従業員健康管理クラウドサービス

記事更新日: 2021/01/01

執筆: 編集部

編集部コメント

人事に関する情報から健康管理業務の情報まで一元管理し、産業医や保健師が行っている業務の効率を実現します。秘匿情報管理サービス「匿名バンク」による強固なセキュリティで個人情報管理を守ります。

健康管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

健康管理システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

①業務の負担を軽減

健康診断結果などの入力・管理の手間を大幅に軽減

②クラウド利用により低コストを実現

最適なシステムを、スピーディーに導入・低コストで運用。

③情報管理リスクを軽減

「匿名バンク」により個人情報管理のリスクを軽減

良い点

人事に関する情報から健康管理業務の情報まで一元管理できるので、入力などの手間を省きます。秘匿情報管理サービス「匿名バンク」により個人情報管理も万全です。

悪い点

クラウドプラットフォームでは対応するOSのバージョンやエディションによって対応できない場合があります。

費用対効果:

クラウドを利用することで、システムの運用・保守のトータルコストを低減できます。

UIと操作性:

従業員のデータ表示もわかりやすく、各項目の詳細もウィンドウで確認できます。

従業員健康管理クラウドサービスの3つの特徴

1.健康管理をクラウドで一元管理

人事に関する情報や健診結果、面談内容などのデータを一元管理したり、対象者の抽出、面談日程の通知といった作業も大幅に自動化、省力化できます。

産業医や産業保健スタッフの手間を省き、業務の負担を軽減することが可能です。

2.クラウド利用で低コスト運用を実現

企業の健康管理業務の内容に合わせて、最適なシステムを提案、構築します。

初期費用は内容によって異なるため見積もりが必要となりますが、システムの運用保守はクラウド利用によりトータルコストを低減することができます。

3.秘匿情報管理サービス「匿名バンク」

秘匿情報管理サービス「匿名バンク」により個人情報管理のリスクを軽減します。

従業員の情報を自動的に分割し、人事情報は検索可能暗号化、健康情報は匿名化を行ってクラウドに格納します。

鍵をもつ人だけが暗号化・複合できるため、強固なセキュリティを実現します。

従業員健康管理クラウドサービスの料金プラン

初期導入費は別途見積もりが必要で、基本月額費用は250,000円~の従量課金制(税抜き)です。

まとめ

従業員健康管理クラウドサービスの特徴・評判・料金について解説しました。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「従業員健康管理クラウドサービス」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

健康管理システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の健康管理システム

起業ログが厳選する健康管理システム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
オフィスでごはん
オフィスでやさい
newbie
起業ログが厳選する健康管理システム 資料請求する
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ