ASHIATO

記事更新日: 2021/10/07

執筆: 山川知沙

編集部コメント

採用だけでなく長期的な人材戦略にも活用できるサービス

「ASHIATO」は、エン・ジャパン株式会社のノウハウが活用されたリファレンスチェックサービスです。設問は具体的・客観的な情報を引き出すように設計されており、推薦者の評価に偏らず、候補者の働きぶりや人物像を多面的に捉えることが可能です。

他サービスにない強みは「面接アドバイス」で、面接時にチェックすべきポイントや質問例をレポートとして提供。リファレンスチェック結果と併用すれば、採用精度の向上を期待できます。

中途採用の確度を上げ、離職防止につなげたい企業におすすめです。

リファレンスチェックサービスを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

リファレンスチェックサービスを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

ASHIATOだけ知りたい方はこちら

ASHIATOの資料を請求
良い点

「ASHIATO」のサービス提供元は豊富な採用支援実績を持つエン・ジャパン社。採用シーンのみならず、候補者の入社後の活躍や定着にまで貢献するリファレンスチェックをしてもらえます。

悪い点

初期費用が無料のサービスもある中、「ASHIATO」は20万円かかります。導入コンサルティングなどのサポートは不要で、とにかくコスト重視という企業には向きません。

費用対効果:

3万円/人は安い方ではありませんが、面接での見極めの効率化と採用精度の向上(離職防止)が図れる点から、人材確保の面でのコスパは◎です。

UIと操作性:

候補者1人あたり登録は5分程度で完了です。選考フローに合わせたカスタマイズも可能です。

サポート体制:

どのプランでも、導入コンサルティングと運用サポートを受けられます。手厚い支援体制です。

ASHIATOとは?

「ASHIATO」は、人材紹大手のエン・ジャパン株式会社が運営するリファレンスチェックサービスです。

エン・ジャパン株式会社はこれまでに約15万社の採用を支援。

そのノウハウを活かした設問で、推薦者の一方的な評価に偏ることなく、候補者のスキル・人物像を正確にキャッチできます。

リリース1周年で導入企業は300社を突破するという盛況ぶりからも、高く評価されていることが分かります。

導入企業(一部)

 

ASHIATOの特徴3つ

1. 候補者の多面的・客観的な情報を得られる

多くのリファレンスチェックサービスでは、候補者が推薦者を指定するため、「候補者に有利な情報しか得られないのでは?」、と効果に疑問を持つ方もいるでしょう。

「ASHIATO」は、その点が考慮され、設計されたリファレンスチェックサービスです。

推薦者の印象評価に偏らない、候補者に関する事実情報や人物像を具体的に引き出せるアンケートが用意されています。

得られる情報(例)
  • 上司から・・・業務遂行力
  • 同僚から・・・リアルな人物像
  • 部下から・・・人材育成力
  • 取引先から・・・営業力  など

推薦者には上司のほか、同僚、部下、さらには取引先も選択可能。

面接だけでは見えない、候補者の働きぶりや人物像を多面的に捉えられるのが特徴です。

もちろん、アンケートは自社の選考フローに合わせたカスタマイズも可能。

この、エン・ジャパン社ノウハウが最大限活用されたアンケートが、他のサービスにはない「ASHIATO」の大きな魅力です。


候補者の事実情報や人物像を具体的に引き出すアンケート

2. 採用のマッチング精度を向上できる

「ASHIATO」では、リファレンスチェックの結果とあわせて「面接アドバイス」もレポート提供。

「面接アドバイス」とは、面接時にチェックすべきポイント質問例を提示してくれる「ASHIATO」のサービスの一つです。


「面接アドバイス」例

候補者の不得意な面も含めた傾向を分析した上で、面接で抑えるべきポイントを明確にしてくれます。

これまでは、面接官や採用担当者の経験に頼っていた勘所を、「ASHIATO」によって事前に把握できることになります。

これは他のリファレンスチェックサービスには見られない魅力的なサービスです。

「ASHIATO」のリファレンスチェックサービスは、候補者の入社後の活躍やオンボーディングに必要な情報を網羅的に入手し、採用精度の向上も図れるのが特徴。

採用のみならず、入社後の活躍と定着までを視野に入れたサービスです。

3. 運用負担は最小限

「ASHIATO」は誰でも簡単、スピーディにリファレンスチェックを実施できます。

自社で実施することは、候補者の基本情報登録候補者への事前連絡のみで、特別な手続きは発生しません。

「ASHIATO」ご利用の流れ

  対応者 作業内容
STEP1 自社 候補者に上司や同僚にアンケートを行ってもらうよう依頼
STEP2 候補者 推薦者にアンケートを依頼
*URLによるアンケート可能
STEP3 推薦者 アンケートに回答
STEP4 自社 アンケート確認


候補者1名あたりの登録時間は5分ほど。

レポートの回収までは平均3営業日

選考スピードに支障が出ないスピード感で安心です。

また、手続きは全てオンラインで完結できるので、リファレンスチェックにかかる工数やコストを大幅に削減できます。

ASHIATOの資料を無料ダウンロード

 

ASHIATOの料金プラン

料金プランは2つ。

採用人数に合わせて利用できる「チケットプラン」と、定期的な振り返りのミーティングなどがサービス提供される「定額課金プラン」が用意されています。

  チケットプラン 定額課金プラン
利用料金 30,000円 / 人
(税込33,000円 / 人)
要問い合わせ
初期費用 200,000円
(税込220,000円)
200,000円
(税込220,000円)
サービス内容 ・導入コンサルティング
・運用サポート

・導入コンサルティング
・運用サポート
・定期的な振り返りミーティング実施
・今後の採用活動へのコンサルティング実施

 

ASHIATOの資料を無料ダウンロード

 

ASHIATOの評判・口コミ

良い面も悪い面も、率直なコメントをもらえる
株式会社ライナフ

候補者がコメントを返してくれる相手を選択できるため、最初は客観的なコメントがもらえるか不安はありました。しかし、結果的に候補者と信頼関係のできている相手が回答してくれるので、良い面も悪い面もコメントがもらえるケースが多かったですね。特に面白いのが、後輩の方が客観的で率直なコメントをしてもらえるケースが多いですね。オブラートに包まないんです(笑)。

選考可否のジャッジでなく、入社後の立ち上がりを早めるために活用
弁護士ドットコム

『ASHIATO』はリファレンスチェックサービスだとは思うのですが、当社では選考可否のジャッジメントを目的として導入を決めたのではなく、人材の"垂直立ち上がり”を早めるための手段として活用しています。具体的には、前職の上長や同僚の方などに、候補者がどのようなタイプの方なのか、何に対してモチベーションを感じて、どのような成長を促し伴走すべきなのか…といったことをヒアリングしています。それらの情報を元に入社後の効果的な育成やマネジメントに活かします

面接では見えない情報も得られる
株式会社サイカ

経理として入社した田中さんの場合、「後輩の育成が好きだった」といった声をもらったんですね。そのような田中さんの強みや関心事って、必ずしも面接でヒアリングできていたわけではありませんでした。面接で見えなかったプラスの側面を見つけることができてよかったです。

*「ASHIATO」公式HP参照

まとめ

この記事では「ASHIATO」の特徴や評判・口コミ、料金を解説しました。

「ASHIATO」のリファレンスチェックでは、入社判断に重点をおいた従来の調査のネガティブな面を払拭。

候補者の入社後の活躍も視野に入れ、オンボーディングに必要な情報を多面的に引き出せるリファレンスチェックサービスです。

「ASHIATO」は、リファレンスチェックサービスを、ボジティブに、長期的な人材戦略として活かしていきたい企業におすすめのサービスです。

ASHIATOの資料を無料ダウンロード

画像出典元:「ASHIATO」公式HP、「エン・ジャパン」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

リファレンスチェックサービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するリファレンスチェックサービス
リファレンスチェックサービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ