Meet Now

2.0

記事更新日: 2021/10/26

執筆: 編集部

編集部コメント

Skypeの新機能「Meet Now」はアプリ不要、アカウント作成不要の無料Web会議サービスです。Skypeと基本的に仕様が同じなので、直感的に操作することが可能です。参加者だけでなく、主催者側もサインインやアプリケーションのインストールが不要な点が画期的です。

Web会議・テレビ会議システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

Web会議・テレビ会議ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

1. 無料で行えるビデオ会議

アカウント作成もアプリケーションのインストールも不要で簡単にWeb会議を開くことができる。

2. 通話を記録して保存

通話を記録して後で確認することが可能。

3. 背景のぼかし

急な招待にも対応できるよう、背景にぼかしを入れることができる。

良い点

アプリケーションのインストールや登録が不要なため、Skypeを使っていない相手でも簡単に会議に招待することが可能です。リモートワークの作業効率改善も期待できます。

悪い点

2~3人までなら軽快に使えますが、人数が多くなると重いと感じることがあります。

費用対効果:

無料で他のweb会議ツールと匹敵する多くの機能が充実したWeb会議が開けます。

UIと操作性:

Skypeと基本的に仕様が似ているため、シンプルで直感的な操作が可能です。

セキュリティ:

Skype同士の通話内容はすべて暗号化されていますが、Zoom同様にエンドツーエンドの暗号化はされていないのでセキュリティ面での不安があります。

Skypeの新機能「Meet Now」がリリース!

現在、新型コロナウイルスの影響でテレワークやリモートワークが進みWeb会議ツールに注目が集まっていますが、Skypeも無料で使えるWeb会議のサービス「Meet Now」をリリースしました。

今回は「Meet Now」の機能やSkypeのテレビ電話とは一体何が違うのか、実際に使ってみてまとめましたので是非参考にしていただければと思います!

「Meet Now」の3つの特徴

1. 数クリックでWeb会議を開催

Skypeの新機能「Meet Now」の最大の特徴はアカウント作成もアプリケーションのインストールも不要でWeb会議が開催できることです。

Skypeのアカウントを持っている場合はサインインして「今すぐ会議」ボタンを押すことでビデオ通話を開始することができますが、持っていない場合でもWebページに入り、「無料の会議を作成」ボタンを押すだけで開始できます。

すると生成されたリンクが下の画像のように表示されるので、リンクをコピーして相手に送ったら「通話を開始」ボタンを押し、「ゲストとして参加」をクリックすればすぐに通話画面が表示されます。

ゲストとして参加する場合のゲストアカウントは24時間で無効になってしまいますが、会議リンクは有効期限がなく何度でも使うことができます。

 

2. 通話内容を記録・保存

「Meet Now」では最大で30日間通話を記録し保存できます。

録音にはソフトウェアのダウンロードが必要なので、会話の内容を全て録音したいと考える場合にはあらかじめインストールしておくことをおすすめします。

録音方法は通話画面左下の「録音を開始」というボタンを押すだけでできます。

後から確認できるので「ビデオ通話中に資料を見ながらメモをとるのは大変」という悩みも解決してくれる嬉しいサービスです。

 

3. 他のWeb会議ツールに匹敵する機能

「Meet Now」ではSkypeの機能を使うことができるので、部屋を見られたくない人のための「背景ぼかし」や自分の画面を相手に共有する「画面共有」が可能です。

また、一度生成したリンクを有効期限なく使うことができるので複数のルームを作ってその中を参加者が自由に行き来するという使い方もできます。

Zoomのブレークアウトルームと少し似ている機能ですが、「Meet Now」では主催者の権限なしにできるのでより自由に行うことが可能です。

Meet Nowの評判・口コミ

通信

501〜1000人

Skypeの知識がないと操作方法の説明が必要

利用にかけた費用

ツール自体の費用、月額も0円でした。

使いやすいと感じた点を教えてください。

これまでのSkypeアカウントやアプリのダウンロードを不要で使用できるので、新人や新しく立ち上げた部署でもすぐにWeb会議を始めることができます。

不便だと感じた点を教えてください。

ある程度Skypeの知識がないと操作方法などの説明が必要になる点が不便です。

例えば、新人が入ってきたときに操作方法などを説明するが、発信ができない着信ができないなど、同じような疑問が多数でてきてしまいます。MicrosoftがSkypeを提供するようになってから、アプリ上の操作性やヘルプページも見づらいものが増えてしまっています。

外部連携はしやすいと感じましたか?

外部ツールとの連携については、Accessなど自社で利用しているツールとの相性は良いです。

同じMicrosoftのoffice製品とも相性が良いので業務効率が上がります。

他の会社にもおすすめしますか?

初期費用や月額料金も無料なので中小企業で各事業所ごとの定例会議などへの利用はおすすめできます。

システムの部分で自社のものがないという場合でもWindowsが動く環境さえあれば使える点も良いと思います。

まとめ

今回はSkypeの新機能「Meet Now」について紹介しました。

「Meet Now」はZoom同様オンライン飲み会から仕事での会議まで使える幅広くツールだと言えます。

リモートワークなどによるコミュニケーション不足を感じている場合に是非おすすめです。この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Skype」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Web会議・テレビ会議の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】Web会議システム選びのお役立ち資料
Web会議・テレビ会議
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ