Microsoft Teams

3.4

記事更新日: 2021/07/27

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

Microsoft365を導入しているならおすすめ

Microsoft365との連携が良いです。自社で利用しているOutlookと連携ができ、カレンダーに自動反映できる点、また、画質や音はクリアで何十人繋いでもストレスなく通話できる点は非常に便利でした。Microsoft365を導入していれば、スムーズにTeamsを利用開始できるのでおすすめです。スマホでも使いやすいのも評価しています。

悪い口コミ・評判

有料なのに無料ツールの方が使い勝手が良かった

Business Standardプラン・月々1,300円×全従業員分のコストをかけています。しかしChatworkやSlackよりも使い勝手が悪く、PCブラウザのメッセージ通知が分かりづらい、特定のメッセージに返信できない等不便な点があります。また無料のWeb会議ツールと比べて重く、通信が不安定になることも多いです。

編集部コメント
OutlookなどMicrosoft製品との連携がしやすいビジネスチャットツール


Microsoft Teamsは、Microsoft 365(旧Office365)に含まれるビジネスチャットツールで、Microsoft365導入企業であれば、特別な作業なしに利用ができます。

起業LOGに寄せられた口コミによれば、OutlookなどMicrosoft製品との連携に非常に優れている点が高評価を得ています。

一方で、使い勝手や動作の重さには不満も多く、ネットワーク環境やPCスペックに不安のある企業は要注意です。

ビジネスチャットを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ビジネスチャットツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. Web会議機能

チャット画面からスムーズにWeb会議の実施が可能

2. 外部アプリケーションとの連携

65種類ものアプリケーションと連携が可能で、Teams内で一元管理できる

3. Microsoft製品との連携

Outlook、Word、Excel、PowerPointなどのMicrosoft製品との連携

良い点

Outlookメールやファイル共有サービスのShare Point OnlineなどのMicrosoft製品との連携が非常にスムーズ。管理機能が充実しているため、大企業でも安心して使えます。

悪い点

SlackやChatworkに比べて、UIや操作画面が使いづらいという声が多いです。

費用対効果:

Office製品と他社製品とセットだという点を踏まえると、お手軽な料金体系を取っています。

UIと操作性:

SlackやChatworkに比べると気軽なコミュニケーションをとりづらいという声が多いです。

多言語対応:

対応言語は181カ国53言語と数多いので困ることはないでしょう。

Microsoft Teamsの3つの特徴

1. 大人数の組織に適した管理機能

Microsoft Teamsは組織の中にチームを設定することができるのが特徴的です。

たとえばSlackではテーマごとのトークルームであるチャンネルを設定し、そこにメンバーを割り当てる形であるため、人数が多い組織ではチャンネル数が非常に増えすぎて管理が大変になるという問題があります。

それに対して、Microsoft Teamsは階層化して管理することができるため、大人数の組織の管理に適しているといえます。

利用画面の一例

2. いつでも実施可能なオンライン会議

Teams1つで、会社内外の誰とでも音声会議、ビデオ会議、Web 会議を開催でき、オンライン会議に必要な機能が一通り揃っています

音声会議はIP電話に加え、会議用に電話番号も割り振られるため、外部から会議用電話番号にかけることで会議に参加できたり、招待することもできます。

プレゼンテーションではSkypeと連動してライブ会議が利用できます。会社内外の最大 10,000 人の参加者に向けて情報発信することも可能です。

もちろん資料を共有しながらの会議も可能で、例えば画面上で資料に書き込むことのできる周辺機器と繋げる事で、会議メンバー間の意思疎通が明確になります。

実際に使ってみるとその使いやすさは抜群。特にチャットツールがとても便利でした。


デバイスはWindows、Mac、iPhone、Androidにて利用可能。

スピーカ等も含めての周辺機器デバイスはMicrosoft のパートナーである Logitech、Crestron、Polycom、Lenovo、HP等数多くあり、比較検討しながらの導入が可能です。


オンライン会議イメージ

3. 毎日使う機能を一元管理

Microsoft 365に含まれるWordやExcel等のMicrosoftツールはもちろん、他社の外部ツールもTeamsの画面で管理し利用することが可能です。

例えば、画像作成ツールのPhotoshopやIllustratorが利用できるAdobe Creative Cloud、Word等で作成したデジタル文書の改ざんを防止するための電子署名が行えるAdobe Sign。

各従業員の進捗管理等が行える、プロジェクト管理アプリケーションAsana等、公式サイトでは65種類のアプリケーションが提携可能とされています。

これらを使うために別のアプリケーションを独自で立ち上げる必要がなく、Teamsの画面からアクセスできるため、用途に合ったサービスを迅速に使用できるようになります。


アプリ使用画面イメージ

MicrosoftTeamsの料金プラン

Microsoft TeamsはMicrosoft 365に含まれているサービスのため、既に契約済の場合はすぐに無料で利用できます。

有料プランと比べて、無料プランで使用できない機能は下記になります。

  • 会議の録画 
  • 最大 250 人が参加できるオンライン会議
    (但し2021年7月現在、期間限定で最大24時間参加者最大300名可能)
  • 10 GB 以上のクラウド ストレージ(有料版は1TB)
  • Office デスクトップ アプリによる共同編集 
  • ファースト パーティやサード パーティのアプリとの連携
  • 企業レベルのセキュリティとコンプライアンス
  • 情報システム管理者向けの高度な管理機能
  • 24 時間年中無休の電話/Web サポート    

導入を考えている場合は無料プランを使用してから、有料プランに切り替えることをオススメします。

Microsoft Teamsの導入事例

情報伝達手段をTeamsに統一したことで情報共有と案件対応のリードタイムが短縮
富士ゼロックス株式会社

業務や商談に関わる全てのコミュニケーションをMicrosoft Teamsへ集約しました。メールや電話など分散していた情報伝達手段をTeamsに統一したことで、情報共有や案件対応のリード タイムは間違いなく短縮されました。

採用を決めたのは、追加コストが不要だったことと導入工数が削減できるため
三井物産株式会社

Microsoft Teamsは、広く社内で活用しているMicrosoft 365 のライセンスに含まれており追加コストが不要だったこと、またマイクロソフトのプラットフォーム共通の仕様を使えるため、大幅に導入工数が削減できたことが採用を決めた理由となりました。

※「Microsoft Teams」公式HP参照

Microsoft Teamsの評判・口コミ

メーカー

251〜500人

Office以外の外部連携には少し手間取る

使いやすいと感じた点を教えてください。

Office365を導入しているため、マイクロソフトのアプリケーションとして最初から使用可能な状態でした。そのため、すでに社員のうちパソコンで仕事をしている人には初めから使用できる状態なので導入が非常に楽でした。また、ビジネスチャットも同様に最初から使えるのがよいです。

不便だと感じた点を教えてください。

メンバーを設定・招待するのはとても簡単なのですが、スケジュールに登録された後、社内で使用しているグループウェアのdesknet's NEOとは同期しないため両方にスケジュールを設定しなければならない点は面倒です。技術的に対応可能なようなので、そのうち連携したいと思っています。

外部連携はしやすいと感じましたか?

社外のメンバーと連携する場合ですが、比較的Zoomの方がお手軽に感じます。社内で使用しているOffice365の範囲では連携しやすいが、その他のアプリケーションとは連携しにくいようです。

他の会社にもおすすめしますか?

会社での仕事はほぼマイクロソフト製品(ExcelやWord、パワーポイント)で仕事をしているので、同じマイクロソフト製品ということで使い勝手もよく、Office製品群との連携ができるので、他社にもおすすめです。

コンサルティング

31〜50人

chatwork、Slackよりも使い勝手が悪い

利用にかけた費用

Microsoft 365 Business Standardを全社員分契約していて、月々1300円×人数分を費やしているかと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

コロナウイルス感染症の影響でリモートワークが増え、Teamsで会議やチャットなどの機能を使うことが多くなりましたが、他のChatworkやSlackよりもTeamsの方が使い勝手が悪いように思えます。

Teamsには「チーム」と「チャット」それぞれのファンクションがありますが、PCブラウザ上のTeamsでは、チーム上での新規メッセージに気づきにくかったり(赤丸マークが表示されない)、特定のメッセージに対する返信ができません(スマホアプリからは可)。

その割には、他のオンラインコミュニケーションツールと比べて重く、よく通信が不安定になる気がします(Zoomなどの方が軽い)。ほかによいツールがあれば、乗り換えたいです。

Teamsは、過去のコミュニケーションのやりとりをキーワードで検索できますし、スケジュール管理がしやすい(会議設定が簡単にでき、Outolookのカレンダーと連動している)と思います。チームやチャットなど、機能を分けるのではなく、ひとつの機能上でチャット・電話だけでなく、情報の整理もできたりするとよいのではないかと思います。特定のメッセージの引用や返信もできるとよいです。

IT/インターネット/通信

31〜50人

開発職

グループウェアのように利用しています

使いやすいと感じた点を教えてください。

一個一個の話題がスレッドでできたり、会話が長くなってくるとスレッドが折りたたむことができます。逆に言うと、スレッドを折りたたんだ部分が見えなくなるため、スラックに慣れてると見落とすことがあります。情報共有専用のツールくらいの感覚で使い分けるといいかもしれません。

不便だと感じた点を教えてください。

スラックやGoogleのチャットはチャット機能に特化しています。対して、チームスはグループウェアに近いため、タスク漏れなどが起こりやすいと感じました。実際、人に任せているタスクの進捗状況がみえなかったために、タスク漏れが起こったことがありました。

IT/インターネット/通信

1001人以上

開発職

月額40万円で利用。オンライン商談にも使える

利用にかけた費用

月額40万円で運用しています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

Teamsの利点は、他なるWeb会議の開催だけでなく、オンライン商談として取引先を招待して商談に活用することができるところです。

通常は在宅ワークでも、セキュリティを対策を施す必要があるのでVPNを介して使っていますが、社外の人に対しては、相手がTeamsを導入していなくても、こちらから招待することで、オンラインでコミュニケーションが可能です。使い慣れるにも、1週間程度あれば、十分に習得が可能だと思います。またOffice365内である程度は解決できる点もありがたいです。

不便だと感じた点を教えてください。

基本的にはWeb会議システムなので、ネット回線が細くなると、時々ブロックノイズが発生してしまいます。そのために、時々、ダウンしたり、音声が途切れることがあるので、帯域が狭くても、十分に音声を確保できるように改善して欲しいと思います。ネット回線の帯域が少なくとも3Mbps異常必要なので、できれば1Mbps程度でも十分通会話ができる品質にしてもらいたいです。

製造

1001人以上

Office360導入企業にオススメ

使いやすいと感じた点を教えてください。

自社でOffice360を利用しているため、こちらのツールと連携がしやすいところは良いと思いました。また、ケータイにもスムーズに繋がるため、様々な場面で使えます。

不便だと感じた点を教えてください。

スカイプ機能が使いにくいところには不満があります。

近くで通話するとハウリングしてしまうのですが、これはどうしようもないことであると思うので、さほど大きな不満はありません。

他の会社にもおすすめしますか?

Outlookと連携できるので予定表などを合わせられて、画質や音もクリアで何十人繋いでもストレスなく通話できるため、他の会社にもおすすめです。

出版

101〜250人

トピックごとにチャットできるのが便利

使いやすいと感じた点を教えてください。

2020年の6月から使用を開始しています。リモートワークを開始していた頃からコミュニケーションツールとして使っています。それまではグーグルチャットとチャットワークを使用していました。

便利な点はチャット上で動画の通話できる点です。一度トークルームを作ると、トピック形式でグループでチャットできるので、後追いしてトークを見やすいです。トークが流れていかないのでそこが最も良いところだと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

グーグルチャットと比較するとgmailとの連携ができていないので、検索を別でかけないと会話を探せないという点です。グーグルチャットはgmailの検索窓口で検索できる点は便利でした。

メーカー

1001人以上

大規模な会社におすすめ

利用にかけた費用

無料で使用しています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

相手がアプリをダウンロードしていなくても、こちらから招待メールを送ることで誰でも参加可能なところです。チャット機能もついており使い勝手はよいと感じます。

不便だと感じた点を教えてください。

通信環境にかなり左右される点です。音声等は問題がない場合にもパワーポイントやエクセルなどの情報を共有する際にはフリーズして、共有できない場合や操作者とのタイムラグが生じる場合が多々あります。

また、招待できない場合もごく稀にあり、招待したい人間の名前を打ち込む際にも文字化けすることが多々あります。

外部連携はしやすいと感じましたか?

外部ツールとの連携はしやすいと感じました。Wi-Fiやネット環境があれば、とりあえずは連携することはできるからです。

他の会社にもおすすめしますか?

このツールは、大規模な会社で人数も多い会社であれば特に使いやすいと思います。理由は、参加人数に制限等はなく誰でも主催者になれると同時に参加もできるためです。とりあえずネット環境さえあればそこまで不便なく使用することができます。

その他

1001人以上

初心者でも使えるほど操作がわかりやすい

利用にかけた費用

初期費用、月額費用はわかりません。

使いやすいと感じた点を教えてください。

Teamsを使うことで、客先、社内での打ち合わせを全てWEB会議にすることができたため、移動時間等の短縮となり作業効率も上げることができました。

操作方法もわかりやすくいので、初心者でも使いやすい印象です。zoomと比較すると、より操作方法が簡単なイメージがあります。

不便だと感じた点を教えてください。

ただ、会議中の声が聞き取りにくいのが不便だと感じました。

イヤホンマイクをしていないと殆ど声は聞こえないですし、会議中に周囲がうるさいと雑音も拾ってしまうため、個室で対応をしなければなりません。これはやりにくいと感じました。

また、一度に画面に映る人数も限られておりますので、大人数での会議には向かないと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

総合的に考えると、他社にもおすすめできると思います。日々の仕事の作業効率が格段に上がりましたし、遠方の方とのコミュニケーションも取りやすいためです。

また、初めての操作であっても非常にわかりやすいので、どんな方でも抵抗感なくはじめやすいという印象です。

製造

1001人以上

環境に左右されて不具合も多い

使いやすいと感じた点を教えてください。

メールサービスとつながっており、案内が出しやすく、スケジュールが設定しやすいところは良いと思いました。また、会議日時も管理しやすくて便利です。

不便だと感じた点を教えてください。

スケジューラーで空いてる日時に勝手に会議を入れられるデメリットもあります。

teamsは環境によって音声の品質が左右される感があり、多くの拠点で会議するときに音声不具合が出ることがあるので、そこは非常に不便です。会議室同士のときにジャブラのスピーカーを使うのですが、他拠点の音声が聞こえにくいことが多いです。

デザイン

1001人以上

Outlookスケジュールで事前会議招集ができて便利

使いやすいと感じた点を教えてください。

Outlookスケジュールを利用すれば、事前会議招集ができて便利です。

細かい機能としては、Web会議中に背景変更が可能であったり、資料の共有が容易に出来たりします。ゲスト参加であれば、アプリのインストールが不要である点や社外の人も招待可能である点も非常にありがたいです。

不便だと感じた点を教えてください。

ただ、会議でホストは参加者を1人1人参加承認する必要があり、少し面倒です。

IT

101〜250人

Outlookとの連携がとても便利

使いやすいと感じた点を教えてください。

弊社では250名でこのツールを利用していますが、特に大きな問題もなく利用できています。

チャットツール兼ウェブ会議として利用できるため、少し話したいくらいの軽い用件でも気軽に電話機能を使えるようになったのが、このツールの良い点だと思います。

逆に、顔出しは9名しか見られないため、大人数でMTGする際はうまくいかなかったりします。

不便だと感じた点を教えてください。

弊社ではOutlookと連携しているため、予定などを入れると自動で入力してくれる機能はありがたいです。

タスク管理ができない部分などは、以前利用していたChatworkよりも劣っていると感じています。

デザイン

31〜50人

WiFi機能が充実していればどこでも使用可能

利用にかけた費用

400円かけて利用しています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

データを送付することができることや、テキストを個別または全体に送付することができることなどは便利だと思います。自分の顔を隠せる点も良いと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

ライアント様にも自分と同じツールを使っていただく必要がある点や、WiFiが重いとツールが開けないことがある点は特に不便だと思っています。

また、背景を変更できるのは嬉しいのですが、背景を変更すると動作自体が重くなるので使いにくくなります。有料プランにしなければ短い時間しか話すことができない点にも不満があります。

他の会社にもおすすめしますか?

どこでも使用できるので、どの職種・業種にもおすすめできるでしょう。WiFi機能が充実していれば動作はスムーズで、カメラのオンオフや背景が変更できるので、使い勝手は悪くないと思います。

サービス

1001人以上

相互コミュニケーションの場にはTeamsよりZoomが便利

使いやすいと感じた点を教えてください。

Teamsに限った話ではありませんが、画面投影や議事録の作成等がオンライン商談中にできるのは便利です。また100名を超える人数が同時に見られるのも良いと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

Teamsは圧倒的に利用者がZoomに比較すると少ない点は、不便に感じています。Zoomは安全性の問題で弊社では利用できませんが、多くの企業はZoomでの商談を希望するので、個人携帯やPCを駆使しているケースが散見されているのが現状です。

外部連携はしやすいと感じましたか?

外部連携に関しては、Microsoft TeamsはそもそもMicrosoftのものなので、Microsoft全体との互換性が良く利用しやすかったです。

他の会社にもおすすめしますか?

相互コミュニケーションが必要な場合はTeamsよりはZoomの方が便利だと感じます。

製造

51〜100人

チーム内での共有や会議共有はしやすい

使いやすいと感じた点を教えてください。

チーム内での共有や会議共有なども使用しやすく、ポップアップもPC画面に出てきますので重宝しています。個人ごとにチャット部屋も設けることができるので、より一層良いと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

オンライン会議室を開設し、外部に対しても積極的にアプローチを行っていきたいのですが、「ここで面会しましょう」という場を設けているだけのような気がして不便さは感じます。費用も安いとの事で使用していますが、こちらが知っている人しか面会できないため、新規の顧客などに営業できるようなツールです。紹介ツールのようなシステムになっていくといいなと感じています。

外部連携はしやすいと感じましたか?

外部ツールについては、Office365と連動させていて、Outlookとかとうまく連携できていると思います。現場サイドとしては快適さは感じます。

他の会社にもおすすめしますか?

チーム内での管理システムや共有システムとしては重宝できるので、他の会社にもおすすめしたいです。営業的なツールとしての強化をお願いしたい面はありますが、現状で考えれば十分おすすめできるシステムだと思います。

製造

251〜500人

ビデオ会議と共有フォルダが同一にあるのは便利

使いやすいと感じた点を教えてください。

リモートワーク、社内会議、講演会、顧客との面談に使っています。該当するメンバーを選択して、共有フォルダとして利用できるのが便利です。共有ファイルにはスマホからのアクセスが可能なのも良いと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

自分が発表しているときに、視聴者がビデオオンにしていても、聴講者を見ることができません。会議や面談に使うものなので、相手の表情がわからないのはちょっとやりにくいと感じます。

外部連携はしやすいと感じましたか?

outlookと連動させる手帳アプリ(ジョルテ)に入力することで、teamsのカレンダーに同期されます。

他の会社にもおすすめしますか?

ビデオ会議と共有フォルダが同一にあるのは便利なので、おすすめします。リモートワークのメンバーが中心になってチームで仕事をする場合には、非常に役立ちます。

通信

1001人以上

スマホでもPCと同様に操作ができる

使いやすいと感じた点を教えてください。

画面切り替えがよりスムーズです。会議や講演会など発表者の発表スライドに切り替えがスムーズでストレスがありません。

以前使用していたツールはSkype for Businessでしたが、発表者画面への切り替えにかなり時間を要したり、ときには切り替わらないこともありました。

不便だと感じた点を教えてください。

プレゼンをしているときに相手の表情が見えないために、相手に合わせたプレゼンが難しいです。相手の表情を見るためには、もう一つPCやスマートフォンなどデバイスを準備しなければならないので面倒です。

他の会社にもおすすめしますか?

スマートフォンでもpcと同様に操作ができるので、おすすめしたいです。共有フォルダにスマートフォンからアクセスできるのも利便性が高いポイントだと思います。

通信

101〜250人

ファイルのやりとりや共同作業が簡単にできる

利用にかけた費用

ライセンス費用:月額880円ほど

使いやすいと感じた点を教えてください。

それまではコミュニケーションのツールとしてメールやグループウェアの回覧板を使用していたのですが、リアルタイム性に欠けるので導入しました。LINEなどのようにシンプルな操作性であること、リアルタイムなコミュニケーションができることがとても良いと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

人数の多いチームを作成してやりとりが膨大になってくると、過去に行ったやりとりを探すのに少し苦労します。メッセージのピン留めや保存の機能はあるのですが、過去のやりとりをさかのぼって検索するのは使い勝手が悪いと感じました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

かなり連携はしやすいです。タブなどに任意の外部アプリを選んで簡単に導入できます。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。コミュニケーションツールとしてはかなり便利で、ファイルのやりとりや共同作業が簡単にできるためです。

小売

101〜250人

スレッドにどんどん返信してコミュニケーションをとれる

使いやすいと感じた点を教えてください。

ひとつのスレッドにどんどん返信してコミュニケーションをとれるので、時系列的に何をしているのか辿ることができて分かりやすいです。

不便だと感じた点を教えてください。

クラウドサービスなので、使っているこちらが知らない間にサービス名称が変わっていることがあって、そういうときは戸惑いました。

他の会社にもおすすめしますか?

一般的な会社であればどんな会社でもおすすめできます。会議で画面共有もできるので、紙媒体なしで会議ができるのもおすすめのポイントです。

IT

101〜250人

アプリ版のTeamsは非常に重たい

使いやすいと感じた点を教えてください。

すでにMSのアカウントが会社から付与されているので、追加でアカウントを作る必要がないのは助かりました。

同期とはグループLINEやslackでやりとりをしていますが、いずれも追加でアカウントを作ったりPWを設定したりしなければならないのが手間でした。その点Teamsは会社PCで見る限りではそのような手間はないのでありがたいです。

不便だと感じた点を教えてください。

特にアプリ版のTeamsは非常に重たいです。社内には速い回線を引いているので全く問題ないのですが、リモートになるとすぐ固まってしまいます。

他の会社にもおすすめしますか?

重さがネックなので、仕事にはあまりおすすめできません。在宅ワークなどネットが脆弱な環境下でTeamsを開きっぱなしにして仕事をするのは効率にかかわる問題だと思うからです。

サービス

251〜500人

Slackとか別のサービスのほうが使いやすい

利用にかけた費用

もともとMicrosoft Office365の月額版を入れていたので、Teams単体ではナシ

使いやすいと感じた点を教えてください。

コロナとは関係なく、働き方改革の一環として部署としてテレワークを試験的に導入していました。全社的にMS Office365を社内ポータルサイトとして導入していたこともあり、追加費用が発生せずに使えるチャットツールということで使い始めています。

LINEやslackでは相手のユーザー名を知らないと連絡が取れないのですが、TeamsはMSアカウント(=社用メールのアドレス)が分かればチャットが投げられます。誰から来たチャットかもすぐ分かるので、チャット上ではじめて連絡をとる相手でも安心でした。

不便だと感じた点を教えてください。

開発ができるほど高スペックなPCを使っているのですが、TeamsのチャットをしながらOutlookをたちあげたりChromeを見たりすると、大抵どれかが落ちてしまいます。office365からWeb版のものを出せばまだマシなのですが、その場合いくつかの機能が使えないのでとても困ってしましいます。

外部連携はしやすいと感じましたか?

マイクロソフトの製品なので、Officeまわりとは全く問題なく連携できます。

他の会社にもおすすめしますか?

Office365を入れている会社でないなら、Slackとか別のサービスのほうが使いやすいと思います。

不動産

1001人以上

とにかく重たい

導入に至った決め手を教えてください。

迅速な情報共有やお客様との情報共有、契約までをスムーズに行うため。またオンライン会議やログとしても使用していた。

使いやすいと感じた点を教えてください。

コロナの影響で在宅ワークになったが、各従業員への連絡をすぐに一括で取れるのは便利だった。CADオペが在籍する部署にいたが、画面共有でオンライン上で図面に触れられるのも助かった。

不便だと感じた点を教えてください。

とにかく重たかった。何かひとつの動作をするにしても、フリーズしたのか見分けがつかないくらい重かった(フリーズもしばしばあった)。

また新しい機能が次々と追加されるのは良いが、今まで使っていた機能が使えなくなったり、やり方が変わったりして分かりづらかった。情報システム部もマニュアルを作ってくれていたが、そのマニュアルもすぐに古い情報になってしまった。

外部連携はしやすいと感じましたか?

連携しづらかった。Microsoft系のツールしか使えないし、Teamsのアプリケーション上で開いても重いし、Microsoftのツールで開いても保存できない状況になることが多々あった。

他の会社にもおすすめしますか?

状況による。テレワークするには便利なツールだと思うが、動作が重いもので似たツールがあるのであれば、そちらを使いたい。

メーカー

1001人以上

数万人規模の会社におすすめ

導入に至った決め手を教えてください。

以前はIBMのNotesをずっと使っていたのですが、旧式のグループウェアで使い勝手も悪いなど、刷新すべきタイミングが来ていました。次期グループウェアを考える上で、社内のほぼ全員がWindowsOSを使っているため、Teamsは包括契約で導入がしやすいと考えました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

今現在、多くの社員が在宅勤務をしている関係で、メールだけでなくチャットやテレビ会議を使ったコミュニケーションを多用しています。これらの機能をすべて包含しているため、使い勝手が良いです。

社外メンバーとの打ち合わせの場合は、チャットはslack、会議はZoom、メールはOutlookといった具合にツールを使い分けています。こうなるとそれぞれでアカウント登録が必要で、会議中のチャットも記録として残しづらいため、すべて連携できるTeamsに魅力を感じます。

不便だと感じた点を教えてください。

自分の端末のメモリが少なく、アプリケーションの切り替えがいちいち重たいため、もっと軽く動作するようになればいいのにな、とは感じます。とはいえ、以前使っていたNotesにはない機能も沢山あるため、重たくなるのはやむを得ないとも感じています。

外部連携はしやすいと感じましたか?

SharePointと連携したり、OneNoteと連携したりと、マイクロソフト製品間の連携であればスムーズにできています。

他の会社にもおすすめしますか?

数万人規模の会社にはTeamsがおすすめです。過去に所属していた同規模の企業2社でもTeamsを使っていたため、やはり大企業では包括契約もあって導入しやすいのだと思います。

メーカー

1001人以上

Office製品を使っている会社には特におすすめ

使いやすいと感じた点を教えてください。

Microsoft社製品なので、EXCELなどとの親和性が良く使いやすかった。過去のツールだと、EXCEL添付などはできず不便だった。

不便だと感じた点を教えてください。

ある程度のマニュアルがないと、慣れるまで時間がかかってしまう。一度送ったメッセージを編集できると知ったのは使い始めて結構経ってからで、「もっとわかりやすく案内があれば、今までのメールも手際よく編集できただろうに」と思った。

メッセージやスケジュール管理以外にもさまざまなことができるようだが、実際使いこなせているのは一部の人だけだった。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Microsoft製品との連携はしやすかった。teamsを立ち上げていないときにきたチャットは、Outlookにリマインドが入った。POWER BI という分析ツールもMicrosoft社製なので、データが更新されるとリマインドが届く仕組みになっているようで、便利だと思った。

他の会社にもおすすめしますか?

Office製品を使っている会社には特におすすめできる。

メーカー

1001人以上

チャットが使いやすい

使いやすいと感じた点を教えてください。

容易にweb会議として活用できる。コロナ禍で会議室に集まって会議することができず、リモートで会議する際に大いに役立っている。チャットも使いやすい。メールでやりとりするほどの大袈裟なやりとりせず、まるでLINEのように、相手と気軽にチャットできて便利。

不便だと感じた点を教えてください。

強いて言えば、相手の状態(連絡可能や取り込み中、会議中など)をもう少しタイムリーにわかるようになればいいかなと思う。

外部連携はしやすいと感じましたか?

ExcelやWordなどの資料を会議出席者間で共有しやすい。

他の会社にもおすすめしますか?

チャットはLINEのように簡単に使いこなせて、web会議も簡単できるのでおすすめしたい。

製造業

1001人以上

説明不足

使いやすいと感じた点を教えてください。

  • 従来までは会社独自開発のカレンダーシステムを使用していたが、全社員がスケジュール管理をOutlook上で管理することととなったため、コロナ禍でのTeams打ち合わせセッティングが非常に容易となった。
  • 社内でのアンケート等についても、Microsoftの社内クラウドWeb上で実施できるようになったため時間短縮となる。
  • 議事録等もMicrosoftのOneNoteで取り、共有にするだけとなり非常に便利。

不便だと感じた点を教えてください。

  • 社風等にもよると思うが、個人で使用しているSlack等の他のツールと比較して、複数人でのチャットや情報共有についてはあまり向いていないように感じる。
  • 他の何のツールとの連携ができるのか等は説明不足に感じる。

製造業

11〜30人

使い慣れたものが一番良い

 導入に至った決め手を教えてください。

Zoomを離床していましたが、セキュリティー面や顧客がZoomの利用を禁止したため切り替えました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

正直Zoomとの違いはよく分かりません。使う側から見るとデザインが違うだけで、機能はほどんど一緒です。このようなものは使い慣れたものが一番良いと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

導入時は、使いたい機能はどのボタンを押せばできるかなどわかりにくく、使い方を把握するまでにとても困りました。複数の人が同時に使用するので、全員が使い方をわかっていないと会議が進みません。Zoomだと使い方に慣れていたので、できることは誰でもわかりました。

他の会社にもおすすめしますか?

基本的にはおすすめしません。このようなサービスは日々進化しますしセキュリティーについてもどこまで信じていいかがわかりませんので、各会社が自己責任の下導入すればいいと思います。

サービス

1001人以上

説明書なしに感覚的に使用できる

導入に至った決め手を教えてください。

リモートワーク開始に伴う、メンバー間の情報共有のため。

使いやすいと感じた点を教えてください。

過去に、BlueJeansというTV会議システムを利用していましたが、teamsのほうがグループチャットや資料共有、掲示板機能など、特に説明書なしに感覚的に使用できました

BluejeansでTV会議をしていたときは、通信容量の負荷が大きかった、多くのメンバーで共有しにくいことなど課題がありましたが、teamsに変更してからはその課題も解消されて助かっています。

不便だと感じた点を教えてください。

最初の頃は、TV会議で同時にカメラ画像を表示できる人数が4名程度と少なかったのですが、次第に改良されて、現在は12名程度まで同時に表示されるので、気になっていた不便はなくなりました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

formsなどのアンケートツールとの連携は利用したことがあります。その他、Outlookのスケジューラーとも連携できていますので、会議予定なども容易に管理できます。

他の会社にもおすすめしますか?

リモートワークでメンバー間の情報交換やコミュニケーションを保ちたいと考えている会社におすすめできます。これまでにオフィスの中でできていた人間関係をリモート環境で維持するためには、こういったツールは必須と考えます。

まとめ

この記事ではMicrosoft Teamsの特徴・評判・口コミ・料金を解説しました。

Microsoft Teamsは、これまで使用してきたWordやExcelなどのMicrosoft製品の使い勝手や資料作成を有効に活用しつつ、あらゆる場所からのオンライン会議をサポートしてくれる強力なツールです。

良くも悪くもMicrosoftのサービスなので、好みが分かれるところではありますが、全世界で展開しているMicrosoftの信用度は導入を考える企業にとっても重要です。

Microsoft Teamsは国内外で頻繁にコミュニケーションをとる必要がある企業にオススメです。特に海外出張先からの会議参加や、国内外の在宅勤務メンバーとの会議ではTeams1つで連絡も完結でき、効率よく会議を回すことができるようになるでしょう。

画像出典元:「Microsoft Teams」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ビジネスチャットの資料を一括ダウンロード

その他のビジネスチャット

起業ログが厳選するビジネスチャット
ビジネスチャット
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ