Workplace

記事更新日: 2019/05/30

執筆: 編集部

運営コメント

「Workplace」は組織の形態・規模・業種を問わず使用できるコミュニケーションツールで、社員全体がより快適に働ける機能を取り揃えています。自動翻訳によるグローバルコミュニケーションの他、記事・動画での情報共有、ダイレクトメッセージ・グループでのやり取りなど、あらゆる場面でのコミュニケーションに対応しています。

1. 通話機能

音声・動画両方に対応した通話が可能

2. 保存機能

画像や動画などを無制限に保存可能

3. アプリ対応機能

iOS・Androidに対応したアプリを使用可能

良い点

あらゆる場面に対応したコミュニケーションツールで働き方改革が実現可能。社内の風通しを良くし社員定着率アップの効果が期待できます。

悪い点

管理機能や細かいサポートは有料となっており、ユーザーごとに料金が月額で発生するため社員が多い会社では料金が高くなる場合があります。

費用対効果:

基本的に使用は無料となっており、細かい管理とサポートを受けるためには月額料金が発生します。

UIと操作性:

見やすいUIが採用されている他、SNSのように気軽に使えるデザインです。

他言語対応:

自動翻訳ツールが実装されているので、多言語でもコミュニケーションが可能。

Workplaceの3つの特徴

1. 部署・支店を問わないコミュニケーションが可能

社内で共有したい情報があっても全員に同じページを見てもらうのは簡単ではありません。

「Workplace」なら部署や支店関係無く情報共有が可能となり、円滑なコミュニケーションが実現します。

新商品のお知らせやマニュアルの変更など、重要なお知らせををニュースフィードでシェアすることで簡単に全体共有が可能。

リアルタイムでの情報共有もでき、フィードバックとしていいね!機能・コメントなどのリアクションが行えるので既読確認も充実しています。

また、文字だけではなくライブ動画でいつでも直接担当者から生の状況をシェアできます。


クリアな映像で通話も可能
 

自動翻訳がついているので支店が海外にあったとしても、グローバルコミュニケーションが実現します。

2. 自社の社風を活かして離職率を低下

優れた組織づくり欠かせないのは、テクノロジーだけではなく人を中心とした発想です。

「Workplace」は、社内情報のオープン化・フィードバック・多様化を推進し、社員が企業文化へより積極的に参加できるような仕組みを作っています。

グループ内でアンケートをとる機能があり、社内の問題に対する意見など迅速に回収したい意見をすばやく把握可能。

「Workplace」内のチャットボットにより、給与支払い・福利厚生・オリエンテーションの手続きをスピーディかつ効率的に行うことで社員の負担が減ります。

ライブ動画・オンラインセミナー・記事をシェアできるので、あらゆる社員が同じ情報を共有でき時間差や知識量に差が出ません。

新入社員と指導係の間でグループを作ることもでき、分からない事をその場で聞いたり早く社内文化を知ってもらったりする手助けにもなります。

共有したい情報を発信できるだけなくコミュニケーションもとれて、社内の風通しを良くし離職率を防ぐ役割も担います。


SNSのように使用可能

3. 場面に合った使い方でより効率化が可能

「Workplace」は使い込むほど便利な活用ができ、より効率的な業務を実現します。

多くのコラボレーションウェアは活用されればされるほど使いにくくなり、読み込みや動作の遅さも気になります。

「Workplace」の場合は基本の使い勝手が良く、使える機能の幅が広くなればあらゆる場面に活用できます。

例えば、レスポンスの速さが要求される会話はインスタントメッセージを送ることができ、アドレス交換無しにやり取りが可能です。

じっくりと議論したいならグループを使用した複数人でのディスカッションができ、離れた場所でも議論可能なほか、文字により記録を残すことができます。

リアルタイムの応答を得るなら「Workplace」内のチャットが優秀です。

このように場面に合わせた使い方をすることで、自社内のコミュニケーションが活発化するだけでなく効率的な情報共有や情報収集を可能にします。


分かりやすいUIで使い勝手も快適

 

料金プラン


スタンダードプランは無料で使用でき、プレミアムプランは月額で料金が発生します。

プレミアムプランも90日間のトライアルが申し込めるため、使用感を確かめてから導入の検討が可能です。

スタンダードとプレミアムでは使える機能に差があり、スタンダードには細かい管理機能や管理者向けのサポート機能がありません。

評判・口コミ

迅速なフィードバックと会社全体でのサポート体制を実現
FamilyMart様

「Workplace」は知識の共有やフィードバックを得るためのタッチポイントとなり、コミュニティとしての意識を築き、店舗の壁を超えたサポートが可能になりました。問題に直面した時、従業員たちはコールセンターに電話する代わりに「Workplace」店舗サポートグループを使って本社に報告し、すぐにサポートやフィードバックを求めることができます。

社員間の交流を促進
Decathlon様

「Workplace」は、社員全員が結束力ある1つの家族であると感じさせるDecathlonのユニークな企業文化、比類なき透明性、開かれたコミュニケーションを維持することにも貢献しています。今では、社員たちが率直に話し合いフィードバックを共有する場所になっています。

※「Workplace」公式HP参照

まとめ

「Workplace」は使いやすい機能と実績を重ねたテクノロジーで、組織の形態・規模・業種を問わず、コミュニケーション・文化・ワークフローを改革します。

組織全体で使えるコミュニケーションツールなので、支店や部署が違っても同じ情報を共有でき風通しの良い職場を実現できます。

自動翻訳によるグローバルコミュニケーションにも対応しているため、支店が海外にある会社や様々な言語が飛び交う会社にも適応可能。

記事だけでなく動画も共有できる上、ダイレクトメッセージ・グループでのやり取りが可能になるので、あらゆる場面でのコミュニケーションが簡潔になります。

社風をより社員に分かりやすく伝えられる他、迅速な情報共有で情報量の差を無くし社内全体の質を高めていけるでしょう。

画像出典元:「Workplace」公式HP

その他の【社内SNS】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ