Goodjob!

記事更新日: 2019/05/23

執筆: 編集部

運営コメント

従業員エンゲージメントを高めて業務を進めたい会社にはうってつけです。従業員間での感謝や賞賛の気持ちを伝えあうことで、従業員が会社に対して好感を高めながら業務を進めることができるので、企業と従業員が互いに事業の発展に貢献できるでしょう。

1. 既存のチャットツールと連携

SlackやChatworkなどの既存の外部ツールと連携することで、簡単にコミュニケーションがとれる

2. 利用状況の統計データを活用

管理者はチーム内のコミュニケーションが円滑に取れているか、現状を把握し従業員を個別にサポートできる

3. もらった「ありがとう」をポイントとして活用できる

もらったポイントは社内通貨に変換でき、管理者が様々な景品や特典と交換できるよう設定可能

良い点

PCブラウザ版とスマホアプリ版があるため、どこにいても気軽に感謝や賞賛の気持ちを送ることができます。

悪い点

利用人数によって利用金額が変動するので、企業規模の大きい会社にとっては負担になる可能性があります。

費用対効果:

1カ月の無料トライアル期間があり、初期設定費用がかかりません。1ユーザー500円から利用できます。

UIと操作性:

マルチデバイスでインターネット環境さえあればいつでもどこでも利用できます。

社外連携:

スマートフォンアプリを利用することで、外出先やリモートワークでも簡単に連携できます。

サポート体制:

ホームページのヘルプページのみでなく、平日9時~18時は電話でのサポートも行なっています。休日や時間外は対応できません。

導入ハードル:

管理用アカウントのメールアドレスと、ユーザーそれぞれのメールアドレスがあればすぐに利用を開始できます。

Goodjob!の3つの特徴

1. 既存のチャットツールと併用してコミュニケーションを円滑化 

「Goodjob!」の最大の特徴、それは手軽に利用できるチャット機能があること。新たなツールを導入することにより操作を覚える手間もかからないので、直感的に利用することができます。

ITツールに不慣れな社員であっても、説明書を読んだり講習を受けることなくツールを使い始めることができます。

簡単に導入できるため業務を妨げることなく利用開始できるでしょう。


使い慣れたチャットツールで直感的に機能を利用できる

2. 社内通貨の原資はGoodjob!で一括管理してくれる

もらったポイントは社内通貨に変換され、管理者が設定した様々な景品や特典と交換できます。 

ポイントの変換率や特典の内容は管理者が決定できるので、従業員のモチベーションが上がるような仕組みづくりを独自に考えることができます。


社内通貨への返還率も管理者が設定できる

3. 管理者は利用状況を確認して組織の現状を把握できる

管理者は従業員のポイントの統計を確認したり、 チーム内コミュニケーションが取れているかを読み取ることができます。 

コミュニケーションがきちんととれているかは、事業の成功を大きく左右するので、このような管理機能があれば社内環境を一目で把握できます。


組織の現状をデータから読み取ることができる

 

料金プラン


ユーザ数1人あたり毎月500円から導入できます。

ユーザー1人あたりの料金なので、ユーザーが増えれば増えるほど利用料金は高くなります。 

オプションとしてエンゲージメント分析機能を開発中。従業員の利用データを解析し、コミュニケーションの状況や精神面といったユーザの心の健康状態を見える化する機能が追加される予定です。

まとめ

「Goodjob!」は従業員のエンゲージメントやコミュニケーションで悩んでいる会社にはうってつけです。

気軽に「ありがとう」のメッセージを送ったり共有したりできるため、社内の従業員のみでなく外出中やリモートワーカーの心の健康を保ちながら業務を進めることができます。

「Goodjob!」は企業と従業員お互いが気持ちよく働ける職場づくりに効果を発揮してくれるでしょう。

画像出典元:「Goodjob!」公式HP

その他の【社内SNS】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ