Googleハングアウト

記事更新日: 2021/01/01

執筆: 編集部

編集部コメント

無料で使用すでき、主催者以外はアカウント不要。利用人数は最大10人のweb会議システムです。ただし画像の乱れが生じるなど画質音質の面で、appear.inやZoomなどの無料Web会議システムに劣ります。サービス提供は2021年後半までです。

Web会議・テレビ会議システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

Web会議・テレビ会議ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

1. ビデオ通話

ビデオ通話は一度で最大10名まで参加することができ、利用料金はすべて無料

2. グループチャット

最大150人のユーザーとメッセージをはじめ、写真や動画、アニメーション GIFなどでのやり取りができる

3. 音声通話

ハングアウトのユーザー同士であれば、世界中どこへかけても通話はすべて無料

良い点

Googleハングアウトは無料で利用ができ、コスト面で大きなメリットが期待できます。

悪い点

他のサービスに比べて回線があまり良いとはいえず、ぶつぶつ途切れてしまう場合があるのでビジネスで使うには向いてません。

費用対効果:

利用人数や頻度に関わらず基本的にすべて無料で使えることから費用対効果については非常に高いです。

UIと操作性:

ビデオ動画もクリックひとつで始められる他、画像や動画も簡単に送信することができます。

知名度:

Web会議システムと言えばGoogleハングアウトと言われているほど知名度は高いです。

Googleハングアウトの3つの特徴

1. 無料で使えるビデオ通話

ビデオチャット画面

Googleハングアウトの最大の特徴は、Googleアカウントを持ってさえいれば無料で「ビデオ通話」が使えるところです。

Googleハングアウトのビデオ通話は一度で最大10人までと定められおり、それ以上使うことはできませんが、言い換えると10拠点で使えることにもなりますので、Web会議をおこなううえで何不自由なく使えると言えるでしょう。

また、Google ドライブというファイル共有サービスを利用すれば、資料をチェックしながらWeb会議を進めることも可能です。

2. 大人数でコミュニケーションがとれるグループチャット

グループチャット画面

次に紹介するGoogleハングアウトの特徴は、大勢の人とコミュケーションが図れるメッセージ機能(グループチャット)が使えるということ。

このメッセージ機能を使うことで、一対一の会話はもちろん同じ話題について、150人までといった大人数で会話することが可能です。

このメッセージ機能は、画像や絵文字、アニメーションGIF、さらには地図などを添付できるので、文字だけでは伝わりにくいことも、画像などを付け加えれば相手により伝えやすくなるので非常に便利です。

ちなみにラインのようなスタンプ(Googleハングアウトではステッカー)が100種類以上あらかじめ用意されており、そのステッカーを自由に使えるのも嬉しいところです。

3. 音声通話も無料で使える

音声通話のイメージ


Googleハングアウトの特徴3つ目は、「音声通話も無料でかけられる」ことです。

このGoogleハングアウトの音声通話は、電話回線を使うのではなく、インターネット回線を使用しているため、インターネットに接続することさえできればwi-fi環境でも通話することが可能です。

ただし、電話回線を使用しているわけではないので、会話の途中で声がブツブツ途切れたり、自分の声がハウリングしたりと、音声に何らかの問題が生じることもあるので、ビジネスで使うにはあまりおすすめできません

ビジネスシーンにおいてもさほど重要でないことを話す場合には、非常に使い勝手の良い機能と言えるでしょう。

※ハングアウトユーザーとの通話は無料ですが、その他の通話には料金が発生する場合があります。

また、ご利用の携帯通信会社やISPの料金プランによっては通信料が発生する場合があります。

Googleハングアウトの料金プラン

Googleハングアウトは、基本的には無料で使えます。

チャットでやり取りができる「メッセージ機能」をはじめ、動画でコミュニケーションがとれる「ビデオ通話」、さらに音声のみでコミュニケーションがとれる「音声通話(Googleアカウント宛のみ)」など。

これらすべての機能が無料で使えます。

まとめ

この記事では「Googleハングアウト」の特徴・評判・料金を解説しました。

Googleハングアウトは、Googleアカウントさえ持っていれば無料かつ簡単に導入できるので、会議をおこなう頻度は低いが、Web会議システムを導入してみたいという場合にはおすすめです。

ただ、重要な会議等もWeb会議でやっていきたいという場合、やはりWeb会議システムに特化した有料ツールを導入した方が良いと言えるでしょう。

Googleハングアウトは非常に素晴らしいツールですが、何か問題が生じた時のサポート体制や、高画質・高音質など、Web会議システムにおいて重要な部分が整っているのは、やはり有料のWeb会議システムです。

今後Web会議システムを導入する際は、そういったことも考慮したうえで、あなたの会社に合った最適なツールをお選びいただければと思います。

関連記事

【最新比較!】おすすめのweb会議・テレビ会議システム19選を徹底比較!

この記事では無料・有料、個人専用・法人専用を問わず、あらゆるWeb会議システムをご紹介していきます!

画像出典元:「Googleハングアウト」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Web会議・テレビ会議の資料を一括ダウンロード

その他のWeb会議・テレビ会議システム

起業ログが厳選するWeb会議・テレビ会議
Web会議・テレビ会議
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ