Google Meet

3.4

記事更新日: 2021/07/27

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

Googleカレンダーとの連携で招待が簡単

Google meetは、ホストになるときもゲストになるときも手間が少なくて便利です。

会議を開きたいときにURLを参加者に送るだけでスタートできるので、予め会議時間を設定しなくてはならないzoomと違ってホストになる際の負担が少ないです。

悪い口コミ・評判

人数制限があるのがネック

社内会議用に使っていますが、参加人数が100人までなので、参加人数が多くなってしまう時にはzoomを使用しています。

結局Zoomと半々で使わなければならず、コロナ禍で社外向けの説明会やウェビナーなども行いたかったので、人数制限があるのはかなりネックに感じてしまいました。

編集部コメント
Googleアカウントがあれば誰でも簡単にビデオ会議が開催できる

2020年4月Google Meet(旧:Hangouts Meet)の機能が刷新し、Googleのアカウントがあれば誰でも無料で会議を開けるようになりました。

起業LOGの取材によれば、実際に利用したユーザーからも、Googleアカウントがあれば、カレンダーに会議予定を入れるだけで自動でリンクが生成されて簡単だと高評価です。

但し、Googleアカウントがない外部の顧客とのミーティングなどの場合は、アカウント生成をまずはお願いする必要があります。

Web会議・テレビ会議システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

Web会議・テレビ会議ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

1. 高い安全性

Googleの堅牢なグローバルインフラを基盤としているので、安心して利用できる

2. 簡単に会議をスタート

リンクを共有するだけで会議をスタートできるので、ホストもゲストも簡単

3. Google カレンダーと連携

会議予定がカレンダーに記入され、カレンダーをクリックすれば会議に参加できる

良い点

会議を始めるにあたって、何かをインストールする必要はありません。また、Meetの機能は全てブラウザ内で完結しているため、攻撃を受けにくいという利点があります。

悪い点

Internet ExplorerでGoogle Meetを使いたい場合は、事前のインストール作業が必要になります。その他のwebブラウザではインストールの必要はありません。

費用対効果:

無料プランは会議時間に制限がありますが、セキュリティの観点では問題なくビジネスにも利用できるでしょう。有料プランが2つ用意されています。

UIと操作性:

Gmail・Googleカレンダーから直接会議に参加できるので、Gmailユーザーは特に使いやすいでしょう。

セキュリティ:

ユーザー情報保護機能とプライバシー保護機能が搭載されているため、無料プランでも安心して利用できます。

Google Meetとハングアウトの違いは?

元々G SuiteはGoogleハングアウトというサービスを提供していました。長年利用している方も多いでしょう。

Google Meetは後から登場したサービスなのですが、どちらも画像共有しながら会議でき、違いがわかりにくいですよね。

両者の違いはこのようになっています。

  Google Meet ハングアウト
会議参加人数 最大250人 最大25人
Googleユーザー以外の参加 不可
会議中のメッセージ送信 Webブラウザ・モバイルアプリで可能 Webブラウザのみで、モバイルは不可
外部参加者 共有リンクで招待 Googleカレンダーの権限付与かハングアウトの招待
会議の録画 不可
モバイル利用時の画面 高解像度のコンテンツ・ピンチ操作可能 低解像度のコンテンツ


ハングアウトに慣れている方は「新たにGoogle Meetを使ってみるのも面倒」と感じるかもしれませんが、ハングアウトは今後Google Meetに完全移行し、Google Meetがデフォルトになるようです。

機能面ではGoogle Meetの方が優れていますので、ぜひ試してみることをおすすめします!

Google Meetの4つの特徴

1. 高品質なweb会議

Google Meetはネットワーク速度に応じて設定が自動調整されるようになっています。そのため、どこにいても高品質を保った状態でWeb会議を行えます。

AIによる新たな機能も加わり、暗い場所や騒がしい場所でも快適に通話を楽しめるようになりました。

明るさが足りないと判断すると、5 秒後に動画補正が開始し、明るさの変化に応じて自動的に調整が行われ、十分な明るさになると処理が停止します。暗めの場所からしか接続できず、映りが気になる時でも安心ですね。

いつでもクリアな音声・画像を実現

2. 直接会議に参加できる

ビジネス・プライベートを問わず、 GmailやGoogleカレンダーを利用している方は多いのではないでしょうか。

Google Meetは、カレンダーの予定から会議に直接参加可能。

Google カレンダーの情報を会議画面から確認できるため、会議の議題や内容をすぐに把握できます。


カレンダーから会議に招待できるのも便利ですね。

 

3. 画面表示を選択できる

Google Meetのビデオ会議にPCで参加する場合は、画面のレイアウトを切り替えることができます。

設定できるレイアウトは全部で4種類です。会議の目的や参加人数によって使い分けられるのは嬉しいですね。

自動

中心となっているコンテンツや参加者がアップになるように自動で切替

タイル表示

固定表示中の画面がない場合、最大 16 人の参加者を表示。よりオープンな雰囲気で会議を行えます。

 

スポットライト

固定表示中の画面・発言中の参加者をウィンドウ全体に表示。発言者に注目を集められます。

 

サイドバー

発言中の参加者や固定表示中の画面の横に他の参加者を縦に表示。プレゼンターを強調しつつ、参加者の反応も確認できます。

 

4. ライブ配信できる

Google Workspace Enterpriseプランを選択すれば、イベントのライブ配信が可能です。

ドメイン内の最大10 万人のユーザー向けに配信できるため、遠く離れた各オフィスをつないでの勉強会・会議・討論会など社内での通常利用はもちろん、社員総会や記念イベントを各オフィスメンバーが共有したり、外部の方に新製品を発表したりなど、様々に活用できるでしょう。

配信内容を録画できるので、参加できなかった社員とも後で内容をシェアでき、便利ですね。


録画も可能

Google Meet の無料プランでできること

Google Meetは無料でもこれだけの機能が揃っています。

参加人数の制限に問題がないなら、ビジネスでも十分に利用できます。

参加人数 100人まで参加OK。
会議回数 制限なし。
自動字幕起こし Googleの音声認識テクノロジーでMeet 画面上にリアルタイム字幕を表示。(英語のみ)
対応デバイス PC・Android・iPhone・iPadなどあらゆるデバイスに対応。
映像と音声のプレビュー 会議開始前に自分の画像を確認できる。すでに参加している人を確認できる。
レイアウト変更 画面レイアウトを4パターンから選べる。
会議主催者の管理機能 主催者が他の参加者をミュートしたり削除したりでき、遠隔学習にも活用できる。
画面共有 プレゼンテーションを共有したり、ドキュメントを共同編集したりできる。
参加者とチャット 会議中に参加者とチャットできる。
Google・Microsoft Office連携 Gmailやカレンダーから直接会議に参加できる。Outlookカレンダーで会議の予定を表示できる。

 

Google Meetの料金プラン

料金プラン 無料プラン Google Workspace Essentials Google Workspace Enterprise
月額料金 常時無料 8USD(約880円) 要問合せ


Googleのアカウントがあれば無料で利用できますが、会議時間は60分までです。

ビジネスユーザーには、機能が揃っているGoogle Workspace Essentials以上がおすすめです。

Google Meetの導入事例

社内会議は全てGoogle Meet
バーガーキング社

Google Meetを大変気に入っています。音声の品質は良く、参加者全員の顔を見ることもできます。特に今は全員が在宅勤務なので、社内会議をすべて Google Meet で行うなど、大いに活用しています。

大勢で意見交換できる
Salesforce社

当社では Google スライドの資料を見ながら大勢で意見交換をしなければならないことが多いのですが、Google Meet がなかったらこれは不可能だったでしょう。

※ Google Meet公式HP参照

Google Meetの評判・口コミ

エンタメ

1001人以上

Googleカレンダーとの連携が便利

使ってみた感想をおしえてください。

会社のスタッフ同士で会議やミーティング用に使っています。

会社でGoogleアカウントを作っていると、ミーティングの予定をカレンダーに入れるだけで自動ですぐリンクが生成されるので、入るときにリンクを送る手間がなくて楽です。

インターネットサービス

1001人以上

画面共有がやりやすくて便利

使ってみた感想をおしえてください。

カレンダーでミートのIDを発行できるし、リンク共有のみで誰でも会議に入れるという手軽さが魅力だと思います。

他のツールでもできますが、感覚的には画面共有が最もやりやすいと感じます。zoomだと画面共有しにくいのですが、共有したいタブのみ共有できるのが良いです。

また、zoomやチームズは音質が悪いですが、ミートは良い印象です。

コンサル

251〜500人

ゲストでもホストでも使いやすい

使ってみた感想をおしえてください。

グーグルミートは、ミーティングのホストになる時もミーティングを開きたいときにURLを参加者に送るだけでスタートできるので便利でした。

改善点としては、参加人数が100人までということもあり、会議の参加人数が多い時には使えないという点です。

レジャー

251〜500人

スケジュール確保が簡単でURLも不要

使いやすいと感じた点を教えてください。

社内でのミーティングであればGoogleカレンダーにて参加者にミーティング日程の打診が自動でメールできて、画面共有もできる点が便利です。

不便だと感じた点を教えてください。

利用する際には毎回URLを発行して共有する必要がある点です。

スマホでの利用の場合アプリのダウンロードが必要となり、社外の人の利用には承認が必要です。タイミングを逃すと承認できず、一度電話をかけてもう一度入り直してもらうなどの手間が発生することがあリます。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。

Googleカレンダーを使ってスケジュール管理をしている企業は多いと思いますが、社内メンバーのスケジュール確保が簡単でURLの発行がいらないので、便利だと思うからです。

デザイン

1人

セキュリティ面でも心配がない

利用にかけた費用

2000円の費用をかけています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

PCであれば何人でも1画面に映せるので、相手の反応がわかりやすいです。

画面共有も可能で、その間のコミュニケーションもできます

不便だと感じた点を教えてください。

動画共有だとカクカクしてうまく作動できない点が不便に感じます。ネット環境の問題ではないと思います。

スマホからだと、一画面に何人も表示ができなくて次のページになってしまうので、やりとりが難しいです。画面共有されるとさらに見づらくなってしまいます。

4名以下であればスマホでもいいかもしれません。

他の会社にもおすすめしますか?

たいていの人が使ったことがあり、難しい操作もないので取り入れやすいです。パスワードも設定できるので関係ない人が入ってくることもありません

きれいなwebカメラや大きいモニターがあれば、他社にも利用をおすすめします。

建設業

51〜100人

連絡したい人のアドレスがわからいと不便

使いやすいと感じた点を教えてください。

会社として全員がハングアウトを使うと決めているため利用していますが、使いやすい方だと思います。弊社は古い業界に所属しているため、内勤の方の中でスマホを持っていない方がいましたが、こちらのツールを導入してからそういった方とも問題なく連絡が取れるようになりました。

不便だと感じた点を教えてください。

繋がりたい人を追加するときに、アドレスをドットコムまで打たないと出てこないところです。LINEならメンバーを選べばすぐに招待できるのですが、Google Meetだと連絡したい人のアドレスを社員表からいちいち調るので、手間に感じています。

コンサルティング

251〜500人

税理士

G-mail・salesforceと3つの使い分けで工夫

使いやすいと感じた点を教えてください。

メールするほどではない雑談などをするためにチャット感覚で使用するときに良いと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

他のツールと使い分けているので、特に不便だとは思いません。因みに、業務に関連する連絡はG-mailを使用しています。週報はsalesforceのチャターを使用しています。

小売

1001人以上

周りで使っている人がいない

使いやすいと感じた点を教えてください。

画面共有の方法が非常に分かりやすいです。他のサービスに比べて、Google Chromeの拡張機能で使えるため、利用しやすいです。

不便だと感じた点を教えてください。

共有したい画面が途切れることが稀にあるので、その点は不満に感じることがあります。周囲で利用している人がなかなかいないことも、不満の1つに挙げられます。

まとめ

この記事ではGoogle Meetの特徴・評判・料金を解説しました。

Google Meetは2020年4月のアップデートにより、モバイル端末での画像表示が鮮明になったので、PCがない状況でも会議に参加しやすくなりました。

また、高品質の音声付き動画・GIF・アニメーション・その他メディアを快適に共有できるようになったため、これまで以上に会議を充実させられるでしょう。

社内会議にとどまらず、新商品やキャンペーンの案内・オンライン授業など、様々なシーンで活用できるはず。

無料でも十分な機能を備えていますので、試してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:Google Meet公式HP・ G Suiteアップデート ブログ

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Web会議・テレビ会議の資料を一括ダウンロード

その他のWeb会議・テレビ会議システム

起業ログが厳選するWeb会議・テレビ会議
Web会議・テレビ会議
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ