MiKiWaMe

記事更新日: 2021/10/21

執筆: 平塚みき

編集部コメント

「MiKiWaMe」はSNS・Webを活用したリファレンスチェックサービスです。弁護士監修の専門調査チームがオンライン上の情報をくまなくチェックし、求職者の内面を明確にしてくれます。リアルな人物像が把握できるため、労務リスクにつながる採用を防ぐことが可能になります。

リファレンスチェックサービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

リファレンスチェックサービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

オンライン上の情報を収集することで、履歴書や面接だけでは分からない求職者の真の人物像を把握できます。

悪い点

前職場へのアンケート調査は行わないため、求職者の業務的評価や仕事の遂行能力などは判断できません。

費用対効果:

初期費用無料、1件22,000円(税込)というリーズナブルな価格で、採用リスクの低減や労務トラブルの防止に役立てることができます。

UIと操作性:

求職者の写真付き履歴書・出身校・所属していた団体を提出するだけで、リファレンスチェックを行ってくれます。

セキュリティ:

企業と機密保持契約を交わすため、調査内容や結果が依頼企業以外に開示されることはありません。

MiKiWaMeの特徴3つ

1.SNS・WEBチェックに特化している

「MiKiWaMe」は、SNSやWeb上のリファレンスチェックに特化しており、求職者の本質を見極められるという特徴を持っています。

一般的なリファレンスチェックサービスは、前職の上司や同僚など、求職者と一緒に働いた経験を持つ人物にアンケートを行い、人物像や仕事のパフォーマンスについて評価を得ます。つまり第三者からの評価でチェックを行います。

対して「MiKiWaMe」はSNSやWebを活用し、投稿内容や求職者の交友関係などを確認・分析するため、第三者では気付くことの難しい求職者の実情が見えてきます。

SNS・Webチェックを行えば、求職者の価値観や性格が判断できるだけではなく、過激な発言やトラブル歴、経歴詐称など、通常ではつかむことが難しい情報が得られる場合もあります。

事前に問題をキャッチできれば、採用リスクの回避が可能になるでしょう。


求職者の実情が分かる

2.調査のノウハウが豊富

リファレンスチェックはプライバシーに関わる調査のため、情報の取り扱いは適切に行う必要があります。

その点「MiKiWaMe」は弁護士指導のもと、コンプライアンスを遵守して業務を遂行しているので、安心して依頼できます。

また「MiKiWaMe」の運営会社は、これまで数万件のリファレンスチェックを行っており、上場企業の利用実績もあります。

豊富な経験から得たノウハウを活かし、ネット風評被害対策の専門チームがSNSやWebをチェックするため、自社調査では把握しきれない領域の情報を得ることができます。

多くの調査実績と知見を有する「MiKiWaMe」に依頼すれば、情報の発見率向上が見込めます。

数多くの情報が集まれば、調査対象者の内面をさらに鮮明に捉えることができるでしょう。


多くの調査実績とノウハウを持っている

3.低価格で広範囲の調査が可能

「MiKiWaMe」は初期費用0円、1件22,000円(税込)と低価格でありながら、ネット上で確認できる情報をくまなく調査してくれます。

チェックを行うSNSは、InstagramやFacebook、TwitterにとどまらずYouTubeやSnapchatも調査対象としています。

Webについては、Googleなどの検索エンジンだけではなく、通常ではアクセスできない部分まで細かく調べます。

これほど広い範囲を自社でチェックしようとすると、膨大な時間と労力がかかります。しかし「MiKiWaMe」は、依頼から4営業日ほどで調査で判明した内容を分かりやすくレポートにまとめて提出してくれます。

また、退職した社員や、現在勤めている社員のチェックも可能なため、SNSへの不適切な投稿を防止したり、ネットトラブルの被害を最小限に抑えたりなどの効果が期待できます。


Webのあらゆる部分をチェック

MiKiWaMeの料金プラン

料金 初期費用
22,000円(税込)/件 無料


初期費用は無料で、1件あたりの利用料金は22,000円(税込)です。

依頼の際には、調査対象者の情報を提出する必要があります。

まとめ

この記事では「MiKiWaMe」の特徴・評判・料金を解説しました。

インターネットが身近にある今日、社員の不適切なSNS投稿によって、企業経営に支障をきたすケースも散見されるようになりました。それに伴い、企業が人材を採用するにあたって求職者のSNSをチェックすることはスタンダードになりつつあります。

求職者のSNS・Webのチェックをしっかりと行える「MiKiWaMe」は、労務リスクにつながる採用ミスを防ぎたい企業にふさわしいサービスです。

求職者の本質を捉えることが可能なため、企業にリスクを与える可能性が高い人物の採用を未然に防止できます。

また、退職者や現社員によるSNSトラブルを減らしたい企業にも「MiKiWaMe」はおすすめです。企業に不利益をもたらすSNS投稿を抑制し、トラブルを最小限に留めることができるでしょう。

 

画像出典元:「MiKiWaMe」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

リファレンスチェックサービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するリファレンスチェックサービス
リファレンスチェックサービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ