WowTalk

記事更新日: 2021/06/11

執筆: 編集部

編集部コメント

WowTalkは、導入実績10,000社、リピート率99%の直観的操作性と高いセキュリティが魅力の国産ビジネスチャットツールです。普段使用しているSNSのような馴染みのあるUI/UXであると同時に、ビジネスチャットツールとして必須の高いセキュリティ対策や、大規模人数の従業員の管理に適した機能を盛り込み、業務効率アップやコスト削減を実現させるために有効活用できるツールです。

社内SNSを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

社内SNSツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 既読/未読

トークメンバーの誰が自分の発信したメッセージを確認しているか、していないのかをチェックすることができる。

2.集計機能

WowTalkの管理画面から、ユーザーの利用状況を確認することができる。

3.FAQ BOT機能

サポートデスクの他に、Wowtalk、PC操作、Windows OSについてのチャットBOT機能が搭載されているため、簡単な疑問は自力で解決できる。

良い点

直観的に使用できるUI/UXでありながら、ビジネスチャットツールとしての高いセキュリティを担保しているため、安心して利用できる。

悪い点

最低利用人数は30人なので、スモールビジネスには適さない。また、無料通話中の画面共有はできないため、資料を使った会議利用には向かない。

費用対効果:

初期費用無料、基本的な機能が利用できるシングルプランなら月額300円/ユーザーから利用可能で非常にリーズナブル。

UIと操作性:

個人利用で馴染みのあるLINEなどのUIと似ているため、年代問わず直観的に利用することができる。

社外連携:

カレンダー連携・ストレージ連携は可能だが、基本的に、クローズドコミュニケーションアプリのため社内での利用に限る。

多言語対応:

言語設定としては、日本語・英語・中国語が対応可。翻訳は22ヶ国語対応。海外に拠点がある企業にも導入メリットあり。

セキュリティ:

国際的なセキュリティ規格ISO27001(ISMS)認証を取得し、行政機関で採用されるレベルの高セキュリティ体制を確保。

WowTalkの3つの特徴

1. 数万規模の利用実績多数あり!

WowTalk(ワウトーク)は、インターネット環境であれば、アプリをダウンロードしたスマホ、PC、タブレットといったあらゆるデバイスから、社内のコミュニケーションに参加可能です。

1対1及びグループでのチャット・タイムライン(掲示板)・電話機能といった基本のコミュニケーションに加え、タスク管理、日報機能などを利用すれば、コミュニケーションのみならず、業務の効率化を図ることが可能です。

上記機能は、他社でも同様に提供されていますが、WowTalkの強みは、これらを数万規模の人数の企業に一括管理することで即日利用できてしまうという点です。

リモートワーク中であっても、拠点が全世界にあっても、管理者が一括管理することでメンバーリストを登録したその日からWowTalkが利用可能になります。

また、管理者によりユーザー単位にカスタマイズされた形でユーザー登録が行えるため、各種機能の使用可否の設定、パーテーション機能によるコミュニケーション範囲の制限、トーク内容などのログを取ることもでき、セキュリティ面でも安心です。


WowTalkチャット画面
 
 

2. 行政機関レベルの高いセキュリティ

WowTalkの導入事例を見ると、多くの導入企業が、セキュリティレベルの高さを導入理由として挙げています

前述した通り、国際的なセキュリティ規格ISO27001(ISMS)認証を取得し、行政機関レベルの高いセキュリティ対策を実施しています。

SLL方式での通信暗号化、IP認証設定による登録外の端末からのアクセス制限など、社員の入退職のみならず、端末紛失や不正アクセス、IDのっとりといった様々なトラブルにも、管理者がスマートに対応できる体制を整えています。

社内における機密情報を含むコミュニケーションの一元化は、業務効率アップや意思決定スピードの促進、社員の親睦が深まるなど、大きなメリットはありますが、いずれも高いセキュリティにより守られていることが大前提です。

Wowtalkは、まさにこの点において他社よいも大きなアドバンテージを持っていると言えるでしょう。

Wowtalkでセキュリティ対策も安心

 

3. 緊急時のBCP対策に活用!

WowTalkでは、従業員の安否確認機能、災害時にサブラインとして利用可能なIP電話といった、緊急時に活用できる機能が搭載されています。

特に昨今、自然災害や地震、テロ攻撃など、日本のみならず全世界的に様々な緊急事態が発生しています。

そのため、企業にとってBCP(事業継続計画)対策を予め策定しておくことは、急務ともいえます。

WowTalkは、緊急連絡網や安否確認機能、IP電話の利用などにより、普段使い慣れたビジネスチャットツールがそのまま緊急時のコミュニケーションツールとして活用できます。

一早く自社の現状や被害状況を把握し、会社としてどのような対策をとるのかに必要な情報収集ができる上、普段使い慣れたツールを利用できるので従業員の混乱も最小限に抑えることができるのは、大きなメリットといえます。


Wowtalkで緊急時安否確認

 

WowTalkの料金プラン


上の表の通り、月額300円/ユーザーから3タイプあります。

最低利用人数が30人以上からになりますので、その点ご注意ください。

WowTalkの導入事例

現場担当者との連携がスピーディに
株式会社ダスキン様

現場作業中の加盟店担当者からくるヘルプ問合せへの回答スピードが格段に向上しました。 現在は補修作業などで判断に迷う際は「WowTalk」のグループチャットに投稿することで、本部から瞬時に適切な指示や助言があり、現場での対応時間が短縮され結果的にお客様の満足度向上に寄与しています。

情報共有が円滑に!
鹿島建設株式会社様

現場の写真と説明を添えてリアルタイムに状況を伝達することができます。また、関係者をグループ化して一斉に通知できるため、個別連絡をしなくとも情報共有ができ、既読通知によって担当者が読んだのか、ひと目でわかる点に効果を感じました。グループ内であってもメンバーごとに既読・未読がわかるため情報共有が円滑になったんです。

※「WowTalk」公式HP参照

まとめ

WowTalkは、30人以上の企業で使いやすさと高いセキュリティを同時に叶えたいと考えている企業にはおススメのビジネスチャットツールです。

コロナや働き方改革により、リモートワークやシェアオフィスなど、従業員のコミュニケーションの取り方にも新しい仕組みが必要になってる現在、導入実績の高いWowTalkは、新規でビジネスチャットツール導入を検討している企業にも向いているでしょう。

今なら、2週間無料お試しキャンペーン中ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「WowTalk」ホームページ

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

社内SNSの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選する社内SNS
社内SNS
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ