JiraSoftware

記事更新日: 2018/11/12

執筆: 編集部

運営コメント

JiraSoftwareはタスクの進捗状況を可視化するためのレポート数が多いのが特徴です。可視化するのが難しいチームのタスク進捗状況を手間をかけずに分析することができます。

1. 課題管理

課題をタスクリストにして整理することができる

2. ボード

ソフトウェアの開発に合った方法で課題を管理できる

3. 分析

開発の状況を様々な方向から確認できる

良い点

多くの機能を備え、高度なカスタマイズも可能です。またアップデートが頻繁にあり、問題点の改善や新機能の追加が行われています。

悪い点

多機能であるがゆえに、複雑すぎると感じるかもしれません。使い方が一目でわからないことがあります。

費用対効果:

1人あたり月額が700円から1,000円と他のツールと比べても、平均的な価格です。

UIと操作性:

シンプルな画面で操作しやすいです。設定できることが多い反面、どこで何ができるのかわかりにくいです。

多言語機能:

日本語を含め20以上の言語に対応し、ユーザーが使用する言語を選択できます。

Jira Softwareの3つの特徴

1. 柔軟にカスタマイズできる課題

Jiraは、使いやすくカスタマイズできる課題管理ツールです。どんなプロジェクトも課題の集まりとして管理するのが特徴です。

課題は簡単に作成できます。課題タイプや要約を設定するだけです。その他にも優先度やラベル、担当者などたくさんのフィールドがあり、必要に応じて設定できます。また、オリジナルのフィールドを追加することもできます。

課題には作業前、進行中、完了などのステータスがあり、進行状況に合わせて変更します。ステータスの変更の流れをワークフローといいます。これもフィールドと同じように、オリジナルのステータスやワークフローを追加することができます。


課題画面ではフィールドの内容に応じて課題を並び替えたり、未解決の課題を「オープンの課題」として表示できます。その他にもコメントやメール共有、高度な検索など課題を整理し解決するのに役立つ機能が数多くあります。

2. ボードで課題管理をかんたんに

次の特徴は、「ボード」です。ボードを利用すると、ソフトウェアの開発方法に合った形で課題を管理することができます。

ボードの形式にはアジリティ、スクラム、カンバンの3種類があります。アジリティはアジャイルに慣れていないチーム、スクラムは短い期間に区切って開発するチーム、カンバンは継続的に作業するチームに向いています。

スクラムボードのスプリント


例えば、カンバンボードでは課題がカードとして表示され、ステータスをドラッグ&ドロップで変更することができます。

スクラムボードでは「バックログ」から「スプリント」を作成しタスクを割り当てることで、短期間で集中的に作業することができます。スプリントやアジャイルボードはカンバンボードと画面がほぼ同じです。

カンバンボード

 

3. 状況を整理する

3つ目の特徴は、さまざまな可視化機能です。コンポーネント機能を使えば、開発するものを小さなコンポーネントという単位に分割し、タスクを割り当てることができます。

リリース機能では、ソフトウェアのバージョンを設定し、タスクを割り当てることができます。またバージョンごとのタスクの達成率やリリース状況を一覧することができます。

レポート機能はボードの機能の一つで、課題を分析して状況を視覚化します。スプリントごとの作業量や未解決課題の平均存続時間など、予測や問題の発見に役立つレポートが数多くあります。

さまざまなレポートが使える

 
 

料金プラン

JiraSoftwareは、クラウド型とオンプレミス型があります。

クラウド型ではサーバーやストレージが一切不要で、Webブラウザからログインするだけで開始することができます。起業ログでは、クラウド型をおすすめします。

10ユーザまでは1ユーザーあたり月額1,100円で 、11-100ユーザーの場合は1ユーザーあたり月額770円です。



 

オンプレミス型ではJira Softwareのソフトを各企業のサーバーにインストールして自社で運用していきます。メリットは、機能を自社に最適化できることですが、サーバーのメンテナンスは自社でしなければいけないというデメリットがあります。

クラウド型でも十分な機能が備わってますので、まずはクラウド型で十分です。クラウド型の利用して何か不満を感じるようであれば、オンプレミス型の検討を始めれば良いでしょう。

クラウド型は7日間無料で利用できるので、気になる方はまず試してみることをオススメします。

まとめ

Jiraを使えば、プロジェクトを一体として管理することができます。拡張性の高いツールなので、社内全体で課題を管理したい、またはプロジェクトを細かく管理したいと考えている会社におすすめです。

画像出典元:「Jira Software-アトラシアン」公式HP

その他の【タスク管理】のツール

ページトップへ