バリューHR

記事更新日: 2021/10/19

執筆: 編集部

編集部コメント

バリューHRは、健診予約から結果管理までワンストップで対応している健康管理システムです。最安プランでは、月額165円/名~利用できて低コストなので、中小規模企業でコストを抑えて利用したいという場合におすすめです!導入した企業からは、「予約の時間短縮と手続きの負担が大幅に減少した」など高く評価されています。健康管理システムだけでなく、健診代行サービスや福利厚生サービス、産業保健関連サービスも提供しており、自社の目的にあったサービスを自由に選択できるのがバリューHRならではのメリットです。

健康管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

健康管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

バリューHRだけ知りたい方はこちら

バリューHRの資料を請求
良い点

低コストで健診予約から結果までのデータを一括管理できるだけでなく、健診業務代行サービスや福利厚生サービスなど複数のサービスを提供しているので、自社の目的に合ったサービスを取捨選択しながら利用できます。

悪い点

「健診予約」機能を利用する場合は、VCバリューパックプラン(月額330円/名)を選択する必要があります。

費用対効果:

月額165円/名~なので、中小規模企業でもコストを抑えて利用できます。

UIと操作性:

従業員はスマホから簡単予約できるだけでなく、管理者も色分けされたわかりやすいダッシュボードや管理画面で受診状況をスムーズに確認できます。

導入ハードル:

インターネット上にサイトを構築するので、インストールやアップグレードも不要。短期間で導入できます。

外部連携:

健診予約システム、健診結果管理、ストレスチェックシステムはそれぞれ組みあわせて利用することが可能です。

バリューHRの3つの特徴

1. 管理者と受診者どちらにも使いやすい「健診予約機能」

バリューHRでは、24時間365日WEB上の予約システムにて健診予約が可能です。

ここでは、管理者と利用者(社内の受診者)にわけて、簡単に健診予約機能のメリットをご紹介します!

 

管理者にとってのメリット

施設・健診コース検索から受診票の発行まで、ワンストップで健診予約の手続きをおこなうことができます。
②予約状況はリアルタイムで確認でき、未受診者への督促にも有効です。
③受診者からの問合せ・申請の変更・キャンセルはカスタマーサービスが対応するので管理者に負担がかかりません。

 

 

利用者(受診者)にとってのメリット

ユーザ版はスマートフォンにも対応しているので、24時間いつでもサクッと予約することができます。
②基本健診に加え、オプション検査の申し込みも可能です。
③Web上で健保・企業への受診申請も完結できます。
「受診承認書」の自動発行も可能です。

 



予約管理システムの利用イメージ

 

このように、健診予約を管理する担当者だけでなく、受診者が使いやすい予約システムで、受診率アップのための機能が充実しているという点が、バリューHRを利用する場合の大きなメリットとなっています。

バリューHRの資料を無料ダウンロード

 

2. 働きすぎを防止&健診結果もわかりやすく一括管理!

バリューHRでは、健診結果票を電子データ化することで健診結果を適切に管理できるだけでなく、働きすぎなど健康リスクがある従業員を発見できる仕組みを機能として搭載している点が他社サービスにはない特徴となっています。

ここでは、「健診結果管理機能」と、「勤怠・過重労働管理機能」について簡単にご紹介します!

健診結果管理機能(管理者向け)

①健診結果票を電子データ化することで、手入力で健診結果をまとめていた事務作業を削減できます。
②経年管理:健診結果を経年で管理可能です。
③データ集計:労基署提出用データと支払基金提出用のXMLデータの抽出に対応しています。
(その他用途に応じてデータの抽出が可能)
④統一判定基準:異なる医療機関で受診しても、統一基準で健康状態を確認することができます。
⑤未受診者確認:健診未受診者抽出機能で受診の催促もスムーズにできます。

 



管理者向けダッシュボード画面イメージ

 

勤怠・過重労働管理機能
①勤怠データからリスク対象者を抽出
②従業員の疲労蓄積度をチェック
③チェック結果に応じて実施した面談記録を登録
産業医から人事への意見書の出力などに対応
以上のサイクルで、長時間労働者の対応をワンストップ でサポートする機能です。


バリューHRはこのように、気づかないうちに過重労働になっているメンバーをピックアップして、働きすぎを未然に防止する機能も搭載されているという点が他社サービスと比較しても高く評価できるポイントとなっています。

3. 健診代行サービスや福利厚生サービスも充実!

バリューHRでは、健診予約・管理システム以外にも、企業向けサービスとして以下のさまざまなサービスを提供しています。

健診代行サービス
健診機関との契約代行、従業員や健診機関の問い合わせ対応、未申込者の受診督促代行、健診費用の精算代行を実施するサービスです。

産業保健関連サービス
労働安全衛生法に基づく企業内の健康対策全般をサポートするサービス。
快適な職場環境づくり、メンタルヘルス対策の強化・ストレスチェックなどの健康管理活動を幅広く支援してもらえます。

福利厚生支援サービス(カフェテリアプラン)
ポイント制で好きなメニューを選択・利用できるカフェテリアプランでは、管理者は「一定額のポイントを付与してコスト管理」、利用者は「ポイントを使って自由にメニューを選択」できます。
カフェテリアポイントを任意の「有効期間」「種別」を設定して付与できるので、健診早期受診者へボーナスポイント付与や健康褒章としてポイント付与など、インセンティブ制度にも有効活用できます。

健保組合設立支援コンサルティング
健康保険組合の新規設立を検討している企業へのコンサルティング、設立後の事務局運営支援、保健事業支援サービスで、専門コンサルタントにフルサポートしてもらえます。

くうねるあるく+ふせぐ
毎日必ず行う3大生活習慣「食べる・寝る・歩く」に着目し、正しい「くうねるあるく」を学習できるコンテンツを提供。
新型コロナウィルス感染対策として、免疫力を向上させる「ふせぐ」コンテンツも追加され、「くうねるあるく+ふせぐ」として提供されているサービスです。

 



健診業務代行サービスの利用イメージ

 

バリューHRの資料を無料ダウンロード

 

バリューHRの料金プラン

  VCバリューパック VCバリューパック-Lite-
導入費用 (通常)220,000円
(キャンペーン)→110,000円
※2021年11月30日までに
申し込んだ場合
(通常)110,000円
(キャンペーン)→55,000円
※2021年11月30日までに
申し込んだ場合
月額費用 330円/名 165円/名

※上記表は税込価格です。

  • どちらのプランも、健診結果管理・ストレスチェック・健康相談・健康経営カフェテリア・くうねるあるくの機能を搭載。
  • 健診予約、精算代行、重症化予防の全機能、健康経営に関する機能はVCバリューパックのみ利用できます。
  • 中小規模の企業におすすめのプランです。

バリューHRの資料を無料ダウンロード

 

バリューHRの評判・口コミ

業務負荷が軽減し、受診率もアップ
A健康保険組合

健診項目を自由に設定できるので、健保 独自の健診コースを決めることができました。また、予約システム導入により予約がスムーズに完結し、利便性も大きく向上しました。完全アウトソースにより業務も軽減し、メールや電話での督促が容易にでき受診率向上につながりました。

カスタマーサービスで問い合わせ対応も楽に
B 健康保険組合

インターネット予約により、受診確定までの 時間が短縮され、事業主の管理や督促も容易になりました。カスタマーサービスの対応により、問い合わせ窓口が一本化されたので、受診者の利便性と健保での対応負荷が大幅に減少しました。

*「バリューHR」公式HP参照

まとめ

この記事では、バリューHRの特徴・評判・料金について解説しました。

バリューHRは、低コストで健康管理システムを導入したいと考えている中小規模の企業におすすめです!

月額165円/名~の手軽なプランが用意されているので、気になった方はこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

バリューHRの資料を無料ダウンロード


画像出典元:「バリューHR」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

健康管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】社食サービス選びのお役立ち資料
健康管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ