H.S.Sヘルスサポートシステム

記事更新日: 2021/01/01

執筆: 編集部

編集部コメント

「H.S.Sヘルスサポートシステム」の最大のポイントは15年以上の稼働実績とノウハウがあり、圧倒的に利用者のための「使いやすさ」を追求していることです。管理者にも社員にも分かりやすい機能になっているため手厚いヘルスサポートが受けられます。

健康管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

健康管理システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

ネットワーク診断

それぞれの企業のコストにあった病院を紹介。更に予約や医療機関ごとの請求書と結果データを一つにまとめる。

データ管理

持続的なストレスチェック情報をデータ管理、保存までできる。

セミナー

健康に働くための企画セミナーを運営。

良い点

従業員の健康結果のデータをまとめて管理し、フォローの仕方まで提供できます。そのため管理者の手間が省け、それぞれにあった働き方を把握できます。

悪い点

英語対応はしていますが、別途費用がかかります。もし外国人雇用が多い企業だとコスト面の負担が大きくなるため、他者と比較した上で導入を検討することをおすすめします。

費用対効果:

UIと操作性:

24時間いつでもどこでも個人の健康情報データがネットから確認できます。

サイトデザイン:

管理者側も社員側も健康情報が見やすく、オシャレなデザインになっています。

H.S.Sヘルスサポートシステム特徴4つ

1.健康管理クラウド

下記の3つのデータを管理しています。

  • 定期的なストレスチェック
  • 労働時間
  • 健診データ

従業員機能

 

スッタフ機能

H.S.Sヘルスサポートシステムでは健診後に医療機関からの送られてくる社員の健康情報を管理し、受診していない社員や二次健診対象者には一括メール配信されます。

更にデータ結果を集計し、報告書にまとめてくれます。

これにより管理者の手間が省け別の業務に時間を割くことが可能になります。

また、医療機関と提携し社員一人ひとりにあったサポートを利用できるので、社員数が多い企業にとって大変便利な機能です。

健康情報をインターネットで一元管理

2.働く女性のためのサービス

  • リーフレット冊子販売
  • セミナー


女性特有の身体の悩みや相談しにくい内容を載せたリーフレットの配布や、企業の人事や労務担当者向けにセミナーを開催しています。

「女性が働きやすい環境とはなにか?」女性が多い企業にとって大変学べるものが多いセミナーではないでしょうか。

実際のリーフレット写真

3.医療機関と企業のマッチング

企業のヘルスサポート向けの製品やサービスと連携し医療機関に提案、販売、納品までを代行してくれます。

企業がH.S.Sサポートシステムの健康管理クラウドを利用すると、自社の製品やサービスを医療機関に紹介することができます。

医療機関は紹介された製品などを患者さんにお勧めできるので企業と医療機関がお互いにメリットのある関係が構築されます。


一連の業務を代行

4.ヘルスケアWEB配信

 

ヘルスケア辞典

気になる体のチェックができる症状診断チャートなどがあります。

詳しく解説が載っているので「最近...体の調子がおかしいな」など気になった時は気軽に調べられます。

プラスコラム

普段の生活に役立つ情報を配信しています。思わず誰かに話したくなるようなコラムもあり、見るのが楽しみになります。

健康診断の紹介

人間ドックから女性特有の検査までをご紹介しています。早期発見や健康維持にも役立ちます。

イベント・キャンペーン

会員登録すると、自分に合った情報が配信され健康相談ができます。

Web配信

上記の内容の通り健康情報をWeb配信している「プラスウェルネス」。

病気や身体のトラブル、食事など、元気に美しく過ごすための最新アドバイスを気軽に読めるようになっています。

このような配信ができるのもヘルスケア管理システムを提起している企業の強みだと言えます。

H.S.Sヘルスサポートシステムの料金プラン

料金プランの詳細についてはお問い合わせが必要です。

H.S.Sヘルスサポートシステム評判・口コミ

健康管理業務がとてもラクになりました!
管理担当者

これまでは地方出張の時に、大量の健診結果を鞄に入れて出張していたが、ノートPC1台のみの持参で、適切な健康管理ができるようになった。従業員からも、健診結果がWebで閲覧できるようになり好評で、これからは、アンケートや長時間労働の問診など収集し、医療職の業務効率化と業務の質を向上させたい。

外部委託のストレスチェックもHSSで管理できるようになりました!
人事担当者

疲労蓄積度チェックやストレスチェックの質問項目を自社オリジナルの仕様にカスタマイズして活用。健診結果に加え、長時間労働やメンタルヘルス対策の情報も一元管理し、本社単体だけでなくグループ全体の従業員に対し、同じレベルの健康管理ができるようになりました。

*「H.S.Sヘルスサポートシステム」公式HP参照

まとめ

この記事では[H.S.Sヘルスサポートシステム]の特徴・評判・料金を解説しました。

H.S.Sヘルスサポートシステムは社員数が多く、健康管理全般の業務を省きたい方にお勧めです。

また、女性に特化した情報や人事向けのセミナーも行っているので女性社員が多い企業なら良い機会になります。

特定のデータ管理だけを求めている企業ならそれに特化したシステムを導入を検討した方がコスト削減に繋がるでしょう。

画像出典元:「H.S.Sヘルスサポートシステム」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

健康管理システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の健康管理システム

起業ログが厳選する健康管理システム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
オフィスでごはん
オフィスでやさい
newbie
起業ログが厳選する健康管理システム 資料請求する
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ