メンタルヘルスさくらさん

記事更新日: 2023/10/23

執筆: 編集部

編集部コメント

メンタルヘルス管理や職場改善にも活用できるサービス

「メンタルヘルスさくらさん」は、従業員の心の健康状態を診断し、メンタル疾患の予防に活用できるサービスです。

メンタルヘルスさくらさんは、AIがメンタルヘルスの状態を診断・分析する機能を持っており、自分では気付いていない心の健康状態を把握することができます。

また、従業員の不満の声を収集し数値化することもできるため、働きやすい職場作りや従業員のエンゲージメント向上にも期待ができます。

従業員の離職や休職予防に注力したい企業や、エンゲージメントを高め従業員のパフォーマンス向上を図りたい企業におすすめのサービスです。

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

離職防止ツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする12サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

AIの診断に答えるだけでメンタルヘルスや職場の改善点が可視化できる点が魅力です。導入サポートがあるため、導入ハードルも低いでしょう。

悪い点

毎月のランニングコストがかかります。また、分析結果を施策に落とし込むためには運用コストもかかってくるでしょう。

費用対効果:

従業員の離職防止やエンゲージメント向上に期待ができ、運用によって高い費用対効果が期待できるでしょう。

UIと操作性:

AIからの質問に回答するだけで、直感的な操作ができる点が特徴です。

導入ハードル:

導入時のサポートは無料で受けられるため、手間をかけることなく導入できます。

メンタルヘルスさくらさんの導入メリット4つ

1. うつ病の予兆を察知

メンタルヘルスさくらさんを活用することで、うつ病やメンタル疾患の予兆を察知し、予防対策を取ることが可能になります。

メンタルヘルスさくらさんは、AIによってメンタルヘルスの診断や分析を行うことができます。

そのため、社員自身でも気付いていないストレスや心の健康状態を可視化することが可能です。

客観的な診断をすることで、メンタル疾患の予兆をキャッチすることができるでしょう。

メンタル不調の予防

2. 専門医への相談

メンタルヘルスさくらさんは、メンタルヘルスの診断や分析だけでなく、専門医への相談までサポート可能です。

診断結果を受け、専門医に相談したいとなった場合、即座に専門医との面談日程を調整することができます。

仕事が忙しく面談予約や面談時間が取れない場合でも、社員と専門医のスケジュールをAIが自動調整してくれる点が魅力です。

専門医への相談

3. 職場の改善に活かせる

メンタルヘルスさくらさんは、従業員が抱える会社に対する不満や職場環境に対する不満の声を集め、働く環境の改善にも活用できます。

メンタルヘルスさくらさんには、従業員の不満を数値化する機能があり、職場の改善点を可視化することが可能です。

また、定期的に数値を確認することで、職場の改善ができているか効果検証を行うこともできるでしょう。

心の健康管理

4. 導入ハードルが低い

メンタルヘルスさくらさんは、導入の準備に手間をかける必要がなく、他サービスと比べても導入ハードルが低い点が特徴です。

メンタルヘルスさくらさんでは、導入から運用開始までの準備を無料でサポートしているため、すぐに導入することができます。

また、AIからの質問に答えるだけで診断や分析ができます。

そのため、回答者の負担が少なく、担当者は結果を確認するだけで分析結果や改善策を把握できる点も魅力です。

低い導入ハードル

 

メンタルヘルスさくらさんのデメリット2つ

1. コストがかかる

メンタルヘルスさくらさんは、初期費用と月額費用がかかる料金体系になっており、毎月のランニングコストがかかる点には注意しましょう。

他のサービスでは、低価格で月額費用を設定しているサービスや、診断実施の都度費用が発生するサービスもあります。

メンタル疾患予防においては、従業員がいつでも相談できる環境を整えることも重要なため、診断の実施頻度や相談窓口等の社内の運用体制によって検討すると良いでしょう。

2. 運用コストがかかる

メンタルヘルスさくらさんでは、AIによってメンタルヘルスの診断や従業員の不満を分析することができます。

一方、職場の改善施策といった具体的なアクションまで落とし込み、効果を出すためには運用体制が重要になります。

分析結果を把握し、具体的な対策を立案し、社内に周知効果検証まで行うことで導入効果を高めることができるでしょう。

導入を検討する場合、人事部門の担当者やプロジェクトの推進者を設置し役割分担をすると良いでしょう。

メンタルヘルスさくらさんの料金プラン

メンタルヘルスさくらさんは初期費用+月額費用の料金体系になっています。

プランによる機能制限はないため、料金には全ての機能が含まれています。

  プラン
初期費用
(税抜)
300,000円
月額費用
(税抜)
380,000円~

 

競合製品との料金比較

他サービスでも初期費用と月額費用の料金体系をとっているサービスが多いです。

従業員数に応じた料金体系になっているものが多く、付帯機能に特徴があります。

検討の段階で自社に必要な機能を確認しておくと良いでしょう。

  メンタルヘルスさくらさん ラフールサーベイ Carely
初期費用
(税抜)
300,000円 100,000円 ~1,000円/従業員1名あたり
月額費用
(税抜)
380,000円~ 400円/従業員1名あたり 200円~/従業員1名あたり

 

メンタルヘルスさくらさんの評判・口コミ

HPに導入企業の事例紹介はありません。

メンタルヘルスさくらさんを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・離職者や休職者を減らしたい会社

メンタルヘルスさくらさんは、離職や休職予防を強化したい企業におすすめのサービスです。

メンタルヘルスさくらさんを導入することによって、従業員のメンタルヘルスの予兆を察知したり、従業員の不満の声からストレスの要因を分析することが可能になります。

従業員の心の健康状態を管理することで離職や休職を防ぐことができ、メンタル不調者へのフォローも行うことができるため、導入効果に期待ができるでしょう。

・従業員のエンゲージメントを高めたい会社

より働きやすい職場作りや従業員のエンゲージメントを高めたい企業にもおすすめです。

メンタルヘルスさくらさんは、従業員の心の健康状態だけでなく、会社や職場に対する不満の声も収集し分析することが可能です。

従業員の声を職場環境の改善に活かすことで、従業員が働きやすい環境を整えることができるでしょう。

また、定期的に診断することで改善効果が現れているか効果検証することもできます。
 

向いていない企業

・人事部門のリソースが足りていない会社

人事や労務部門等、導入後の運用を担当する部門のリソースが足りていない企業への導入はおすすめしません。

メンタルヘルスさくらさんは、分析結果をもとに改善施策を実行することに価値があるサービスです。

導入したものの職場改善が何もされていないとなると、従業員の不満は募る一方です。

社内の運用リソースがあるか確認した上で導入を検討すると良いでしょう。

まとめ

メンタルヘルスさくらさんは、従業員のメンタル不調を予防したい企業やエンゲージメント向上を図りたい企業におすすめのサービスです。

メンタルヘルスさくらさんでは、AIによって従業員の心の健康状態を診断したり、従業員の不満を数値化して分析する機能が実装されています。

従業員の働きやすい環境を整え、パフォーマンス向上や離職予防に期待ができるでしょう。
 

画像出典元:「メンタルヘルスさくらさん」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

離職防止ツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

離職防止ツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ