LiveOn

3.3

記事更新日: 2021/03/09

執筆: 編集部

編集部コメント

「LiveOn」は、5年間の稼働率99.999%を誇る安定性で、官公庁などでの導入実績も豊富な信頼度の高いWeb会議システムです。独自技術により高音質・高画質で途切れない品質を実現。セキュリティレベルも高いため、社内外の重要な会議で使える高品質のWeb会議を探している企業・自治体などにおすすめのシステムです。

ウェビナーツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ウェビナーツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

1. 高画質・高音質

業界最高水準のハイビジョン画質、CDレベル音質を実現。海外、多拠点接続時もクリアな通信。

2. 資料共有機能

Word,Excel,PDFなどを資料共有しながら、ホワイトボード機能でポインタ、書き込みも可能。

3. 録画・録音機能

最大300分まで録画・録音が可能で、研修用動画や議事録、eラーニングにも活用可能。

良い点

高音質、高画質で、ストレスの少ないWeb会議を実現。使い方も簡単で導入後すぐに利用可能です。他の無料版ツールの品質では公的利用に不安を感じる方にもおすすめです。

悪い点

専用プログラムの事前インストールが必要です。 ブラウザ完結版に比べ安定性が出て、一度設定すれば次からは簡単操作となるため使い始めれば負担感は減少するでしょう。

費用対効果:

初期費用がかかりますが、月3,000円で使い放題なので安価で利用できます。

UIと操作性:

ログインから2クリックで会議をスタート可能。

サポート:

導入後には訪問・電話・メールでサポートが受けられます。

Live Onの3つの特徴

1. 独自技術で高音質・画質、安定性を実現

LiveOnは完全自社開発で高品質の音質・画質を実現し、ストレスの少ないWeb会議を行えます。

5年間の稼働率「99.999%」を誇る安定性も業界最高水準です

もし仮に稼働率が「99%」であった場合、年間停止時間は約90時間となるので、年に5分も止まらないLiveonの稼働率がいかに信頼できる品質であるかが理解できるでしょう。

セキュリティ面では暗号強度と処理速度に優れた「AES」を採用しており、さらに独自プロトコルも使用しているため対策は万全です。

自治体、警察庁、公的機関などでの採用実績が多い点も納得です。

また、独自の圧縮技術を採用しているため、不安定なネットワーク環境でも途切れや遅延を回避し、高い品質を保持できます。

そのため、多拠点での接続時や回線状況の悪い海外との会議でも遅延や途切れが圧倒的に少なく、全国に複数拠点を持つ企業やグローバルで重要な会議を行う機会の多い企業などで重宝するでしょう。

コロナ禍以降、移動を伴い遠隔地のメンバーと集合会議を行うことが難しくなった企業などでも活用され、実際に集まるよりも交通費等が削減できたと喜びの声もあがっています。

 


高品質な画質イメージ

2. 多彩な利用シーンに活用可能

LiveOnは様々なシーンでWeb会議を活用するための機能が充実しており、会議だけでなく研修やセミナー・イベント配信での利用も可能です。

会議中に資料を参加者と共有できる機能はもちろん、ホワイトボード機能による書き込み、録音録画・メディア再生などの多彩な機能を搭載しているため、Webを介した会議や研修でも研修でも活発な参加を促せます。

また、スマートフォンやタブレットでも利用可能なため、これまで遠隔指示が難しかった建設現場・製造業などでも管理業務の効率化に貢献できると注目され導入が広がっています。

さらに、Web会議は電話に比べて災害時にもつながりやすいため、BCP対策として活用できると自治体での利用ニーズも多く、稼働率に信頼のあるLiveOnはその点でも人気があります。

なお、言語は日本語・英語・中国語に対応しているため、海外拠点やインターナショナルな企業でも活躍するでしょう。

 

多彩な機能

3. 直感的なインターフェースで簡単運用

直感的なインターフェースで簡単に利用できる点も「LiveOn」の魅力の1つ。

ログインからわずか2クリックでWeb会議をスタートできます。音声の設定等は自動的に行われるので、会議前の面倒な設定は必要ありません。

環境設定やホワイトボード・資料共有などの各種機能の操作方法もシンプルで、画面上のアイコンをクリックするだけです。

簡単スタート&操作だけで利用できるため、パソコン操作に不慣れな人でもすぐに使いこなせるでしょう。

シンプル・簡単に使えますが、使用方法に関する疑問や問題があった場合には丁寧なサポートを受けられるので、万が一の場合も安心です。

 

簡単スタート(ログインしたら2クリックで会議スタート)

ログインから会議スタートまでの流れ

Live Onの料金プラン



手軽に利用できるASP版と、より多様なカスタマイズが可能なイントラパック版とがあります。

どちらもライセンス数の定額制なので、利用時間や頻度による従量課金を気にしなくてよい点が魅力です。

イントラパック版では、自社のセキュリティーポリシーに合わせてさらにセキュリティレベルを高めて利用できたり、社内システムの連携なども可能なため、自治体や、金融業界、病院などでも利用されています。

オプション含め全ての機能が試せる充実の14日間無料トライアルもあるため、ぜひ検討してみてください。

Live Onの導入事例

ユーザー視点のシステムで使いやすい会議システム
徳洲会インフォメーションシステム株式会社

他社と比較しても音質が非常によく、使い勝手にもこだわって作り込みをされていると感じました。現在年間約200回を超える会議をLiveOnで行っており、会議参加のための移動交通費だけでなく移動時間や移動に伴う身体的負担も軽減できました。また気軽にミーティングを実施できるようになり、離れた病院間でも簡単にコミュニケーションがとれるようになりました。

高品質と高いサポート性で100拠点同時コミュニケーション
名古屋トヨペット株式会社

100拠点同時表示が実現でき、多拠点を接続しても音声の途切れや遅延がないという品質の安定性をテスト環境での検証で確認できたことからLiveOneを選定しました。LiveOnは純国産の完全自社開発製品とのことで製品品質の良さだけではなく、我々の要望に迅速かつ柔軟に対応して頂けたことにも大変感謝しており、サポート面でも安心できました。

※「LiveOn」公式HP参照

LiveOnの評判・口コミ

マスコミ

101〜250人

誰でも簡単にオンライン面談でき使いやすい

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用 無料

使いやすいと感じた点を教えてください。

URLさえ知っていれば、いつでも誰でもオンラインで面談が可能な点が非常に使いやすかったです。URLを複数発行することもできるので便利です。

不便だと感じた点を教えてください。

URLを知らないとアクセスできないため、必ず参加メンバー全員がURLを把握する必要があります。

一度発行したURLは、他人であっても、知られてしまうとアクセスができるので、知らない人(関係のない参加者)がオンライン面談に入ってきてしまう心配があるのは問題だとも思いました。

 zoomと比較して、そのweb会議ツールはどうでしょうか?

簡単かつ、気軽にオンライン面談ができる、という点ではZOOMより使いやすいと感じました。

重要な内容や、他者に知られたくない内容(メンバーを限定したい場合)などはパスワードや録画機能、アクセス許可設定があるZOOMの方が使用しやすいです。

他の会社にもおすすめしますか?

今すぐにオンラインで簡単に繋がりたいという会社にはおすすめです。使用方法が簡単なので、ITリテラシーが低い人でも、ネットで検索すれば1分ほどでURLを作成することができると思います。

ZOOMだとアプリをダウンロードしなければならないので、使えるまでに少なくとも1分以上の時間はかかります。

サービス

1001人以上

接客業

特別にオススメはしない

あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか?

接客業 

利用期間 

2019年2月〜2020年1月 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

議長を切り替えるやり方や、画面共有する方法など、各種システムが分かりやすいです。現在はzoomを使用していますが、その点に関してはzoomよりも利用しやすかったです。集まって会議や研修を開くためのコスト削減にもなりました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

WEB会議をする際にトークルームを予約するのですが、その予約方法が分かりづらいです。何度か議長(ホスト)をすることがありましたが、その際は説明書を見ながら実施したため、手間が多くてとても不便に感じました。また、今使っているZOOMと比べてよく画面が固まってしまうことが多かったように感じます。 

他の会社にもおすすめしますか? 

何か特別良いシステムが入っていたわけではないので、こちらからすするということはしません。昨今、WEB会議といえばZOOMなので、使い方も精査されているツールを使った方が企業にとっても生産性も上がると思います。 

小売

1001人以上

利用ユーザー/営業事務

有線を利用して使う場合はおススメ

 あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか? 

利用ユーザー/営業事務 

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用:0円(特別減免)、月額費用:@4,000円×4ID(オプション料金@1,000円含む)、プラン名:ASP版、オプションは「アプリケーション共有機能」を契約 

利用期間 

2015年4月から2021年10月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

音声および映像の品質が良く、大勢が集合した状態での本部会議など拠点間のWeb会議システムとしてデモで使用した際の、役員の評価が高かったことです。
 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

アカウントを払い出さずに契約しているアカウント数の範囲で外部ユーザーを会議に参加させることができるため、ベンダーや顧客などとの商談にも使用することができました。参加者のデスクトップを遠隔から操作する機能があるため、導入済みのクラウドサービスの使用方法に関する問い合わせがあった際に、実際にこちらからユーザーのデスクトップを操作して説明することができたことが便利でした。 

不便だと感じた点を教えてください。 

スマートフォンを使用したモバイル回線での会議の参加も可能ですが、有線接続に比べ音声および映像の品質が悪く、外出先から本部会議に参加しようとした本部長の発言が一切聞き取れないため、本部長が有線接続可能な場所に移動するまで会議が中断したことがありました。また、スマートフォンでの参加の場合、使用できる機能が制限され会議に参加しているという実感がわきにくいということがありました。 

他の会社にもおすすめしますか? 

有線LANを使用し、拠点間を接続するWeb会議システムとして利用する場合は、音声および映像の品質がかなり良いのでお勧めしたいと思います。有線接続に比べ品質の劣化が著しいためスマートフォンなどモバイル回線を使用することが多い会社にはあまりすすめません。

コンサルティング

101〜250人

ツール利用者/受付・秘書

画面構成が見やすく音質も安定している

 あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか? 

利用ユーザー/コンサルティング 

利用期間 

2020年1月~2021年5月 

導入に至った決め手を教えてください。 

会社で行っているビジネス講座を他の支社に配信する目的で導入されました。講座を配信するうえで高画質・高音質かつ安定した配信ができるということからこのツールが選ばれました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

講座中にカメラ映像を拡大する操作や、講座テキスト資料の共有切り替えなどの操作がスムーズに行えました。音量の調整も入室している各拠点ごとに行うことができるため、1拠点だけ音量が小さく聞こえる、といった場合もこちらで調整できるのが便利でした。画面構成も見やすいです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

資料を共有する拠点が変わる場合、その権限を都度移動しなければ共有できないことが不便でした。また、Liveonのシステム自体が落ちてしまったり、映像が止まる・コマ送りになるなどの障害が続いた時期があり、使用の継続に不安を感じた時期もありました。 

他の会社にもおすすめしますか? 

企業でWEB勉強会やセミナーを行う機会が多い会社には、このツールを使用した配信がオススメだと思いました。いろいろなWEB会議システムがありますが、高画質・高音質で安定した配信を行うことができること、画面構成が見やすいため使いやすいと思います。

医療

11〜30人

看護師

ベンチャー企業などには良いかも

利用期間 

2021年2月~2021年11月現在 

導入に至った決め手を教えてください。 

コロナにより、在宅ワークが当社でも何人かが言い渡されたので導入しました。 

使いやすいと感た点じを教えてください。 

在宅ワークになった時に、Webでミーティングを行うために導入しました。 

施設の管理も担っているためマニュアル作成の進捗を上司と行うため、OfficeやPDFファイルなどの資料の共有が最も良い点です。資料確認後にリアルタイムで添削部位を指示して頂いたり、また修正verもすぐに共有出来るのが便利でした。 

ミーティングのやり取りを音声や動画で残せることが出来るため、在宅ワーク中も振り返りが出来たことが助かりました。 

不便だと感じた点教えをてください。 

セキュリティ面での心配があることです。 

以前にzoomを使用していましたが、機密情報など、メンバーを限定しての話の重要な内容や話をする際にはパスワード機能やアクセス許可設定があるzoomの方が使用しやすいと感じました。あとはユーザーが多いのもzoomの魅力です。 

他の会社にもおすすめしますか? 

当方、医療系の会社ですので特異でしたが、普通にIT関係の会社や、中小企業ですとコミュニケーションツールになりやすいのでおすすめです。また若い世代が多いベンチャー企業でも使いやすいのでは無いのでしょうか。

コンサルティング医療

101〜250人

理学療法士

画質も良く便利に使える

利用期間 

2021年4月〜2021年11月現在も利用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

他にzoomやLINEビデオ通話でのオンライン会議を行ったことがありますが、中でもこのツールが、通信の途切れる頻度が一番少なく感じました。画質もカクカクとなることなく、スムーズに使える印象でした。チャット機能も会議中に使えて便利だと感じます。 

不便だと感じた点を教えてください。 

zoomやLINE通話では割と高性能な合成背景の機能がありますが、LiveOnはそれと比較すると劣っているなと感じます。不便と言うほどではありませんが、WEB会議のなかで楽しめる機能の1つで、トークンのネタにもなるので、もう少し改善されるとありがたいです。ほかは便利に使わせていただいています。

まとめ

この記事では「LiveOn」の特徴・評判・料金を解説しました。

「LiveOn」は他社と比較して動画の滑らかさと音質のクリアさが高く、ストレスなくWeb会議を行うことが可能です。高機能なツールを搭載しているため、Web会議だけでなく研修やセミナー・イベント配信など様々なシーンで活用できるでしょう。

価格も安価なことから、様々な規模の企業で活躍が見込めます。操作画面も非常に分かりやすく設計されているため、誰でも簡単に利用できます。

14日間の無料トライアルもあるため、Web会議の導入を検討している場合にはぜひ一度お試しください。

画像出典元:「LiveOn」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ウェビナーツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

ウェビナーツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ