実感しています。

ワークショップの振り返りに便利
ライオン株式会社

物理的なホワイトボードでは、いつまでも内容を残しておけないので、記録の保存や、後日続きのワークショップを行うときの振り返りが面倒でした。その点、Strapでは無限のボードにワークの軌跡を残すことができ、使用したページを見るだけで流れを思い出せるので助かっています。

*「Strap」公式HP参照

ITツールを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

 顧客にも情報を共有したい会社

Strapは、閲覧だけであれば課金対象外であり、ログインも不要です。

顧客に整理した情報を確認してもらうという使い道があります。

顧客に情報を共有する機会が多い企業はとくに有効活用できるでしょう。

 導入に失敗したくない会社

Strapはトライアル期間中にすべての機能が使いたい放題です。

オンラインホワイトボードの使い心地を試し切ってから導入できます。

オンラインホワイトボードの導入に失敗したくない会社におすすめです。

資料請求リストに追加する

 

向いていない企業

 無料で利用し続けたい会社

トライアル期間が終了したあと、あるいは支払いが完了しない状態のまま一定期間が経過すると、データが削除される場合があります。

最低限の機能でもよいから無料で使い続けたいという企業には適していません。


 

まとめ

Strapはチームのアイデアを気軽に作図して資産化できるオンラインホワイトボードです。

ボードの公開範囲を設定できるほか、IPアドレスによるアクセス制限も可能であり、情報漏えいが気になる方でも安心して利用できます。

海外ツールと違って日本語で問い合わせできるので、初めて利用する方にもおすすめです。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「Strap」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

オンラインホワイトボードの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するオンラインホワイトボード
オンラインホワイトボード
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ