Airtable

記事更新日: 2021/05/25

執筆: 編集部

「Airtable(エアテーブル)」は無料プランが利用でき、クラウド上でデータベースを、しかもノーコードで構築できるタスク管理ツールです。

起業家・スタートアップ支援に数多く携わり、最新のSaaSにも詳しいプロトスター株式会社CCO栗島祐介氏に、起業ログ編集部が聞いたAirtableの総評を紹介します。

プロトスター株式会社 代表取締役CCO

栗島祐介によるAirtableの総評

株式会社VilingベンチャーパートーナーズCEOを経て、プロトスター株式会社を設立。HardTech領域の起業家コミュニティ「StarBurst」を創設し、日本最大のスタートアップコミュニティにまで育成。現在は起業家・投資家の情報検索サービスStartupListの立ち上げ、運営も行う。

とにかくUIが良いのが最大の特徴

人材エージェント事業の候補者管理でタスク管理ツールのように利用していますが、表示形式が多く、さまざまなデータを一元管理できています。
 
中でも私が特に利用するのは、絞り込み機能です。
弊社で管理しているクライアントの中でも、マーケティングができる人材を募集している企業のみ、などをワンクリックで検索できます。
 
また担当ごとの進捗管理もワンクリックで見られるため、自分がどんなタスクを今抱えているのかをすぐに把握することができ、非常に助かっていますね。
 

この記事ではそんなAirtableの特徴・評判・料金・口コミを詳しく解説していきます。

タスク管理ツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

タスク管理ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

クラウド上でデータベースを作成できるので、時間と場所を選ばずタスクを管理できます。

悪い点

公式サイトでは日本人の口コミが紹介されておらず、日本企業における導入事例を確認しづらいです。

費用対効果:

年払いで17%節約できるため、長期的に利用する方であれば検討してみるとよいでしょう。

UIと操作性:

レコードをドラッグで移動できるほか、リアルタイムで編集できる点も複数人で効率的にタスクを管理するときに便利です。

セキュリティ:

ISO / IEC 27001認証のサービスであることから、安心して利用しやすいでしょう。

サポート体制:

海外のサービスであるうえに電話での質問を受け付けていないことから、外国語に自信がないとトラブルに対応しづらい可能性があります。

知名度:

Netflixやshopifyをはじめ世界中における20万を超えるチームから利用されています。

Airtableの特徴3つ

1. 優先順位を区別して表示できる

「Airtable」では、作業フローにあった形でタスクをデータベースで管理できます。

それぞれの目的に応じて設計された画面を表示し、作業を自由に配置することが可能です。

フィルタリングや並び替え、カレンダー表示などに対応しているほかグループ化もできます。

「High」「Medium」「Low」など、優先順位の種類ごとにグループを分けて表示すれば、大切なタスクを管理者が一目で確認できるでしょう。

不要なデータを表示させずに済むので、必要な情報を整理しやすいのが特徴です。


優先順位ごとにグループ化
 

2. 豊富なテンプレートが選べる

「Airtable」では豊富なテンプレートを用意しており、それぞれのシチュエーションにあったフォーマットを選択できます。

たとえば、イベント企画のフォーマットを活用すればイベントに関する重要な詳細を一か所にまとめられます。

小規模なイベントから大規模なイベントまで計画通りに実行しやすくなることでしょう。

そのほか、デジタルビデオ制作や小説企画に関するフォーマットなどもあります。

あらかじめ用意されたテンプレートを利用することで、売上につながらない作業に時間を割くことなく、スムーズにビジネスの目的を達成できるのは魅力的です。


豊富なテンプレートから選べる
 

3. ほかのサービスと連携できる

近年はさまざまなツールが存在しており、使い慣れた環境を手放したくない方もいることでしょう。

その点、「Airtable」ではお気に入りのツールと連携して情報をやり取りできます。

たとえば、DropboxやEvernoteといったファイル管理ツール、SlackやFacebookといったコミュニケーションツールなどと連携可能です。

1,000以上のウェブサイトやアプリと接続できるので、自分が使っているツールの中にも連携できるものが見つかりやすいといえます。

自社サイトを持っている場合には、そこで入力された顧客情報をAirtableにデータベースとして取り込むこともでき、連携もアイデア次第です。

すでに使っているツールも継続して利用したい方はAirtableの導入を検討してみるとよいかもしれません。


さまざまなツールと連携可能

 

Airtableの料金プラン

FREE PLUS PRO ENTERPRISE
$0 $10 $20 要お問い合わせ
無料で利用できます 無料トライアルあり 無料トライアルあり  
 

料金は上の表のとおりです。1ユーザーあたり、1月あたりの金額です。

FREEプランでも1シートあたり1,200行まで保存できるほか、容量(アタッチメントスペース)は2GBまで利用でき、iOSやAndroidアプリからもアクセス可能です。

リアルタイムの編集とコメントもできるので、無料といえども共同作業で不便を感じづらいといえます。

ただ、スマホ版のAirtableが日本語に対応していない点には注意が必要です。

PLUSプランのレコード数は5,000行、容量は5GB、PROプランのレコード数は50,000行、容量は20GB、ENTERPRISEプランの容量は1,000GBです。

Airtableの評判・口コミ

時間を節約できた
RahulKothari(シニア製品マーケティングマネージャー)

Airtableで節約できた時間は計り知れません。Airtableを使用すればするほど、より多くのアプリケーションが見つかりました。さて、私が最初に尋ねる質問は、どうやってこれをAirtableするのかということです。

ビジネスが加速した
ニックジョーンズ(デザインプロダクションオペレーションシニアマネージャー)

Airtableのスクリプトと自動化により、生産追跡を完全に再考し、製品の構想から納品までを管理し、ビジネスに新たなレベルの俊敏性をもたらしました。

*「Airtable」公式HP参照

まとめ

この記事では、「Airtable」の評判や口コミ・特徴・料金について紹介しました。

Airtableは、無料でも1シートあたり1,200行まで使えるタスク管理ツールです。

レコードをドラッグで移動できるので、画面の操作にストレスを感じないで済むことでしょう。

Slackなどの代表的なサービスと連携できるため、普段使い慣れたツールも併用したい方に適しています。

画像出典元:「Airtable」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

タスク管理の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するタスク管理
タスク管理
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ