Zoho Project

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

プロジェクトの行程ごとに、担当者を設定できタスクの完了後、次のタスクの担当者へ通知がいきます。そのため複数人で並行したプロジェクトを進める場合にオススメです。無料プランもあるので是非多彩な機能を使ってみてください。

プロジェクト管理ツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

プロジェクト管理ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

プロジェクトを簡単に計画

複雑なプロジェクトを簡単に管理できるユニットに分けて整理できます。

ガントチャート

タスクのスケジュールと進捗状況を視覚的に詳しく示します。

請求対象時間の管理

請求対象時間と請求対象外時間をかんたんに記録可能。Invoiceと連携して、タイムシートから請求書を自動生成。

良い点

永久無料プランもあるが、無料プラン以外でも6人まで2,160円で利用できるので安価で導入しやすいです。 複数人で並行したプロジェクトを進める場合にオススメです。

悪い点

海外製であるため、日本語対応が充分ではなく、一部不自然な表現になっています。 機能が多すぎて使いこなせないといった意見もよく聞きます。

費用対効果:

全ての機能が使えるお試しが10日間無料で使え、永久無料プランもあることから費用対効果は高いと言えます。

UIと操作性:

ユーザーからの意見に日本語対応が充分でなく、一部不自然な表現になっているという意見や海外製なのでユーザーインターフェースがなかなか慣れないという意見があります。

外部連携:

多くのアプリとの連携ができるためほぼ全てのユーザーにとって使いやすい環境が整っていると言えます。

Zoho Projectの特徴3つ

1. タイムラインで簡単にプロジェクト進行管理

タイムラインで、簡単に過去の重要な投稿を振り返ることができます。

Zoho Projectの一番優れた点は、簡単にプロジェクト管理ができる点です。

プロジェクト管理が楽になるための工夫がたくさんなされています。

ここではプロジェクト管理を楽にする具体的な機能を3つ紹介します。

リソース使用率グラフで、メンバーのタスクの量を調整

リソース使用率グラフを使用することで、誰が手空きで、誰が業務中で、誰が過負荷状態かを一目で確認できるためチームメンバーにタスクを効率よく分配できます。


下図のように、誰が何個のタスクを抱えているのかをすぐに確認できます!

「あっこの人ならタスク量的に私の仕事を手伝ってくれそう」と理解できるので「5分でも早く帰りたい」繁忙期にはかなり助けてくれるツールになること間違いなしです。



多くのユーザーが使っているGoogle Appsとの連携

Zoho ProjectアカウントはGoogle Appsとも連携しており、Google AppsにサインインしていればそのままZoho Projectにもサインインできます。

その他、Google カレンダーやGmailでプロジェクトの予定や情報を確認できます。

そして、なんといっても連携できるアプリ数が多いです。

この連携という機能は最低限必要なので、プロジェクト管理ツールを選ぶ際は非常に大事です。

自分が普段使っているアプリと連携できるのかを下図より確認してみてください。

きっとあなたが使っているツールとの連携ができるはずですよ!



プロジェクト管理に最低限必要な機能を完備

タスク管理、ドキュメント管理、課題管理、作業時間管理、ガントチャート、Wiki、掲示板などのツールが1つにまとまっているため、過不足なくツールを使うことができます。

プロジェクト管理に必要なツールが、網羅されているので迷っている場合はZoho Projectがオススメです!

 

2. セットアップの必要なし

本文:Zoho Projectはセットアップの必要がなく、サービスをすぐに利用できます

また、分かりやすく使いやすいインターフェースを備えているため、すぐに操作になれることができます。

また場合によって、画面の色やメンバーの写真を好みのものに変更できます。

またインターフェースで表示されるロゴには会社のロゴなど好きなロゴを使用できるので自分がより使いやすい形へカスタマイズ出来るのです。

心理学的にも、画面の色を好みのものに変えるだけで気分転換になり、選び方によっては仕事の作業効率が上がったり、運気アップにつながったりするんです!

3.行程ごとにタスク管理

本文:行程ごとに完了後、完了通知メールが次の担当者へ送られるため、タスク管理の効率化に結びつき、進捗状況を簡単に把握できます。

また、インターネット上でプロジェクト関連情報を共有できるため、複数の拠点でメンバーが遠隔で作業をしているような場合でも、プロジェクトを効率的に管理することができるのです。



Zoho Projectの料金プラン

永久無料プランと全ての機能を無料で10日間使えるプランもあることから無料で使ってみ見ることを強くオススメします。

多彩な機能があるので「この機能使える!」「この機能ほしかった!」など発見があるはずです!!

また、ユーザ数一人追加毎に課金ではなく、一定人数まで料金不変のため、気軽に新しいメンバーを招待できるというのがメリットです。

月額のプラン詳細は下図を参照ください。

オススメは一番人気の、プレミアムプランです。プレミアムプランはユーザー20人まで過不足のない機能を使えます。



まとめ

1つのプロジェクトを管理するだけでも大変ですが、基本、複数のプロジェクトが同時に動くことが会社では当たり前で、それらをしっかり管理することは、かなりの神経を使います。ビックプロジェクトなら尚更です。

そんな時に役に立つのが、このクラウド型プロジェクト管理サービス「Zoho Projects」です。

Zoho Projectsなら、セットアップにも時間がかからず、並行した業務の際に複雑になりやすいプロジェクトのタスク管理などを簡単に見やすく管理することが出来ます。

画像出典元:「ZOHO Projects」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

プロジェクト管理の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

プロジェクト管理
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ