ハピルス健診代行

記事更新日: 2021/01/01

執筆: 編集部

編集部コメント

健康診断に関わる業務代行やデータベース管理により、事務負担を大幅に削減できます。全国約3,000の健診機関と提携する業界最大級ネットワークにより、健診受診率の向上が可能です。

健康管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

健康管理システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

①健康診断に関わる業務の代行

健診機関契約や予約手配、結果の回収・精算までワンストップサービスで提供。

②未受診者への督促

受診者の状況を管理し、未受診者へのメールリマインド機能により受診率が向上。

③健診結果閲覧データベース

経年管理が可能な専用データベースの提供。

良い点

全国約3,000の健診機関と提携する業界最大のネットワークにより健診機関が豊富なので、受診率が向上します。健康診断に関わる業務代行やデータベース管理により事務負担を減らすことができます。

悪い点

お問い合わせはメールフォームのみとなっています。

費用対効果:

初期費用は600,000円(税別)で業務管理費は月額50,000円(税別)となり、データ化を外部委託する必要がないため、大幅なコスト削減が可能です。

UIと操作性:

データの管理画面も直感的で簡単に操作できます。

ハピルス健診代行の3つの特徴

1.業界最大のネットワーク

全国約3,000の健診機関と提携する業界最大級ネットワークにより、要望に合わせた健診機関と契約の提案が可能です。

エリアや料金、プランなどで抽出したり、就業時間外や休日で受診できる施設など、高い検索性で使いやすい申し込みツールにより受診者の利便性を確保することで受診率をアップします。

2.健康診断に関わる業務の一括代行

健診機関への契約の代行から、健診案内・予約受付・手配など受診者への連絡業務、受診者の結果回収や精算処理までの一括業務を行います。

未予約者・未受診者へのメールによる催促・確認が可能です。加えて、上長への未受診者連絡も対応しています。

3.健康リテラシーの向上

今まで紙ベースだった診断結果を外部に委託する手間を省き、専用のデータベースで管理できます。

受診者も「健診結果の見える化」により、自身の健康状態を把握し、疾病予防の取り組みにつながります。

経年管理も可能で、疾病発症時の医療費の一例や日常生活における影響なども記載し、受診者への健康管理を促します。

ハピルス健診代行の料金プラン

初期費用は600,000円(税別)で業務管理費は月額50,000円(税別)となっています。

代行費用は3,000円~となっており、件数や条件により変動します。

まとめ

ハピルス健診代行の特徴・評判・料金について解説しました。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「ハピルス健診代行」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

健康管理システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の健康管理システム

起業ログが厳選する健康管理システム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
オフィスでごはん
オフィスでやさい
newbie
起業ログが厳選する健康管理システム 資料請求する
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ