Cisco WebEx Meetings

記事更新日: 2020/05/07

執筆: 編集部

運営コメント

「Cisco WebEx Meetings」があれば世界中の仲間や顧客と繋がることができます。「Cisco WebEx Meetings」はクラウドを使用しているため、どんな端末からでもWeb会議に参加可能。会議への参加率がアップする他、出張費などのコスト削減にも役立ちます。

1. 高画質映像表示

従来のWeb会議映像に比べ、720pといったハイビジョン並みの高品質映像を実現

2. 録画機能

Web会議を録画・共有でき、いつでも会議の内容を確認できる

3. 豊富なOS対応機能

WindowsやMac、Linuxにスマートフォンなど様々なOSに対応するユーザビリティの高い構成

良い点

顧客との商談やカスタマーサポートなど、Web会議以外の場でも活用可能。出張にかかる費用のほか移動時間も削減できるため、通常業務の効率改善が期待できます。

悪い点

Web会議への参加者が増えれば増えるほど画像が重くなる傾向が。アプリを利用している場合は、画像がフリーズするだけでなく音声が途切れて困ったという声もあります。

費用対効果:

Web会議の頻度に合わせて2つのプランを用意。無駄なく活用できます。

UIと操作性:

直感的操作でアクセス可能。アカウントの登録も不要でスムーズにアクセスできます。

多言語対応:

日本語・英語・中国語をはじめ14ヶ国語に対応しています。

Cisco Webex Meetingsの3つの特徴

1. Web会議以外でも活用可能

「Cisco WebEx Meetings」はWeb会議用に制作されたシステムですが、様々な用途で利用できます。例えば、顧客との商談で利用することを考えてみましょう。

実際に会って商談する場合、お互いの予定を擦り合わせることから始めなければなりません。しかし、「cisco WebEx Meetings」なら顧客の空き時間を活用して商談が可能。ユーザー登録は不要で、あらかじめ用意しておいたURLを送付し、顧客にタップしてもらうだけですぐに商談を始められます。

 
「Cisco Webex Meetings」の活用例

 

「Cisco WebEx Meetings」は顧客との連絡手段として活用できるほか、日常業務の連絡手段としても利用可能。テレビ電話とは異なり、録画や画面の共有など便利な機能が充実しているため、面と向かったコミュニケーションに劣らない距離感で対話できます。

さらにドキュメント共有の容易さという点もWebExの特徴と言える部分です。ミーティングや通常会議と同様に、Web会議においても会話の他に資料を確認しながら会議を進めていくことが必要になります。

ここ最近では多くのWeb会議システムでこうしたドキュメントファイルの共有機能は備わっていますが、そのほとんどがファイルをその都度アップロードしなければならないという手間がかかるものです。

しかし、WebExなら毎回ファイルをアップロードする必要がなく、すぐに手元の資料を共有することができるのです。さらに共有した資料をリアルタイムで編集することも可能なので、スムーズかつ快適なミーティングが遂行できるのです。

2. あらゆる端末で安全なアクセスを確保

「Cisco WebEx Meetings」はCisco CMR Cloudを使用しており、パソコンのほかタブレットやスマートフォンなどあらゆる端末からWeb会議に参加できます。

「Cisco Webex Meetings」の表示イメージ

 

iOS・アンドロイド・Blackberry・WindowsPhone専用アプリはいずれも無料でダウンロード可能。スタッフはもちろん顧客にも利用しやすい環境が整っています。

「Cisco WebEx Meetings」の管理機能ではセキュリティの設定が可能なので情報漏洩対策も万全。Web会議の内容はCisco独自の暗号化技術により、モバイル端末上でもパソコンと同等のセキュリティレベルを保持できます。

責任者は、Web会議参加用のパスワードや会議の公開・非公開の設定など詳細なセキュリティポリシーを管理。気軽に利用できるWeb会議システムである一方、セキュリティ面も強固であることは「Cisco WebEx Meetings」の魅力の1つです。

3. 解像度の高い映像で臨場感あふれる会議

「Cisco WebEx Meetings」は従来のWeb会議やテレビ電話の常識を覆す、High Quality (720p) VideoによるWeb会議を実現。参加者の表情1つ1つも見逃さない臨場感あふれるWeb会議を提供しています。


高画質で臨場感あふれる表示画面

 

Web会議中の表示レイアウトはカスタマイズ可能。参加者全員の存在を感じることで、より活発な意見のやり取りが期待できます。

Web会議用の資料も直感的な操作で簡単表示。会議室で行う会議より低コストにも関わらず、有意義かつ建設的な会議を開けるでしょう。

料金プラン


 
 
「Cisco WebEx Meetings」には2つのプランがあります。

 

会議の頻度が低い企業向けプランが「従量課金制」。初期費用や月額基本料金が不要で、Web会議等でシステムを利用した時間に応じた費用が発生します。

会議の頻度が高い企業には「定額制」プランがおすすめ。初期費用が21,500円、月額基本料金が35,100円~必要になりますが、料金を気にせずに思う存分Web会議を開くことができます。

「定額制」の月額基本料金につきましては、契約内容やライセンスボリュームにより変動するので、詳しい料金については公式HPよりお問い合わせください。

公式HP

評判・口コミ

多くのメンバーで情報共有できるメリットが大きい
鹿島建設株式会社様

年間200回のWeb会議を行っているので、同様の会議を出張で行うのに比べて数千万円の削減効果になると思います。ただ、Web会議を導入して感じるメリットは、移動時間や移動コストだけではありません。むしろ情報をより多くのメンバーが、リアルタイムに共有できることが大きなメリットだと考えています。

あらゆるシーンで活用中
カルビー株式会社様

グループ全体で60拠点以上ある弊社では、担当者会議から役員会議まで幅広く電話会議やWeb会議を活用しています。また、電話会議・Web会議とも端末側に特別な設定が不要なため、社内だけでなく国内外のサプライヤ様やパートナー様との打合せでも活用しています。

※「Cisco WebEx Meetings」公式HP参照

まとめ

「Cisco WebEx Meetings」は世界トップシェアの「Cisco WebEx」をベースに、より利便性が高まるよう機能を拡張したシステム。そのため、従来のWeb会議への不安や不満を払拭する機能が充実し、利用中のストレスも大幅に改善されています。

日本各地や世界各国に支社・支店がある企業はもちろん、世界を視野に商品の販売を行っている企業からも支持されている「Cisco WebEx Meetings」。従量課金制の料金プランもあるので、新たにWeb会議システムの導入を検討している企業にもうってつけのシステムです。

なおその他のweb会議システムと比較したい方は、無料でまとめて資料請求できます。こちらも是非参考にしてください。

画像出典元:「Cisco WebEx Meetings」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

各社サービス資料を
一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【Web会議・テレビ会議】のツール

起業ログが厳選するWeb会議・テレビ会議
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Calling
Lite FreshVoice
LoopGate
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ