Taskworld

記事更新日: 2018/11/30

執筆: 山中勝輝

運営コメント

機能面ではどのタスク管理ツールよりも優れています。しかし無料プランがないので、ベンチャー企業など資金に余裕がない会社には導入ハードルが高くなります。

1. セキュリティ

安全性が最も高いAWSを導入

2. チャット機能

ツール内のコメント機能、チャット機能で会話をすることができる

3. カンバン形式

進捗状況別にタスクをドラック&ドロップして管理

良い点

グラフを見ることで、個人またはチームメイトのタスク状況を把握することができ、課題発見の手助けになるでしょう。

悪い点

無料プランがないのが残念です。他のタスク管理ツールの中に無料で使えるツールもあるので、機能を重視していないのであれば導入ハードルが高いです。

費用対効果:

1人あたり1,000円前後と平均的な価格で利用ができ、かつ使える機能も充実しているので費用対効果は高いです。

UIと操作性:

青色を基調としたUIで使いやすいです。

社外連携:

Dropbox、Gmailなど様々な外部ツールとも連携可能です。

はじめに

「Taskworldを使って業務効率が70%上がった」

もし、他のプロジェクトチームからこんな言葉を聞いたとしても、「本当かな?」と疑う人もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、今回は、Amazon、SONYなどの大企業も導入しているTaskworldとタスク管理ツール最大手の「Trello」と比較しながら徹底解説していきます!

Taskworldとは?

Taskworldとは、アイディアや仕事を「タスク」として作成し、ドラッグ&ドロップをしながらプロジェクト全体を管理するツールです

プロジェクト管理に特化しており、プロジェクトを進めるうえで必要な機能は全て含まれています。

今回は、Trelloと比較していくので、基本的な使い方の説明は省きます。

気になる方はこちらの動画をご覧ください!

それでは、まずTaskworldとTrelloの機能面について比較していきましょう。結論から言うと、機能を比較した際、Taskworldの方が優れているでしょう

では、その優れている機能について解説していきます。

Trelloにはない機能とは?

1. タイム計測

タイム計測の開始画面

タイム計測機能はタスクを完了するまでに費やした時間を測定することができます

この機能はタスクをクリックして詳細画面を開くと上の写真のように「タイム計測」の+ボタンを押すことで表示されます。時間はストップウォッチで計測するか、または計測した時間を手入力して記録することができます。

しかし、Taskworldはこれだけではありません。

タイム計測の合計時間

タイム計測が終わると、ボードの上部に合計時間が自動的に集計されます。それと同時に、右上にプロジェクト全体にかかった時間も自動集計して表示してくれます。

しかし、タイム計測を毎回測るのが面倒だと感じる人には向いていないかもしれません。筆者も、使い始めてからしばらく経つと計測をするのを何回か忘れてしまいました。

時間が可視化することは業務改善につながるため、タイム計測を忘れない人のためにはオススメな機能です。

2. アナリティクス機能

タスクの分析を自動で可能

アナリティクス機能は、プロジェクトの進捗状況を視覚的にパーセンテージとして表示をしてくれます。 

特にタスクの数が多くなった時は、アナリティクス機能があるとどれだけ仕事が進んでいるのか一目で確認できるので便利です。

他にも、バーンアップやダッシュボードなど、様々な視点からタスク管理をする機能があります。自分のタスクの進捗状況は進んでいるのか、遅れているのか、好みのグラフで確認して見てはいかがでしょうか。

3. ガントチャート

タスクをガントチャートにしてくれる

Taskworldは、カンバン式でタスクを管理するだけでなく、ガントチャート表示に切り替えることができます

この機能はタスクの期限を確認する時に役に立ちます。上の図のように、今日の日付には黄色の線が引かれ、「To Do」タスクの中で期限切れのタスクは赤色に変更されます。

ガントチャートではタスクの端を左右に動かすことによってタスクの期限を変えることできるので、わざわざタスクの詳細画面から変更する必要がなくなります。

Trelloでは、ガントチャートを使用する際にはChrome拡張機能を使う必要がありますが、Taskworldでは標準機能に含まれているのが利点です。

ガントチャートは一目でメンバーの状況を確認することが出来るので、チームのマネジメントに役立つでしょう。

4. チャット機能

チームメンバーとのチャット

Taskworldのチャット機能は、グループチャットやダイレクトメッセージなど、コミュニケーションを円滑にしてくれます。また、追加したタスクにもコメント機能があり、タスク上でコミュニケーションをとることもできます。

社内SNSでも有料のツールもあるので、まだ会社で社内SNSを導入していない場合は、Taskworldのチャット機能を使うのをおすすめします。

5. セキュリティ

安全性の高いAWS

Taskworldは、データセキュリティを最優先事項として取り組み、全てのデータを安全性の高いAWS(Amazon Web Services)データセンターで管理しています。

もし、自然災害が起こった際も、クラウド上でデータを管理しているため、スピーディーに復元できる対策をとっています。 各会社のデータを扱っているからこそ、セキュリティに力を入れています。

機能面では、Taskworldの方が優れていましたが、続いては料金プランについて見ていきましょう。

料金プランをについては、Trelloの方が費用対効果が高いです。

料金プラン

Taskworldの料金プラン

Taskworldのプランの特徴は無料プランが無いということです。

Taskworldのプロフェッショナルプランは毎月の支払いの場合は一人当たり月額1640円(2018年/4月現在)で、毎月の支払いの場合は一人当たり1200円(2018年/4月現在)です。もし、チーム5人で1年プロフェッショナルプランを使う場合、毎月1200円を五人分支払うことになります。

エンタープライズプランの場合は、プロフェッショナルプランにさらに追加機能分だけ高くなります。 その価格設定は問い合わせて行うことができます。

逆にTrelloの料金プランを見てみると料金プランは3つあり、その中に無料プランもあ流のが特徴です。

Trelloの料金プラン

つまり、Taskworldとの一番の違いは、Trelloでは無料でも十分使えるという点です。 チームに招待する人数に制限はなく、ボードやタスクも無制限に作成することができます。無料プランとBusiness Class,Enterprise の主な違いはセキュリティやファイル添付可能の上限です。そのため、実質無料プランと有料プランでは使える機能に差はありません。

以上のことから、ただタスク管理を行いたい個人、または会社にとってはTrelloを使う方が断然オススメです

評判・口コミ

税理士法人 猪股会計
タスクワールドは100%社内のインフラに。

タスクワールドは、特に期限が明確にある業種や企業にオススメだと思います。当事務所のような会計事務所、税理士事務所はもちろんのこと、司法書士、行政書士など士業にはぴったりのツールだといえます。もちろん、士業以外に、チームで仕事をしているところにも強くオススメでできます。

株式会社ビズ・クリエイション
社内のコミュニケーションツールはタスクワールドのみ。

上司が部下のタスク管理をできていないというケースは、意外と多いと思います。優れたITツールの導入は、そのような問題の解決に直結すると思っています。また、“意識の育成”という点でも役立つツールと感じています。弊社では、仕事は本人の能動性にまかせています。タスクワールドは、プライオリティが高いタスクは何か、本当に今日やるべき仕事かどうかなど、自分で考えて使いこなすツールだなと実感しています。

参照:Taskworld公式ホームページ

結局TaskworldとTrelloはどっちを使うべき?

結論から言うと、Trelloを使うことをおすすめします。 筆者も一度、Taskworldの機能の充実度から使おうと思いましたが、無料プランがなく、料金も高いので諦めてしまいました。

実際に、Trelloの無料プランでも十分使い勝手が良いです。

Taskworldの方が標準でついている機能は豊富ですが、TrelloはChrome拡張機能が50個以上あるのでカスタマイズが自由自在です。そのため、Taskworldの有料プランでなくても、十分機能を補うことができます。

とはいえ、Taskworldの機能を導入したいと考えている方は、15日間無料で体験が出来るので是非試してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Taskworld」公式HP

その他の【タスク管理】のツール

ページトップへ