Adobe Connect

記事更新日: 2020/04/16

執筆: 編集部

運営コメント

Adobe Connectは、どのデバイスからでも瞬時にアクセスできる環境を提供するツールです。セミナー実施はもちろん、部署を超えた会議の実施・オンラインでの社員教育など使い方は色々。録画編集ツールも充実しています。

1. Adobe Connect Meetings

デバイスを問わず快適にオンライン会議を行える

2. Adobe Connect Webinars

臨場感のあるイベントを開催できる

3. Adobe Connect Learning

高品質なモバイル学習を提供でき、効率的にトレーニングできる

良い点

米国国防総省認定レベルのセキュリティソリューションを採用しているので、安心して利用できます。プライバシーオプションも柔軟にカスタマイズ可能です。

悪い点

利用料金はドル表示のため、詳細についてはお問合せが必要です。

費用対効果:

ドル表示のため、詳細はお問合せが必要です。

UIと操作性:

画面自体は分かりやすいですが、高機能のため操作にとまどうこともあるかもしれません。

Adobe Connect(アドビコネクト)の特徴

選べる導入形態

Adobe Connectは、自社にあわせて以下3つから導入形態を選択できます。

ホスティング型SaaS

管理はアドビにすべてお任せでき、すぐに利用できます。煩雑なハードウェアやソフトウェアのインストール・セットアップ・保守作業は不要で、導入ハードルは最も低いと言えるでしょう。

オンプレミス・マネージドサービス

IT環境の管理全般をアドビが請け負ってくれます。インストール・アップグレード・運用管理の手間は必要ありません。

緻密にカスタマイズでき、豊富なセキュリティオプションを活用できます。

オンプレミス・ファイアウォール

自社ファイアウォール内にシステムを導入し、既存のインフラと統合できます。元の環境を変えずに利用可能です。

ニーズに応じた導入形態
システム導入イメージ

抜群の柔軟性

Adobe Connectは、Web会議製品の中でもその柔軟性・拡張性に定評があります。

自社の状況にあわせて付加機能を選択すれば、より活用の幅を広げられるでしょう。

セミナー実施にとどまらず、部署を超えた共同のタスク運用がスムーズになったり、顧客とのやりとりが簡単になったりと、その使い方は無限大です。

iOS、Androidデバイスから作業に参加できますし、ダウンロードの必要がないので顧客にひと手間をかけてもらう必要もなく、非常に便利です。

エンタープライズ環境全体のモビリティを促進
いつでもどこでも参加可能

Adobe Connect(アドビコネクト)の料金プラン

月額50ドルからですが、詳細はお問合せが必要です。

まとめ

Adobe Connectの特徴・評判・料金について解説しました。

非常に柔軟性の高いツールなので、自社にあわせて活用できるでしょう。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Adobe Connect」公式HP

その他の【ウェビナー】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ