プロジェクト管理について

【最新版】おすすめプロジェクト管理ツール25選を徹底比較!

記事更新日: 2022/08/10

執筆: 編集部

プロジェクト管理ツール(システム)は、メンバーがリモートワークで離れた場所で働いていても、同時に複数のプロジェクトが進行していても、タスク管理や進捗管理がスムーズにできる便利なツールです。

これまでエクセルなどでプロジェクト管理していた方にとって画期的な一方、どれを選んでいいのかわかりづらいツールでもあります。

この記事では、おすすめのプロジェクト管理ツールのご紹介と共に、選ぶ際のポイント、メリット・デメリットを徹底解説していきます!

この記事に登場する専門家

ログミー株式会社代表取締役

川原崎晋裕

3年間、エン・ジャパンの営業として働いた後、2007年に株式会社サイゾーに入社。

サイゾー初のWebメディアである「日刊サイゾー」を立ち上げ、自ら編集・運営・マネタイズなどを担当。その後、サイゾーウーマンなど計10メディア以上を立ち上げ、合計1億5000万PV/月以上の事業へと育て上げた

2013年8月に独立して株式会社フロックラボ(現・ログミー株式会社)を設立。さまざまな企業のWEBメディアをプロデュースしつつ、動画書き起こしメディア「ログミー」を立ち上げ、現在に至る。

取材実績

今、ログミー川原崎晋裕さんと考える「編集者」という存在」(キャリアハック)

サイゾーの雑誌編集者を経て独立!『書き起こすことで、面白い情報やアイディアを みんなでシェアしたかった』」(15年9月、Synapse)

> 続きを見る

おすすめサービスの比較を無料で!

プロジェクト管理の資料を一括ダウンロード

このページの目次

プロジェクト管理ツールとは?

プロジェクト管理ツール(またはシステム)とは、プロジェクトのスケジュール管理、メンバーのタスク管理、進捗管理など、目標達成に向けてプロジェクト運営を可視化できるツールです。

同時進行で複数のプロジェクトを担当している場合や、多くのメンバーや複数の企業の参加するプロジェクトなどで進捗を管理するのに有効です。

また、現在はリモートワークなど働き方が多様化しているため、離れた場所で勤務しているプロジェクトメンバーと情報共有や進捗共有ができるという点でも導入する企業が増えています。

プロジェクト管理ツール選定ポイント3つ

1. 用途にあった機能があるか

プロジェクト管理ツールはそれぞれ特徴があり、機能ごとにざっくり分けると、以下のようなグループに分けられます。

  • スケジュール管理・タスク管理に優れている

  • 情報共有に優れている

  • 大規模プロジェクト向け

  • その他独自の特徴があるもの


どのような用途でプロジェクト管理ツールを使いたいのかを明確にした上で、用途にあった機能を特徴として持つツールをいくつか比較してみましょう。

2. クラウド型 or オンプレミス型

プロジェクト管理ツールの導入形態は、大きく分けてクラウド型とオンプレミス型があります。

リモートワークに適しているクラウド型

クラウド型は、クラウド上にあるサービスをインターネットを介して利用するため、リモートワークでメンバーが各々異なる場所で勤務している企業に適しています。

また、導入の際の費用もほとんどかからず、短期間で月額料金さえ払えば利用できるツールが多い点もメリットです。

リモートワーク、短期間・小規模のプロジェクトには絶対的にクラウド型がおすすめです。

大規模・長期間のプロジェクトに適しているオンプレミス型

オンプレミス型は、自社サーバーにインストールする形でツールを利用する形態で、カスタマイズ性が高く、セキュリティが強固なことが特徴です。

また、クラウド型に比べて導入コストがかかりますが、一度導入してしまえば、月額料金はかからず運用費だけで済むため、プロジェクトが長期間に渡る場合はコスパが良いこともあります。

現在の働き方の多様性に適しているのはクラウド型ですが、場合によってはオンプレミス型が合うケースもあるのでよく確認してみましょう。

3. 導入費用

プロジェクト管理ツールにかかるコストは、無料のものから、ユーザー数・ストレージ量などに応じた月額料金がかかるもの、開発導入費用・保守運用費がかかるものまで様々です。

プロジェクトに関わる人、期間、用途に応じてツールを選別し、かけられるコストを検討していきましょう。

おすすめのプロジェクト管理ツール6選

1. Q&Aとメモで簡単情報共有!『Qast』

画像出典元:「Qast」公式HP
 
 

Qastの特徴

Qast(キャスト)は、Q&Aやメモとして投稿することで簡単にナレッジの共有ができる情報共有に特化したナレッジ経営クラウドです。

シンプルさを追求したUIで、社内の疑問はQ&Aで、ナレッジ共有はwikiに投稿することが可能で、TeamsやSlack上のメッセージを投稿することもできます。

ナレッジ経営を組織に定着させるためのサポート体制も整っており、導入後も安心して利用できます。

Qastの機能

  • Q&Aやメモによる投稿
    テンプレートを事前に保存できる機能もあり、簡単に投稿できる。
  • 検索機能
    投稿された文章だけでなく、添付ファイル内も検索可能。
  • 既読人数の可視化
    各投稿ごとに既読人数と、既読者を確認可能。

Qastの料金プラン

Qastの料金プランの詳細は、お問い合わせが必要ですが、料金体系は初期費用+月額費用になります。

  • フリープラン(10IDまで):0円
  • スタンダードプラン(20ID~/50MB)
  • エンタープライズプラン(20ID~/250MB)


Qast 含むプロジェクト管理ツールの資料を一括DL

 

 

2. ドキュメント内も全文検索!『NotePM』

画像出典元「NotePM」公式HP

NotePMの特徴

NotePMは、導入企業5,000社突破、Web上で簡単に文書作成ができる高機能エディタとテンプレート機能が魅力の情報共有ツールです。

Word・Excel・PDF等のファイルの中身を全文検索でき、強力な検索機能が強みの1つです。

マルチデバイス対応で、言語切替(英語)やタイムゾーンの設定もできるため、外国人メンバーや時差のある海外拠点メンバーがいる企業にもおすすめです。

NotePMの機能

  • WEB上での文書作成機能
    高機能エディターとテンプレート機能により、WEB上で簡単に文書作成、ファイル登録できるので、気軽に情報共有できる。
  • 自動バージョン管理
    更新履歴を自動的に記録
  • チャットサービス連携
    人気チャットサービス「Slack」「HipChat」「ChatWork」と連携

NotePMの料金プラン

  月額料金 ユーザー数(最大) ストレージ量 無料枠(閲覧のみ)
プラン8 4,800円 8人 80GB 24人
プラン15 9,000円 15人 150GB 45人
プラン25 15,000円 25人 250GB 75人
プラン50 30,000円 50人 500GB 150人
プラン100 60,000円 100人 1TB 300人


NotePMの料金プランは、初期費用、サポート費用0円、最も少ない人数利用で月額4,800円~利用できます。

1ユーザー毎のプランはないので、必要数が収まるユーザー数のプランを選ぶ必要があります。

プラン100よりも多いユーザー数のプランもありますので、詳細は公式HPよりご確認ください。

無料トライアルもあり、メンバー上限は100名で、有料プランへの自動移行なし、移行希望の場合はデータ引継ぎ可能です。

NotePM 含むプロジェクト管理ツールの資料を一括DL

 

 

3. ITスキルが高くなくても使いやすいのが魅力『Backlog』

画像出典元:「Backlog」公式HP
 
 

Backlogの特徴

Backlogでは、開発からマーケティング、人事・総務まで幅広い職種で使えるプロジェクト管理ツールです。

カンバンボード、ガントチャート、ファイル共有などプロジェクト管理に必要なデータを見える化できます。

チームのコラボレーションを促進するために、絵文字やアイコン、スター機能を使ったコメント送信が可能です。

Backlogの機能

  • プロジェクト管理
    カンバンボード、ガントチャート、作業の進捗状況の可視化が可能
  • チームコラボレーション
    コメント送信、いいね機能、絵文字、社内wiki
  • タスク管理
    ToDoリスト、親課題と子課題にタスクを分割

Backlogの料金プラン

Backlogの料金プランは、スタータープランで月額2,640円から利用可能です。

  スターター スタンダード プレミアム プラチナ
月額料金 2,640円 12,980円 21,780円 55,000円
ユーザー数 30人 無制限 無制限 無制限
ストレージ量 1GB 30GB 100GB 300GB
プロジェクト数 5 100 無制限 無制限


1プロジェクト、10人までの無料プランもあります。

いずれの有料プランにも、30日間の無料お試し期間があります

追加で有料オプション(スペースデータのバックアップや、スペースIDの変更など)を付けることもできます。

 

 

4. クリエイティブ制作に特化!『AdFlow(アドフロー)』


画像出典元:「Adflow」公式HP

AdFlowの特徴

AdFlow(アドフロー)は、バナーやLPなどのクリエイティブ制作に特化したのプロジェクト管理ツールです。

開発元の株式会社クリエイターズマッチは元々制作会社で、自社のディレクター向けにAdFlowは開発されたため、制作の現場に根差したツールになっています。

Adflowでは、完成したクリエイティブはAdFlow内に自動でデータベース化されるため検索が簡単で、他部署やクライアントからの過去のクリエイティブ問合せの際にも、スムーズに対応することができます。

 

AdFlowの機能

  • クリエイティブの初稿から最新稿を見える化
  • 制作依頼の履歴が残せる(発注テンプレート)
  • 制作物管理機能で過去の制作物がすぐに探せる
  • プロジェクトスケジュールを納期を登録すると自動生成

AdFlowの料金プラン

AdFlowの料金プランは、利用機能、利用人数、ストレージ容量、オプションの有無により異なるため、詳細はお問い合わせが必要です。

AdFlow 含むプロジェクト管理ツールの資料を一括DL

 

 

5. ミーティングを通してプロジェクトの進行をスムーズに!『SuperGoodMeetings』


画像出典元:「SuperGoodMeetings」公式HP

SuperGoodMeetingsの特徴

「SuperGoodMeetings」ミーティングの準備・実施・議事録の作成にかかる手間を大きく削減し、プロジェクトの進行をスムーズにするツールで、プロジェクト管理にも役立ちます。

株式会社コパイロツトが開発した独自のプロジェクト推進メソッドに基づいて設計され、顧客の声を取り入れた機能アップデートも定期的に行われており、今後はAPI連携や同時編集機能の実装も視野に入れているとのこと。

無料のプランで機能を試せるので、導入の検討はしやすいです。

大規模な導入に適したプランは1つであること、支払い方法がクレジットカードに限られることには注意が必要です。

SuperGoodMeetingsの機能

  • チームごとにマイルストーン(中間目標)を確認
  • ミーティングのアジェンダ設定機能
  • アジェンダに基づく議事録作成

SuperGoodMeetingsの料金プラン

フリープランがあり、プランの変更も「SuperGoodMeetings」の設定画面から申し込めるため、導入の検討がしやすくなっています。

有料プランは、個人やスタートアップ向けの「スタンダードプラン」と、より大規模な導入を検討されている企業向けの「ビジネスプラン」の2種類。

初期費用は0円利用できる機能は全てのプランで共通プロジェクト規模に合わせてプランの選択ができます。

また、SuperGoodMeetingsを使用したプロジェクト推進コンサルティングパッケージも展開しており、必要に応じて直接支援を受けることもできるので、ご検討の場合には、お問い合わせください。

  フリープラン スタンダードプラン ビジネスプラン
月額固定費用(税込) 0円/月 880円/月 8,580円/月
オーナープロジェクト 最大1 最大5 最大50
招待可能ユーザー数 無制限 無制限 無制限

 

 

6. ExcelライクでシンプルなUIが魅力!『My Redmine』


画像出典元:「My Redmine」公式HP

特徴

「My Redmine」は、プロジェクトの進捗状況や、プロジェクトに関連する情報の一元管理が可能なRedmineというソフトウェアをクラウド上で利用することができるサービスです。

「My Redmine」の導入実績は国内企業1,200社以上

専門スタッフによる手厚いサポートも提供しているので、安心して利用できます。

タスクの一覧がExcelの管理表のようにシンプルなUIなので、はじめての方でも迷わず使うことができます。入力項目を自由にカスタマイズでき、複雑な情報を管理することも可能です。

機能

  • チケット画面/チケット管理画面(タスクを可視化)
  • ガントチャート/Wiki
  • 時間管理/リマインダー(メール)
  • スマートフォン表示に対応

料金プラン

My Redmineの有料プランは2種類あり、月額費用のみで利用できます。

おすすめはストレージ容量が200GBで月額8,000円(税別)の「スタンダードプラン」です。

  スタンダード ミディアム
初期費用
(税別)
0円 0円
月額費用
(税別)
8,000円 14,000円
ストレージ容量 200GB 400GB
プロジェクト数 無制限
ユーザー数 1,000

 

 

 

タスク管理がメインのプロジェクト管理ツール

ユーザー数が業界1位のタスク管理ツール『Trello』


画像出典元:「Trello」公式HP

ログミー株式会社代表取締役

川原崎晋裕

1981年生まれ。3年間、ネット求人広告の営業として働いた後、2007年に株式会社サイゾーに入社。サイゾー初のWebメディアである「日刊サイゾー」を立ち上げ、自ら編集・運営・マネタイズなどを担当。その後、サイゾーウーマンなど計10以上のメディアを立ち上げ、合計1億5000万PV/月以上の事業へと育て上げた。2013年に独立して、同年8月に株式会社フロックラボ(現・ログミー株式会社)を設立。メディアコンサルタントとしてさまざまな企業のWEBメディアをプロデュースしつつ、動画書き起こしメディア「ログミー」を立ち上げ、現在に至る。

Slack上でタスクの進捗状況を確認できるのが便利

TrelloはSlackと連携させることができるため、Slack上でタスクの進捗状況を確認できるのが便利です。具体的には、Trelloでタスクを動かすだけでSlackに通知が送られるため、タスクが進めば、Trelloを開かずとも進捗をすぐに把握することができます。

ログミー代表 川原崎晋裕がおすすめする BtoBサービス4選

Trelloの特徴

Trelloは、Googleなど世界100万人以上のユーザーが利用しているタスク管理ツールです。

非常にシンプルな作りのカンバンボードにカードを追加していくだけで、プロジェクトやワークフローの管理ができるため初心者でも安心して利用できます。

また、無料プランや14日間の無料お試しプランなどがあり、導入前に使用感を確認できることもメリットです。

Trelloの機能

  • カンバンボード
  • ダッシュボード
  • ほぼすべてのアクションを自動化できる
  • 豊富なテンプレート

Trelloの料金プラン

Trelloの料金プランは、無料プラン含め4つあります。

プランにより利用できる機能が異なりますので、詳細は公式HPをご確認ください。

  FREE STANDARD PREMIUM ENTERPRISE
月額料金/1人
(年払い)
0 5ドル 10ドル 17.50ドル


参考までに、弊社プロトスター社は無料版でTrelloを使っています。

 

余計な機能はなくしたシンプルツール『GroupTask』

画像出典元:「GroupTask」公式HP

 
 

GroupTaskの特徴

GroupTaskは、シンプルで理解しやすく簡単に使える機能のみを搭載したタスク管理・情報共有ツールです。

他のタスク管理ツールでよくある多機能すぎて使いこなせないという問題をなくすため、機能はシンプルにおかつ生産性がアップする仕組みになっています。

プロジェクトのメンバーへのタスク依頼は、メール、Web通知、Slackなどで一斉に行うことで、即座に確実に実行できます。

GroupTaskの機能

  • タスクの依頼追加、編集、削除
  • メール、Webプッシュ、Slackでの通知機能
  • 共有文書
  • マルチデバイス対応

GroupTaskの料金プラン

GroupTaskの料金プランは、無料プランから用意があります。

  フリー スタンダード プレミアム
利用料金 0円 10円/日額 8,500円/月額
保有できるタスク数 30 2,000 無制限
メンバー数 無制限 無制限 無制限
保有できるカテゴリ数 無制限 無制限 無制限
共有できる文章数 60 60 無制限


タスクの数や保存期間、容量など利用方法に合わせた選択が可能です。

条件が合えば、無料のまま継続使用も可能です。

 

チケットによる簡単タスク管理『Redmine』

画像出典元:「Redmine」公式HP
 

Redmineの特徴

Redmineは、チームのタスクをチケットとして登録しタスク管理を行うオープンソースのタスク管理ツールです。

特に、システム開発におけるバク管理や、進捗確認などに使われることが多いツールです。

クラウド版もあるため、より簡単に導入したい場合は、クラウド版が良いでしょう。

Redmineの料金プラン

Redmineんの料金プランは、オープンソース版は自分でサーバーにダウンロードして無料で利用することができます。

クラウドで利用したい場合には、標準的なスタンダードプランで月額8,000円がかかります。

プロジェクト数無制限・200ユーザーまで使えます。

初期費用不要で、1ヶ月無料お試しもあるので、Redmineに興味がある場合にはまずMy Redmineで試してみることをおすすめします。

 

Airbnbをはじめ15,000社以上が導入する『Wrike』

画像出典元:「Wrike」公式HP
 
 

Wrikeの特徴

Wrikeは、世界で 2 万社、国内でも 1000 社以上が利用するワークマネジメントツールです。

タスク管理では、ステータスを自由にカスタマイズできるため、様々な業種・職種に対応することが可能です。

また、用途ごとに豊富なテンプレートも用意されているので、ある程度決まったものを利用したい場合にも便利です。

Wrikeの機能

  • レポート機能
    タスク消化に費やした時間を自動で収集・分析
  • テンプレート
    類似のタスクはテンプレートを作成可能。登録にかかる時間を削減
  • 他製品との連携

Wrikeの料金プラン

Wrikeの料金プランは、タスク数に制限はあるものの無料プランから利用が可能です。

各プランごとに、利用できる機能が異なりますので、詳細は公式HPにてご確認ください。

  Free Professional Business Enterprise
月額料金/1人 0ドル 9.80ドル 24.80ドル 要問合せ

 

 

プロジェクトの損益も管理できる『CrowdLog(クラウドログ、旧InnoPM)』

画像出典元:「CrowdLog」公式HP
 
 

CrowdLogの特徴

CrowdLog(クラウドログ)は、2020年にInnoPMからサービス名称を変更した、クラウド型工数・プロジェクト管理ツールです。

カレンダーでのドラッグ&ドロップで誰でも簡単に工数入力が出来、操作性が高いことが特徴です。

CrowdLogの機能

  • 工数管理
  • プロジェクトの売上予算/原価予算・売上実績/原価実績の登録・管理
  • ガントチャート
  • 勤怠管理

CrowdLogの料金プラン

CrowdLogの料金プランは、ベーシックプランとプレミアムプランの2種類ありますが、詳細はお問い合わせが必要です。

 

大規模・複数案件向けプロジェクト管理ツール

あらゆる業務を一元管理が可能『monday.com』



画像出典元:「monday.com」公式HP
 
 
 
 

monday.comの特徴

monday.com(マンデードットコム)は、Yahooやメルカリなど導入企業120,000社を誇るプロジェクト管理、顧客管理、ヘルプデスク、採用管理など、あらゆる業務を一元管理できるプラットフォームです。

多機能であることはもちろん、Googleドライブ、zoom、Slackなど50を超える様々なシステムともワンクリックで連携が可能な点も強みです。

ガントチャートやカンバンボードなども20以上のグラフを搭載しており、プロジェクトの可視化に役立ちます。

monday.comの機能

  • リアルタイムにタスク管理が可能
    担当者や優先度も設定でき、だれが見てもひと目で漏れや遅れ、進捗を把握できます。
  • チャット機能でメールが不要
    タスクに紐づけてチャットできる機能が搭載されています。
  • タスク管理を自動化できる
    管理作業に時間が取られないよう、タスク管理の自動化機能が備えられています。

monday.comの料金プラン

  ベーシック スタンダード プロ エンタープライズ
月額料金
(1年契約)
900円 / 月 / 人 1,100円 / 月 / 人 1,800円 / 月 / 人 要問い合わせ
月額料金
(月次請求)
1,100円 / 月 / 人 1,400円 / 月download / 人 2,200円 / 月 / 人 要問い合わせ


monday.comの料金プランは、1年契約であれば月額900円/ユーザーから利用可能です。

各プランによって、使える機能が異なりますので、詳しくは公式HPをご確認ください。

 

 

複数人で並行したプロジェクトを進める場合は『ZOHO Project』

画像出典元:「ZOHO Projects」公式HP
 
 

ZOHO Projectの特徴

ZOHO Projectは、世界20万以上の企業で導入されているアメリカ発のプロジェクト管理ツールです。

非常に多機能でありながら、無料プランから利用が可能とリーズナブルな点で、コストを抑えたい企業にも適しています。

ZOHO Projectの機能

  • ガントチャート、作業分解図、課題管理
  • カスタマイズ
    プロジェクトの要件に合わせてレイアウトをカスタムが可能
  • チームコラボレーション
    @メンション、チャット、フィードなど

ZOHO Projectの料金プラン

ZOHO Projectの料金プランは、無料から設定がありますが、一番人気は月額600円からのプレミアムプランです。

各プランごとに、利用できる機能が異なりますので、詳細は公式HPをご確認ください。

  無料 プレミアム エンタープライズ
月額料金/1ユーザー 0円 600円 1,200円
ユーザー数 最大3ユーザー 最大50ユーザー 無制限
プロジェクト数 2 無制限 無制限

 

 

チュートリアルが充実している『Asana』

画像出典元:「Asana」公式HP
 
 

Asanaの特徴

Asanaは、世界190カ国以上10万社以上の企業が利用している複雑なプロジェクト管理も可能なプロジェクト管理ツールです。

シンプルで使いやすい機能が豊富に搭載されていて大企業からスモールビジネスまで、どんな職種の人でも簡単にタスク管理ができるツールになっています。

Asanaの機能

  • タイムライン
    複数のプロジェクトをガントチャートで表示できます。
  • ポートフォリオ
    プロジェクトごとの進捗とリスクの有無をリアルタイムでモニタリングできます。
  • 多数の外部ツールとの連携

Asanaの料金プラン

Asanaの料金プランは、最大15人までの利用であれば無料のBasicプランから利用可能です。

無料プランから試してみて、更に色々な機能を付加したい場合に有料プランに切り替えても良いでしょう。

  Basic Premium Business
月額料金/1人
(年払い)
0円 1,200円 2,700円


各プランによって、利用できる機能は異なりますので、詳細は公式HPにてご確認ください。

 

世界のメディアでも評価が高い『Taskworld』

画像出典元:「Taskworld」公式HP


 
 

Taskworldの特徴

Taskworldは、世界のメディアから評価の高い世界基準のプロジェクト・タスク管理ツールです。

視覚的・直観的に操作できるプロジェクト・タスク管理、チャット・メッセージ機能でのコミュニケーション、グラフや集計値での分析機能などかゆいところに手が届く機能が満載です。

Taskworldの機能

  • プロジェクト管理
    カンバン形式で簡単操作ができます。
  • タイム計測・ログ機能
    詳細なアクティビティログも確認可能です。
  • チャット・メッセージ機能
    コメント、ダイレクトメッセージ、@メンション、プロジェクトメンバー間でのチャットなどが可能です。
  • テーブルビュー
    Excelやスプレッドシートのような形でタスク管理も可能です。

 

Taskworldの料金プラン

Taskworldの料金プランは、5人までの制限付きですが、無料から設定があります。

無料の場合でも、タスク数・プロジェクト数は無制限なので、お試しとして無料で使ってみるのも良いでしょう。

各プランによって、利用できる機能は異なりますので、詳細は公式HPよりご確認ください。

  フリー プレミアム ビジネス エンタープライズ
利用料金 0円 880円 1,650円 要問合せ
ユーザー数 5人まで 無制限 無制限 無制限
ストレージ容量 1GB 100GB 1TB 無制限

 

 

ガントチャートがさくさく作れる『Brabio』

画像出典元:「Brabio」公式HP
 
 

Brabioの特徴

Brabioは、クラウド型プロジェクト管理ツールで3年連続シェアNo.1のツールで、簡単にガントチャートを作成できる点や複数のプロジェクト管理がしやすい点が評判です。

また、ユーザーを4つカテゴリーに分け登録できるため、公開・非公開情報を使い分けながら簡単に社内外の連携を取ることが可能です。

Brabioの機能

  • ガントチャート
    ExcelやCSVにも簡単に書き出せます。
  • プロジェクト数無制限
  • Ping(進捗報告)機能で進捗管理が簡単
  • 4つのユーザーモード(管理者、スタッフ、パートナー、ゲスト)で社内外の連携が簡単

 

Brabioの料金プラン

Brabioの料金プランは、無料プランからユーザー数に合わせて細かく設定があります。

年間一括払いだと10%のディスカウントもあり導入する場合は一括払いがお得です。

  月額料金 最大ユーザー数
無料プラン 0円 5
プラン10 3,300円 10
プラン20 6,600円 20
プラン30 9,900円 30
プラン40 13,200円 40
プラン50 16,500円 50
プラン100 33,000円 100
プラン200 66,000円 200
プラン300 99,000円 300

詳細は、公式HPよりご確認ください。

 

プロジェクト管理もできるグループウェア

国内5万社が導入する国産老舗グループウェア『サイボウズOffice』


画像出典元:「サイボウズOffice」公式HP

サイボウズ Officeの特徴

サイボウズ Officeはグループウェアと呼ばれる、社内業務連携を協力に推し進めてくれる業務・コミュニケーション支援ツールです。

競合となるGoogle社のG Suiteやマイクロソフト社のOffice 365よりも安い金額で導入が可能です。

また、国産のグループウェアなので日本企業の商習慣にあった機能や手厚いサポートが期待できます。

サイボウズ Officeの機能

  • プロジェクト管理
    タスクごとに掲示板をやりとりし、進捗はチャートで管理することもできます。
  • ToDoリスト
    個人のタスク管理用にスケジュールと連動して利用可能です。
  • スケジュール管理
    個人、チームの予定共有ができます。

サイボウズ Officeの料金プラン

サイボウズOfficeの料金プランは、クラウド版なら初期費用無料、月額500円/1ユーザー(最低ユーザー数5人)から利用可能です。

- クラウド版

初期費用無料、月額500円/1ユーザーで、最低契約期間1カ月、契約は5ユーザーから可能です。

- パッケージ版

2021年9月に販売は終了しました。

 

サイボウズ社が提供する業務改善サービス『kintone(キントーン)』

画像出典元:「kintone」公式HP

kintoneの特徴

kintone(キントーン)は、サイボウズ社が提供する業務改善クラウドサービスで、顧客管理、タスク管理、問合せ管理、経費精算といったアプリを追加していくだけで、オリジナルの業務改善システムが完成します。

アプリのサンプルをそのまま追加することも、オリジナルにカスタマイズすることも可能で、ITスキルに自信のない方でもドラッグ&ドロップで業務改善システムが構築できます。

 

kintoneの機能

  • ビジネスアプリ作成
    専門的なコーディングスキルの有無を問わず、誰でもビジネスアプリ作成が可能です。
  • サンプルアプリ
    アプリストアにある業務アプリはダウンロードするだけで利用可能です。
  • 優れた拡張性
    外部アプリケーションとの連携などをより高めることができます。

kintoneの料金プラン

kintoneの料金プランは、初期費用無料、ユーザー1人あたりの月額料780円のライトコースと1,500円のスタンダードコースの2コースが用意されています。

この2つのコースの主な違いは「外部サービスとの連携ができるかどうか」と「アプリ・スペースの利用可能数」です。

  ライトコース スタンダードコース
月額料金/ユーザー 780円 1,500円
外部連携
アプリ数 200個まで 1,000個まで


1ユーザー・1ヶ月単位で契約できるため、中小企業でも無駄なく導入できます。

 

月額500円で業務支援アプリが幅広く揃う『ZENO』

画像出典元:「ZENO」公式HP
 

ZENOの特徴

ZENO(ゼノ)は、1名あたり月500円で、Todoタスク管理や工数・プロジェクト管理ができるクラウドサービスです。

マルチデバイス対応で外出先からも確認OK、メンションやタグ付け機能で必要なメンバーへの共有もできます。

また、料金プラン内で、人事情報や勤怠管理機能、ワークフロー、顧客管理まで、他の業務支援アプリも利用でき、情報の一元管理と業務効率化に貢献します。

ZENOの料金プラン

初期費用無料、1ヶ月更新プランの場合、1名あたり月額500円から利用できます。

年間契約にすれば月額450円となりさらにお得です。

安価な料金設定のため、まずはチーム・事業部単位でのスモールスタートも切りやすく、30日間の無料トライアルも可能です。

 

独自の特徴のあるプロジェクト管理ツール

テキストより分かりやすい!動画を共有できる『Async*』


画像出典元:「Async*」公式HP

特徴

「Async*」はWeb会議や商談などあらゆる動画を自動で蓄積し、必要な情報を、必要な人へと届けられるプロジェクト管理ツールです。

動画の必要な部分だけを再生できたり、視聴を終えた従業員の反応がリアルタイムに通知されたりします。

忙しいときでも見るべき動画が通知されるので、情報を取りこぼすことがありません。

自分の業務に関連することだけでなく、組織で盛り上がっているタイムリーな話題もレコメンドされます。

リモートワーク時でもポイントをおさえた情報共有とコミュニケーションが可能です。

料金プラン

Basicプランは10名以上、Enterpriseプランは100〜1,000名以上のチームに推奨されるプラン。

初期費用は月額費用の1ヶ月分、そのほか解析と書き起こしの利用時間に応じた従量課金費用が発生します。

問い合わせによりアーカイブ動画の視聴とデモの体験が可能です。

【基本プラン】
  Basic Business Enterprise
初期費用 60,000円 150,000円 要問い合わせ
月額費用 60,000円 150,000円
ストレージ 40GBまで 200GBまで
解析・書き起こし
(10時間ごと)
50,000円
(従量課金制)
アカウント追加 無制限

 

Async* 含むプロジェクト管理ツールの資料を一括DL

 

 

チャットとプロジェクト管理をまとめたいなら『チャットワーク』

画像出典元:「Chatwork」公式HP

チャットワークの特徴

チャットワーク(Chatwork)は導入企業数が33万社を超える、知名度の高い国産のビジネスチャットツールです。

チャット機能だけでなく、タスク管理機能があり、自分のタスク管理・相手に仕事を依頼する際などに便利です。

料金プランも無料プランから設定があり、チャットツールやタスク管理をまずは試してみたいという初心者にも向いています。

チャットワークの機能

  • グループチャット
    社内外のユーザー、案件ごと、部署ごとなどでグループチャットを作成できます。
  • タスク管理
    依頼されたタスクをそのままToDoとして管理できます。
  • ファイル管理
    オフィス系ドキュメントや画像ファイルなどをアップロードし管理ができます。

チャットワークの料金プラン

チャットワークの料金プランは、無料のフリープランから利用可能です。

プランにより、それぞれ利用できる機能が異なりますので、詳細は公式HPでご確認ください。

  フリー ビジネス エンタープライズ
月額料金/ユーザー
(年間契約)
0円 500円 800円
グループチャット数 7グループ 無制限 無制限
ストレージ 5GB 10GB/1ユーザー 10GB/1ユーザー

 

 

プロジェクト管理に強いクラウドERPシステム『ZAC』

画像出典元:「ZAC」公式HP

ZACの特徴

ZACは、プロジェクト管理に強みを持ったクラウド型ERPシステム(統合基幹業務システム)です。

プロジェクト別の収支管理機能では、プロジェクト受注前の見込、進行中のプロジェクトのコスト管理、実際の売上・原価管理などが可能です。

と同時にプロジェクトのタスク管理も行えるので、これ1つでヒトモノカネの管理が可能です。

ZACの機能

  • プロジェクトの損益を一元管理
    プロジェクトの売上に対して複数の原価を紐付け、プロジェクト別の損益を瞬時に把握
  • 経営状態のタイムリーな把握
    簡単に正確な経営状況・売上利益予測を確認できる
  • 業務を一元管理
    業務ごとに電子申請・承認のワークフローを設定できる

ZACの料金プラン

ZACの料金は、初期費用+月額費用がかかりますが、詳細はお問い合わせが必要です。

月額費用には、データセンター利用料とソフトウェア保守費用があります。

データセンター利用料は5万円~/月、ソフトウェア保守料はライセンス費用の1.5%です。

 

Excelを活かす経営管理システム『BizForecast』



画像出典元:「BizForecast」公式HP

BizForecastの特徴

BizForecastは、Excelが持つ便利な入力インターフェースや柔軟で使い勝手の良い集計・分析機能という長所を活かしつつ、情報共有や情報保全の面におけるデメリットを解消する経営管理システムです。

ワークフロー管理機能や、Excelでの入出力機能の他、精算表機能、カスタマイズ可能な帳票機能など基本機能が充実。

すでに予算管理をExcelで行っている企業や、海外拠点がある企業にもおすすめです。

BizForecastの料金プラン

ライセンス価格+導入コンサルティング費用の他、システムの運用環境構築後はライセンス保守費用がかかります。

詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

BizForecast プロジェクト管理ツールの資料を一括DL

 

 

アジャイル開発のためのプロジェクト管理ツール『JiraSoftware』

画像出典元:「JiraSoftware」公式HP

JiraSoftwareの特徴

JiraSoftwareは、主にソフトウェア開発向けに作られたプロジェクト管理ツールです。

特にアジャイル開発に適しており、スクラムボード、カンバンボード、アジャイルレポートなどの機能があります。

可視化するのが難しいチームのタスク進捗状況を手間をかけずに分析することができます。

JiraSoftwareの機能

  • スクラムボード
  • カンバンボード
  • ロードマップ
  • アジャイルレポート

JiraSoftwareの料金プラン

JiraSoftwareの料金プランは、クラウド型なら無料プランから用意されています。

クラウド版 Free Standard Premium Enterprise
月額料金/1人 0円 900円 1,730円 要問合せ
ユーザー数 10ユーザーまで 20,000ユーザーまで 20,000ユーザー 20,000ユーザー


オンプレミス版は、30日間無料トライアルありですが、500ユーザー以上で年額499万円~となります。

詳細は、公式HPをご確認ください。

 

フィードバック機能が充実した制作物管理ツール『Brushup』

画像出典元:「Brushup」公式HP

Brushupの特徴

Brushupはレビューやコメントなどのフィードバック機能が充実した制作物管理ツールです。

ファイル形式を問わず、作品に直接書き込める機能は、誰でも簡単に利用でき、作品制作を効率的に進めることが可能になります。

メンバー間でのレビューやコメントも簡単にできプロジェクトを進めていく上で欠かせない機能満載のツールといえるでしょう。

Brushupの機能

  • 制作管理・検索
    制作物を一覧表示し、検索できる
  • 環境設定
    個別に言語やサムネイルのカスタマイズ可能
  • サービス連携
    ChatworkやSlackでコメントの受信可能

Brushupの料金プラン

Brushupの料金プランは、無料プランからいくつかあります。

各プランによって、使える機能が異なりますので、詳細は公式HPにてご確認ください。

  ENTRY LIGHT STANDARD
月額料金/1人 0 980円 1,280円
ストレージ容量 100MB 10GB 20GB
ユーザー数 10人まで 5人~ 5人~
プロジェクト数 10 無制限 無制限

 

 

プロジェクト管理ツールのメリット3つ

1. プロジェクトの進捗管理がラク

多くのプロジェクト管理ツールは、タスクの詳細を入力するだけで、わかりやすいカンバンボードやガントチャートなどの形で表示することが可能です。

Excelやスプレッドシートなどのように、自ら入力したりフォーマットを作る手間が省け、見やすい形で表示されるので、進捗管理が圧倒的に楽になります。

2. リアルタイムに情報共有できる

Excelやスプレッドシートだと、同時に編集を行って処理がうまくいかなかったり、入力が属人化してしまい、プロジェクトの進捗や問題点がわかりづらいこともありました。

プロジェクト管理ツールの場合は、オンラインで使えることがほとんどなので、プロジェクトのメンバー間で進捗やどれくらいのタスクを抱えているかなどが、一目瞭然でわかります。

スピーディな情報共有と正確なタスク管理が実現できます。

3. コミュニケーションツールにもなる

ここ数年のリモートワークの急激な導入や、他部署や企業間での大規模プロジェクトなど、コミュニケーションを取りづらい環境では、プロジェクト管理ツールはコミュニケーションツールになります

実際にチャットやコメント機能があるものもありますが、それがなくとも誰がどんなタスクを行っているのかが明確にわかり、自分の業務に相手がどう関わっているのかを知ることができるためお互いがより近い存在になるでしょう。

プロジェクト管理ツールのデメリット3つ

1. 自社にあったものを導入しないとコストの無駄が発生する

種類が多く、機能も様々であるため自社にあったツール、自社で使っているツールと連携ができるものを導入しないとコストの無駄になります。

2. 導入中のツールと機能かぶりが発生する

チャットツールだが、プロジェクト管理機能もついていたりなど機能が被りやすいです。

3. ツールによっては導入後に教育する必要あり

プログラミングなどのIT技術が必要になるプロジェクト管理ツールもあるため、ツールによっては教育をしないと使いづらいものもあります。

まとめ

今回ご紹介したプロジェクト管理ツールを利用すると、業務における円滑なコミュニケーションや情報共有・タスクの管理がパッとみただけで行えるようになり、業務効率が上がります。

必要な機能を把握し、メンバーが使いやすいプロジェクト管理ツールを選定すると、誰がどんな仕事をすれば良いのかや仕事を誰に与えれば良いのかなど、効率的に仕事を回せるのでチームで働く意識も高まるでしょう。

業務の効率化や仕事量をみて仕事の割り振りをできることから残業時間を減らしたいと考えている方は、ぜひ今回紹介したプロジェクト管理ツールを検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:O-dan

 

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

プロジェクト管理の資料を一括ダウンロード
起業ログが厳選するプロジェクト管理
プロジェクト管理
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ