Discord

1.8

記事更新日: 2022/03/31

執筆: 太田繙

編集部コメント

チャットも通話もできるビジネスチャットサービス

「Discord」は、アメリカ発のオンラインビジネスチャットサービスです。

グループを作成できたり、複数人で通話ができたりと、オンライン上でのコミュニケーションに特化しています。

無料版でもチャット機能や通話機能に制限がないため、初めてビジネスチャットサービスを導入する企業でも安心です。

サポートページに日本語と英語が混在しているため必要な情報が探しにくく、海外ツールに不慣れな人は疑問を解消するのに時間がかかるでしょう。

ビジネスチャットを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ビジネスチャットツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

Discordは誰でも簡単に始められ、社外とのコミュニケーションにも使えます。同時通話に参加できる人数も無制限なので、他のオンラインミーティングサービスを導入する必要もありません。

悪い点

Discordはアメリカ発のサービスです。基本的な操作に英語は必要ありませんが、日本語対応が不十分な面があります。

費用対効果:

無料版でもチャット機能や通話機能に制限がありません。有料版の費用も他サービスより低く設定されています。

UIと操作性:

直感的に操作できます。

社外連携:

登録は無料でWindows版、Mac版、ブラウザ版があり、社外の人の導入も簡単です。

 Discordの導入メリット4つ

1. トピック別のサーバー(グループ)を作れる 

Discordでは、トピック別に「サーバー」というグループ作成が可能です。

複数の案件を動かしている企業がメールでやり取りする場合、どの案件のことを話しているのか混乱してしまったり、一斉メールの送信漏れでメンバーへの情報伝達ミスがおこったりします。

Discordの「サーバー」を案件ごとに作成してメンバーを招待すれば、どの案件の話なのかが明確になり、情報が散逸することもありません

Discordの「サーバー」は案件ごとに作成が可能

2. ボイスメッセージが可能

Discordはボイスメッセージにも対応しています。

一般的なチャットツールだと文字がメインのコミュニケーションになりますが、Discordでは気軽に通話することもできます。

同時に通話できる人数に制限もないので、ミーティング用に他のビデオ会議サービスを契約する必要もありません。

Discordは通話でのコミュニケーションも簡単

3. 「サーバー」ごとにアカウント権限を変更できる

Discordでは、サーバーごとに各アカウントの権限を変更することが可能です。

各プロジェクトごとにサーバーを作った際に、プロジェクトの責任者にのみ管理者権限を与えることができます。

こうすることで、外部の人を招待できるのはプロジェクト責任者のみ、などの環境を構築できます。

チャット上でも誰が責任者なのかすぐに分かるので、プロジェクトの指揮系統が一目瞭然です。

Discordではサーバーごとにアカウント権限を変えられる

4. 社外の人の招待も簡単

Discordは、社外の人を招待することも簡単です。

WindowsにもMacにも対応しているので、どんなPC環境の人でも開始できます。

Discordにはブラウザ版もあり、PCにアプリをインストールしたくない人も利用可能です。

Discordのアカウント登録は無料なので、お金もかかりません。

Discordは誰でも簡単に始められる

 Discordのデメリット2つ

1. 日本語の情報が不足している

Discordはアメリカ発のサービスのため、日本語の情報が不足ぎみです。

Discordのヘルプページには、日本語で書かれているページと英語で書かれてるページが混在していますが、Discordの利用に最低限必要な情報は全て日本語対応しています。

2. 電話でのサポート等はない

Discordのヘルプページには多くの情報が載っていますが、具体的な操作は自分で習得する必要があります。

電話によるサポートもないので、海外ツールに不慣れな人は疑問を解消するのに時間がかかりそうです。

 Discordの料金プラン

Discordは基本的には無料利用が可能です。

上位プランとして「Discord Nitro」と「Discord Nitro Classic」があります。

無料版でもチャット機能と通話機能に制限はないので、基本的なビジネスコミュニケーションツールとしては問題ありません。

無料プランにはアップロードファイルの容量に制限があるため、動画ファイルなどを頻繁にやりとりする場合などは上位プランにする必要があります。

有料プランにはサーバー機能を拡張する「サーバーブースト」に関する特典がつきます。

  Discord Discord Nitro Discord Nitro
Classic
月額費用 無料 $9.99
(約1,147円)
$4.99
(約573円)
チャット機能 利用可能 利用可能 利用可能
通話機能 利用可能 利用可能 利用可能
アップロードファイル 8MBまで 100MBまで 50MBまで
アイコン設定 静止画のみ 静止画GIF 静止画GIF
その他特典 絵文字が使える
サーバーブースト
が2つまで無料
(3つ目以降は
30%オフ)

絵文字が使える
サーバーブースト料金
が30%オフ

※税対応不明

 競合製品との料金比較

Discordは、他のビジネスチャットサービスと比較して、安価で始められます。

無料版でもコミュニケーション機能(参加グループ数や通話機能)に制限がありません。

そのため、オンライン上でも低コストでコミュニケーションを取ることが可能です。

  Discord
(税対応不明)
チャットワーク
(税別)
Slack
(税対応不明)
初期費用 なし なし なし
月額費用 $4.99~(約573円)

年間契約の場合
$49.99~
(5,739円~)
600円~

年間契約の場合
6,000円~
850円~
無料プラン
(基本的な機能に
制限なし)

(参加可能グループ数
に制限あり)
通話機能
(参加人数に
制限なし)


(無料版は1対1のみ)
(有料版は複数人で
通話可能)


(無料版は1対1のみ)
(有料版は15人まで
同時通話可能)

 

 Discordを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

 低コストでオンラインコミュニケーションツールを導入したい企業

低コストでオンラインコミュニケーションツールを導入したい企業には、Discordがオススメです。

Discordは、無料版でもコミュニケーション機能に制限がないため、固定費をかけることなく、オンライン上でやりとりができます。

 リモートワーク中でも会話をしたい企業

リモートワーク中でも会話をしたい企業にも、Discordがオススメです。

Discordの通話機能は、参加人数に制限がありません

リモートワーク中に実際に会話をしながら作業したい企業や、頻繁にオンラインミーティングを開催する企業は重宝するでしょう。

向いていない企業

 手厚いサポートが必要な企業

海外産のツールに不慣れで、手厚いサポートが必要な企業にはDiscordは向いていません。

Discordはアメリカ発のサービスなので、サポートページに日本語と英語が混在しています。

実際の操作は直感的に行えるため問題ありませんが、不具合発生時の問い合わせに苦労する可能性があります。

Discordの評判・口コミ


投稿日: 2022/07/28
会社名
非公開
所在地
非公開
業界
非公開
職種
非公開
従業員
1人
小田洋

利用確認済ユーザー

役職
-
利用状況
-
アカウント数
-
費用感
-
導入年
-

総合評価点1.5

料金
1
機能の充実度
2
操作性・UI
1.5
サポート体制
1.5
社内での評判
1.5

一般ユーザーはお門違い?ゲーマー向けコミュニケーションツール

導入したきっかけ

元々、FXやせどりのコミュニティに参加するために、1年ほど前から利用し始めました。

 

使いやすいと感じた点

現在、100人ほどのコミュニティに所属していますが、 Discordは他のチャットツールに比べてコンテンツやツールのカテゴリ分けがされていると思うので、情報が探しやすくなっていると思います。

 

不便だと感じた点を教えて下さい

 開いたときに、チャットワーク等では画面左側に「宛先」などツールがわかりやすく表示されているのに対して、Discordはロゴがあるだけで自分がしたいことをどのツールを使えばいいのかが少しわかりにくいと感じました。 また、ページの仕様が少しわかりにくいと感じました。もともとゲーマーやプログラマー向けのツールなこともありますが、そのどちらでもない私には直感的に操作できるような仕様ではなかったので、もう少し一般の方にもわかりやすい仕様になっていると嬉しかったです。

投稿日: 2022/07/28
小田洋

利用確認済ユーザー

総合評価点1.5

料金
1
機能の充実度
2
操作性・UI
1.5
サポート体制
1.5
社内での評判
1.5
役職
-
費用感
-
導入年
-
所在地
非公開
職種
非公開
利用状況
-
アカウント数
-
会社名
非公開
業界
非公開
従業員
1人

一般ユーザーはお門違い?ゲーマー向けコミュニケーションツール

導入したきっかけ

元々、FXやせどりのコミュニティに参加するために、1年ほど前から利用し始めました。

 

使いやすいと感じた点

現在、100人ほどのコミュニティに所属していますが、 Discordは他のチャットツールに比べてコンテンツやツールのカテゴリ分けがされていると思うので、情報が探しやすくなっていると思います。

 

不便だと感じた点を教えて下さい

 開いたときに、チャットワーク等では画面左側に「宛先」などツールがわかりやすく表示されているのに対して、Discordはロゴがあるだけで自分がしたいことをどのツールを使えばいいのかが少しわかりにくいと感じました。 また、ページの仕様が少しわかりにくいと感じました。もともとゲーマーやプログラマー向けのツールなこともありますが、そのどちらでもない私には直感的に操作できるような仕様ではなかったので、もう少し一般の方にもわかりやすい仕様になっていると嬉しかったです。

投稿日: 2022/06/14
会社名
非公開
所在地
非公開
業界
メーカー
職種
非公開
従業員
501人〜1000人
匿名ユーザー
役職
-
利用状況
-
アカウント数
-
費用感
-
導入年
-

総合評価点2

頻繁な会議にはZoomの方が向いている

利用にかけた費用

0円

利用期間

2019年12月〜2022年5月現在も利用中

使いやすいと感じた点を教えてください。

・扱いやすい。 オプションが分かりやすく表示されていてユーザーの状況も把握しやすい。

・無料で利用できる。

・回線が安定している。

楽しみながらバックグラウンドで話せるのが一番の魅力。

・カスタマーサービスも充実している。今後も使っていきたい。

不便だと感じた点を教えてください。

・稀に回線が落ちる。いきなりバグったりして、コールにいた全員落とされたことがある。

・友達追加の操作がわかりにくい。

いちいちグラフィックカードの音声に切り替えるか聞いてくるのは煩わしい。使うことのない機能なのに、起動時毎回聞いてくるので苛立つ。

他の会社にもおすすめしますか?

ミーティングを頻繁にする必要がある会社にはおすすめできない。映像をつなげるのに一手間かかり、なおかつクオリティは良くない。そういった状況にはzoomの方が向いている。

投稿日: 2022/06/14
匿名ユーザー

総合評価点2

役職
-
費用感
-
導入年
-
所在地
非公開
職種
非公開
利用状況
-
アカウント数
-
会社名
非公開
業界
メーカー
従業員
501人〜1000人

頻繁な会議にはZoomの方が向いている

利用にかけた費用

0円

利用期間

2019年12月〜2022年5月現在も利用中

使いやすいと感じた点を教えてください。

・扱いやすい。 オプションが分かりやすく表示されていてユーザーの状況も把握しやすい。

・無料で利用できる。

・回線が安定している。

楽しみながらバックグラウンドで話せるのが一番の魅力。

・カスタマーサービスも充実している。今後も使っていきたい。

不便だと感じた点を教えてください。

・稀に回線が落ちる。いきなりバグったりして、コールにいた全員落とされたことがある。

・友達追加の操作がわかりにくい。

いちいちグラフィックカードの音声に切り替えるか聞いてくるのは煩わしい。使うことのない機能なのに、起動時毎回聞いてくるので苛立つ。

他の会社にもおすすめしますか?

ミーティングを頻繁にする必要がある会社にはおすすめできない。映像をつなげるのに一手間かかり、なおかつクオリティは良くない。そういった状況にはzoomの方が向いている。

 まとめ

Discordは、低コストでオンライン上でのコミュニケーションが簡単にとれるビジネスチャットサービスです。

無料版でもチャット機能や通話機能に制限がないため、簡単に導入できます。

案件ごとにグループを分けられ、メールでのやり取りよりも情報のやりとりがスムーズです。

無料のビジネスチャットに使いにくさを感じている企業は、Discordの導入を検討してみるとよいでしょう。

 

画像出典元:「Discord」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ビジネスチャットの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

ビジネスチャット
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ